• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.267

Category : Story-I of LDs


________________ 帰宅途中、蓮の運転する姿をずっと見つめ考えていた。



“ 奥様、お早く お支度してください。”

楽屋で、そう蓮は言いながら、鞄を鏡前に置いた。でもその後・・・


“ 王女様、お召し換えは、如何されますか?”

すぐに蓮は、言い換えていた __________________



それは、何かを意味しているのだろうか・・・



後ろの座席に置かれ、まだお預けにされた雑誌が見たくて堪らなぁ~い!

私の麗しの男、久遠ヒズリ・・・ と、今 横に居るこの人・・・

・・・敦賀蓮



まつげの長いその端正な顔立ちに、長い腕、しなやかなその手でハンドルを握り、いつも必ず安全運転。
思わず眠くなる、その運転技術の安心感~~~

(やばい・・・眠い・・・)

どうしても助手席って眠くなるのよね・・・ぇぇ・・・

遠くに連れ去られそうだったけれど、ギンっとまぶたを持ち上げて、顔のエクササイズを試みる。
掛けられている曲は、蓮が弾いてみたいと思っている曲のメドレーだった。

ピアノの曲に、さらに眠気倍増。

蓮はフンフン~と鼻歌で、頭の中でメロディを追っている。
この人は、ピアノを弾き始めてまだ間もないけれど、その頭の中にはショータローの様に、楽譜が浮かんでいるのだろうか気になった。

ショータローの特技と言うか持って生まれた才能は、音に対してとても敏感なところは重々承知で育ってきた。曲ならず音を聞くだけで、あいつの絶対音感は音符を頭の中に並べる事は、あいつにとって息を吸うように当たり前の事。

蓮の頭の中は、どうなっているのだろう・・・?



ぷっ。
キョーコ、どうしたの?
怖いよ、その顔。
眠いなら、寝ていいから・・・


そう言って赤信号で止まると、クッションを取って、その長い腕で私の頭を右胸に抱き寄せてくれる。
ふわっと優しく抱いてくれるその手で頭を撫でられると、敦賀セラピーが伝わって、どうしても・・・

さいなら~~~・・・・

蓮から香る、au the Blancの香りに包まれながら、耳に届いてくる Bee A- Over the Rainbow
の優しいおっとりとしたJazzは、蓮の雰囲気にとてもとても似合っているよ・・・

薄れていく意識の中に、暖かい体温に包まれていた。唇にも柔らかい感触が重ねられて。


少しの間、お休み


離れる直前の唇から、その言葉が唇に感触となって伝わってきた・・・



ブーン・・・ブーン・・・

蓮の携帯が震えているけれど、瞼が閉じてゆく瞬間に見えた着信者の名前。

“ 不破尚 ”


(ぬぁ!?なんだって・・・どうして蓮の番号 知ってんの?)

優しいピアノのJazzの雰囲気と、その大きな胸の鼓動を聞き、暖かな体温と大好きな人の香りに包まれて、しかもしかも もうお休みのキスまで優しくされたって言うのに・・・

全く、気分を害する天才だわね。アイツ!フン!!

抱き寄せられたまま、ぐわっと目が開いてしまった。
目の前に朝 二人で時間無く飲みながら仕事に行ったままのお揃いのドリンクカップが並んでいる。
その後ろにiPhoneを乗せるだけのコネクターの所、どう見ても不破尚の名前が出て消えた。

運転中の蓮は、ちらっと見て着信者だけ確認していた。

ふっ。っと一瞬笑ったけれど、抱き寄せられているその胸から見上げると、目元を細めて柔らかい微笑みだった。



あれ?起きた?
じゃぁね、多分そうなんだけど・・・
ちょっと寄る所できた。
寄り道、してもいい?


車の時計を確認して、車を止められる場所を探してゆっくりになった。
車を止めて携帯を確認しながら、やっぱり。と言い、私の顔を見て微笑んだ。


君の幼馴染み、
意外と友達思いなんだね。
自分の彼女には・・・
冷たかったみたいだけど。


ん?蓮、アイツと
いつ友達に成ったの?


答えは無いけれど、そのままネットで何かを探している。マップを開いてその場所の確認もしている。
じゃ、行くよ~。と言って走り出した。

着いた所は、24時間営業の薬屋さん。
二人で行くとばれるから。と言って、さっさと降りて買い物に行ってしまった。

戻ってきたのも早かった。少しの間、ぼ~っとしていて、はっと思い出した後ろ座席に置かれた雑誌。雑誌に手を伸ばし掛けたその時、ただいま~。と言って帰ってきた。

何を買ってきたんだろう。と思っていたら、ごそごそ小さな紙袋から取り出した物。
見覚えのある塗り薬・・・嫌な思い出も同時に蘇った。



そう、薬の名前、教えて。
って言ったんだよ。
そしたら、もう教えてくれた。


これこれ。と言って袖を上げていた腕を指差して、パスタの時の火傷にさっそく付けている。
あの時は、皮膚が腐って剥がれ落ちて死ぬ。と思っていたシロモノなだけに、頭にいい印象がない。


キョーコと買いに行ったらね・・・
料理したのは自分じゃない。って
ばれるからね。


言いながら微笑み、ちらっと出した舌が・・・まだ青かった。思わず、ぶふっっと笑ってしまった。
あ~まだ青い?と話し出し、車も走り出し、お家に帰ると思っていた。


_________ 窓の外を眺めながら、人通りの少なくなった町の灯りを見詰めていた。

高いビルとビルの間から、雲の無い空が覗いている。町のネオンの明るさに負けた星空は、ぼんやりと町の灯りを空に移し、その空に輝く数個の星。

その今ここからでも見える星は、何も無い真っ暗の世界の中だったら、強く輝く星なのだろう。

数個の星の瞬きに目を奪われて、頭に思い浮かんでいたのは・・・


ピンクの泡に浮かんでいた、きらきら光るピンクのバスソルト。
ゆっくりと泡の中に落ちていって、現実にも星が降り注ぎますようにと願いながら
頬を寄せて聴いた、その大きな胸の鼓動と甘い歌声・・・
そして・・・

“ 今の魔法だよ。”

その言葉が頭を埋め尽くし、白に色が変わった泡に浮かべた、ピンクのバラの花びら。
私にとって、初めての主役で初めての舞台挨拶で貰い、そして生まれて初めて愛を感じ合えた人・・・


ぼ~っと瞬きもせずに外を見詰め考えていたら、同じように長い腕に胸に抱き寄せられた。
蓮の鼓動を聞きながら、また、久遠の事を考えだした。


同じ香りの中に目を瞑ると、涙が一つだけ ポロッと落ちた・・・

幻想の中に消えそうに成っている彼の姿が、彼の体温が恋しくて、心が震える感覚の中に・・・



愛してるよ・・・
久遠。


一言そう言ったまま、蓮の腕の中で、眠ってしまっていた. . . . .

薄れる意識の中に柔らかな唇の感触が触れて、その口が動いて唇から音の無い言葉を感じた。



I ・love・ you・ too…

So・ very・ much・Kyoko


目を瞑っていた瞳から涙が頬を伝う感触に、そっと指で拭ってくれる感触に、抱き寄せられた胸から聞こえる鼓動と・・・

車内に掛かる優しいJazzの曲 Stella By Starlight




_______ “ 奥様、お早く お支度してください。”

奥様と感じた、彼との時間に、彼の子供を宿したかも知れないと思った時に・・・

______ “ 王女様、お召し換えは、如何されますか?”

窓に灯りが付いていなかった彼の部屋をみて、電話を掛けた彼との話に・・・


いつも同時に二人を思い出してしまう私の、心は・・・・



誰に向けていいのだろうか 


どうか現実にも星が降り注ぎますようにと願いながら聞いた、胸の鼓動は、今聞こえている人と同じ人であって欲しいと願ってもかなわない証明の二人の写真に・・・


今の魔法だよ。

そう言って、二人が並んだ写真が魔法で作られたと、魔法のせいに出来たら・・・

もう一度鍵を掛けなおした心を閉ざすことなく、素直に愛することができるのに ______________________




_______________ 窓の外のビルの間から、一つの月が覗いていた。


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 24.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray