• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.262

Category : Story-I of LDs


京子が着替えている間、考え事をしながら廊下で待っていた。

階段を上って来た不破を見つけた。


(そうそう。)

不破に聞きたい事があった。さっき本番中に思い出して、でもOn Air中だったから、言えなかった。

不破に近づいて、お疲れ様。と声を掛けた。


どうしたの?
なにか、下の階に用?


下の階は、俺と貴島しか居なかったから、用が合ったとすれば、俺か貴島・・・か・・・
いや、もう一つ・・・

(フッ。どの用事だろ。お前の用は・・・)


いや、
別に・・・


そう。
あのさ、聞きたい事があって。


はぁ?なんだよ。
忙しいんだけど。


いや、一つは大した用じゃないよ。

フッ。
・・・たぶんね。


はぁ?
一つって事は・・・
何個かあんのか?



ん~、まぁそうだね。

あのさ、じゃぁ、
まずその一つ。

塗り薬、覚えてる?
覚えてたら、教えて欲しいんだけど?


コレ。と言って、腕の火傷を指差した。ほんの小さな赤いほくろ みたいな物だけど、久遠にもあったらばれてしまうので、痕かたなく消したかった。


前にさ、撮影スタジオに来たよね。
キョーコが顔に・・・
引っ掻き傷、つけてた時。


キョーコの頬の上に一度 引っ掻き傷があった箇所を指差して聞いた。

(あ!俺が付けた傷の事、言ってんのか?)


あの時・・・
なんでかは聞いて無いけど
君が薬を持って来ただろ?

それについては終わった事だし、何も聞かない。


キョーコの傷が、不破と関係があるのは分かっているけど、それについては、仕事中のミス。とキョーコが言っていて、それに聞いて欲しくないみたいだったから、好きな子に嫌がる事はしない主義。

知ってしまって、今 変な感情が湧きあがるのも嫌だった。
それに、もし不破の名誉かなんかに関係のあることだったら、キョーコも言わないのが鉄則。
と、彼女の事も良く分かっているつもり。


モデル。
俺、モデルだからね。
痕、残したくないんだよね。
君がキョーコに、渡した塗り薬。
スタントマンも使っているって、ヤツ。

・・・覚えてるかな?


にこっと微笑みながら聞いた。気分を害されたくも無かったので・・・。
なんで?と聞かれる前に、モデルだから。と言ったら、なんとなく納得できるだろ。と思っての事。


お前さ・・・


・・・ん?
悪いけど、先輩だから。
俺。
口の聞き方・・・

いや・・・
キョーコに関しては、君の方が先輩だよね。

じゃぁ・・・
いいか、お前でも。

それで、お前の後は?



お疲れ様で~す。と、後ろから声が聞こえて、振り返ったら石橋さん達が帰宅するところだった。
少し離れた所にいたので、手を挙げて、お疲れ様~と、不破と二人で言う。
石橋さん達は、おつかれっした~。と言ってエレベーターを待っている。

ん?アレぇ?と首を捻る、名前がどっちか分からない両方の石橋さん達。光さんは、?顔。

おいあれ、敦賀さんの首のストール。あぁ、ヤッパ、そう思ったぁ?・・・だよな~。

ほろ酔いの3人はヒソヒソしてる つもりなのかもしれないが、声が大きくて二人の会話は丸聞こえ。
エレベーターの中に入ったら光さんの声が、ええぇ~!っと響きながら、ドアの中に消えて行った。



・・・そう、それもある。

でもよ、やっぱりまずは・・・
ここでは、後輩の事を呼び捨てにすんの、おかしくねぇか?


ん?あぁ~。
なんで?

京子を京子と、後輩の芸名を言ったところで、
誰か、おかしく思うかな?

本名もキョーコだけど。

君の本名は良くは知らないけど、
キョーコが言ってる、ショータロー。
それ、君の本名だよね。

芸名と本名と違う言い方だったら問題かもしれないけど、
同じだからいいんじゃない?

(フ~、上手く丸め込めたか・・・?)

でもそれより・・・
俺とキョーコの関係
知ってるんだろ。

鍵・・・

拾ってくれたんだよな。

ごめんね、あの時は、ぶつかってしまって。

だから、キョーコはもう
俺にとって、最上さんじゃないから。

ん~、そうだな・・・

君の創ってくれた曲。ありがとう。
いい曲だったよ。
敦賀・・・京子とね。
歌えるぐらいに、聴いたから。

ふっ、もう分かった?
最上さんと呼ばなくなった、意味。
彼女は、これから敦賀京子になるから・・・


(嘘は言って無いんだね~。あ~ぁ、たのしぃ~)

さっきも、彼女居ます発言をドラマの流れに持って行った事、コイツが覚えていれば 直ぐ分かるはずだけどな。
それに、君が居るから。が主題歌の事だけど、曲名を言って無いから他の曲だと思っているかも。

君が居るから。だけは、不破のアルバムから外された種類の歌だとは知っていた。



それでさ・・・


んあ?
まだなんか、あんのかよ!


ある・・・
もっとたくさん言いたい事はある。
・・・のは?

不破、お前だろ?

ふ~っっ・・・


髪をかき上げて、ふ~とため息で俯いた顔を上げ、下から睨む。カインで慣れ親しんだ冷たくクオンになりきって言っても、もう怖くないし。と思いながらドスの聞いた声にする。


お前、俺に言ったんだよな。
フッ。
だから? そうして、やったんだけど?
言われたから、そうしただけ。
だけど・・・?


はぁ、何をだよ。


お前さ・・・
軽井沢で俺に言ったんだよな。
あれ。キョーコに言ったんじゃないんだよな。
覚えてないのか?



あの時の不破と同じ様な、イマイマしい立ち振る舞いをしてやった。腰に手をあてて、斜め下、それに真正面に立って俺を見たように。


・・・俺を落とすチャンスをやるのは?

・・・お前だけだ。


って、俺の目を見て言っただろ。

だから・・・落として・・・突き落としてやったけど?

深い海に沈められた・・・んだよな。
お前。

・・・
でも、まだ足りない。
もっと、この業界でも、プライベートでも、
落としてやるから。

フッ。
楽しみだろ?



ハン、おもしれぇ・・・
やってみろよ。



それで・・・

君がさっき言いたかったのは何?
それもある。ってなんか聞こえたけど?



そうだな・・・まずは、
キョーコが言ってたんだけどよ。


ふ~ん。キョーコが、何の用で?
あぁ、ごめんごめん。
俺の奥さんになる人、君がクライアントだったね。
どうぞ、宜しくね。
これからも、仕事だったら? 仕方ないしね。
彼女には、がんばっ・て・・ほし・い・・・


うるせぇ!
お前の思い過ごしかどうかは知らねぇが、
キョーコはな・・・

一昨日と今日の飼い主は、違う。
って言ったんだよ

その意味、分かるかお前?


はぁん?
なにそれ?
いつの話し?それ。


3,4週間・・・一ヶ月前ぐらいか・・・


ふ~ん。素直だね、
不破君って。
普通、話の途中にどうでもいい事、言わないよな。

ま、どうぞ、続けて。
飼い主。ってとこだよ。覚えてるよね?



うるせぇ、子ども扱いすんじゃねぇ!



まぁね、そう怒鳴るのも?
場所をわきまえずに?

子供だよね。それ。

じゃ、どうぞ。



キョーコはな、
飼い主が違うって言ったのはな・・・

王子とも関係があるからだよ。



ん?王子って誰?
もしかして、久遠ヒズリ?


そうだよ。
お前が知ってるかどうかは、しらねぇが。
今日と同じ服装で、今日みたいに、
ピンクのスカーフ 首に巻いてた。

その次の次の日、キョーコに会った時は・・・
お前の・・・
イニシャルが入った・・そうだよ、この番組の打ち合わせ
学校で会う前だよ。


あぁ、チョーカーの事?
そうだよ。
あのさ、悪いけど、はっきり言うよ。
彼女の仕事に差し支えると思って、
ん~・・・うっかり?付けてしまったキスマーク。
隠してあげようかなと思ったんだけど。


(確かあの時、朝、蓮でも付け直したんだよな。もともと久遠のキスマークだったけど。)

よしよし、付け直しておいて正解。蓮保険がここで利くとは・・・と、保険を掛けるのはいつもの癖。
以外に色んなところに、後で久遠と蓮との辻褄が合うように、自分で心がけている。


そうだね。

子供の君だったら・・・
言いにくいのか?
そうかどうか分かんないけど、言ってあげるよ。

あのね。

キョーコと俺と久遠はね。
いわゆる、三角関係だから。
それは、教えておく。

でもね、彼女が誰と寝ようが・・・?

そこまでプライベートな事は、言えないから。



へぇ~。
じゃぁ、今日の飼い主は、王子が居ないから?
お前なんだ。
その、ストール、さっきキョーコに付けてただろ?


はぁ?
飼い主って意味が、よく分からないんだけど。


首輪付けてんじゃねぇ。
って事だよ。


あぁ、そういうことね。
ふんふん。いい事言うね~。不破君。
そうだね、じゃぁ今 彼女がしてるのも、
もうずっと前から気に入ってしてるけどね。

そっか、じゃぁね・・・キョーコには・・・

久遠より前から、俺が飼い主。
って事だよ。

自分で、首輪にしたからね。あれ。
俺じゃない。
彼女が自分で作った首輪だからね。
俺が飼い主だってこと。

あぁ~そうそう、ごめんね。
その首輪になる前の・・・あのダイヤはね
かのじょの・・・た・・


はぁ?あれ、ダイヤなのか?


うん。そうだよ。
分かる?その意味。

う~ん・・・そうだな・・・
じゃぁ、ヒントをあげるよ。
俺の車は知ってるよね。学校で会ったし。

あの車と同じぐらいだったかな?

それぐらい、本気だって事。

いくら、人気があると言ってもね。
ギャラの・・・あぁ、やっぱ、それは無し。
どのぐらいかは言えない。
ただ、言えるのは、どのぐらい したかって事じゃない。

俺のその費やした時間を、彼女に捧げたって事だよ。


た・・・
なんだよ。


はぁ? た・・・って何?
よく聞き取れなかった。
た・・・何?


お前が自分で言ったんだろ。
彼女のた・・って、よ。


あぁ、そぉ・・?
聞きたい? 続き。
じゃぁさ、・・・さっき、
悪いけどはっきり言うと言ったから、言うよ。
いいんだよね? 言っても。


なんだよ。
キョーコの誕生日プレゼントって事か?


そう。
やっぱり解ってたんじゃないか。
なんで聞くの?
俺の口から言葉として聞く方が
・・・ショックじゃない?


ショックついでに、釘を刺したい。熱いうちに打って型作っておこうと思う。


キョーコの誕生日。
12月25日。

あの時は、24日からクリスマスパーティ・・・
じゃないな・・・感謝祭?
ちょっと違うけど。

(Thanksgivingは11月の第4木曜だな、ま、いっか。・・・Any way…)

とりあえずキョーコ主催のパーティしててね。
呼ばれたから行ったんだけど、
25日、12時になった時に・・・

一番のり。

俺が一番最初に、彼女を祝った。
ごめんね。なんでもNo.1が好きなんだよね。

それって・・・

たぶん、君がキョーコに向けたラブソング、
ダウンロード開始と同じ時刻。

その時に・・・
あげたダイヤだよ。

でもね、首輪にしたのは、キョーコ本人が選んだ事。
俺が勧めたわけじゃないから。



あの・・・プリンセスローザには、自分のこれからの想いが詰まっていたと、今に成って思う。
あの夏の日、別れる最後にキョーコちゃんにあげたコーンの石。

あの時俺は、“ 少しでも涙の数が、減りますように・・・。”と願いを込めて あげた物だった。

キョーコちゃんは俺にとって笑顔の天使だったから、いつもその眩しい笑顔で居て欲しかった。
その眩しい笑顔があれば、きっとキョーコちゃんが回りの人 皆を幸せにして、そしてキョーコちゃんも幸せになれると思ってあげたものだった。

出会いの数だけ、笑顔が生まれ、笑顔の数だけ幸せになる・・・

不破も歌に込めていた・・・One Loveの中にしたためていた。

泣かないでガマンしてガマンして、そうやって泣き場所を求めて、俺と出会った。

涙の数が減って今があるかどうかは分からないけど、でもキョーコは強くなった。

あの石を大切に持っていてくれたキョーコに、俺は・・・

キョーコにとっても俺との出会いは、とても大切な思い出だったんだと実感した。

これからのキョーコの涙は、俺の初めての大切な友達に、幸せの涙としてあげた物。

それに・・・淡いピンクの純粋な気持ちとして・・・

初めての恋だったから・・・

最上さんがこれから流す涙は、嬉しい時の幸せな涙でありますようにと、願いを込めて。

その願いは、直ぐに叶った。

プリンセスローザを見る前に、沢山の人に祝福されて幸せに溢れ、流した涙。

Purehued の心の持ち主・・・

それを実感して、ダイヤにしてよかったと思った。

クイーンローザの凛と美しく咲く・・・京子としての、Desire道しるべの目標になるように。

プリンセスローザの涙・・・悲しみの涙から新しく生まれた命The Oneは、幸せをもたらした・・・

その、城壁の中に・・・

そして、死をもたらした泉の水が幸せで溢れ、そこに凛と美しく咲く花が広がる、美しい世界・・・

新しいRadianceが広がった・・・

それは、京子の可能性を広げる為に・・・

そして、俺の初恋が・・・彼女の幸せの涙に変わってくれます様にと・・・

初めての大切な友達が、初めての大切な初恋の人に変わった、初めて人生に運命を感じたから

その運命は、笑顔と幸せを、涙はいつか俺との恋に、幸せの涙に成って欲しいと

俺の願いと、キョーコへの魔法を込めて・・・・・


キョーコには、魔法をかけてあげるのがプレゼントだった。俺の願いは直ぐに叶った、幸せの涙の魔法。

綺麗な涙を流す日、彼女の横に居るのは俺でありたい。
そんな想いも入っていた。

幸せになる資格なんて無いと思っていた自分と、幸せになると逃げてゆくと思っていた彼女に。

自分を初めて表現できるものが見つかったキョーコの幸せは、今は演じる事が幸せであって、その演じる場所、機会を与えられ、自分で役を創りあげる事。

その為の魔法は叶ったと、思うのは、世間の評価が物を言っていた。

プリンセスローザを着けてナツに成り切り、ドラマ画面の中でナツとして生きて、そのナツは幸せに自分を楽しんでいる姿、魔法は・・・キョーコに今も掛り続けている。


それなのに・・・

(首輪ねぇ・・・言い方、悪いな。)

不破にはメルヘンはムリじゃないだろ。お前の悪魔はメルヘンだ。と、物の言い方をやんわりして欲しいな、と思う。



そうなんだよね・・・
その時は・・・
君の曲、彼女に届かなかったみたいだね。

たぶん、君が初めて・・・
本気で書いた曲だったんじゃない?

今もさ、彼女に本音をたくさん ぶつけてるよね。
ごめんごめん、言い方悪かった。

本音を曝け出して、打ち明けた。

と、言うべきかな?

彼女に君の想いが届いているかは知らない。
俺は彼女にそれを、聞きたくないし、聞かない。

自分に出来る事だけを考えるだけ。

そうだろ?
人に左右されても、なにも成らないよね。
俺の真似をするヤツ、たくさんいるみたいだけど、

本物は俺だけ。

本物は、自分をいつも見詰めている。

君も真似された事あるから、言いたい事わかるよな。
実は、俺だっていつも すごく真剣だよ。
彼女を愛する事に関して。

君の曲、すごく真剣だよな。
俺と同じ、真剣に愛を乞う気持ち。
その気持ちの表現。歌にする事は、君にしか出来ない事。

そう、君だって本物なんだよな。

だから、彼女の誕生日に一番乗りに・・・
サンタクロースよりも先に、と思ったんだろ。
自分の気持ち、誕生日に届けたくて・・・

でもね、その時間を狙っていたのは、俺も同じ。
俺は俺なりの気持ちの表現を、彼女に届けただけ。



(本物か・・・)

ミルキちゃんが言ってた。原石を磨くのは、原石の価値を高めるのは自分だと。
自分の力で磨き輝かせる。敦賀蓮も久遠ヒズリも自分を磨く事を惜しまないとまで言っていた事は、今分かった。
じゃぁ、京子が、敦賀蓮と久遠ヒズリの二人に磨かれたというのも・・・



へぇ・・・
でもさ、キョーコ。
妊娠してねぇか?


はぁ?なんで?
キョーコが言ったの?君に?


へぇ~、キョーコが言ったのか?って
俺に今 聞いたよな。
そうなんだ、キョーコ妊娠してんのか?


なんだよ、カマ掛けたのか。
でも、誰に聞いたのそれ?
キョーコは・・・
誰にも言って無いはずだよ。


いや、俺に言ったわけじゃねぇ。
聞いたんだよ。
レイノとキョーコが話してるのを。


レイノって誰?
もしかして、ストーカー?


そうアイツ。
アイツが、キョーコの心に
白いライオンと、黒いライオンが居る。
ってよ。
それで、キョーコの中にオーラが一つとも言った。


へ~、怖いね。
キョーコの心も体内も見えるんだ。
キョーコの身体は、見えてないよね?


はぁ?それは知らねぇけど・・・
でも、時間が必要って言ってた。



ふ~ん。
すごいね。彼・・・


(アイツ本当に一体なんなんだ!?)

俺の事も偽名だと直ぐに分かったし、それに俺の事を怖がる理由は、俺の過去がみえたからなんだよな。
アンタ、昔、がい・・・と、言ったアイツが続けたかった言葉は、外人だろ。って事だとは気付いていて、とっさにそれを目で制した。


じゃぁね、朗報。

まず、その朗報前に、言っておく。

キョーコと・・・俺と久遠の関係は、
キョーコが誰の子を。とか関係なく、

お前には関係ないことだから。

俺と久遠の事だから。それ以上詮索しないでくれるかな。

もう一度言うよ。


俺、敦賀蓮と久遠ヒズリ、その問題だから。


(日本語って本当に、便利~。嘘をつかないで、しっかり伝えられた。)

まず始めの俺。
俺、クオン・クリス・ヒズリ・ジュニア。その為の俺。

その後は、
俺、敦賀蓮。と、俺、久遠ヒズリ。 俺、の問題だから。という事だった。

まぁね、不破の歌にもいろいろな意味を込めて創る感じが、好きなんだよな。
俺に似てて、言葉あそび風なところ。
そんな不破だったら、気付くか気付かないか? ま、わかんないだろうな。Unusual Caseだし・・・

キョーコが気付いているであろうと思われるポイントも、2人のところで止まっているように感じ、本当の俺は見えて無いし・・・

まず、一番傍に居るキョーコが解らないんだから、コイツが解るはずはない。との自信。




俺には、まだ誰にも言って無い隠している事があった。



それは・・・・Ms Woodsも知らない事だった。___________________



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 18.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray