• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.287

Category : Story-I of LDs
_______ 夢と恋のこの二つの意味を込めて・・・

 蓮としての言葉に置き換えて




指輪とキャンドルの瞬きを失った右手のグラスの中は、レモンの入った炭酸にしか見えない。
そのグラスをバスタブの淵に置いて揺らしていると、沈んだレモンは浮かんでこなかった。



ねぇ、このグラスの中さ・・・
現実的だと思わない?

さっきまで泡がいろんな色に光ってて、
泡の上で踊っているように浮き沈みしていた・・・
君の魔法で溶かした甘い愛と・・・
酸っぱい恋の気持ち

もう、酸味の様な恋の気持ちは、
心に・・・

浮かんで、来ないのかな・・・?


・・・キョーコ。



握り締めたままのテディベアとパンダ。手を開かせて二つを取りあげてLemon grassのキャンドルの傍に置いた。

二つの熊は、透き通った体の中にレモンの香りの光りを浴びて、きらきら輝く七色の影を伸ばす。
その背中から映し出した七色の影は、炎の揺らめきに揺れて動いていて、久遠と蓮の心が震えているように見えた。

汗が滴り落ちるキョーコのおでこ、涙か汗か分からない滴が頬を伝っている。その頬を優しく両手で拭いながら、片手で目を隠し反対の手で一つの人形を取って、光りに透かした。

自分の指に浮かぶ蒼とピンクの輝きに、肌の色に程近いゴールドの艶、クリスタルに透き通る人形の体の七色の光りにそれら輝きが混ざると、人の目に映るその光の色は・・・


白・・・_____


何千年も永久凍土の純粋な水の氷河の色が、光りを吸収すると白く輝く事は知っていた。

ぎゅっとその人形を握り締めて、ちゅっと音を立ててキスをした・・・



どうか・・・魔法を・・・




そうは思っていたけれど、急に思い出して願いを換えた。


・・・邪法が、かかりますように。と、思い出し笑いを殺しながら、キョーコの手に握らせた。


目を隠したまま右と左の頬に、ちゅっちゅっとそれぞれ音を立ててキスをして、耳の後ろにちゅ~っと吸い付きながら、目を隠していた手を外し耳元に唇を付けたまま、囁いた。



・・・ねぇ


ただ・・・
甘い愛に沈んでいるのがいいって事だよね。

深い一番下の・・・
一番底の、甘い、甘い、愛に・・・


甘い愛を、たくさん教えてあげるから・・・

心にも、体にも・・・



抱き寄せてキスを重ねながらキョーコの指輪を外し お姫様の人形に掛けた。

キスをずっと離さないで重ねていると、甘い吐息混じりで体を抱き寄せている腕の中で捩りながら、
キョーコも俺の指輪を外して、黒髪の王子に掛けた。

__________ それを見て、ほっとした。



黒髪の王子は・・・
・・・ ショーちゃんじゃないと・・・



じゃぁね、もう今日は、    はい。カット。  ・・・演技は、お終い。


君から香ったSunflowersの香りが、俺を決心させたんだよ。


・・・俳優、敦賀蓮でいようと。


夢を追う後輩の為に、君の大好きな先輩になっていようと・・・


Red Doorの甘く誘う香りにHope・・・  
True Love Eternityの艶かしい色気の香りにDesire・・・

このどちらかだったら、その男に成るつもりだった。

君が自分で決めた香りには、自分の世界が見えていた。

この虹の世界の中に足を踏み入れてから、自分の選んだその香りで体を清め・・・



ひまわりってね、意外に棘がバラ以上に全体にあるんだよね。



だから今、突き放した。

ライオンが崖から子供を突き落とし、這い上がってきた者だけを、自分の子として認める。

それと同じ・・・
俺、誰かに言われてたよな、・・・ライオンだって。

這い上がって来た者を、傍に置きたいこの欲求は、生まれ持った昔からだよ。

それが出来ると思える、君は可愛い・・・・  後輩だからね。


__________  キョーコ。


そうしなければ成らない、俺の運命を分かってくれる時がくるから。

そうなる様に俺は自分で決めて自分で努力するから、それを、先輩を待つのは後輩の務めだよ。

棘(いばら)の森に落とされて、這い上がって来た、傷だらけの姫。

上に登ってくる勇気も元気も称えよう、そしてその傷が癒えるまで、傷口を舐めて続けてあげるよ。

その傷が癒えた時には、お互いの柵が消えているといいと思っている。

親から愛を与えられて愛を知っているこの俺が、可愛い我が子を愛で守る様に、その傷口が塞がるまで舐め続けてあげるよ・・・

君と俺の象徴のバラと違って・・・
ひまわりの棘は細かい産毛が鋭い針のようで、きっと体中にその針が刺さっていたら、傷と一緒に入り込むのに・・・ なんで、それを選んだ・・・?


それを一つ一つ取り除きながら、傷を癒すのは・・・ 

    ・・・途方もないほど大事(おおごと)だよ。


Sunflowersを自分で選んだ時・・・



・・・気付かなかったの?

その花には、見えない、輝く、白い、無数の、針の様な、細かい、棘があるって事。

君にバラの様に、と勧めたのにね。うっかり見えない棘が刺さらないようにさ・・・

明かりの点いていなかった俺の部屋を見て、電話をしてきたあの時に自分で確認したのにね。

二度目に君を抱いた時、バラの世界に君を誘い、二度と離れないようにと魔法を掛けたのに。

今まで全てバラで埋め尽くした俺の世界に、君を誘ってあげたのにね。



自分で選んだその棘の世界だよ・・・



君と俺との間にある柵の形である棘が、こんなに大変な棘になるって事に _____




ここに気持ちが至るまで、心の中の蟠りはさ・・・ 俺の中でも沢山あったよ。



蓮として、久遠を想う君が切なくて。 久遠として、蓮と抱き合う君が切なくて。

Chuehoneとして、蓮と久遠は一人の人だと予感している君の魂が、愛しくて・・・

君の二人の王子様。

蒼い瞳のデジレ王子、黒い髪のチャーミング王子、その二人の王子を統治する王様は・・・

Chuehoneの俺。


・・・きっと君の天然の能力がそうさせているのだろう。


“ キョーコのココに、白と黒のライオンが居る。キョーコの中に、オーラが一つしか見えない。”

キョーコの心にある一つのオーラ
一人の俺だという事は、もう君のMatrixは感じとっているんだろう。
一人を心から愛しているという感情が出す、一つのオーラ。

“ でも、時間が経たないと分からない・・・” 

時間の流れに成長し行くその一つのオーラ。
時間の流れが全てを担い、恋が愛に変わる為に必要なもの。

愛は、一人では不可能で、二人で共有する一つの同じ感情・・・ 一つのオーラで、
その感情の行き場の目指す先には、その誰かと共にする・・・ 一つの時間。

未来まで続き続ける、未来への道のりこそが・・・


時間の経過


時間をかけて落ちても、時間をかけて這い上がればいい。

痛くなって もがき出し、走り出したら、もっと傷つく程に深い・・・

痛みに耐え切れず、這い上がらないで蹲れば・・・

   ・・・  死が待ってるよ・・・

呼吸が出来ずに苦しく成っても、深いその中に居る事は怖い事ではないと・・・

俺が見ていてあげるから

キョーコ 君も、壊れ行くその感情に恐怖を感じながらも、その事は怖くないと言い聞かせているうちに、どんどん深みに嵌って、もっと落ちて行く・・・


その崖の下・・・ 背の高い、ひまわりの森


大人の世界に背伸びして、子供の君が足を踏み入れた世界に俺が落とした。

二匹のライオンが、その体に教えた・・・ 快感・・・


・・・と、


百獣の王が、その心に教えた・・・ 傷・・・


君の心の棘の形は、見えない、輝く、白い、無数の、針の様な、細かい、・・・産毛の棘。

生まれた時から持ち続けて来た様な、産毛の棘。

その花を君が直感で選んだ事に知れた、君の心の棘の形。

二人の王子は久遠と蓮だと その心の中を見せてくれたこの瞬間、久遠と蓮と全ての俺で、その心の棘を抜き癒す。一人の人では途方もない作業に成るであろう、君の傷ついた壊れそうな心。

運命の破壊と創造の宿命を背負った俺だから、君には本当に相応しいこの奇怪な俺の人生の状況。


そうだね、心の傷・・・ それは、愛 ______________


男と共有する、一つの愛って・・・ 教えたよね . . .


自分が壊れ行く感情を持ってまでも、癖になるほど求め続け、抜けられない、翻弄されて、自分を見失い、自分が壊れ行く感情を持ってまでも、癖になるほど求め続け、抜けられない、翻弄されて、自分を見失い、自分が壊れ行く感情を持ってまでも、癖になるほど求め続け、抜けられない、翻弄されて、自分を見失い、自分が壊れ行く感情を持ってまでも、癖になるほど求め続け、抜けられない・・・


. . .こうやって、自分が壊れていくんだよ、終わらない欲求に ________________ 



___________ 二人の間の柵は・・・ 

君の棘を抜く為に他人を生きる俺の人生が役に立ち、
副産物と生まれた時から決められた宿命に、手を差し伸べる太陽のぬくもりの君が役に立ち、

お互いに育み癒しあい、永遠に抜けないリング 輪廻の中に、

運命の破壊と創造を持って・・・



____________ ・・・と、いう事 に気が付いた、 ・・・・・





だからまだ・・・



And
そして、

Or
また、



・・・・・
・・・ “ Then you have to act… for AND and OR as ”

俺は二人を・・・ “ 演じ分けると、君の為に、君を持ってして ”と、 ・・・君に言った。


黒髪の王子は蓮だと思っていたのを確認したら、もう敦賀蓮では居られなくなった。

ドラマの小道具も外したし、自分を守る為の言いたい事も言ったし。それに、君の気持ちはあやふやだけれど、気にしない。

二人とも、愛しているから。

二人とも、俺だから。

二人とも、切ない気持ちだから。

止め処なく言葉にならない、ある想いが溢れ出して来てね・・・


“ I fear, too early, for my mind misgives. ”
まだ始まっても居ないうちから心配して、それに怯えてる。
・・・今 君に伝えてしまったら、君は俺に心を閉ざすだろう。それに、そうした場合の俺の人生がどうなるのかは、自分では分からない。

長い物には巻かれていかないとね・・・

その長い者達は、俺をつぶす事なんて簡単なんだよ。
社会的に地位のある、コネクションを持っている、
・・・チェスで言ったらさ、王様達だから。自分は、その王様の戦いの為の駒だって、言われたよ。

今日改めて見た雑誌の表紙、そして送られてきたドラマ用の指輪とウエディングドレスのSomething Blueに思ったんだ。

王様達は二人を別人として扱い、必ず左右2つに何かを分けている事。

ここまで王様達がしてくれている事の、自分の人生の重大さに・・・

一人の為に、知恵に手に施してくれる事を、裏切れないと・・・・
・・・自分の戦いの為にも、そして王様の戦いの為にも善良な駒にならないことには、取られて終ると。


“Some consequence yet hanging in the stars.”
この宿命の下に起こりうる事は、星の導きによるもの。
・・・その宿命を背負った俺は、運命に任せるしか自分の選択肢が無い。星を選ぶことはできてもね。

だから・・・

“ The problem with doing nothing is not knowing when you’re finished ”
最後の結果が出るまで、何も分かり知りえない。
・・・長い者達からの影響を考えると自分がどうなるのかなんて分からないから、自分で事を起こせない事。

どうか、いつか、その時が来るまで・・・

最後の結果には君を傷つけないようにしたいから、自分一人で戦う事に努力と勇気を惜しまず怠らないから、その俺をどうか、信じていて欲しい。

君が言ってくれた言葉の通り・・・


Do you want to hold tightly in a bouquet?
それを束ねて飾る?

If you are not having “hope” to doing as well?
希望を持たなければ、生きていけない?

People longing you like …
たくさんの貴方への憧れは・・・

A life lived in such purehued abundance that because of my eye keep facing to you
純真な色で溢れる人生の貴方を、見ているよ。

I love you so much if you do make thightly in a bouquet
束ねて華やかに飾る貴方も、・・・愛しています


You and I can only “desire” to be with confidence…

君と俺の望む未来に、自信を持って・・・



・・・愛しい気持ちの 俺 も、君を愛しているから



だからね・・・鍵を一つ含めておいた。    ____________ 同じ熊 . . . .って

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 26.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray