• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.290

Category : Story-I of LDs

(まぁ、その前に今の現実。緒方監督のDreamsだな・・・)

窓辺に手を伸ばし、プリザーブドフラワーのアレンジメントから、白いクイーンローザを一輪取りあげお姫様と黒髪の王子の人形の前に置いた。

ミントのオイルを垂らしたグラスにスパークリングウォーターを注ぐと、シュワシュワと泡立ちながらグラスの表面までペパーミントの香りを広げながら雲のような泡がグラスの中を登って行く。



もし・・・
この家系に生まれてこなくても、
君への愛になんら変わりは無く・・・



泡の立ったグラスを手に取り、腕の中の彼女の前に見せながら左側からその横顔に頬を付け頭を寄せた。
グラスの中の泡は消え始めミントオイルは炭酸の泡で散らばり、小さな水玉をたくさん表面に浮かばせて踊っているように見えた。



二人の間にある心の咎は・・・
生まれてきた処によるものだけで



グラスの中の水玉だったミントオイルが寄り添い合いながら、だんだんと くっつきだし二つの水玉に成っていくのを見ていた。



どうか、一緒に事を起こしてください。
二人でなら成し遂げられると願っています。

それは・・・
どの星かは・・・言えないけど。



頬に掛かる髪を指でそっと耳に掛け、その横顔の頬に音を立ててキスをして、頭の上に頭を乗せた。
シュワシュワしていた泡の音が消えると・・・
グラスの中のミントオイルはつながって、一つの丸い円になり表面を下の泡に押されるように漂っている。上から覗いていた俺には、底に沈んだ丸いキューカンバースライスに重なって、惑星の周りを回る一つの星のようだと思っていた。


それぞれの想いは・・・



キャンドルの灯りに照らされた黒髪の王子に掛かる指輪を取って白いクイーンローザの上に置き、お姫様の指輪もその上に重ねて置いた。


・・・光り輝くものであって、
二人の未来が、光に浮かびあがります様に。



腕の中に彼女を閉じ込めたまま両腕を伸ばしてバラを取り上げ両手で包み、彼女の目の高さに合わせて両手を開いた。



愛を感じる心の中は・・・

・・・ただ一つ



白いバラの上で一つのハートが浮かび上がる。キャンドルの灯りが映るように、そっとゆっくり手を右左に傾けると、上から見ている俺にだけは見える・・・Infinityの形。
無限の可能性を持って、今言った全ての言葉に本心を乗せて、そうなりたいと星に願っていた。


共に・・・
一緒に寄り添って欲しい。
二人の運命を信じると誓い 

君への愛は・・・

・・・

変化・・・・する。



指輪を見詰めていた彼女が、ン?と言う顔で下から覗き込んだ。その顔に微笑んでウインクした。
キャンドルの傍にそのバラを、リングの形が崩れないようにそっと置いた。


無限の可能性を
信じて・・・


彼女の指輪を取ってキャンドルに透かしながら左手を取った。



日々、大きくなり行く・・・

この愛を・・・
受け入れてくれますか?

どうか・・・

・・・ 
人生を共に・・・ 



指輪を薬指に付けると、その手を窓辺のバラに伸ばし俺の指輪を取った彼女は微笑んでいた。

きらきら浮かぶリングを付けたその白い綺麗な手に、プラチナ色にCelestial Fairytail色の星のようなラメを散りばめたネイルがとても似合っていると思った。

その手で俺の左手を持ち上げてバラの上に手を置かれたのを見ていたら、右の頬に柔らかい唇の感覚に気が付いて目を瞑った。



宿命の星の下に・・・
・・・ 一緒になれると・・・

望みます・・・



その言葉を聞いて目を開けた。バラの上に置かれた自分の指に浮かぶリングに注目しているとその手の上に左手を重ね、顔を覗き込んで微笑む笑顔に想いを乗せて。



その笑顔を携えた・・今よりも・・・
また同じ星が同じ場所に昇る

・・・明日の同じ時には

もっと大きな愛に成っている事と


望みます・・・



手を重ねたまま お互いに微笑んで唇を重ね合い、重なった手の指を絡めて握り合った。

耳に届くWhen you wish upon a star ・・・
自分の弾いたピアノのゆっくりとした優しい音色に、自分の鼓動で感じた幸せを想いながら重ねた練習の間、君の事を考え続けていたと思い出す。


__ When you wish upon a star  Make no difference who you are  Anything your heart desire  
Will come to you ・・・

If your heart is in your dream _____ 


曲に合わせて同じ事を言葉に換えて、その重ねた唇に囁く・・・



浮かぶ光りに願いを込めて・・・ 
君になんら変わりなく・・・
君の心の望みは何であろうと・・・ 
いつか君に捧げるから・・・

・・・
 君の夢が心にあるならば・・・


重ねられた手を下から指を伸ばして、指を絡めたままキャンドルの灯りに手を翳した。


二人の未来が光り輝く様にと、
二人の心に浮かび上がっていると・・・望み・・・


その重なり合った左手を一つの円になったミントオイルの浮かぶグラスの上に重ねた。


共に寄り合い
一つの愛を・・・


そのグラスの上の重なっている左手に右手を重ねると、腕の中で胸に頭をコツンと付けてそれを眺め目を瞑り微笑みながら、返されるその言葉・・・


永久に共に
二人の運命を信じることを・・・

・・・誓いますか?

あの星に。


そう言って右手で窓に人差し指を指し、腕を伸ばして窓に・・・“ 京子 ”とサインをした。


どの星か、
貴方が分かったならば、

私の願いは、 ・・・ここに

届くと・・・


胸にある楽屋で付けられたキスマークにちゅっと音を立てて唇を付け、胸にまた寄りそって窓の外を見詰めている。その窓に目を向けていると、右手の上にひんやりとした窓を触った手の冷たい感触が被せられた。

二人の重なり合った手の向こう側に、黒髪の王子様とお姫様の人形の七色の影がキャンドルに揺れていた。京子のサインは滴り落ちる水滴となって、キャンドルの灯りに輝きながら その七色の影に落ちてゆく。


その星は・・・
王子と姫の心の中で、
一つの愛に・・・

共に永久に、運命を信じ・・・

願いを叶えると・・・

・・・


4つ重なったお互いの手。一番下の自分の左手を浮かし重ねたまま、彼女の心の場所にそっと被せる。さっき付けたキスマークと共に、目を瞑り胸に寄りかかるその背中を通して自分の心にも想いをのせた。


・・・
ここに・・・

・・・誓います。


キョーコの右手を乗せたまま窓に手を伸ばし、左手を握り合って“ 敦賀蓮 ”のサインを窓にした。


その右手で それぞれ王子様とお姫様の人形を取り、顔を見合わせ微笑み合い、人形同士にキスをさせる。



一つに成った愛は・・・



変わらない。
変わらない。


うふふっ。ねぇ~っ。
ふふっ。 ね~ぇっ。


お互い声を揃えて顔を傾けてちゅっとキスをすれば、ハイお終い。の合図。



どうだった?
今ので、いけてるかな?


ん~、そうだな・・・
一つ思ったのは、ReveD’Amourか、
Love Dreams n.3でもいいかな?
と、思ってたけど・・・?

あぁ、あと、お風呂は無しがいい。



うん。お風呂は無し。
これは、今の秘密にして・・・
さっきの続き見たく、ベッドの上かな?
バラと呼ぶだけでそのものは変わらない。
の台詞を付けて・・・白バラで、両手を開いて指輪。
その後、ふ~っ。でこんなのとか?


う~ん、さっきは、
We would be like the one heart、
I may swear that
が最後の台詞だったから、今の日本語の方がいいよ。
それに、さっきの幸せの涙もできるよね。
キョーコ。
泣けるよね・・・プロ。だし?


うん、感情移入すればいける。
I Love you so very muchのキスはどうする?


じゃぁ、それを最後にして・・・
人形も窓辺も無し。
星も、こう・・・
指輪の光りかなんかでいいんじゃない?
照明さんに任せよう。それは。
あぁ、
あとね、サインも無し。
押した事も、紙を見たことすらないけど・・・
婚姻届って、判子だし?
それに、勝手にサインを真似されても嫌だしな。


うん。じゃぁ、サインは無しでいいよ。
んじゃ、そんな感じで・・・
緒方監督には、アドリブキングが言ってね。


ふふっ。いいよ。
はい、乾杯。


残りのシャンパングラスに入った、レモンウォーターをグラスをカチッと合わせてから飲み干した。

ザバーとお風呂から上がって、冷たいミストを頭から浴びると火照った体のわりに、ミントのキャンドルのスーっとした空気と自分の体の中から冷えている感じがする。


ねぇ、眠気は?


一応聞いておく。何でミントを大量に飲ませたかと言うと、頭がすっきりして起きるかな?と思った事。
うんん、眠くないよ。とのお返事に、にこ~っと成ってしまう。
バスタオルにお互い手を伸ばし、それぞれ持ってきたバスタオルを巻いているとキャンドルの灯りが小さくなっている事に暗さを感じた。

指に光っていた光りが小さくなって、さっき注目していた自分の指輪の文字を見詰めた。

As the seal of ren・・・
この文字が表にされて付けられた指輪に、キョーコの意思が現れていると思っていた。

“ 蓮で居て ”

そう言われている様な気がしてしまった。だから、演技を続けた。窓にサインした事も・・・
俺を試していると感じた。

俺が誰の名前を、窓に書くのかと・・・

サインをするのは、俺の国のMarrige Licenseと同じ手順に、何で知っているの?と思ってしまった。
子供の時に結婚式に参列して知っていた、誓いの言葉と指輪の交換とキス。そしてその後の神父 立会いの下、公的Marrige Cetificate書類へのサイン。

“ 久遠なのかな?でも、蓮で居て ”

もしこの家系に生まれてこなくても、君への愛になんら変わりなく。とジュリエットの台詞を言った時に、頭を寄せて聞こえた、キョーコからのテレパシー。

俺が言うのを待って居たのかもしれない。とさえ思えたから、なかなか誓わず、望む。と引き伸ばし心の中で葛藤していた。

“ 蓮・・・居なくならないよね・・・”

その言葉は、泡の音が消えた時に聞こえ、コンビニに行った散歩道と同じものだと思った。
キョーコが感じる何かが、泡のように消える・・・と、愛すれば失う事を恐れている。
敦賀蓮が久遠ヒズリだとしたら、敦賀蓮は、保津周平 クーの様に消えてしまうのが淋しいと・・・

その彼女のテレパシーに、愛しくて愛される事を深く感じ・・・

自分から絶対に言ってはならないと。心に言い聞かせた。

久遠王子の意味も込めて、王子と姫と。と、一つの心に誓った。

蓮と久遠が同じ人だとなんとなく分かっていそうと思えた事も、キョーコは失う怖さが勝り認めたくない意識が抑えてくれていると感じて、ここで一度きちんと突き放しておいた方が、彼女の為にも良かろうと思った事だった。


いつか本当に指輪を君がはめてくれる時まで、それまで演技の上でも目を瞑り絶対に見ないと決めた。

目を開けて君が俺の指に指輪を付けてくれる時のその映像を頭に残すのは、人生でただ一回、一つの心に刻む本当の時だと思っている。


心も愛も久遠と蓮と、変わらぬ愛は続けますが、一つの心と一つの愛には、まだまだしません。と、
今は演技上の事だけと、蓮の心に刻んだ。

バラを見て思い出し、Make a wishのキャンドルを吹き消した。その時も・・・
幻想の君に、赤いバラの花びらに埋もれて想いを乗せた願い事は、敦賀蓮より。と寝顔に言った事を思い返していた。

そう、自分があの時言ったのは、“ 敦賀蓮、より。”だったと・・・

I wish you would be with me・・・どうかこれからも、
I wish you could be loved me long time・・・共に永く愛情を、
I wish to feel love with you forever・・・永久に感じ、
I wish yours and mine heartfelts were same・・・同じ心で、
I wish my heartfelt goes filled with love from you・・・君から俺を満たし、
I wish I can be feel to blowing much loves up in my heart and in her heart by my loves…
・・・この伝えきれない想いは、君の心に届いて居ると、・・・感じられたら、

I love you so very much 愛情を持って、
I never defaulted to love to you…Kyoko 君、京子への愛情は教えを怠らないから

From Ren Tsuruga ・・・ 敦賀蓮より  
As ・・・


その願いを、京子の心に手をあて自分の心にも京子の心の後ろから刻んで誓った。

敦賀蓮で居る時は、恋愛感情をコントロールして敦賀蓮に成りきろうと _____________________


Tea Roseのキャンドルに炎を点し、広がる甘い香りに、洗面台の鏡に灯りが写る。

そこに畳まれて置かれているランジェリーに光る二つのSomething Blueを見て、考える。



_________ 今日俺は、着替えをしないで帰ってきた。

楽屋で貴島とも不破とも話してきた。


だから・・・  キョーコ、ごめんね 


雲の上の存在のプライドの高い敦賀蓮から離れられなかった。

蓮も久遠も雲の上の人じゃないよ。と前に言っておきながら、今日は・・・

優しい言葉で、温かい愛で、包んであげられなかった。

厳しく突き放し、冷めた心で、傷に塩を塗った。

自分で君に負わせたその傷に、どうして怪我をしたのかと聞く様に。

帰宅してもそのまま、敦賀さんで居てあげると駐車場で言った通り、自分の中に敦賀蓮が居たと思う。

蓮に戻れなく成っていたのは、自分の切り替えが出来ていなかった衣装のまま帰宅した事。

そんな事で役が憑いたままに成っていた俺は・・・


・・・敦賀蓮を演じる事だけは、本物の役者なんだ _____________


カインに成って一緒に暮らしたあの時は、ふと自分が戻る時は敦賀蓮だった。
敦賀蓮を24時間365日続けてきた俺が、キョーコと暮らし始めて敦賀蓮から ふと戻るのは・・・

そのままの自分。

蓮と君が呼んでくれる時。  
芸名だと知っているのに、蓮と素直に呼んでくれる。

敦賀さんと蓮に分けて、その心に存在する俺・・・

大好きと愛していると、その心に違いを感じ・・・

それでも、君が想ってくれると感じると、違う人を演じ続ける事に罪悪感が積もってきた。

久遠と蓮と・・・との意味で全て二つに分けられた物の意味に、これからは・・・


敦賀蓮の為に用意されたものは、敦賀さんと蓮の二人から・・・という事に、
このSomething Blueも偽りの幸せ、ドラマ様の幸せだと割り切ろうと思う。


だから・・・  キョーコ、ごめん・・・・_______________





Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 28.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray