• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.274

Category : Story-I of LDs

_____________ 離れないで傍にいて・・・

自分が誰に成っているのか、誰でお祝いしてあげるのかは・・・分からないけれど・・・


そう思ったらまた心が震える感覚が戻ってきて、伝えたいのに・・・言葉にならなかった。

言葉にならない想いは、唇から伝わっていて欲しいと願って・・・


・・・と、まじめにキスしているのに、気づいたらキスしながら横目で画面を見ているキョーコに気づく。

シーンが変わって本郷家の階段。
そうそう、階段のシーンは全部 軽井沢のロケだった。どの話にも出てくる本郷家のお屋敷は、纏めてロケで撮ったな。と思っていたら、キスが離れて、ドラマ初めてだったから話が飛び飛びで大変だった。と、キョーコはキスに集中してないで画面を見ていたことが判明。

言葉にならない震える心が、唇からは伝わってなかったと、少しへこむ。

よく見ているとこの回の話、思い出しどころ満載の撮影で纏まっている。
バレンタインの日で初めて、頬ちゅ~した事も、不破が来てのアリクイ・ディープキスも、軽井沢のストーカーも、膝枕も、ドラマに関係ないけれど撮影の日に起こった事を思い出す。

挙句の果てに貴島と大原さんの浮気ベッドシーンまであった。


貴島さんって・・・
へ~っ・・・


腕の中でジーっと画面の大原さんと貴島をまじまじと見続けるキョーコ。俺も実際 撮影は見ていなかった。台本だけでストーリーは知っていても、自分と関係ないシーンだから現場にはキョーコも俺も居なかったし。

嘉月と美月の恋は純粋なものだったので、自分のラブシーンは・・・

腕の中のキョーコの顔を見ていた。全部全部、美月がキョーコだと思って演技した事。
画面の中の嘉月の純粋な愛が、たどたどしい愛が、初々しい愛が、キョーコの事を好きなんだって自覚した自分を思い出させるのに十分で、嘉月の演技と自分の心がシンクロして見えた。

(もう、キョーコぉ~ぉ~ぉ~。)

思わずぎゅ~~っと抱きしめた。心が震えてるの~。大好きとか愛してるじゃ足りないの~。と思っているのに、痛いよ。蓮。と言って冷めた目で画面を見続けているので、なにがそんなに面白いんだ?
ストーリーは知ってるだろ。出てるんだから。それとも貴島の裸が気になるのか?と思って見ていた。

先輩、質問。と言って真顔で見られるので、はいどうぞ、最上さん。と促した。


蓮は・・・
ではなく、敦賀さんは
この貴島さんのベッドシーンを見て、
演技だと思いますか?


(なんちゅ~質問なんだ、それ・・・)

演技以外の何ものでもないだろ。と思ったが、この貴島のシーンが、他のドラマの役でも同じ様なものかを聞きたいらしい。


う~ん。
はっきり言って撮影は、見てないから分からない。
でも、自分だったら・・・
監督に言われる様にする事はするよ。


そうじゃない。と言われて、キョーコが核心に迫りたいのは、俺が思っていることと同じだと思った。


キョーコ。気にしているのは・・・
俺がベッドシーンがある時だよね。


うん。あのね・・・
テレビ用の抱き方。
って男優さんにあるのかな?と思って。
例えば、蓮がドラマの中でも・・・
いつもしてるようにしてるのか?って事。
なんて言うのかな?手順?
どうしたら、次はこうとか。


あぁ、貴島は実際に女の子と寝る時
こういう風にしてるのか?って事?
それは知らないけど、男から見ると・・・
演技だよね。このシーンは。


うん、そっか・・・と言ったまま止まったのは、俺とのこれからのベッドシーンが気になっていると思う。画面で自分が自分のいつも抱かれている本当の彼氏と映像に残る事が、演技であって演技できるか。
演技じゃなかったら、本物の役が憑いた役者なのだろうけど、プライベートを見せている様で、俺もキョーコとの、キョーコも俺との、お互いのプライベートの顔と仕方を見せているようになる事が嫌だと思う。


でも、今はいい。まだ、夫婦役だからね。
やりやすいよ、多分。
・・・初めてのベッドシーン。俺とだし。
きちんと、テレビ用に変えるから。
誰にも本当の様には見せないから。


それでいい?と顔を見詰めて微笑むと、ん~・・・敦賀さん・・・と心なしか沈んでいる。
なに?敦賀さんに抱かれたくないのか?と、思っていると、心に二人居るのは、蓮と敦賀さん。と言った事を思い出す。

はっ!と気づいた。なるほど・・・

キョーコは、蓮・・・そして敦賀さん。大好き。と言っていた。
愛しているのは二人居るわ。と言っていたけれど、大好き敦賀さん。だから、愛しているのは・・・
二人・・・蓮と久遠なんだ。という事。

敦賀さんは・・・大好きで、憧れのままの姿で、キョーコのRadianceに居る人。

蓮と言われて、蓮と敦賀さんがキョーコの中で別人の様に区別していることは分かっていたけれど。

愛しているのは・・・蓮。 そして敦賀さんは、大好き。ってことなんだな。
だから、大好きな敦賀さんの演技が本物になったら、蓮に成ってしまって、蓮との夜を垣間見られる事を心配しているんだな。と理解。

(ふむふむ、それは・・・避けます。俺もキョーコとの情事を見られるのも、キョーコのあの時の顔を見せるのも嫌だ。)


分かった。それじゃぁ
共演者を引き込まない様な・・・
演技でして欲しい。って事だよね。
引き込まれたら、自分がどうなるのか?
分からないから怖いんだよね。
キョーコは。


キョーコの髪をなでながら、久遠でいたのに蓮の気持ちでキョーコを抱いて、蓮・・・と言わせそうだったことを思い出した。一緒に住むことになった日に、キョーコが自分でそう言っていた事を思い返す。

蓮の子だとも思っている。といわれた事にドキッとした。
演技じゃないし、カメラも回っていなかったし、でも蓮として抱きたくなったのは・・・

あの時はまだ久遠と蓮の気持ちの変換が難しい時だった事、自分でも久遠に嫉妬していて、久遠ちょっと彼女をお借りします。と自分の中の久遠の心にお断りまでするほど、蓮と久遠が別だったこと。
久遠の容姿で、久遠が蓮を演じているように自分でしていた。

俺の演技に引き込まれて蓮だと思わせたことは、今度はカメラの前で本気で演技を俺がしたら、そうなってしまうんじゃないかと言う事を・・・


・・・キョーコは、気づいている?


久遠が蓮に成って自分を抱いていて、自分はそれに引き込まれてしまったと・・・?


髪を撫でていた手が止まって、これは、聞いてもいいものなのだろうか? と固まってしまった。

どうして久遠は蓮になって君を抱いたんだろうね。なんて言おうものなら、なんで知ってるの?って成りかねないから、今 聞いてしまったら自分から、久遠です。と暴露してしまいそうだと思った。
それがいいことなのか、悪い事なのか、分からない。自分の気持ちはとても楽になるだろうけれど、キョーコは、俺がキョーコも騙していた事に裏切られたと感じて、今はまだ、その開き掛けた心を・・・


また元のように閉ざして、人を愛する事をしなくなるかもしれない。


いやだ、それだけは避けたい。本当に心から愛しているのに、愛される事も騙されていたと感じて欲しくなかった。やはりどうにかもっと自分の事を知ってもらう為にも、必要なのは時間・・・

一人の人として心が震えるこの感情の自分が言葉にならない想いを、言葉の代わりに今はまだどう伝えたらいいのか分からない。

自分のこの奇怪な人生を歩むべき道を選んだ俺の事を理解して貰えないと・・・

一人の男として君を本当に心からの感情で愛していると伝えたいのに・・・

言葉に出来ない この想いを、全身全霊かけて伝えてあげないと、不破と同じ様に・・・

後悔と懺悔を・・・

言葉にして伝えなければ、彼女には愛を乞う事も許されなくなるだろう。

ミュージック・アーティストと違って、言葉を自分で選ぶことは俺には難しい。

与えられた台詞を上手く演じる事が自分の仕事で、自分の感情を言葉に出来ない今の俺では、不破に負けているような気になった。


(日本語の比喩や言い回しも、実は難しいし・・・)



覚えてる?
自分で言った事。キョーコが。

ずっとずっと、大好きでした。敦賀さん。って。
でももう心の中の、今までの敦賀さんには逢えなくて、
今は、敦賀さんでは、終らないぐらい俺の事を、愛しているって。
これからは、俺を蓮と呼んで、愛してくれると。

今は愛しているのは二人居ます。
その後に言ったのは、大好き。だったね。

敦賀さんは・・・大好きなんだよね。
愛しているのは、俺の中身で
本当の笑顔の時の顔をする、そのままの俺かな?

敦賀さんは、仕事の時の先輩で好きなんだよね。

だから、そのまま・・・
今までのように先輩として演技するから。
朝、武装して仕事に行くように、
俺も敦賀蓮に成って、京子と演技するようにしたい。

もっと、今まで通り・・・
敦賀蓮の演技のファンで居て欲しい。
見てて、テレビには演技だって思わせないように・・・
上手に演技する。
今までの敦賀さんの様に。

でもね、本当の俺を知っているキョーコには、

敦賀さんの演技、上手かった。

って、京子に思わせるように、努力するよ。
そして仕事が終わって帰ってきたら・・・

ふふっ、分からせてあげるよ。
大好きな敦賀さんと、愛している蓮の違いをね。

それで、いいかな?
だからキョーコも京子になれるよね。
お互い・・・プロだしね。

だからね・・・


・・・  君が・・・


本当の核心に迫りたくて、言おうかどうしようか迷っていた事を言おうと決心した。抱き寄せて顔が見えないほど ぎゅっと抱き寄せて、キョーコの腕を取って自分の背中に回させた。
心に耳をつける事は出来るけれど、言葉にならない心を心で感じて欲しくて、心と心を付けてみようと思った。



二人・・・
愛してるのは・・・

・・・それでいい。

自分で決めて欲しい。とは前にも言ったね。

どちらかを愛しすぎて、から、決めればいい。とも・・・
キョーコがたくさん愛してくれると、願ってる。とも。

その、たくさん愛する気持ちをもっとして。
俺にも・・・
そして、久遠にも・・・

人を愛せるようになってくれたかな?
でも・・
・・・でもね・・・
多分、俺が今 感じているのはね・・・
俺の

片想い・・・

かな?

好きで愛しているのに、上辺だけのような気がして。
大好きだと言ってくれる事も
愛してると言ってくれる事も、嬉しいんだけど・・・

心ここにあらず。

心に耳をつけて言葉が分かるぐらい・・・
それができたら、お互いの心が通じていて、
それが、本当の愛だ。とも言ったよ。

・・・今

切なくて・・・
やるせなくて・・・
・・でも、愛しくて・・・心の中の気持ちが、言葉にならなくて
自分の心の中が何を言っていいのか分からないほどの感情があるのに、

なにか・・・

エレベーターに乗る前にあったんだよね。
あの、イギリス大使館の人が言ったのか・・・

違ったら、ごめん。

ただ・・・俺だけが一人で愛しているだけなのかと感じて。

嫌いに成ったんじゃないのは、分かってる。
なんかね・・・

また、心を閉ざしてませんか?

最上キョーコさん?

愛しているということを、俺じゃなくてもいい
久遠でもいい。
ただ、人を愛する事を・・・どうか、続けて?

俺が心で感じたことは、そうだけど・・・
もし、それが当っていたら・・・
俺の君への気持ちは


・・・本当の愛だよ。


当ってても、もし・・・
言葉に出来なかったら・・・

・・・


・・・キスして。

いつもみたいに、愛が伝わる・・・キスして・・・



それが、演技かどうかは俺が判定する。

俺は・・・
言葉の代わりに、演技かどうかぐらい分かるよ・・・



俺はね、君の先輩。
本物の演技なのか、本当にそうじゃないのか・・・


今は、そうじゃない方だと・・・


・・・いいかな?




はっ、と離れられても、目をそらされても、俯かれても・・・ 言葉が無くても・・・
背中のシャツを握り締める君の手が、震えている。

・・・よかった。愛してくれている。

そう感じた。
自分も震える手で、そっと顎を持ち上げて目を見詰めさせると、その瞳が濡れている。
何か、あのイギリス人の方に言われたと思っている。それは、キョーコを卑下するような言葉を発するような方ではないのは分かっているから、きっと、さっきも俺に言ってた・・・

Tragic Marker カイン・ヒールの事。

カイン・ヒールが、台詞が無くて残念だ。と言った事は、多分彼はカイン・ヒールがイギリス人ではないと見えた事なのだと、俺に言いたかったのかも知れない。

言語はどうにでも、耳のいい人なら音感のいい人ならば、発音はすぐに物に出来る。

ただ、俺が一瞬で無意識に思った事・・・彼はヨーロッパのアイル民族と区別した俺の脳。

そして俺は一目で、彼はイギリス人の白人だと、ヨーロッパのどこの地域の白人かが分かっていた事。


俺は、アメリカ人の白人だから・・・

         ・・・どの地域の白人か、見分けがつく・・・


それと同じ様に、彼はカイン・ヒールが、イギリス人に見えなかったのだろう。
きっと、あの紳士の方は、悪気無くキョーコに、カイン・ヒールは、贋者のイギリス人で、多分アメリカ人だとでも言ったのかと思った。

キョーコに映画Love never defaulted、久遠ヒズリとの映画をあの方が見たと言われた。
それについて、もしかしたら あの紳士の方に、久遠ヒズリがカイン・ヒールか?とでも聞かれたのかもしれないな・・・

俺がカイン・ヒールだった事は、もちろん当たり前 知っている。俺が久遠かどうか確かめたかったのかも知れないと、キョーコがエレベーターでキスしてきたのは、久遠だと思っていると思った。

I love you so very much・・・

さっき、車の中で眠りの中に久遠と呼ばれて、思わず返事した事を、そのまま返されたから・・・
そのキスは、愛してると心から感じていたのに、セツカになってキスしてソファに押し倒されても、俺の口調が普通に戻っても、セツカのままでいたと感じた。演技のキスだと感じて・・・

俺は・・・
言うべきなのだろうか・・・? 俺が久遠ヒズリだと・・・


(イヤ、・・・それは違う。)

さっきも思っていたこと。 当り、でもハズレ。ブー。まだまだじゃのう。って事で、カインになろうと続けた。キョーコ、惜しい~・・・。って思った事。もうすこしなんだよね~。
それに、しっかり事実を自分で掴んで欲しい。

変に周りの、俺の事もキョーコの事も知らないような人からの垂れ込みを信じるぐらいなら・・・

・・・俺を信じて欲しい。


自分で見つけて欲しいから、自分でその時、自分がどうしたいのかを決めて欲しい。
信じあいながら時間を掛けて、心を溶かしあって、お互いを理解できるような関係にしたいと、思っている俺を・・・

十分に俺を理解してもらえないと、この奇怪な俺の人生を・・・

・・・共に生きていくのは、出来ないと思えるから

その位、深く深く・・・ 心の底から、俺を愛して欲しい・・・



愛の伝道師、うちの社長の好きな言葉。世間一般でも言っている。

“ 愛で乗り越えろ。”

その言葉には、愛する心があれば、何事をもお互いを理解できると、癒しあい慰めあい協力し合い、二人で乗り越える。ドラマでも言うじゃないか、いろんな監督がその愛の物語に挑戦しているよ。

君も女優だったら、監督たち脚本家たち その人達が創る物語の中で生きる事を、知っているはずだよ。

ドラマの中で生きろ。と、そう教えたのは、俺だから。

愛の演技を、久遠の俺とした事も俺は知っている。人を愛する事とは、なんぞや。の物語がこの世に腐るほど生み出されている事を、君も分かっているよ。

本当の愛とは深く、そして、怠らないで育み続けるものだと、深く落ち行く事も、育み続ける事も、時間が必要なんだよ。

一刻一刻ずつ、日々、どんどん落ちて行き、どんどん深くなって、どんどん大きくなる、止め処ない・・・
Infinity 経験者は・・・愛とは、そうだと言っている。

俺の両親・・・

“ More bless of loves, To Loving our the one, From yours with our loves” 

この言葉を命にくれた。

少なくとも俺は、この愛だけは信じ分かっている。

この愛を知っている人が、Infinity 廻り戻る、止め処ないと今も感じ続けている・・・
最低、俺の命が誕生する、一年も前からね・・・

23年の月日に、どれだけ両親の愛が深くなったのか知る由も無い。でも、その暑苦しい愛をお互い分かって楽しんでいることは、とてもうらやましいと思えるほど・・・。

そんな風に、深くなって行く愛を、深くなって行く愛で、愛して・・・

もっと俺を理解できるまで、深く深く、愛してあげるから・・・

怖がらずに、もっともっと心を開いて、愛して欲しい・・・

真実は・・・


・・・黒
・・闇の中に、まだ隠れている・・・  けれど・・・


どうか、俺を信じて心を開いて _______________




キスが出来ないのなら・・・
いいよ。
無理にしないで。

その方が、傷つかないから・・・
・・・お互いにね。


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 24.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray