• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.284

Category : Story-I of LDs


言葉の無いピアノで感じて欲しい  _____


Somewhere over the rainbow  Way up high There is a land that I heard of once in a lullaby Somewhere over the rainbow  Skies are Blue And the dreams that you dare to dream really do come true・・・
Someday, I will wish upon a star  And wake up where the clouds are far behind me Where troubles melt like lemon drops Away avobe the chimmey tops That is you will find me Somewhere over the rainbow  Blue birds fly Birds fly over the rainbow 
Why then oh why can’t I ? If happy little blue birds fly beyond the rainbow  Why oh Why can’t I ?

・・・As I love you so very much
その未来に、たくさんの愛を込めて・・・

太陽の君が真っ直ぐ見詰めて、その光を俺が地上に照らす夜の蒼い輝きで・・・

人々に魅せる幻想の世界を、今夜は君だけに・・・ _____



バスルームの明かり
点けないで・・・


耳にそっと囁いて、手のひらにTea Roseのキャンドルを持たせた。

ガラスの入れ物に入ったキャンドルの炎に、彼女の指輪が輝いている。甘く香ばしい香りの炎の中に、ピンクと蒼とさまざまな色の光りが反射して、ガラスの入れ物が輝いている。


お水持って行くから
先に入ってて・・・
タオルは・・・リネンクローゼットだよ。


その炎の仄かな明かりに、うふっと微笑み肩にその笑顔を乗せて、一人でバスルームに入って行った。

(ふふっ。写真と同じ・・・。)

その彼女の顎を肩に乗せる笑顔。見た事のあるプロフィールに載った写真と同じだったけれど、今はキャンドルに反射した蒼いスワロフスキーの光りをその肩に乗せ白に包まれた笑顔を、俺の心に残していた。

ミントのお水を飲み干しながら、心の中で数を数えていた。いつもエレベーターで数えるその100は、彼女の事だけを考えると決めていた。今、キョーコは・・・

スパークリングウォーターSanPellegrinoのボトルを開けて、空いたグラスに注ぎながら考えていた。


今 彼女は、胸を締め付けられるように泣いているのだろうか?
それとも、微笑んで楽しんでいるのだろうか?


100の間 自分で弾いたOver the rainbowを聴きながら、彼女のこれからを思う、心からのメッセージが伝わっていて欲しいと願って止まない・・・

Tea Roseの香りに誘われ、リネンクローゼットを開けると目に入る並んだバスタオルの色に、バスルームのドアを開けるとレモングラスの香りの中、自分が創って見せた光景と、そしてこの音楽に・・・



_ Somewhere over the rainbow  Way up high
“ この虹の向こうは、果てしない孤高より高く ”

There is a land that I heard of once in a lullaby
“ 昔、子供の時に聞いた子守唄、おとぎの国の世界が存在する ”

Somewhere over the rainbow  Skies are Blue
“ 雨の俺との約束を守り飛翔の為に上を見上げると、その空は蒼い ”

And the dreams that you dare to dream really do come true

“ 夢を現実にする勇気を、夢見る君へ・・・”


Someday, “ I will wish upon a star ”

“ いつか、一つの星に願いを唱える時は ”

And wake up where the clouds are far behind me
“ 雲の上よりも高い宙から、目覚めて ”

Where troubles melt like lemon drops
“ 甘いレモンキャンディを舐める様に、柵を溶かす事は容易”

Away avobe the chimmey tops That is you will find me
“ 視界の届く屋根の上よりも、もっと上の俺を見つけて・・・”

Somewhere over the rainbow   Blue birds fly
“ 水が創造する幻想を超越したさらに先を飛翔する、蒼い鳥 ”

Birds fly over the rainbow
“ 君も自ら羽ばたいて、未来の先を目指し飛び出して・・・”

Why then oh why can’t I ?
“ 未来への飛躍を躊躇せず ”

If happy little blue birds fly beyond the rainbow
“ もし、蒼い鳥が先に、その先の輝く未来に飛び出せば ”

Why oh Why can’t I ?
“ その後を、躊躇わずに追いかけて・・・”



京子が敦賀蓮の背中を追うには、遠すぎる。

今日の収録で世間の反応がそう思わせた。もっと京子に近い存在の蒼い鳥、久遠ヒズリと一緒になら、敦賀蓮の背中を追い肩を並べて行き易いと思った。

久遠と蓮が肩を並べて幻想の世界に輝く時に、一緒に京子も隣に居て欲しいとの願い・・・

そうでなければ、それからでないと、京子が潰れてしまう。

久遠が蓮と並ぶ自信は、ゼロから始めた今までの創りあげられた敦賀蓮の実績に自信が持てるから、自分で努力すれば同じ様な結果が未来に待っていると・・・未来の久遠が想像できるから。

I will be made my desire by myself to be my hope

Over the Rainbowの歌詞 “ And the dream that I dare to dream really do come ture ”の通り、
夢を叶える勇気を、夢見る・・・その事に躊躇いは無く、むしろ・・・

“ And the desire that I dare to hope really do come ture ”・・・ as my confidence from other me
希望を現実にする勇気を、望む・・・久遠のその自信は、他人でいる自分 敦賀蓮が、憧れだから


キョーコが言ってくれた昨日の言葉を思い返して、決心した事があった。

“ People longing to like ”
貴方に人は憧れを抱き

“ You and I can only desire to be with confidence…”
私と貴方の望に、自信を持って

“ I am sure to feel these for born of simple sun, water and time. ”
太陽の様な心と、雨のような糧と、育てていく為に必要な時間を、感じたい・・・と ____


___ Sunflowersの香りで包まれ、ひまわりの花束を貰った昨日の事。



ミントオイルの入ったキョーコのグラスとレモンの氷のグラスとボトルを持って、バスルームに行った。仄かなTea Roseのキャンドルの灯りの傍に、彼女の着ていたウエディング用のランジェリーがきちんと畳まれて置いてある。
甘いその香りに包まれるように置かれたランジェリー。二つのSomething Blueがその上で輝いている。

キャンドルのオレンジ色の仄かな炎は、白いキャミソールをひまわりの色に見せていた。

リネンクローゼットを開けて見るとバスタオルが二枚無い。いつもレインボーカラーに並んでいるタオル類。それが何色なのか今は確認しないでおきたくて、ふ~っとキャンドルの灯りを吹き消した。
自分の未来を占う様に、暗い中でバスタオルを取ってバスルームのドアの磨りガラスの方に近づくと、そこに・・・

思ったとおりのCelestial Fairytail色の世界が、ぼんやりと映っていた。


ドアを開けると流しっぱなしだった熱いお湯が滝のように流れ落ち、足元に蒸気をこもらせてTea Tree oil の香りが作る油分を含む その蒸気が光りの反射に答えるようにもやっている。
Lemon grassの香りを窓辺に漂わせながら揺れるキャンドルの炎は、その周りに虹の様な光りの光景を造りだし、足元にこもる蒸気にもその光りを仄かに反射させている。

目線よりも下に、虹の中に居るような光りの光景は、

現実に降り注いだ幻想の世界だと思わせてくれているだろうか・・・?

曇った窓ガラスの上から滴り落ちる、冷えて水の粒になったその水滴も、キャンドルの光りに瞬きながら、ゆっくりと下に流れ落ちて・・・

星が現実に降る様に思ってくれているだろうか・・・?


フルートグラスに注いでおいたスパークリングウォーターは、レモンを絞った氷が溶けて薄い黄色に染め上げていた。泡が列になってグラスの中で登り行くその中に、指輪の光りがキャンドルの灯りに瞬きピンクと蒼の泡になって登って行く。

後ろ向きにバスタブの淵に頬を寄せて、曇った窓ガラスからゆっくりと滴り落ちる水滴を見上げているキョーコの頬に、冷たいグラスを付けた。


どうぞ?


その耳元にキスをすると、Sunflowersの香りがした。耳の後ろのぺろっと舐めた蒼い色は取れていた。
うわ~っと言いながら、俺の指に反射するピンクと蒼とClestial Fairytail色の泡を見詰めて、グラスに伸ばしたその指にも同じ輝きを乗せている。


うふっ。
シャンパンみたい・・・


そのつもり。
まだ、飲めないからね。


バスタブに入るとザバーっとお湯が流れて、もぉ~と言いながら片手で目をこするその瞳は、泣いていた様に赤く成っていた。
きっと、キャンドルの灯りに指輪を透かし、悲しみの涙を吸い取ってもらおうと、上を見上げていたのかも知れないと思った。

はい。とグラスを持った腕を伸ばし、キョーコの腕を反対の手で自分の腕に絡ませるように誘導し、腕を絡め合って自分のグラスに口を付けた。


あはっ。
これ、映画で見たことある。


うんそうだね。
実際、結婚したこと無いから
したこと無いけど・・・


へぇっ、ドラマでも?


そういや無いな~・・・と思いながら、んじゃ、今回はこれも入れよう。とお互いの意見が一致した。
キョーコのグラスを取って、二つのグラスを窓辺に置きながら、抱き寄せて唇を重ねあった。


そうだ。
耳の後ろ、蒼いの付けたでしょ。
も~、知らなかった。


ふふ。お互い様。
キョーコも、ピンクのルージュ。
沢山 俺に付けたよね・・・



後ろ向きに背中を抱いて抱き寄せて、その耳元にもう一度キスをした。
重ねあった左手をキャンドルにかざすと、お互いの指に浮かび上がる、蒼とピンクの光りのリング。


永久の愛を、
無限の可能性で、
夢を掴むように・・・

その姿を映像に残すのは、お互いの仕事。
・・・がんばろうね。


はい。
・・・敦賀さん。



___ (そっか・・・敦賀さんか・・・)

蓮と呼んでくれない、泣いたようなその瞳でも俺を見詰めてもくれない。

そう思ったから、後ろ向きに抱き寄せた。

左の頬をキョーコの頬に付けて目を瞑ると、久遠の気持ちが切なくて・・・
その右頬にちゅっと音を立ててキスをした。

反対の頬に頬を寄せて目を瞑ると、蓮の気持ちが切なくて・・・
その頬にちゅっと音を立ててキスをすると思い出す。

さっきのテレビで映っていたDark Moon 撮影日にあった事・・・

君に初めてキスをした、この左の頬。
見せていたのは俺の左側・・・、愛しくて愛しすぎて唇にキスが出来なかった。

君がくれたワインゼリーは、赤いバラの君の宿命を思わせて、ワインの香りに自分の宿命の神を思い、あふれ出した愛しさが、運命だと思った事・・・

あのプレゼントに沢山の意味を感じた俺だったけれど、きっとキョーコは何も考えずにくれたのだろうと思う。

ただ・・・嬉しかった・・・

不破とのキスを見た後だったから切なくて苦しくて、自分のものにしたくても出来ないもどかしさの後、君から貰ったこのプレゼント、赤いバラのクリスタルにワインは・・・

君と俺の全てが詰まっていると感じ、本当に心の底から嬉しかった。

天然の何かを感知するその能力で それを俺にと思った様に、きっと君はあの日河原に行ったり、同じ事務所を選んだり、その能力はこの広い世界の中で俺の魂を探してくれたのかもしれないと思えた。


このレモンの柑橘系の香り・・・
初めてその温もりの手に自分の気持ちを乗せた。この香りのクリームで手を包み、淡いピンクに大きく咲く白い花、そしてダイヤモンド。

いつか必ず躊躇う事無く、その手に受け取って欲しい・・・
今 指に浮かび上がる輝きの基を。今 指に浮かび上がる輝きの言葉の通り。

___ Infinity as the seal of the one… Chuehoneの永遠の証


グラスに口を付けて、唇を重ねて、I ・love・ you・ so・ very・ muchと伝えた。

Where troubles melt like lemon drops
“ 甘いレモンキャンディを舐める様に、柵を溶かす事は容易”

きっとその天然の能力が、俺の柵を溶かしてくれると信じている・・・

その時まで、俺が永久の愛で君の柵を溶かしてあげると誓うよ・・・



左手を指を絡めながら握ると絡めた指を解かれて、驚いてキスが止まってしまった。

目を開けると目の前の彼女は、微笑んで目を瞑っている。

優しく柔らかくゆっくりと唇で唇を挟まれだして、目を瞑ってキスを返していると、指を一つずらして重ねられた。

小指が外側に・・・

お互い、愛で包んで欲しいと思っていることなのだろう・・・



曇った窓ガラスに映るLemon grass のキャンドルの灯りに、虹色の影が映っている。

クリスタルの二人の王子様とお姫様。

その三人の影は、クリスタルの体の中に光りを通し それぞれCelestiallyに輝いた影を窓ガラスに写していた。



・・・ねぇ、
聞いてもいい?


キスを離して顔を見詰めると、上から握られていた手をぎゅっと握られて、重ねられたその指を包むように握り返した。


この黒髪の王子・・・
誰だと思ってる?


光りを窓に映しながら輝く二人の王子の一人を指差した。


うふふ・・・


返事の変わりに、微笑みながら唇にちゅっとキスをされた。


それは・・・
俺って事で、
・・・いいのかな?


胸に背中を付けて寄りかかりながら、俺の腕を取り上げて自分の体に回し巻きつけている。後ろから抱きしめて見詰める前を向いたその顔は、どんな表情をしているのか見えないけれど、首を傾げて窓に滴り落ちる水滴を見ている。


あのね・・・
シンデレラの王子さま

いつか・・・
ガラスの靴を持って
私を迎えに来てくれると・・・
思ってる。

綺麗なドレスを着せてくれて、
優雅にダンスを一緒に踊ってくれて、

恋に落ちてくれて・・・

魔法は、解けないで欲しいけど・・・



指を絡めた左手をお湯の中から出して、二人の指を見詰めている。キャンドルの灯りにきらきら光るその指輪をはめた手で、お互いに一つずつグラスを取って一口飲むと、レモンの氷は全部溶けていた。

あれ?としたその顔で、グラスを光りに透かして見ている。

グラスの中に登る泡はピンクに蒼に輝きながら、中のレモンのスライスを揺らしている。


甘かった?
さっきと、違って・・・



・・・うふふ。魔法なの?



そうかな?
ピンクの魔法かな?
真ん中の、蜂蜜レモン。

君が時間を掛けて、転がしたり逆さにしたり
時間を掛けて溶かした・・・

・・・
・・甘い、恋の魔法。

自分で作った、魔法だよ・・・

魔法の力で、溶かしたね。
この蜂蜜。

冷たく固まった蜂蜜に、レモンを入れて転がして、
全部溶かして、美味しくしてくれて・・・
それをまた、冷やして固めて、また、溶けた。



・・・甘い気持ちを冷えた心に閉じ込めて
お互い、人を愛さないと決めていた。
お互い酸味の様な、とげとげしい態度で接しているうちに、
いつの間にか心が溶けて、甘い恋に落ちた。
・・・
そうなのかな・・・?
・・・蓮。



その、キョーコの作った
魔・・法を・・・



さっきまで呼んでくれなかった名前で呼んでくれて、嬉しくなって抱きしめた。
首元に顔をうずめたら涙が一つ、その肩に落ち、こんなにも恋をするという事は、苦しいものなのかと思っていた。


魔法使いは、
魔法を溶かして・・・
・・・甘酸っぱい、弾ける様な

恋をお望みですか?

シンデレラの靴を、持ってきてくれますか?



キョーコが目を瞑ってキスを待っている。握っている左手の指輪にキスをして、その手を彼女の唇に当てた。



もし、シンデレラが・・・
靴を忘れていたのなら、
その靴を持って行けるけど・・・

・・・

キョーコ・・・

そのシンデレラの話・・・


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 26.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray