• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.264

Category : Story-I of LDs


さっきの番組中にも思ったこと。


敦賀蓮は、・・・喧嘩慣れしている事。


レイノすらも怖がっている、コイツの本性。

コイツの中には、何人も人格が存在するようで、この世界で煌めいているだけの存在と・・・己の生きたい何か別の・・・
まだアイツにも見えないものがあって、その自分の中でも分かっていなさそうなもの・・・

その別の人格が存在していると感じているのは、俺も、そしてレイノも・・・

レイノに至っては、第六感から感じている事。その力の威力は俺もキョーコもレイノがストーキングを始めた時に分かっている事。
そのレイノが怖がる、コイツ・・・


足で引っ掛けて挑戦した灰皿を蹴って寄こした 売られた喧嘩を買って、俺にさらに高値で売りつけた。それを穏便に済ませる為に、上からねじ伏せる・・・

コイツと二人で話しなんて、何をされるかも分からない、コイツの中のどの人格が、コイツをそうさせるのかも分からないまま・・・_____




おい。
それで?

・・・朗報って、なんだよ。




__不破が、ストーカーのアイツの言葉で気にしていると思われるキョーコの体内の、一つのオーラ。
オーラが一つしか見えない=妊娠していない事が、明らかになった事を教えてあげようと思った。

仕事に関しても京子にキャンセルされる事を心配しているだろうし、これから不破が愛を打ち明けようとしている矢先に、他の男に卑怯な手で奪われたと、俺を一生憎むかもしれない。

仕事も恋愛も完璧にしたい男の理想が不破にも、ここまで登ってきた者同士 とてもよく理解できる。
自分が不破だったら、そう思える。

これからのコイツにも その事は最重要だと思えたからだった。

それに、そんな卑怯な手と思われたままキョーコと一緒になっても、自分に訪れるものが本当の幸せだとは思えなかったし、キョーコにも仕事や不破との事に心残りがあったままでは嫌だった。

キョーコと不破。二人が本人たちで、綺麗さっぱり解決できる事を、俺は望んでいるから。



あぁ、俺・・・
いろいろ決心は したんだけどね・・・
でも、今回は必要なかった

そういうこと。

わかった?
それ以上は、キョーコの事を考えると言えないから。

でも、それは・・・
お前にとって、チャンスかどうかは分からないよ。
掛け替えの無い人は、同じ。
同じ気持ちの同じ人に抱く想いは・・・

俺も君も、同じだろ。

それに、この前 決心した分・・・
俺の中では、もっと強い彼女との絆が出来たから。

宣戦布告。
受け取った挑戦状どうり、有言実行。
お前を、落としてやる。もっとな・・・
今のままじゃ、足りないから。

もう一つ、朗報。
だぶん、一番気にしてることか?

運命の人。

彼女は、俺にとっても、運命の人だから。


!!!
お前、写真見たのか?


あぁ、今 持ってる。
でも、これを見たのは俺と俺のマネージャー。
俺のマネージャーが拾った。

キョーコにも見せてない。

安心しろ、誰にも言わない。
お前が落としたのも、未発表の曲だと言う事も。
その、旋律のメロディも。
お前に迷惑が掛かるような事は、誰にも言わない。

だから、俺、敦賀蓮と久遠ヒズリの事は、誰にも言うなよ。

それを口外したら、キョーコが・・・かわいそうだ。
お前の好きな子が、迷惑蒙ってつぶれる事に成ったらな。
出来ないだろ。
キョーコの事を考えたら。

俺を落とすつもりなら、
その部分には、絶対に触れるな。
敦賀蓮だけを、落とすような事なら・・・


いつでも、受けて立つよ。


それと・・・

塗り薬? 教えてくれたら・・・
返すよ。写真。



あぁ、それは、教えてやる。

俺もお前に、宣戦布告。
もう一度挑戦状、お前に渡す。

お前、胃袋摑まれただろ。キョーコに。


ん?あぁ、まぁね。


他のメシ、食えないだろ。
食ってなかったもんな、今日。

・・・蟹料理、上手かっただろ。
旅館メシみたいじゃなかったか?


へっ。なんで知ってるの?


あぁ、あれ和食のほとんどは・・・
俺の家庭の味だから。
お前がキョーコの事をどこまで知ってるのかは、
知らないし、それに教えない。
でも、幼馴染として、一緒に育ってきた。

俺の親父とお袋が、キョーコに仕込んだ。
キョーコの作る・・・

旅館メシは、俺の家庭の味。

それだけ。
お前がキョーコのメシが好きなら、
俺の実家の旅館も・・・気にいるよ。


ふ~ん、じゃぁ、
今度キョーコと旅行に行く。


そういう意味じゃねぇ。
胃袋を掴まれたって言うのは、
一生離れないって事だよ。

俺もキョーコの作るメシには、胃袋も舌も囚われてるから、
お前が家で食事したいのが、同じだったから分かるよ。
俺だって一緒に住んでた頃は、
キョーコが帰ってくるのを待っていたもんだ。
さっきの本番中に言ってた事、キョーコ以外いないよな。
冷蔵庫の中とかよ。
お前と俺、他のご飯じゃ満足できなく成っているんだよ。

まぁ・・・
お前のうちがどんな家庭料理か知らないが、
イタリアンが好きなのか?
お前の母親。


・・・。

(ジュリのMom’s Meal か、最強最悪・・・トラウマになった おふくろの味だよな。)

お袋の味は、俺にとってナポリ出身のイタリア人メイドとシェフだった。
クーの側には、イタリア人の血が混じっているとも聞いている。
彼らの作るトマトソースも、ハーブの使い方にも、子供の頃から慣れ親しんだ結果。
それにジュリのお袋の味と言ったら、その味をごまかす為に大量にかける・・・トマトケチャップ。

トマトケチャップを食べるとどうしても、リアルお袋の味を思い出してしまうので、トマトケチャップを使わない、手作りトマトソースの本格イタリアンが大好きだった。

(確かに・・・キョーコには すでに胃袋押さえられている・・・。)



まぁ、お袋の味はどうでもいいし、
お前がどんな家庭で育ってきたかも詮索する気も無いし。

旅館に来い。って言う意味はな・・・
お前がキョーコと別れたら、
俺の実家に来たら、同じ味食えるから・・・

それでガマンしろ。って事だよ。



分かった・・・
じゃぁ、君の実家には、一生行かない。
そのつもりだから。

君が運命の人と思っているように、
彼女は俺にとっても運命の人だから。

君も、どんな風に彼女に接していくのかは・・・俺も楽しみにしている。

だからお互い・・・

本物の意地。

表の世界で見せる事も、プライベートでする事も・・・

真っ直ぐな彼女に・・・

真っ直ぐ本物の意地を見せる・・・だけ・・・だよ。



今まで壁に寄りかかっていた不破が、すっと真っ直ぐ立って手を出してきた。
それを見て ふわっと自然と笑みがこぼれる。でも、・・・

回りを確認してから、ポケットに手を入れて写真を取り出し見詰め、胸にあるキスマークの場所に付けて目を瞑り、大きく息を吸い込んだ。

初めての大切な友達は、初めての大切な初恋の人に変わって、初めての大切な愛を感じた人と成って、初めての、大切な・・・運命の人に・・・

それまで、胸に付けてくれた証を心に刻み、彼女が言ってくれた通り・・・

自信をもって・・・

本物の運命の人だと言う、意地を見せる・・・だけ・・・



なんだよ。
そんなに、そのジャケ写、
気に入ったのかよ。


うぅん。違うよ。
彼女に誓ってた。

本物の意地。

俺が本物の、彼女の運命の人だからね。って。



違うって言ってんだろ。
キョーコは、そのタイトル通り、俺の・・・
運命の人なんだよ。
なっ。
理解しろよ。・・・お前。



なんだよ、そこまで、
お前にお前って言われると・・・
あぁ、そっか。
お前の方が、運命の人だと思う歴も

・・・先輩だったね

お前でいいよ。俺の呼び方・・・お前だったら。



二人で、ふっっと笑みがこぼれる。差し出されていた手に拳で、上から 下から叩くと、不破も手を拳に握って、その拳にパンチしあう。

そのまま親指を立てて、ウインク。親指を上に向けたまま自分の胸を叩いた。

(Good Luck to me) リックが教えてくれた事だった。でも、その先は・・・

不破の目をずっと見詰めながら、その親指を上げた拳を不破の目の前ギリギリに差し出し、ゆっくり下に向けながら・・・フッ。っと笑った。

(引っかかった・・・)

写真を持っている左手の人差し指を、不破のこめかみに付けていた。バンと言って頭痛のツボをぎゅっと押す。



この意味、お前、
分かる?

油断大敵。


芸能人の顔を でこピンするのは、さすがに宜しくないのは承知。
それは、俺がクーの様に成れるまで・・・自分でも、おあずけ しようと思う。

親指を下に向けた右腕の肘下で 不破の顎の下を押さえて首を絞めて、左手で肩を押して不破を壁に付けた。


いいか。

俺以外のヤツに・・・

落とされたり、

潰されたり、

・・・すんなよ。


お前・・・
・・・お前・・・


二人でお前の言葉がかぶっていたけど、不破が人差し指を指して来たのは口の中だった。


わはは~
口の中、青いぞ。

ふっ。そうだな・・・

油断大敵。・・・お前もな。


そう言って不破はニッっと笑った。ニッっと同じ様に笑い、あ~んと口の中を見せる。
それ、ドラッグディーラーが良くする、何も危険物は隠して無いよ。の合図。


そぉ?
まだ、ついてるんだよね~。
なかなか、取れなくて。

不破のドリンクはどうだった?
見せて?


とても素直な不破君が、あ~んと開けて見せてくれる。なんでも素直に言う事聞くと、痛い目にあうぞ。と、この世界での有り方を教えてあげないと、俺が潰す前に、つまんない誰かに先にやられる。
そんなの、俺も嫌だったし、俺を一番奮起させてくれるのはコイツ。とは分かっている。


あ~、何も付いて無いんだ。
よかった。


はぁ?
良かったね。だろ?
俺に言うんだったら。


ん~・・・
意味は違うけどねぇ・・・


なんだよ。
青くなってなきゃいけないのか?


だから、よかった。って言ってるだろ。
楽屋が隣だからね。
一応、警戒したつもり。
そう、その作戦。


キョーコとなんか関係あんのか?


まぁね・・・
貴島の作ってた飲み物。
ノンアルコールの方。
色付けだけのテレビ用だってのは、
見てて知ってた事だし。
それでキョーコの口の中も青にしたんだけど。

わかんないヤツだな~・・・

青い色は、作戦だからね。
君がキョーコとキスしたら・・・
君ならするだろ。
現に前に、俺の目の前でしたし。

分かるようにしてくれたのは、貴島だからね。

俺じゃない。

俺は、キョーコとキスしても
ばれないように、
キョーコと同じ様にしたつもりだけどね。

お前の口の中、青くなって無いから・・・

キョーコと前みたいなディープキス、してないんだ。

よかった。

・・・って意味だよ。


言いながら不破の腰に手を回し、目が出そうになるほど痛いツボを押す。立ち仕事をしていると、このツボが本当に痛いのは、キョーコに押されて知っている。


そうそう、その時、
キョーコが作ってくれたワインゼリー。
美味しかったよ。

バレンタイン。
皆と違うもの作ってくれてね。

今度は、チョコレートリキュールで、
アフォガードにしようかな?
って、しっかり色々、好みを覚えていってくれてるし。



ぎゅぅ~っと押していた腰のツボを緩めて、目を瞑って痛そうな不破の顔を、軽く手の平でゆっくり何度もタップする。目を開けたら その手の指に挟んでいた 運命の人の写真を目の前にちらつかせた。


嬉しいよね。
好きな子に もう考えて貰えるって。


不破の目を睨んだまま視線を外さないで、そのキョーコの写真の表を不破に向けたまま 写真の裏に、
ちゅっと音を立ててキスをする。


さっきの貴島の作ったGrotta Azzurra
美味しかっただろ。ジュースみたいで。

グレープフルーツジュースにレモネード。
ブルーキュラソーは、ほんの舐める程度。

本物は、リモンチェッロってアルコール度数95%の
喉が焼けそうなアルコールに、ブルーキュラソーも1ショット。
味はもっと飲みやすい。香りももっと芳醇で爽やか。

さっきみたいにゴクゴク飲んでも、座っている間は平気。
でもな、立ち上がると急にアルコールが回って
ふらっと倒れるから・・・

女を持ち帰るのに使うカクテルだよ。

さっき石橋さん達は知ってて
番組中でも立ち上がらなかっただろ。

俺が彼女を落としたのは、
こんな貴島のように汚い手じゃないから。
勘違いしないで欲しい。

まぁね、キョーコも未成年だから
まだそんな事は、教えてないけど・・・

でも、俺の家で・・・

ワインとか、スコッチとか、ブランデーも、
試しに舐めたりしてるけど?

俺のブレインフィード。作る為に。
俺好みの美味しいおやつ。研究してくれてるよ。
ワインゼリーの時みたいにね。

俺が何か飲んでる時は必ず、
彼女にもノンアルの同じ味と香りの飲み物、
作ってあげるんだよね。
貴島のGrotta Azzurraみたいにね。
ブルーキュラソーを、カキ氷のシロップとかに替えて。

あぁそうそう、さっきお前が飲んだアフォガードも
キョーコに先に試させて、味を調えたから。

上手かっただろ?
アフォガードは、キョーコ好みの味で?
それと、キョーコの作ったアイスクリームに、ダックワーズ。
俺が頼んで研究してもらった。


ずっと目の前でキョーコの写真を見せたままでいた。
写真の角で、頬に掛かる髪を耳に掛けて、その耳元にふ~っと息を掛けて、囁いた。


俺とキョーコのコラボの味。

コーヒーとクッキーの組み合わせ。
最高にいい関係だっただろ?


言いながら左手を下ろし、不破の左手を取った。不破の手を開かせるように指を一本ずつ開いていく。


今さ、楽屋でキョーコと一緒に
いつもと同じ様に並んで・・・

歯磨き

してきたんだけどね。

寝る前と、朝 起きた時の様にさ。


不破の左手に自分の左手を被せ、写真をそっと乗せた。ぎゅっとそのまま不破の手を握って続ける。


眠った横顔。
変わらない朝は・・・

震えるこの胸

らいおん・はぁと

白か黒かは、アイツにしか見えて無いけど。


目を見詰めたまま不破から右腕を首から外し、握っていた左手に視線を移し、その手をそっとどける。
不破が左手に注目している隙に、不破の胸に右手の人差し指を当て、そのまま言い続ける。


不破のここに居る・・・

・・・う~ん
なんだろな?
ライオンじゃないよな。キョーコは。

ねぇ、お前は・・・
何だと思ってる?

お前の・・・ここに居る人の事。

とりあえず、油断大敵。

それを言ったストーカーにもな。

肝に・・・
ここに、銘じておけ。

あぁ、それから、君の歌。
ドラマの主題歌になったから。
お前に悪いけど、お前の歌が映像になるのは俺。

お前の・・・ここ。

心からの言葉が・・・
映像になって放送されて、人の頭に焼き付くのは俺だから。

でも仕事だから、それは理解しろ。

お互い・・・俺の中でも仕方ないと思っている。

お前のその曲が世に出たら
その写真の通り、人の頭にインプットされる。
キョーコは、お前の運命の人だとイメージが付く事。

仕事なだけで、プライベートじゃないから。

それも、肝に銘じておけ。

その運命の人に、いい曲創って、いいイメージ。
京子に・・・
つけてあげてよ。

俺の、運命の人でもあるからね。



ふっ・・・
後悔、すんなよ。

自分の曲には、俺・・・
自信あるぜ。


言い切らない内に、不破の胸を指していた指を横から ガッっと摑まれた。その反動を使って、足で不破の足をはらい左手で肩を押し、壁に後ろ向きで押し付ける。

俺の手を握っている不破の手を左手でつかんで後ろ手にし、背中に押し付け力を込めて握り返す。


フッ。
・・・・応援するよ。


握った不破の手に、さらにギューっと力を入れて握る。不破の耳元によって、大きくため息をつき、囁いた。


悪いけど俺、ケンカも強いから。

マイクが持てない様に・・・
今、したら?

お前、実家で思う存分メシ食えるぞ。

キョーコが傍に居なくてもな。


もし・・・


骨を砕きはしないけど、フェイクで指の関節をポキッと鳴らした。握っていた手の力を抜いて、その不破の手に反対の手でそっと握手する。


この業界で、お前に・・・
こういった事をするヤツが居たら、

俺に言え。

力に成ってやる。


グイっと握手した手を引っ張って前を向かせ、ふっと力を抜いて微笑んだ。


光と注目を浴びるほど、
輝けば輝くほど・・・

足元に影が、必ず付いてくるから。

売れれば売れただけ、
買うものも、あるって事だ。

自分が買いたくなくても、売りつけられるから。


ふふっ。

・・・経験者。

経験者は語る。

彼女の為にも応援してるから
余計なものを、自分で売るんじゃないぞ。

分かったか・・・・・?



不破の肩を軽くパンチした。

本当に気をつけないと今のお前じゃ隙だらけ。
こめかみにも、心臓にも、腰にも、銃やナイフを向けられたら死んでるぞ。
足を掃われ転んだら、自分の不注意になって訴える事もできないし。
それからな、顔をむやみに叩かれたり、指に挟んだ剃刀で顔に傷を付けられたら、テレビに出れないぞ。
それに、今の肩もハンマーとかで骨を砕かれたら、マイクが持てないどころか、一生不自由になるぞ。
あと、口を開けたら危険物は持っていないと言う意味だから、言われても開けたらダメ。丸腰です。と相手に言っているようなもんだからな。
・・・と、今 俺がした全ての事。しっかり抑えるポイントを抑えて、説教した。

そこまでしないだろ。と反論する不破だけど、怯えて居るのは経験があるのかもしれない。と思った。


___ 俺がクーの息子だという事だけで、妬むやつはたくさん居た。
注目を浴びて、オーディションなんてあって無いようなもので、こぞって俺を使ってくれる。

実力・・・があったかどうかは、力を出す前に潰されていた。影でされるように成って、始めはクーの事を考えて、自分で出来るだけガマンした。

クーの血、日本人とのハーフの父親と、ジュリの血、真っ白な肌とプラチナブロンドに蒼い瞳を持った純血の母親。手を出し始めたのは・・・
そんな二人の血を受け継いだ子供の俺が、その尊敬して止まない両親が与えてくれた俺の遺伝子の事を言われるようになって、両親が蔑まれていると感じて起こした事だった。

タバコに飲酒、知らない女との一夜、喧嘩、暴動、そしてドラッグ・・・
落ちる底の見えない、落ちてゆく恐怖。

そんな時に助けてくれた、大事な親友リック。

俺のせいでリックの命は失われ、俺が殺したも同然。長い間ずっとずっと、その感情に囚われて生きてきた。


リックへの懺悔が、リックへの後悔が・・・


心にずっと引っかかっていて・・・

その闇に差し伸べられた彼女の温もり。幸せに成ってはいけないと自分に戒めて、苦しかった。

・・・笑顔の天使が、また俺の前に現れたというのに・・・

その手を握ってしまったら離れられなくなるほどに、囚われて・・・

もっと俺を苦しめた。けれど・・・

天使がくれた温もりは、魔法で溢れていた。

俺が掛けたコーンの石の魔法は、天使がその手で持ち続けてくれていて、自分に魔法となって返って来た。

その天使に・・・


懺悔と、後悔を、綴った歌を、聞かせる決意をした、不破に・・・


不破も俺と同じ様に、キョーコの事が心にずっと引っかかっていると感じた。

差し伸べてくれた手に助けられた俺だから・・・

不破に手を差し伸べ、心の咎を取り払う事が出来るのは、経験者の俺しか居ないと思った。

もう、キョーコが初めて不破のプロモに出たときから、不破の後悔の念は分かっていた・・・

Prisoner・・・囚われの囚人・・・


__ 持て余していた、時間と狂気(こころ)の闇に突き刺さった君は、抜けない光棘(トゲ)

真っ白な君を・・・狂わせたのは・・・僕 _________


真っ直ぐで純真な心のキョーコを、狂わせたと、思っていたんだと気が付いた。

悪魔の不破は、自分が悪かった事を、世にイメージさせて登場した。

純粋な心の天使は、真っ白な・・・

真っ白な・・・

真っ白なオーラは、愛のオーラと言った天使の、愛する心を狂わせた。

それへの、後悔と懺悔を決意した奴を、放置できるわけが無い。

京子を美少女に仕立て上げ、真っ白な純粋な心の持ち主とイメージさせて世に送り込んでくれた作品。

その作品に京子が選ばれる事も、不破とキョーコの運命で・・・

きっと不破は、運命の人だったと、感じたに違いない。

後悔と懺悔を持って自分が格好悪く見られても、京子を良く見せようという想いが綴られた歌をこの世に生んでくれる不破を・・・

邪魔するヤツが居たら・・・潰そうとするヤツが居たら・・・

落とそうとするヤツが居たら・・・・・・俺が許さない _________




フッ。
お前の挑戦状どおり・・・
落とすチャンスは俺だけのものだよな。

俺が・・・
正々堂々と、落としてやるから・・・


・・・心配するな。


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 19.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray