• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.269

Category : Story-I of LDs

キョーコがいつも座るこの助手席。
助手席の彼女に優しくキスをすると、う~ん。もう少し・・・とまた眠りに落ちてくれる。
夢の中で抱いていた自分の娘も、同じ事を言っていたと思い返し、微笑んだ。


さっき海辺で、自我撮りした写真・・・

目を瞑り髪が映らないように撮った自分の写真。月光の灯りが久遠の蒼い雰囲気を出していた。

助手席で見慣れている右側の横顔を避けて、左側の横顔。左の横顔は、雑誌の表紙の左側に久遠が立っていることもあり左の方が久遠に見えそうと思ったこと。

それに俺とキョーコの二人が気に入った、目を瞑り髪が映っていない二人で頬と唇の触れる写真。
その写真も、キョーコの指に光るダイヤの輝きに、彼女の左手が向かい合い頬に乗せられているのは、いつも見慣れた右側の横顔。


その左の横顔と共に、後ろに写る波しぶきとその波の霧を照らす・・・一つの月

・・・今日は、昨日と同じ半月

でも、昨日よりは少し輝いている部分が膨らんで、久遠の影が少しだけ消えている様に感じる。

世界中が同じ日に、同じ形の月が見えること・・・


その目を瞑り髪の映らない、どちらか自分でも判らない写真と、クーの送ってくれた月虹の光景にクーがいる写真を付けたら、今日 クーと撮りました感が出て、とてもいい。と思い、キョーコのアドレスに送信した。

ダッシュボードの上にグロスと一緒に置かれている、キョーコの携帯が震えた。

運転席からでも見えた着信者の名前・・・Chuehonn

The Oneの名前を教えてからでも、久遠の設定が久遠ヒズリの芸名のまま登録されている事が、彼女の中でまだ一人のChuehoneに結びついていない事を知った。


________ その角を曲がれば、もう蓮のマンション。


携帯を取り出した社ガードのケースの中に、ひまわりの花びらとダイヤモンドを入れなおして、信号が青になるのを待っていた。

信号待ちしながらBe witchedの曲の次に掛けたのは・・・
さっきも何気なく掛かっていた

・・・Over the Rainbow


君にとって雨が蓮で、滝が久遠・・・

滝にもね、Multihuedの色があるんだね. . .______________


優しい雨を、太陽が照らす時だけに起こる物だと思っていた光景

昼の明るい光の中でしか起きない、人々が好むこの光の情景・・・

幻想の様な、その光景は、夜の現実でも起きる

滝の中に写す、月の光だけで出来る、人々が好む光の情景と同じ光景・・・

・・・久遠も現実に、君の元にすぐ行くよ



心が久遠から蓮に戻る瞬間・・・ Over the Rainbow



空に掛かる虹の光景・・・
普段見ることの出来る虹は、雨と太陽が同時に顔を覗かせる時。

優しい雨の様な愛を降らせてあげるから、太陽の君が俺を照らして・・・

俺の幻想の中の人・・・ 蓮の心に・・・

俺の現実に生きる人生は、今はまだ・・・ 

・・・ この人. . . 敦賀蓮だから ______________. . . .



車を駐車場に止めてからも、俺の膝の上で眠っているキョーコ。
さてさて、どうしたもんか…と思いつつ、Over the Rainbowが掛かり続けていたので、もう一枚写真を見ていた。

自我撮りした写真の確認をした時に目に留まった、この一つの写真。

胸に付けて、大きく息を吸い込んだのは、この胸に誓っていたから。

・・・運命の人の写真。

俺が運命の人だと心から誓え、誓いたくて堪らないほど、君を愛しているから・・・

Chuehoneの心に誓っていた。



この写真、不破のジャケット写真。

貴島が去った後の楽屋で、久遠のアドレスをオフにする前に開いたアプリ。
この写真を写真に撮っていた。運命の人のジャケ写。

不破にとっても運命の人と思っているキョーコの苦しげな表情が、心に光棘となって刺さっていた。

アイツの書く曲には、本当にすごい影響力を感じる。


___ 君は抜けない光棘・・・真っ白な君を狂わせたのは、僕・・・ _____

天使の背中に黒い羽が見えて、表情が変わったキョーコにも驚きだったが・・・


まぁ写真は返したし、それに不破には、油断大敵。と、すでに断ったからいいだろと思っている。

ファイルにしてパスワードを掛けておけば、誰の目にも触れさせないし、それに不破の曲とプロモが表に出るまでの間だけ。その後は人目に触れても大丈夫。と、きちんと業界の心得を自分の心に戒め植えつける。

もう一度、今度はさっき付けられた胸のキスマークに付けて、大きく息を吸い込んだ。

今度はキョーコが、大丈夫。自信持って。と言って付けてくれたキスマークに、蓮として誓った。


運命の人は、俺のThe oneとしての宿命の灯火となり導いてくれるようにとの、想いを込めて・・・


携帯にパスワードを掛けて、キョーコがうっかり触っても、久遠の写真もクーの写真も不破の写真も出ないように心がける。

家に帰ってPCにアップロードしたら、携帯から消すつもりだった。ICloudはウェブなのでハッキングに信用できなかったのもあって、とりあえずそのまま携帯に残しておく。

Over the Rainbowが終わったので、そっとキョーコの頭を持ち上げて車から降りた。
助手席のドアを開けて、キョーコを抱っこした。荷物は後で取りに来ればいいか・・・と思いながら、ドアを閉めた。

スモークの貼ったドアの窓に映った、キョーコを抱っこした俺。


(だめだこりゃ・・・起こして 歩いてもらおう・・・。)

そう思ったのは他でもない、キョーコが履いているミニスカート。背の高い俺が抱き上げると、丸見えだった。

このままエントランスに行ったら、コンシェルジュもいるしガードマンもベルの人も居る。
他の住民に会わなくても、最低この人たちには見えてしまうので、とりあえず可哀そうだけど起こす事にした。

抱き上げたまま、ちゅっとキスをしても、う~ん。と言っている。
もう一度ドアを開け、キョーコ。と言いながら助手席に下ろした。トランクの方に回ってキョーコの歩きやすいフラットシューズを出していたら、ごめ~ん。と声が聞こえた。


あぁ、起きた?
よかった・・・ごめんね起こして。
キスで起こしても起きなかったから。
お姫様にとって・・・
俺が本当の王子じゃないと思ったよ。


ふわ~ぁ~・・・
なに、それ?


ふふっ。なんでもない。
プリンセスが起きたから、
もうその話は解決しました。

はい、どうぞ。


キョーコの前に靴を並べて置き、ミュールの方は入れ替えに、靴袋にしまった。


さっ、姫。
お城じゃないけど、
家に帰ろう。


手を伸ばしたらきちんと手を上に重ねて立ち上がるこの姿が、大好きになっていた。
レディとしてしっかり育ちつつある彼女を見ると、いつの日にか俺の家族になった時の為にはどうしても必要最低限の事だと思っている。そんな家庭で育ったけれど、今は普通の一般家庭と同じように暮らしている俺も、その家庭に嫁いでくる姫も、家の家庭環境には馴染まない事には、父であるクーと母であるジュリに申し訳ない。

二人が築いてきた物は憧れであって、俺が壊す事は憚れるほどに今は、尊敬している。

今の俺の暮らしが一般家庭か、一般の20代前半独身男の一人暮らしかといえば、よ~く考えればそうでもないほど恵まれているけれど、上を見上げるとクーとジュリ、はたまたその上の事務所の社長やら、世界で指折りの大富豪に実業家など、社長の家のパーティで出会った王族の人や子供の頃にお寿司屋さんで出会ったセレブリティの人たちから比べたら、まだまだ俺は、ただの一般の人だな。と思っている。

女優Grace Kellyがモナコ公国に嫁いで、王妃と成ったように、キョーコ最上も、まぁうちの家庭は王室じゃないけど、綺麗な有名女優さんになって、うちに嫁いでくれるといいな。と思っている。

シンデレラ・ストーリー

そうだな・・・普通そう言うかもな。そう思いながらキョーコに差し出した、キョーコの靴。
もちろん、キョーコの靴なのでピッタリなのは当たり前。

今日は衣装もちが必要なほど、たくさんの鞄に箱に衣装カバーの掛かったスーツ。メイクボックスにとキョーコの方も、まぁまぁ荷物がたくさんあった。

ドリンクホルダーからカップも取って、それぞれ自分の荷物を持ちながらエントランスのドアまで来ると、コンシェルジュが飛んできて荷物を持ってくれると言うが、今日はお断りします。
まだまだ、ふたりとも世界のセレブリティに比べたら、普通の人なので。と思っていたこともあったけれど、エレベーターの中でこの前みたいに、他人が一緒に居て無言が嫌だったからだった。



い~ち、にぃ~、さ~ん・・・

と二人で数え始めてエレベーターを待っていた。エレベーターの中の100の間はキョーコの事だけを考えると決めていたので、今の駐車場での事で思い出したキョーコに言いたかった名前を出す事にした。


ねぇ、キョーコは
子供の頃どんな絵本を読んだ?
シンデレラとか?


コーンとして過ごした夏の幼い日に、キョーコちゃんはショーちゃんがガラスの靴をもって迎えに来てくれると言っていた。キョーコがシンデレラを読んでいるのは知っていたけれど、それは久遠との話の事なので、蓮は知らない事になる。

うん。シンデレラはね、大好きな話だったの~。とその頃の事を話し出してくれた。


それにね、妖精に出会ったの。
絵本をアイツ、あのバカが隠してね、
おかげで久遠に出会う事が出来たんだ~。
うふふ。
そうそう、前に話したよね。コーンの事。


そうだったね。と返事をしながら感じていた、蓮としての幸せ。久遠との思い出も前に比べて楽しそうに蓮に話せる様に成ってくれた事も、不破の事を素直に包み隠さず話してくれる事も、嬉しかった。


______________ キンコーン・・・

エレベーターが来てドアが開くと、一人の男性が降りてきた。

Oh…Pardon me
… Good Evening


誰もこんな時間に居ないと思ったのか、ドアが開いた瞬間に飛び出てきたので、ぶつかりそうだった。
ん?とする顔のその男性は、イギリス英語だった。
とっさの事だったので、普通にアメリカンイングリッシュが出てしまった。


Hello Mr.
It’s fine We weren’t on attention too
Excuse us
And have a good night


エレベーターに乗ろうとキョーコを見たら、キョーコは にこっとその男性に微笑んで、Oh Kyokoと呼ばれていた。ん?としたその男性は2階下の階に住むイギリス大使館の方だとキョーコは知っていた。

話したことあるの?と聞くと、うん。昨日もお買い物帰りに会ったよ。と言った。


Pardon me If it is not right
You must be an Actor
REN ?

もし違っていたら、失敬。君は、俳優の敦賀蓮だよね?

Yes I am と答えると、じ~っと俺を上から下まで姿を見て、今日の理想の男のドラマ見たよ。面白かった。と言ってくれた。

それはなにより、my pleasureどうもありがとう。と答えると、質問してもいいかな?と聞かれた。

今日のニューヨークの客。って第5話。君の英語は完璧にアメリカ人の発音だよ。それもイギリス人の僕とワイフにとっても聞きやすい、東海岸の英語だったね。今話しているのは、西海岸の発音だけど。
どこで英語を習ったの?と聞かれた。

(んぬな!? どうしよう・・・)

そう思ったけれど、それでは英語で育った俺だから、イギリス英語もオーストラリア英語も出来ますよ。と思ってイギリス人の方に合わせて、イギリス英語で返事をする。


Because I do have model job as well
As I am on that job I do need to speak by English
Have you got known RMandy?
‘Cause Earl is in London


モデルもしています。モデルの仕事のときは英語なので。アールマンディの事をご存知ですか?アールはロンドンで活躍してますよ。

オー、知ってる。なるほどな・・・ブリティッシュも話せるんだね。
へぇ~・・・じゃぁ、カインヒールは、知っているか?あぁ、映画を見てね・・・


The one…of the point,
I was interested couriouser and curiouser in without his words.

彼は、台詞がなかったのが残念だ。


・・・。

最後のSoooo Curiouslyとっても気になる~。てな彼の一言が気になったけれど、俺です。という訳にもいかない。キョーコを見れば、エレベーターの中でドアの開ボタンを押して待っててくれている。

それに俺もイギリス人の方も気が付いたので、それでは。おやすみなさい。と言って乗ろうとした。
Ren 今度 荷物が無い時に、握手してください。と、微笑まれ、キョーコには、お休みと言って、両頬に、頬チュッチュの挨拶をして・・・
俺に向かって親指を立ててウインクした。



社内恋愛は極秘だよ。
誰にも言わない。


との流暢な日本語の言葉付きで・・・角度が俺のアドリブのままの角度だった。

はぁどうも・・・と固まった笑顔になってしまいそうだったが、エレベーターのドアが閉まったので、まぁいいや。と思ったら気が付いた。なんでマジマジと俺を見て、理想の男面白かった。と言ってくれた理由。

ネクタイは外しているけれど、そう…理想の男の衣装のままの俺の姿が鏡に写っていた事。

そうであったか・・・。そりゃばれるわな。と思うも、ご近所さんと言っても同じマンションの住民。
コレだけは毎日の通らねばならない家へのたった一つの道順、エレベーターである。仕方ないと思う。

キョーコを見れば手馴れた手つきでカードキーをスキャンして、最上階に行く為の暗証番号を入れている。


ねぇ、キョーコ・・・

あの人Tragic marker
観てくれたんだね。


うん。そうね・・・


そう言ったまま無言に成ってしまった。無言が嫌でコンシェルジュに荷物を頼まなかったのに、無言に成ってドアの横の階数が上がって行くのを見ていた。

階も半分ぐらい来たところで、突然キョーコが荷物を降ろし、両手を頬に伸ばしてきた。
フラットシューズなので背伸びをし、ぐいっと俺の顔を力強く引き寄せて、目を瞑った。

女の子に目を瞑られたら、するしかないでしょ。と思いながらも唇を重ねると、無言でキョーコから唇を動かして、そして舌を絡めるようにキスをしてきた。

ゆっくりとした唇の動きに合わせて、舌を絡めあっていると、そのキスが覚えのある仕方だった。
キスをされながら聞こえる吐息混じりの小さな囁き声・・・

I love you so very much・・・


(ん?英語・・・?どうもなんだか試されてるのか?)

そう思っていたら、ちゅっと唇が離され、キョーコが目の前で、うふふっと笑っている。






Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 24.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray