• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.263

Category : Story-I of LDs

あれ?


階段で、一つ上の京子の楽屋の階に行った。

キョーコちゃんの楽屋の前にでも居るのかと思って昇って来たけれど、見当たらない。
キョロキョロ探しながら、喉が渇いていたので自販機の方に行った。

(敦賀君の作った、アマレットのマキアート、美味しかったな~。)

ふ~ん・・・それよりなにより・・・

キョーコちゃんと敦賀君の仲は分かっていたけれど、俺は待てると思っていた。
人生の長い時間に、一年でも何年でも、待てると思っていた。

あの目を奪われた時の事を思い出す・・・


二倍増しの大人美人。

あの時、誰?と思ってしまうほど、目を疑いそして、脳裏に焼き付いて離れなくなった。

自分が思い描く、理想の男の横には・・・

この娘(こ)しか居ないと思った。

・・・自分が思い描いていた、理想の女性だった。


少しの浮気ぐらい別に気にしない。たった数ヶ月の幻の恋愛ならば、その経験を俺にも頂戴。
敦賀君とした体の関係の経験を、俺とする時に、教えてよ。

抱かれたい男 No.1の敦賀君に、本当に抱かれる女の子。

その経験を、俺にも教えて。俺だってNo.1に成りたいから。と思っていた。

それに、敦賀君は総なめだった。恋人にしたい男。憧れの男。結婚したい男。・・・などなど数え上げたらキリが無い。それほどの男が・・・


運命の人だと思っていた程・・・


俺の運命の人を、想っていたんだって事。


その男は、挑戦状を叩きつけた。

俺にはやんわりと優しく綺麗な袱紗に包みながら、そっと差し出した挑戦状。

でも、もう一人ここに居たガキンチョ。不破尚には、叩きつけた事が もうあったんだと思った。
叩きつけた挑戦状通り、有言実効。敦賀君は奪って行った。それが、今・・・

諦められない程に、不破のヤツも・・・


彼女を、運命の人だと思っている。


仕事にかこつけて、告ってんじゃねぇよ。ガキが。

そう思った。・・・アイツの曲を聴いて。



____ ガチャン。

自販機で水を買った。

実は本番中、水が飲みたかった。
京子ちゃんは、他の人には全員に水を出していたけれど、俺には無かった。
プレゼン中だった・・・

敦賀君の入れてくれたマキアートも俺のものと同じ様に、アルコールがハンパ無いものだった。
敦賀君の美味しいと思う配合でいいよ。なんて言うんじゃなかった。
と、後悔・・・

美味しいのは、本当に美味しかった。今までで一番美味しいと思ったんだけれど、熱い温度と飲みやすさと、デザート系のほんのり優しい大人の甘さ。
食べた物どれに合わせても、最後にコレが出てきたら、どの食事もすべてが美味しかった。と頭の中にインプットさせるような、大変ご馳走様でした。との満足感を出す。

甘味 和の黒糖 と 苦味 イタリアンのエスプレッソ。
熱いふわっとした泡のコーヒー に 冷たいクリーム状のチーズ。

そして、主張するアーモンドの香りと味

飲みやすさと温度で、ギュルンギュルン アルコールが回ってきて、大人の女もイチコロだな・・・
と思ってしまった。

まぁ、俺の好み的なアップルパイの甘い感じと、敦賀君の苦い感じ・・・二人の好みは、対称なのにどうして好きになった子は同じなんだったんだろうと疑問も過ぎる。

彼女が・・・

そう考え出して、ブンブンと頭を横に振って今考えた事を追い出そうとした。


“ 最上さん、また後で。”

“ I love you… Kyoko ”

二つの電話でそう言った敦賀君を見ていた・・・第5話の自分が演技について悩んでいた時。
さっき・・・
集録前の全室で、黒い電話でメールを返していた敦賀君だったから・・・

最上さん、また後で。と言った電話の方で・・・京子ちゃんからのメールだったんじゃないかと思う。

でもこれは、男として絶対に言っては成らぬと心に決めて、横に立っていた京子ちゃんを見ていた。
京子ちゃんが石橋さんたちのところに、水を持ってノメノメと、促しているのを見て・・・

・・・俺にも水を~!京子ちゃ~ん。と思ったら、グルグル回る自分の頭がスタジオに戻っていた。


あっ!貴島君。
お疲れ様~。


振り返ると、今 俺が考えていた男のマネージャーが、ベンチから立ち上がって来た。


あれ?
・・・ゴクゴク

俺のマネージャーは?
・・・ゴクッ・・ぷは~。


今トイレ行ったよ。すぐ来るんじゃない?と言う返答の彼に、聞きたい事があった。

不破の写真。運命の人。今 持ってますか?という事。

でも、それを聞いたと言ったら、マネージャーが俺に言った事も、俺が敦賀君にしゃべった事もばれてしまう。

ん~っと考えて止めようと決心。

俺の運命の人なんっすけどね。とも言いたかったけど、このマネージャーは、俺の、不破の、運命の人だと思っている、彼女のマネージャーでもある。
そして、運命の人だと思っている敦賀君の専属マネージャーである。

余計な事は言わない、しない。が、俺の鉄則。
それに伴なう余計な事は、面倒くさいタイプ。


敦賀君は、
まだなんですか?


敦賀君の方が帰り支度しながら話していたから、早いと思っていた。
あれ?一緒だと思ってた。と、言う敦賀君のマネージャー。俺の言葉に、電話で確かめようと電話を掛けようとしているが、手袋が必要なんだ。この人・・・ってのは、今まで何度も見てるから知っていた。


いいっすよ。
俺が掛けます。


ポケットから携帯を出して、敦賀君にコールしたら・・・RR・・直ぐ出てくれた。


もしも~・・し・・?


ん~・・・れん・・・と優しい声が、手元の電話口に聞こえた。
 
(おっ、あれ?キョーコちゃん・・・)

敦賀君じゃないよ。そう言おうと思って話しかけようとしたけど、なんかキスしてる?って音が聞こえる。

・ちゅっ・・ ちゅっ・・・
ちゅっ・・・

(キョーコちゃん、電話の相手に向かってしているの?)

思ったけれど、そんなワケないよな~・・・思いなおして聞いてしまった。


う・・ん・・
もっと・・・


ちゅっちゅ・・・キスの音は止まらなかった。


あん・・だめ、
ま・だ・・・


ちゅ・・・あぁ~ん・・・。と、電話から聞こえる。


・・・。

思わず固まって聞き込んでしまった。
初めて彼女の感じてるアノ時の声を聞いて、頭に思い浮かぶのは、二倍増しの大人美人の姿。

服を全部剥ぎ取って、ベッドに押し倒したかったあの時。

本日の彼女も、大人っぽくなった まだ無邪気さが時々見える、カワイイ大人だった姿。
・・・で服を剥ぎ取られ、押し倒されて無いか?と想像してしまった。

(俺も・・・した~い・・・・!)

抱かれたい男No.1に剥ぎ取られて、押し倒されて、抱かれているのか?
こんなトコで? 苦さの中の甘い味がお好み? Sも全快っすか?
それとも、もうすでにマネージャーを置いてけぼりにして帰ったとか?

想像が膨らんで、自分のあそこも膨らみそうだった。

( ガマンできん!やめてぇ~!)

そう思って、キョーコちゃんどこ?と聞きたいけど、聞いてますかぁ~?の状況っぽい。


ぁ・・・

うふふっ。


ぁぅん・・・

ごめんね
後でね・・・

_プツ

切れた電話の向こうでは、一体どんな事に成って居るのだろう。
うふふっ。なんて可愛い笑いに、ぁん・・・なんて色っぽい声に、俺の目の前で自分にもして!と思ってしまった。

(俺、間違って・・・キョーコちゃんに掛けた!?)

疑問が沸いたので送信者を確認。
画面を二度見しても、何度も見ても、やっぱり敦賀君のナンバーに間違いない。

なんで、キョーコちゃんが敦賀君の電話に出て、感じながら話してきたのか それこそ疑問。

敦賀君がキョーコちゃんに、お手並みご披露中で忙しいから、勝手に出たのか?
人の電話に勝手に出れるような関係までお進みなのですか?
それって夫婦でも、ダメじゃないの?

(お~い、敦賀く~ん、教えて~~~・・・)

電話の画面を見詰めて、照れたまま 止まっていた。きっと想像にニヤニヤしていた俺。
自分のマネージャーが戻ってきたのを知らなかった。


貴島君、お疲れ~。

ん? 
どした?


電話と顔の間に手を振って、顔を覗き込まれて・・・やっと気が付いた。
敦賀君のマネージャーは、俺が電話に話しかけないで聞いてるだけの一部始終を見ている。


あぁ、蓮、
なんだって言ってた?


ふぅ。
あの~~~
ですね~・・・

今、お取り込み中ですね・・・


へ~ぇ、何の?
まだ、着替えてるって?
全く、蓮のヤツ・・・
色気全開で帰る気か?


がははっ。
敦賀君、いつも
ビシッとして帰って行きますからね。


マネージャーって意外に見てるもんなのか。と気が付いた。
そうなんですよ~、最近はちょっと変りましたけど、ちょっと前までは、帰宅するまで敦賀蓮なんですよね~。家でもオシャレに食事したりして、敦賀蓮じゃないですかぁ~。あはは~。
がはは~。
と、マネージャー二人で笑い合っているけど・・・そうでもないっすよ。と思う。

敦賀蓮は、完璧で、楽屋で、仕事場で、そんなエッチなことしない。
リアルな男の性なんて見せない、女のための女の幻想の男、その雰囲気の色気だよな・・・と思っていたものの・・・

今のこの電話の先では、リアルな男のリアルな色気で迫ってまっせ。

しかも、二台の電話を使い分けてまっせ。

・・・と、反論した~い!



はぁ~~~。

ため息をついて俯き、両手で顔を包んで撫でていた。


ねぇ、貴島君?


はい?
なんすっか?


声を掛けてきたのは、敦賀君のマネージャーだった。


ねぇ、もしかして・・・
お取り込み中ってさ・・・


はぁ、その今ゴソウゾウされてる、
お取り込み中で・・・
間違いないと思いますが・・・



ヤッパリ・・・って顔をした敦賀君のマネージャーは、覚えがあることなのか。ゴクロウサマと思う。

敦賀君とキョーコちゃんが、結婚するかもしれないと思っていたのも ちょい前だし、結婚に悩んでいた敦賀君も知ってるし、彼女の妊娠にも頭が一杯だった敦賀君も知っている。

そんな関係で、チーム緒方のドラマ撮影なんかしてたら、口の堅い緒方組のスタッフは、解放エッチの二人を いつも目の当たりにしている事と、存じまする~ぅ・・・

見てる人の気になれ。と敦賀君に言いたい。

抱かれたい男No.1の敦賀君のエッチ。真似したいだろ~!!!誰だって!

つまんな~いアドリブ事も真似するんだから、そのNo.1の肝心な女の扱いの術な~んて、きっと日本中の男、み~んな真似したいだろう。緒方組のスタッフだって口外は絶対しなくても、自分の為と称して彼女に真似してみよ~。なんて感じに、ガン見してんだろな・・・と、思いますけど?

(敦賀く~ん。抑えておさえて・・・)

なんて考えている間に、敦賀君のマネージャーも電話を掛けていた。
・・・が、着拒されたっぽい。


全く
何してんだ、蓮は。


ねぇ~
想像しちゃいますねぇ~。


と、微笑んで敦賀君のマネージャーに言った。
俺のマネージャーは、既婚者で子供も学校に行ってるほどのオジサンだけど、敦賀君のマネージャーは、俺と同じ年ぐらいの、同じ独身者。
この若いマネージャーなんて もっと俺より敦賀君の事知ってるワケだから、御想像の幅も広いんじゃないっすか?との意味で・・・


仕事場でそれはないでしょ。


いや、最近は所構わず、
場所もわきまえず・・・
覚えたての・・・あぁ言葉が悪いな。
も~全く、蓮は。


はっ?抱かれたい男、万年No.1の敦賀君が?
あはは~。
んなこと、ないでしょ。
  

そうは言ったものの、今のキョーコちゃんの電話の声を思い出す。確かに 所わきまえず。なのかも知れない。と、思ったが、今さっきの電話の事は誰にも言えない・・・
それに・・・
一人にしか身体も反応しないとかってヤツ。んじゃ・・・電話の、最上さんとKyoko 
それって、一体・・・・・
まぁ、誰にも言えない事、言っては成らない敦賀君の何がしかの神秘なベールの中に入ってしまったような気もするけれど、どうにもこうにもできない事は、悩んでも考えても仕方ない。

なんて思って話していたら、その話の人物発見。


(あれ?不破か・・・)

敦賀君とガキが、なにやら話しこんでいる。

どうも真剣な話しっぽいので、さっき敦賀君と楽屋で真剣な話をした事も思い出す。
誰にも邪魔されたく無さそうな雰囲気。それはさっき、自分もそうだったので、今 不破との話にも邪魔はされたく無いだろうと思い、マネージャーたちに気付かれないように、ベンチの方に移動した。

俺はマネージャーと帰ってもいいんだけど、敦賀君のマネージャーが敦賀君にとって邪魔だろうと思っている。特に事務所の回し者だから、お互いの事務所の為と称し 何事も起こらない内に引き剥がされるのがオチ。

言いたい事は言いたいだろう。敦賀君も不破のガキも お互いに・・・

と言う気持ちがあったので、しばらく敦賀君と不破のヤローに、付き合ってあげる事にした。



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 19.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray