• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.282

Category : Story-I of LDs


携帯から写真も消したし、持って行っても大丈夫。キョーコの待っている俺の部屋に向かった。

不破の運命の人の写真を見ていて思った。
アイツの仕事は、正に自分を表現しているもの。しからば同じ業界で何かを施さねばならない。と思いながら、部屋のドアを開けるとベッドにごろっと横に成って、雑誌とiPadを並べて見ていた。


入ってきたのが気付かないと見えて、開けたドアをノックしようと手を握ってドアに向けたけれど、その手にきらっとピンクに輝いた光が目を掠めた。

指輪があまりにピッタリはまって、指輪をしている感覚が無かったので、忘れていた。

もう一度手を見詰めて指輪に音無くキスをしたら、気が付くJazz。

こちらの部屋に掛かっているのがBee A のBewitchedだったので自分が弾いているのと違い、イタズラ気分が盛り上がってしまったので、そっとベッドの後ろに回ってキョーコの背後に行った。

そこから見えた彼女が見ているページを確認したら、そっとベッドに膝を付いた。
マットレスはテンピュールなので、体重の重みで偏って沈む事は無い。しかし、ここまで来て気が付かないほどガン見しているそのページ・・・
そっと、うつ伏せのキョーコの上に覆いかぶさり抱きしめた。


抱かれたい?
その人に?


耳元でそっと囁くと、うふふっ。と微笑んでiPadのスクリーンをスライドした。
画面に出したのは自分の写真。キョーコの一番好きだというその写真が、始めのページに載せられた俺の写真とリンクしている様だと思っていたらしい。

自分のその写真を指差して、左手で雑誌の敦賀蓮をそっと撫でた。


うふふっ。
この人が・・・この人を、抱いた後よね。
この二つの写真・・・


ふっと微笑んで返事の変わりに、耳の下にキスをした。膝下でふくらはぎを撫でながら、足を絡めるとゆっくりと足を動かして絡めてくれる。足を交互に絡め合いながら、一緒に雑誌を見ていた。

左手を重ね合わせて、指の間に指を重ね見詰めていた。きらきらと輝く二人の指輪は・・・

この二人だけの時間の象徴・・・

“ My heart never changed by the shape of my love for you…”

久遠としてキョーコと初めて迎えた朝に見た夢の中で、自分の言っていたRomeo&Julietの言葉。

忘れないあの夢・・・自分の話す英語のままの自分の心の中の言葉だと思っている。



My heart never changed by the shape of my love for you…
“ 君への愛の気持ちの形、この心は一生変わらない”

二つのリングが作り上げる、一つの愛、ハートの形に、この心が震える感覚があの夢と重なり蘇る。


I wish you and I could make that up and be together…
乗り越えるその先は、二人で永久に共に居れる事と願っている・・・

Please take me to away with you…
どうか、俺と共に・・・

I swear and believe to yours and my destinies…
俺と君の運命を信じ、誓う・・・

I never defaulted love to you now and then…
今もこれからも、君を愛する事を怠らないと・・・


自分の人生の新しい第一歩と、君と過ごす未来の新しい第一歩で、全てが始まったばかりだったこの頃の写真。君を抱いた次の日だった この自分の表情は、確かに愛を満喫し満足したような笑みで居る。

唇を重ねながら、I Love You Very Muchと言った。

深くなり行くキスは愛を感じ、愛で返すと、愛で返してくれる。愛でまた返すと、愛で返ってくる・・・止め処ない連鎖反応のInfinityのめぐり合いに、やっぱり、俺とクーは親子だな・・・。と思ってしまう。

目を瞑っているのを確認したら、右手でiPadを5本指でさっと左にスライドして、画面を確かめた。
この写真の前に見ていたのは、写真にダウンロードされている月虹の写真。もう一度左にスライドするとメールの画面に成った。久遠からのメールは、開封済みに成っている。

もう一度左にスライドすると、写真の画面が現れた。今度は・・・

ランジェリーでの写真

久遠と自分の写真が、リンクしているのも確かめたようだ。と知った。
3回右にスライドして、もとの画面に戻したらピンチして画面を閉じ、ベッドサイドに置いた。

ちゅっと音を立ててキスはお終い。の合図をして、重ねていた左手をぎゅっと握り締めると、愛しさに心が一杯に成っていた。


ん~・・・
止めないで・・・


だ~め。まだ、後で。


どうして?と言いたげな顔をシテイマスガ、お互いに慣れとはおかしなもので、その慣れを知ってしまったのだから、仕方ないでしょう。と思ってしまう。
さぁさ、早くキョーコが俺の遺伝子の葬式の手筈を整えてくれないと、今ここで俺が作らないものをしても、お互い最後までいけないよ。とは、さっき言ったはずだけど。気付いてますかその事に・・・?

(も~、結婚しちゃおうかな・・・いっその事・・・。)

そんなことを思って気持ちが緩みそうだったけれど、フライングしたら敦賀蓮も久遠ヒズリも京子もどうなるのか分からないから、その未来が怖かった。

結婚を気軽に考えてはならぬ。と自分を戒める事にした。
子供を作るということは、一つの命をこの世に誕生させる大きな力が働く事と思わないと、単なる欲求のまま流されては、久遠の時の二の舞になってしまう。
久遠ならまだいい。悩んだだけで終われた。クーの二の舞になったら、それこそ・・・

それを考えたら自分の意志が固まった。

結婚はまだ出来ない。と・・・

自分の周りで自分の人生の為に影で支えて入れている沢山の人生の成功者達。俺の憧れる人生の先輩達が自分の為にしてくれる事と、教えを説いてくれようとしてくれているものを、自分で壊していいのだろうかと。

きっと、呆れて自分から離れてしまい その世間で地位を持っている人達から受ける波風は、島が沈没する位のかなりの嵐だろう。と、思ったからだった。


それじゃぁ・・・

上と下。
どっちがいい?


んふっ。

キョーコは微笑みながらモゾモゾ動き出し、腕の中で ぐるっと仰向けに抱きついてきて、背中をゆっくり撫でてくれる。さっき雑誌のうつ伏せの俺の写真を撫でていたように ゆっくり背中を撫でるので、太ももで太ももを撫でた。


下かな?


目を瞑ってそう言う彼女は、久遠の写真とリンクしているキスをおねだりする様な表情だった。
そこまでされたら、男だもの・・・と思いながら、ちゅ~っと長めにキスをしながら腕を伸ばした。

ベッドサイドの下の引き出しを開けて、ガサガサ取り出してからキスを離した。


じゃぁね、今度は・・・

白と黒。
頭の中は、どっちの色?


キョーコのシャツのボタン、すでに3つはキスマークを付けた時に開けたので、4つ目から下に向かって外していると、背中を撫でられていた手が俺のシャツのボタンを外している。
背中を持ち上げて肩からシャツをするっと外し、ブラのホックもついでに外した。

そうしていると両手でシャツの前を開けられて、胸を撫でて首にその手が行き、頬をそっと撫でてくれる。


(・・・ざ~んねん。キョーコ・・・上だったのにな・・・それは。)

キスをしながら抱き起こし、ベッドサイドのTea Roseのキャンドルを取って ふ~っと優しく息を掛け、甘いTea Roseの香りの煙をキョーコに向けるように吹き消した。


俺はね・・・ 
・・・白だよ。
今、頭の中に浮かぶ色。


ん?と驚いているその顔にちゅっとしてから、ふわっと頭を通した。頭を通したらすぐに唇を重ねて目を閉じさせる。しばらく優しくキスを続けて、首に腕が抱きついてくるのを待っていた。

I ・love・ ・・

そこまで唇を動かしたら、腕が首に抱きついて、ん・・・me ・too・・・と、上手な発音で口の中に吐息を掛ける。

・・・you・ so・ very・ much

吐息をお互いに口の中に残しながら その言葉を続けて抱きあげた。Muchでちゅっと唇を離し、顔を見詰め合って立ち上がり、鏡の前に彼女を降ろした。

後ろから抱きしめて首筋にキスを落としながら、肩に掛かる細いリボンを結んだ。


どぉ?
これ、似合ってるね。


鏡に映したまま、背中にある太目の長いリボン状の布をダブルリボンに結んだ。


ふふっ。
ウエディングドレスは・・・
まだ出来てないって。


ウエディングガウンの下に着せるランジェリーが指輪と一緒に届いていた。
アールは本当は指輪と一緒に送りたかったのだろうけど、指輪を早く見せたほうが気分が盛り上がるんじゃないか?それに、ランジェリーの方が、お前は嬉しかろう。というカードが指輪の紙袋に入っていた。


London Liberty の薄いコットンでシルクのような肌触りの滑らかな長めのキャミソールは、ストンと下に落ちるだけのシンプルな物だった。でも、肩紐のサテンのリボンの先にスワロフスキーのビーズで編んだアクアオーラの色のティアドロップが付いていた。
背中で、大きくダブルリボンに結んだら、胸の下からウエストまでギャザーが寄ってキョーコの細い体型を綺麗に、そしてお胸のボリュームも出た。


それでね、これは・・・


下に履くアンダーコートは、お尻のボリュームがドレスを上から着た時に出しやすいように、フリルが沢山付いている。
肩に結んだリボンについている涙の形のスワロフスキーを、手にとって前に見せるように流した。


この、涙の形はね・・・

Something blue
ウエディングドレスの下に着けるもの。
ブルーの物を身に着けると
幸せになるって言い伝え・・・

それと・・・
もちろん。ガーターも。

これも、ウエディングドレスの下に必ず着けるんだけど・・・
その意味は・・・まだ、秘密だよ。


自分の人差し指をキョーコの唇に当てて、ちゅっと音を出しながらウインクした。


それじゃぁ
姫を・・・さらって行きます。



抱き上げて廊下に出ると、掛かっていたのは Over the rainbow _____


O Kyoko, Why are you Kyoko?

Deny the family name of noble birth or if you will not be by relation, But my heart never changed by the shape of my love for you…
The only family names are enemies for our love, please through yours and my family name away from us and acting that each other, Then we can be together.
I wish you and I could make that up and be together…Please take me to away with you…

“ もしこの家系に生まれてこなくても、君への愛になんら変わりは無く・・・
二人の間にある柵は、この名前だけ。どうか、全てを捨てて一緒になれるように、
一緒に事を起こしてください。二人でなら成し遂げられると願っています。どうか人生を共に・・・ ”


I swear and believe to yours and my destinies…
I never defaulted love to you now and then…

“ 二人の運命を信じると誓い・・・ 君への愛を今もこれからも怠らない・・・ ”


I hope we could be together as the hanging in the stars of your cheek of night…

“ その頬に携えた笑顔、宿命の星の下に、一緒になれると・・・望みます・・・”



廊下を歩きながらDreamsのドラマのでも使えそうな台詞を、自分の言葉に代えて伝えた。
自分の夢の中で見ただけだから、キョーコが久遠とロメジュリゴッコをお風呂でしたのとは違う台詞に、同じ意味を込めて伝えたかった。


自分の本心の・・・ 心からの気持ちです・・・ _____



廊下に掛かるOver the Rainbowの曲は、これから超える人生の架け橋を想わせる 



___ キョーコにも見せたかった、そのクーからの写真
カリフォルニアのヨセミテ公園に出来るその光景・・・



・・・月虹


冷たく覆いかぶさった山頂の雪が、太陽の高くなり行く春になって溶け出して、雲の上の空から落ちる
その大量のPureな水の滝。

その泉に流れ込む時の、雲の様に深い霧がたち籠もる飛沫に

空に満天の星空が光る、その闇の中でも、

一つの太陽に照らされた一つの月・・・  満月の時だけに映し出す、その光景。


水と光が創る・・・  この星の豊かな自然が語る、おとぎ話の世界 _____



___ 水と光源・・・ 俺と君が創る・・・


その、人の心を掴んで胸を焦がすような忘れられない光景の様に、二人で世界を創れます様に・・・


世界中の子供がその空を見て、思う様に

世界中の子供がその歌を、歌う


その星の歌 _____


星に願いを込めて、祈るのは、その星が現実にどうか、降り注ぎますように・・・・

子供の時に思った事は、大人になっても変わらない

大人達でも、その星に祈りを込める


_____ Magic hour 魔法の時間に現れる・・・



Celestial Fairytailの色の久遠ヒズリも、敦賀蓮も芸名で、Likeで君を支えるから

久遠と蓮の二人の滝で、太陽と月のCollaborationの光で・・・


世界中の人を、魅了する

Multihuedな光を見せる、月虹を、京子の泉に・・・

京子と、創っていきたい


その泉のある森は、一人の凛と美しい姫が眠る

王子に起こされなくても、春の訪れと共に、水の音で自ら起き上がり

自分で探しに行ける様に


茨(いばら)の道と人は言う

バラの棘の様に傷つけるその道は、自分で気をつけて歩いていかないと、自分を傷つけてゆく

荊(いばら)の道で人生が

心に負った棘を持った君に、もう二度とその心が崩れてしまわないように

LoveとLikeで・・・

君を、宙から、見ているよ



今、頭の中に浮かんでいたのは・・・



雲の上から落ちてくる水の飛沫を受け入れて、その下の森の中にも雲を創る・・・

鏡の様な泉の色・・・


Pureの白い気持ち 一人の人としての、Love ________________ . . .


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 26.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray