• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams - 29

Category : Story-I of LDs
ローリーは、Tonyからメールを受けていた。


おー、最上君いいぞ!
思った以上だ。

昨日の、蓮と久遠の写真と並べてみて、フフ~。と笑う。

フッ、二人とも、最上君に似合ってるな。

じゃ、激しすぎないものを、プロフィールに乗せとくかな。


そうして、社内ウェブにアップした。



―――――

家に帰って、キョーコは、iPadに収めてもらった、今日の写真を見ていた。

んふふ~。どうなっているのかサッパリだったけど、写真を見ると、オシャレにセクシー!
キスマークもいい味ね。

以外に気に入っていた。

気をよくしたキョーコは、


これなら、大きくパネルとかにしても・・・。


ハリウッド女優がよく自分の部屋に、自分の写真を飾っているのをテレビで見ていた。

(・・・、やっぱり、そこまでするほど、そうでもないか。)

思いなおした。


あっそうだ!この写真。久遠に送ったら、なんて思うかな?

“ Only with me Red Door” を思い出した。

ん~、やめとこ。
(怒りを買うかも・・・。自分からわざわざ、サタンを出す事もなかろう・・・。)


あ、でもそうそうお礼のメールはしなきゃ。
忘れてた~。ごめんねぇ~。


初めて使うiPhoneでのメールだった。
初めてのメールが、久遠で嬉しかったりもするも、なんだか黒のiPhoneからメールすると、浮気してるような気にされられた。


ん~、まず、メールね。
な~る~。メール画面は、まぁ前のとほぼ一緒ね。アドレスは・・・
ん~、どうしろと言うんだ。メアドはどこから・・・あぁ、アドレス帳ってのかな?
ん~とぉ・・・

結構分かりそうで、分からない。

ああぁ~、ボタンが小さくて押しずらっ!
テンキーは・・・、ん?ローマ字?分かんない?
なになに?ん~・・・



ふう。ま、とりあえず。
短いけどこれでもう限界。ごめんねぇ。久遠。



“久遠、どうもありがとう。

Splendor、あなたの期待に答えられる様に、
がんばります。

キョーコより ”


送信、っと。


あ、私も愛してます。って忘れた・・・

・・・。
(でも、ちょっと時間が経ってて、なんか恥ずかしいわね。アメリカ人だったらいつでも何処でもだろうけどねぇ・・・)

よし、もうすこし、使い方勉強しよう。

ん~、でも説明書も無いしな~・・・。
あっそうだ、敦賀さん!敦賀さんに聞いてもいいかな?


今、何時?ま、この時間なら仕事中か、寝ては無いよね。

アドレス帳の“ 敦賀さん”を押そうとしたが、敦賀さんと同じ色のiPhoneが、さらになんだか浮気してるような気にさせられていた。


(違う男にメールする為に学ぶんじゃないわよ。使い方だけよ。そうよキョーコ!)

よし!

気合を入れて、“敦賀さん”を押した。


RRRR――――

ん?

電話の表示を見ると、

(最上さん?)


蓮は、運転中だった。

(電話に出て、免許がなくなってもな。)

あいにく、ブルートゥースもオフにしてあった。
スピーカーで車内通話も、できないし・・・。


蓮は、かなりの巻きでサッサと仕事も終わり、社さんも送り届け、自宅に向かっている所だった。

(後、5分で着くからね。待っててね~。)

そう思い、黄色もいつもは止まるのに、すっ飛ばして帰った。

駐車場に止めて電話を見ると、留守電が入っていた。
そのまま、聞きながら歩き出した。


もしもし、最上です。
お疲れのところ申し訳ありません。
実は―――
プツ。

(えぇ!?なになに?実は、の後?)




キョーコは慣れない形のスマフォの為、ほっぺたで画面を触ったらしく、切れてしまった。

ガーン・・・
私、通話もまともに出来ないのか・・・?


そんな事を画面を見ながら考えていると、“ 敦賀さん ”の表示。
あわてて、通話を押した。






蓮は、留守電を聞きながら、久遠の方も鞄から出して、それを見ていた。

メール着信。1件。

おっ!と、思って開けると、キョーコからのメールだった。



“久遠、どうもありがとう。

Splendor、あなたの期待に答えられる様に、
がんばります。

キョーコより ”


短い。それに、知りたい事が書いてない。
ん~、でもMs.Woodsとセバスチャンに頼んだものは、届いている事が分かった。

(とりあえず、後でこっちは返信するとして・・・)

“ 最上キョーコ”の文字に、リターンコールをした。



RRRR―――――

もしもし、最上さん?
今、電話した?

あぁそうそう、まずは今日も、お疲れ様。


はい、すみません。スマフォの形に慣れてなくて、顔のどこかが触ってしまって・・・。

用心の為、ちょっと離しているので、聞きづらい。


で、実は。の後、気になるんだけど・・・
どうした?


えっと、あの私iPhoneに変わったんですけど、使い方がイマイチ分かりませんで、
メールもキーボードをどうやって変えるのかとか・・・
ローマ字の配列も分からないし・・・


(ん~、なんだ。赤ちゃんの事じゃなかった。)


もっと、キョーコと今夜も居たい!そう思った蓮は、さりげなく言ってみた。



そう、それじゃぁ、
今から迎えに行くから、家に来る?

ご飯、作ってくれるのなら、教えるよ。
いくらでもね。

あぁ、そうそう、Dreams出るんだって?
主任からも、社さんからも聞いたよ。
じゃ、iPadも、用意しておいてね。
台本、入ってるでしょ?

じゃ、今、駐車場なんだけど・・・このまま行くから、すぐ行く。
10分ぐらいしたら、下に降りて来てて。じゃ。
プツ


いいとも、だめとも返事を言わせず、聞かずに切ってしまった。

有無を言わさず、連れて来たかった。


とりあえず、久遠の方は・・・
L.A時間を見たら明け方だった。

ま、何時間かしたら、返信するか。


そう思って、鞄に入れてエンジンをかけた。





え!?
プツ。

えぇ~!!!

何も言う暇も無く、切れてしまった。


めずらしい。敦賀さんが、なんか強引・・・。

はっ!
そうだ、昨日、久遠と撮影して、久遠の体、見たんだ。
それに付いて何かモノモウシタイのでは!?

(モデルの体にあんなに付けて、いくら本人が大丈夫。って言っても付けるものじゃない! 君は、仕事の大事さが分かってないのか? あぁん?)

きっと、そうに違いない。

ぎゃ~、大魔王サマ、、、ごめんなさーぁーいーーぃ。。。


いろいろ想像しても、大魔王は確実。と踏んだキョーコは、そろそろ10分経過している事に気づいて、とりあえずiPadとiPhoneを鞄に入れて、

(ん?ご飯まだ、って言ってたわよね?)

ついでに、明日のご飯にと、ジェノベーゼソースを飛鳳くんの嫌いな松の実、バジル、にんにくを合わせて、試しに作ってみたものと、それだけだとお子チャマは、見た目にも食べ無そうなので、鳥ひき肉とチーズのスップリをから揚げ風にしたものと、ジャガイモのニョッキはゆでるだけに捏ねておいてあったので、持っていくことにした。
 
(それにしても、飛鳳君の嫌いな物って、ハーブにクレソンなどの香草って、大人でも嫌いな人がたくさんいるんだから、そっとしてあげた方がいいんじゃ?)

ちょっと、飛鳳くんが可哀相になった。


あっ、でも!
ん~、敦賀さんは嫌いな物なかったよな~。じゃ、ちょっと試させてもらおう。他も。

蕩けるチーズと、パルメザンと。あと、クレソンのサラダも持って行こ。
あ、マカロニ、マカロニ。


そうこうしている内に、iPhoneが鳴った。


すみません。今、下に降りて行きます。

うん、大丈夫。
ゆっくりでいいよ。


ん?ユックリ、ですか?

(そうだ、魔界人がオーラは一つしか見えない。って言っても確信があるわけじゃなかったんだ! 忘れてた~。)


うん、そう。待ってるからね。
焦って、急がなくていいよ。

あっ、何か重いものでもある?
取りに行こうか?

(ん?なんか、敦賀さんの言葉は、いつもと同じ気使ってくれている、、、だけよね?)

えっと、敦賀さんのご飯の用意をと思いまして、
袋が、2、3ある・・・

今、行くから待ってて!
プツ


ん?切れた?

ピンポーン。

早っ!


オートロック用のインターホンに出ると、返事をする間もなく、


ちょっと今、変装してないから、オートロック早く開けてくれる?

はい、すみません。


エレベーターで誰かに会ったらまずいので、階段で行くこと、長い足は2,3段跨いで早々と
キョーコの階に着いた。


キョーコは、電気を消して、玄関に出たところだった。


お待たせ。

いえいえ、敦賀さんが言う事じゃないです。
私が、お待たせしました。
すみません。


だいじょうぶ、大丈夫。
じゃぁ、行こうか?

はいっ。


キョロキョロ辺りを見回して、サッとエレベーターに乗る。

階段で・・・と思っていたが、敦賀さんが絶対ダメ!と言い張るので、じゃなきゃ抱っこでもしかねない勢いに呑まれ、どうしたんだろう?敦賀さん?という事ばかり考えていた。

(確かに、抱っこで階段。なんてパパラッチでもされたら、全く説明つかないわよね・・・。)


何事も無く、敦賀さんの車に乗せてもらうと、ほっと一安心した。

(なんか、安心するのよね。この香り・・・。)

久遠と同じ、いつもの敦賀さんの香り。Eau Parfumee au the blanc・・・

ホッとしたのと、香りに引き寄せられたのと、久遠に間違ったのと、全部あわせて
気がついたら、敦賀さんの右肩に頭を乗せて、目を瞑って微笑んでいた。

敦賀さんが、私の頭を一度そっと離して、右腕を肩に回して抱き寄せてきた。
私の頭をずっと、優しく撫でてくれていて、
赤信号で止まると、頭にちゅっとキスされる感覚があって、目を開いた。

え!?
すみません。敦賀さん。私ってば・・・

はっとして離れようとしたけれど、敦賀さんの腕の力の方が強くて、抱き寄せられたままだった。


うんん。いいから。

すごく、
逢いたかった。


俺は、最上さんの頭に頬を寄せたまま、言っていた。


さ、サヨウデゴザイマスカ。

キョーコがカタコトになったので はっ!と気づいた。
でも、離したくなかった。


ちらっと信号を横目で見たら、反対車線はまだ青。
思わず、唇を重ねてしまった。


昨日のお昼まで一緒に居たのに、昨日と今日とまだ、30数時間しか離れてなかったのに、逢いたくて逢いたくて堪らなくなっていた。

久遠の時は、俺の背中に腕を回してきてキスを返してくれていたのに、目を瞑ったままで受け入れてくれるだけ。君の頭の中は誰を想ってこのキスを受け入れているのだろう?
蓮で居る事がもどかしくなった。
蓮でも久遠でもなく、キョーコを求めて止まない自分に気づいた。いっその事とも思ったが、それは出来ない。これからの自分がまだ見えてない。


プッ、プ。

後ろの車のクラクションに気づいて、彼女から離れ、車を走らせた。


あの・・・

キョーコが口を開いたが、目を見てはくれない。
彼女は、窓の外を見たまま、言った。


私、付き合っている人が・・・

いるんです。


俺は、前を向いて運転しながら言った。なるべく、気持ちが蓮にも向いてくれるように冷たく。


うん。知ってる。
久遠でしょ。

昨日、キスマーク見たからね。


(ひゃっ。ヤッパリ!)


でも彼は、君に
愛してる。とは言っても、


付き合って。とは、言ってないんだってね。


(え?)


(だってそれは、本当のこと。いつ久遠で逢えるのか分からないのに無責任に、君の期待を膨らませたくはなかったからね・・・。)





駐車場に車を止めて、意を決して言った。


ねぇ、


俺も、最上さんのこと・・・




好き。



って言ったら、どうする?


ハンドルに頭を乗せて、キョーコを見つめていた。


あ、の・・・。


困る?


いえ、そうでは・・・


キョーコは、地下駐車場の殺風景なコンクリートの壁を睨んでいた。何を考えているのだろう。

キョーコが久遠に最初、蓮が好きでと相談したのを聞いている。それがきっかけで、久遠との仲が進んだも同然。少なからず、好意を持ってくれている、と知ってもいる。でも今なら、もう久遠の方に向いてしまったのだろうか?


(ここに居たままでもなんだな。) と思ったので。


とにかく、俺の部屋に行こう。

優しく微笑んで、荷物を持った。


キョーコは何も言わずに、下を向いて付いて来てくれている。

久遠の時のように、肩に腰に腕を回して一緒に歩きたかった。



(そうだよね・・・。愛してると何度も言ってくれたけど、付き合ってとは言ってくれてない。それに・・・) “ ま、遠距離、がんばって!” 

奏江の言葉も引っかかっていた。

“ いつでも、飛んでくるから。”

(あれは、もし私が妊娠してしまっていたら。って、事なのよね・・・。だぶん。)


キョーコは、肩に掛けた鞄のポケットに入っている、コーンの石の入ったがま口を握り締めていた。

(コーン、わたしは・・・。)


久遠を思って、敦賀さんの背中を見つめていたら、ぽろっと涙が一つだけ零れた。
でもそれをきっかけに、敦賀さんの背中に向かって走り寄って並び、顔を覗き見て微笑んだ。


今日は、もう遅いので・・・





Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 05.2013
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray