• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.261

Category : Story-I of LDs

The・菓子・・・?

なんじゃそりゃ?


ヤバイ位のブルーの色が、The・菓子にあるのか?

駄菓子と言う日本語を知らなかった。


話を逸らしたかったのも、早く帰って続きがしたかったのも、締めて締めないでを言いたかったのも、貴島が電話を掛けてきたのも、不破に会わないで帰りたかったのも、色んな理由が有りまして・・・
奥様、お早く お支度してください。と、言いながら、鞄を鏡前に置いた。


王女様、
お召し換えは、如何されますか?


鏡に写るキョーコに向かってそう言いながら、キョーコの首のストールを解いて、自分の首に掛けた。
あのね・・・と言葉を続けようと思っていたけれど、ストールを外されながら鏡前に置いてあるポーチの中から、キョーコは俺の腕時計を出してくれていた。

はい。とカインの時のように腕を突き出してみると、外す手袋が無いので、止まっていた。

ぶっ!っと思いだして噴出してしまう。



ごめん、ごめん~~~・・・
ぎゃはは~!


も~、蟹でしょぉ。
生臭かったんだから・・・あれ!


ち、違うよ~・・・
くっく・・・
海の香り。と、言ったよね。

あぁ~、でも、時計の前に・・・

歯磨きさせて。
ここで。


自分の鞄から歯磨きセットを取り出しながら、目線でキョーコの鞄を指して、キョーコも一緒にしよ。と促した。
メイクボックスの上に置いておいた歯磨きセット。その上に、タオルに包んでキョーコの着替えのシャツを置いておいた。

キョーコのシャツの袖はまだ乾いていなかったので、タオルに包んで鞄に入っている。


あれ?
蓮のタオルが入ってるよ。


ん?俺のタオル?


自分で思っていたのと違う言葉が返ってきて、ん?と疑問に思ってしまった。
あぁ、あのね、キョーコのシャツ、乾いて無いから包んでおいたんだよ。と言うけれど、今 違和感を感じたポイントは違っていた。

俺のタオルじゃないよ。と正そうとしても、えっ、じゃぁ誰の?と、まだ分かってくれない。


二人の。
家で・・・
二人で使ってるよね。



うふっ。

肩をあげて微笑む彼女。今ここに誰も居なければ・・・
ってグレイトフルパーティで、キョーコにクイーンローザをあげた時を思い出す。
ってか、誰も居ない楽屋だし、カインの時とも違う状況だし、そう考えると嬉しさの余り、ぎゅーっと抱きしめる。

(歯磨き前にもう一度・・・)

そう思って、唇を重ねようとした。けど・・・止めた。ちゅっとだけして、その口元で言った。


ごめんね。
後でね・・・


うふふ。
また、言ってる。


ブクブク~っとして、二人で並んで歯磨き粉を、はいどうぞ。と渡しながら歯磨きする。
鏡の中の二人。その毎日と同じ光景に、なんだか なんだか、とても幸せだった。

先に、ブクブク、ぺっ。をしたキョーコを見ながら、ジャケットのポケットからハンカチを出そうと、手を入れたとき、ちょうど携帯が震えた。

また、貴島。しつこい。と思って、そのまま誰か見ないでOn Offスイッチを押して止めた。

ポケットからハンカチを出して、キョーコに差し出した。


はいどうぞ。


差し出したハンカチを凝視して止まったので、ハンカチで口元をポンポンと押さえるように拭いてあげると、ハンカチに指を指している。


あ!あぁあ~!


なに?どうした?


歯ブラシを口に入れたまま、両手でハンカチを広げて見る。


どおひたの?
へつに、何もにゃいへろ?


ぷっ!
ちょっと、敦賀さん。
しっかり喋らないと、NGですよ。


急いでブクブク、ガラガラ、ぺ。っとして、ちょっと持ってて。とハンカチを渡して手を洗う。
手を洗いながら、なになに?ハンカチが、どうした?と聞くと、あのね~。と言い出した。


あのね~
ずっと前に敦賀さんが貸してくれたハンカチ、
返してなかった。


ん?いつ?
それ。


グレイトフルパーティの時。


あ~、クイーンローザ。
キョーコの誕生日。


今さっき、自分でもバラの事は思い出していたので、ハンカチ渡したな。と直ぐに思い出す。
いいよ、あげるよ。とのつもりだったけど、今と成っては、いつでも・・・


あぁ、返さなくていいよ。


どうして?


ん?


ハンカチを受け取って手を拭き、キョーコの髪を後ろに撫でながら、微笑んだ。


だって、二人の。
だから。

だから俺も使うけど・・・

それでも、いい?


ん~もぉ~。と言って胸に寄り添うキョーコの頭に、ちゅっとキスをする。


さ、帰ろう。
でも、足 痛いんだよね。
そのミュールだと。


靴袋から、今日 履いて来たフラットシューズを出して、椅子の前に揃えた。
キョーコも座って履き替え始めたので、後ろから首にプリンセスローザを掛けてあげる。

(プリンセスローザねぇ・・・)

ちょうど今、お互いクイーンローザの事を思い出したので、花から宝石を出す魔法はもう、使えないよな。それじゃ、どんな魔法にしようかな・・・と、考えていた。

Radianceもそうだけど、もともと神話とか伝説とか言って、物語を作るのが上手いと自分でも思う。
初めてキョーコに逢った時も、妖精のまま否定せずに、王国を仕立て挙げたし。
俺って意外と俳優よりも、脚本に向いているかも?と思ってしまう。

この前、キョーコが白のセットで羽の落ちたところに花が咲いたら・・・と緒方監督に言っているのを聞いて、自分の想像が映像に成るという事を、楽しみにした。

それじゃぁ、いつか監督もいいかも。と、自分のMultihuedな夢は広がってゆく。

(ふふっ、そうだな・・・いつか、きっと・・・)

プリンセスローザをあげる時、クイーンローザの話も創ったし。

それに、プリンセスローザを、涙の形にしたのには理由があった。

初めての大切な友達は、初めての大切な初恋の人に変わって、初めての大切な愛を感じた人と成って、初めての、大切な・・・運命の人に成っている。

プリンセスローザの魔法は・・・叶ったのかな・・・?
俺には・・・



着替える?キョーコ。
寒そうだよ。


プリンセスローザを付けてから 後ろから肩を抱きしめると、ひやっとしていた。

(あっ、でもシャツ濡れてるしな・・・俺のジャケットなんか着させてたら、イカニモだし。)

テレビ局の中だし、観客が出待ちしてても嫌だし、彼女居ます発言はドラマの話という事でまとめたけれど、実は。と気になった要る人もいるだろうし。


じゃあね、俺の着る?
着替えの為に持ってきた、長袖のTシャツあるよ。

その七分丈のパンツにも、
フラットバレーにも合うんじゃない?


ん~・・・


人差し指を顎に当てて、ちょっと左斜め上を見て考えてるキョーコ。可愛い生き物。とはこの事。
とは、なんど思ったことだろう・・・頭を、くしゃっと撫でながら顔を覗き込む。


嫌?


久々の、淋しいカイン犬 参上。かいん丸に成ったのは、久遠の時以来だった。


あっ、そうじゃない。
そうじゃない。


両手を振りながら、弁解する様子もまた可愛い~。そうとう重度のキョーコ病らしい。と気付く。


うぅ~ん、違うの。
あのね・・・

蓮がスーツで帰るんだったら、
横には・・・
似合わないかな?って思って。

だから、ヒールで帰ろうかな~とも思ってるんだけど・・・


(もぉぉ~!!!俺の横に居るのはキョーコ以外、あり得ないんだから。)

素のキョーコを愛してるんだから、なんでも大丈夫。自信持って。と思った。

そういえばさっき・・・胸に、キスマークを付けられた時・・・
キョーコが、“ 大丈夫。自信持って。”って言ってくれた事。

(そっか・・・)

本番に自信持って。って事じゃなかったんだ。

私は、貴方のもの。誰が居ようと、大丈夫。心に自信を持って。って事だったんだ・・・
だから、心に心の場所に証を残してくれたんだ・・・

(もぉぉぉ~~~。きょぉ~こ~ぉ~・・・。I love you soooo very muchだよぉ。)

久々に、でろでろに成りそうだった。



じゃぁね・・・


ポケットからとりあえず携帯を出して鏡前に置き、ジャケットを脱いだ。
シャツの袖を巻いて捲り上げて、裾をズボンから出し、首に掛けただけのストールを襟の下で、ふわっと結んだ。

鏡を覗いて、ん~~~と考えてから、キョーコに一応 断っておこうと思う。


キョーコ。
3つ目のボタン開けるよ。
いい? 見てて。


2つだけでストールの姿と、3つ開けてストールでキスマークを隠した姿と、見比べさせる。


ねっ。
首の長さが違って見えるよね。
だから、こっちがいいんだけど・・・
・・・いい?


ん~・・・
いいよ。
敦賀さんって感じ・・・かな?


( “ん~・・・” なのか・・・。)

なるほど、キョーコは京子で帰るのは嫌なんだな。俺も敦賀蓮で帰って欲しくないって言いたいのか。


でも、キョーコ
これ、着てみて。
ほら・・・


鏡の前に立っているので鏡にキョーコを写し、後ろからキョーコの胸に自分の長袖のTシャツを広げて当ててみる。


ね。
白と黒。

おそろいみたいだよね。


白いシャツに黒のストールの俺と、黒いTシャツに白の膝丈のパンツ。胸に光るプリンセスローザが、女の子っぽいな。と思っていた。
男物のシャツに見えないように、袖を俺と同じ様に巻いてみたら?とアドバイスをする。


じゃ、着替えて。
廊下で待ってるよ。

ゆっくり、自分で研究して。


鏡のキョーコに向かってウインクする。自分を上手に綺麗に変えるお稽古。
はい、これで。と衣装を渡されて、自分なりにアレンジして着こなす事も、俳優の心構えの一つ。

ナツの時に制服で出来た事なので、今度は、俺の大きな男物をどうやって着てくれるのか楽しみだった。
これから始まるDreamsのドラマの中で、そんなシーンがある事を、俺は台本を読んで把握していた。


それに・・・

廊下に出て考え事をしていた。

社さんに渡された不破のプロモの写真を思い出していた。
・・・運命の人。と書かれた手書きのタイトルに、アイツの直筆サイン。

その中の京子の表情は、苦しさの余り自分を癒すように抱きしめていた。

愛しているのに愛されないで、行き場を失った心が叫んでいるようで、自分が冷たい水に浸ることで、その感覚を失わせている様な姿だと思った。

そうやってキョーコは、涙を堪えて生きてきたのかと、垣間見てしまったと思った・・・

キョーコの・・・心の後ろ側・・・

切なくて切なくて、人を愛する事は、こんなにも胸を震わせるものなのかと感じた。

この撮影中、俺の事を考えて撮影していたとキョーコから聞いて、俺との愛が彼女を苦しめているのかとさえ思えるようで・・・

不破の彼女と設定されたこの写真の京子は、男物の白いシャツが衣装だけれど、俺にはなんとなくぎこちない感じに見える。不破のプロモはそれでいいか。そのぎこちなさが反って初々しいカップル感が出ているので、これはこれでいいんじゃないの?と思える。

でも、自分の奥さんと設定されたドラマの中では、しっかり俺の服を自分の服のように着て見せて欲しい。
初々しさは必要ない。俺が思う敦賀家は、旦那さんの服をシェアして着るような家庭がいい。とイメージしている。




京子が着替えている間、考え事をしながら廊下で待っていた。

階段を上って来た不破を見つけた・・・・・



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 18.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray