• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.285

Category : Story-I of LDs


もし、シンデレラが・・・
靴を忘れていたのなら、
その靴を持って行けるけど・・・

・・・

キョーコ・・・

そのシンデレラの話・・・
残念だけど、君はもうシンデレラじゃないんだよ。
シンデレラはね、生まれ変わったんだ。

眠れる森の美女に・・・

目覚めのキスを待っていて、それに靴を持っていない。
それに君は今、魔法使いと俺を呼んだ。

王子は・・・
黒髪の王子は・・・誰だと思っていたの?



唇に当てていた手をそのままに、反対の腕でぎゅっと抱き寄せ、頬に頬を寄せてフッっと笑ったのを頬で伝えた。


あのね、
お城の華やかな世界に憧れて
自分で魔法使いを探し出し、魔法を掛けてもらった
綺麗にされてから、煌びやかな舞踏会で、
君は王子と出逢った。

ぼろぼろに傷ついて罵られても
いつかそのチャーミング王子が来るかといえば、そうじゃない。
城壁の中の王子が窓から気まぐれに下界をちょっと覗いたとしても
その瞬間に目に入るわけではない。
それに見たとしても、王子に見初められるかと言ったら・・・
そうじゃない。
綺麗な世界に佇んでいると、下には魅力が無くなるんだ。
もし、そうだとしたら、それは奇跡だよ。

そう、自分に魔法を掛けてもらえる
魔法使いを君の本能が探し出し、
LMEって魔法の国に居座って妥協させ、そして・・・
その国の王様に魔法を掛けてもらった。

綺麗にされてから、チャーミング王子に出会ったんだ。
王子は、綺麗なシンデレラに一目惚れしたんだって。
そう言ってた。今日。

でもね、その一目惚れした時に、
チャーミング王子は後を追いかけなかった。
王子はね、その綺麗なシンデレラは自分を好きだと思っていた。
一緒に踊った、 一緒に仕事したプロモ
あの時に自分を追いかけるのは・・・
シンデレラの方だと自惚れていたんだ。

階段に落ちていたガラスの靴。

それはね・・・
壊れそうなガラス。
人を愛さないと決めた、傷ついた自分の壊れそうな心・・・

そうじゃないかな?

自分の城の中だから、拾い上げもせず放置した。
自分が一番だと自惚れていたからね。
誰もその靴を奪うことは出来ないと思い・・・
シンデレラの壊れそうな心を、受け入れるのは自分だと思って
階段の上から見下ろしていたんだよ。

その階段の上で開かれている煌びやかなパーティではね
何人かの各国の王子も居たんだよ。

俳優の国とか音楽の国とか、バラエティの国とかの
王子に君臨する、その国の地位の高く認められた人達。

王子たちはね、シンデレラのガラスの靴目指して階段を降りたんだ。
シンデレラとチャーミング王子との踊りを見てね。
それに、王子たちよりも もっと上に、位の高い王がいる。

俳優の国には、監督王。
バラエティだったら、ディレクター王。
音楽だったらプロデューサー王。

王様たちもシンデレラを見ていたよ。
シンデレラにもっと綺麗になるチャンスを与え、
その国にシンデレラが居る時・・・
その国の王子たちも一目ぼれしているんだ。

階段に落ちていたガラスの靴目指して
王子たちは群がって行った。
餌をばら撒かれた鳥の様にね・・・

でも、ガラスの靴を奪い合っても、
シンデレラはどこ? そこに居ないよ。
それに、透明なガラスの靴・・・
心の形が見えてないままにね。


シンデレラはね、
チャーミング王子がパーティの中で遊んでいるうちに
自分で魔法使いを探したように、
自分で歩き出したんだ。裸足のまま荊の道を。

そして、自分で選んで食べた りんご。

Envy・・・RubyRed血の色・・・
血が沸きあがる嫉妬の色

チャーミング王子に嫉妬に狂い、
壊れそうな心は、ガラスの靴は捨ててきた。

その為に自分で選んだ永い眠り・・・
その意味はね、
自分の心を閉ざし、誰も愛さないと決めた。
その時、シンデレラはね・・・
昔の傷ついたシンデレラは、

死んだんだよ。

復讐が心に新たに生まれた時に、生まれ変わったんだよ。
元に戻るぐらいなら、死んだ方がいいんじゃないかと自分で選んだ道。

生まれ変わって、新しい人生を送りたいと。

そうじゃなかった?キョーコ。


森で永い眠りについている間、王子のキスを待ち続けていた。
でも、自分から目が覚めて自分で王子を探しに出かけて行った。

待っているだけじゃ世の中どうにも成らないと、思って・・・

事務所に来たんだよね。

そして今、お城でガラスの靴に群がる王子たち。
シンデレラのチャーミング王子もガラスの靴目指して
階段を降りる決心をしたんだよ。

上から・・・

“ 俺のモノに手を出すな。”

そう言いながらね。



大理石の窓辺に置いたあった悪魔の人形を指でピンと弾くと、するっと滑ってバラのチェスにぶつかって止まった。キャンドルの炎の周りにできた輪の様な虹色の灯りの中に、透き通った体中で光りを受けて七色の影を写していた。

スパークリングウォーターのボトルを開けてグラスに注ぐと、氷が溶けて底に溜まった濃く甘い蜂蜜を溶かしながら、泡はレモンを上に押し上げた。

グラスを手にとって上から見ると、雲の上に半月が乗っているように見え、底から登る一筋の泡の列は、ピンクと蒼と多色の光りに瞬いている。

そのグラスをキャンドルの灯りに照らし見詰めながら振っていたら、半月の形のレモンが泡の列にそって下に沈み、泡と一緒に浮き上がり半分浮き上がってまた沈みと、繰り返していた。




自分から目覚めた森の美女・・・オーロラ姫はね
多色に輝く光を森の中の河原で見つけ、歩いて行った。

そこに、妖精が居た。
でも妖精はすぐに消えた。

悲しみを吸い取る蒼い魔法を姫に掛けたまま。

そして森を歩いていたら・・・
前から来た違う王子にぶつかった。

その王子の掛けた魔法はね、ピンクの幸せの魔法
ピンクの幸せの魔法の威力はね・・・

今もまだ続いていると・・・いい・・かな?


グラスを持ったまま両腕で肩を抱きしめ、頬に唇を寄せ目を瞑っていたら、柔らかい唇の感触に変わった事に気が付いて、その唇にちゅっと音を立てた。




妖精はね、魔法で王子に姿を変えて、
またオーロラ姫の前に姿を現した。
それで・・・

オーロラ姫には・・・

蒼い魔法も、ピンクの魔法も掛かったままだから
二人の王子を愛したんだ。


君は、この黒髪の王子も愛して、
こっち・・・
蒼い瞳の王子も愛している。


バラの上の二つの王子の人形の真ん中に、お姫様を右と左に挟まれるように置いた。


後ろに必ずどちらかが居るんだよね。
前を向いて向かい合っていても、心に・・・
どちらかが居る。

それにね・・・
お城の中ではガラスの靴を持っている王子も居る。
ガラスの靴を捨てた姫が、もしお城に戻りたいのならば・・・
・・・
・・・不破からメール貰った。
不破の曲、聴いてあげて・・・

王子のガラスの靴の後悔がこもってる。

・・・でも、
そのガラスの靴。

生まれ変わった・・・オーロラ姫に?
合うのかどうか?
誰も分からない。

オーロラ姫が、自らその靴に足を入れるのを
待っている王子だよ彼は。

でもね・・・

その靴に足を入れて確かめたいかどうかは・・・?

姫。

姫が自分で決めることだよ。


二人の王子の魔法の掛かったオーロラ姫には
ガラスの靴が、見えるかどうか?

二人からの愛を・・・
受け止めてくれた君にはもう・・・
前を向いて歩くだけにして欲しいから。

二人からの愛で新しい心が一杯なのは、
感じているけれど・・・
シンデレラだった頃の記憶は消えないし、
姫の大切な思い出は、誰がどうこうする事もできないよ。

蒼い瞳のデジレ王子もね・・・
姫と同じで、心が一杯です。
姫と前を向いて、手を取り合って森から出たくても・・・

自分の愛を注いだ泉の周りの靄の様に、
どんなに愛しても、君の泉の全貌が見えなくて
目の前を塞ぐ靄が、歩いて行く先を見せてくれなくて
それでも靄に自分で光りを当てている姫が創る・・・この虹の世界

この綺麗な光景であって・・・
全貌の見えない妖しく麗しい世界に、人の心を魅了して

・・・もっと王子を、姫は無意識に増やしていて、
Bewitched, Bothered and Wildered
その悪戯な心に、王子達は溜まりかねて、困っています。

・・・
・・・・・久遠が、送ってくれた

写真を見てね・・・
滝が創る虹、綺麗だな。って思ったんだ。

カリフォルニアのヨセミテ公園に居るんだってね。
クー・ヒズリのロケで。


キョーコに久遠はアメリカですよ。と意識に刷り込めているといいけれど…と、思っていたけれど嘘がつけない体質の俺。指輪とグラスがカチカチ細かく当って音を出していた。

グラスを持っている手が震えていたのに気付いて、ぬぉっと役者魂に火がつき反対の手に持ち替えて一口飲んだ。その甘くてほんのり酸っぱいキョーコの魔法の味に心がまた揺るぎそうだった。

でも意を決して、このまま甘んじては成らない事を自分で察知した予感を信じて、自分の中でどうしてもしなければ成らない、線を引く場所があった。



キョーコ。
君と久遠の間で・・・

どんなやり取りをしているのかは、
知らないし・・・

俺は、知りたくないから。

・・・
姫を愛している一人の王子として・・・

他の王子の事は、関係ないから。


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 26.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray