• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.260

Category : Story-I of LDs


ど~んな、まぁ~ほ~に、しましょぉか~ぁ


どんな魔法を掛け続けよう?と思っていて鼻歌が出たのは、さっきの不破の運命の人のバックに書いてある旋律のメロディ。


階段を登りながら考えていた事が変わってしまった。
どんな魔法をかけよっかな~。とキョーコに対して思っていたのに、突如自分の口を付いて出たのは、不破の曲。

オキラクな鼻歌が止まって、腕を組んで考え始めてしまった。


なるほど・・・フォルテシモにする意味があるならば、そこの部分に大事な言葉を入れているのかも。まほう。のワードが、自分の鼻歌には大事なパート。でも、それ真ん中。

じゃぁ、後半に、二つの光だから、二文字の言葉か・・・

ん~、単純に考えて、今まで通りの不破の言葉だと、“ 夢 ”か、“ 恋 ”または、“ 愛 ”
この3つ。比喩を使うなら、砂も海も花も星もあるか・・・


(うむ~ぅ・・・)


それは不破に直接聞くか、曲が出るのを待つしかない。
麻生さんに聞いたところで、教えてくれるわけも無いし、なにしろ、不破の曲のファンで~す。なんて事も、写真を拾いました。とも言えない事。

写真を見た。なんて言おうものなら、流失させたクイーンの辱。自分もクイーンと契約を結んでいる。
それにきっと不破の不注意で落としたものだったら、不破が処分を受けるかもしれない。


・・・。
フッ。

潰れてしまえ。


咄嗟にそうも思ったけれど、それは出来ないと改心した。なぜなら、不破と張り合っているストーカーも居る事を思い出し、ソイツには、不破が俺にとって動かせる駒の一つに成り利用できる。と思ったからだった。

キョーコも俺が不破の曲を持っているのは知らないだろう。と思える事務所からのヤシロ経由裏ルートで仕入れた転送メール。キョーコに歌詞を聞くのもおかしい話。

なんで、蓮が曲を知ってるの?と疑われることは間違いない。


階段を登ってキョロキョロした。社さんが見当たらない。
京子の楽屋の前にいるはずと思っていたので、京子が楽屋に居ないのかと確認しようと電話を出した。

京子の楽屋に向かいながら、電話を掛ける。


トゥルル、トゥルル・・・


_____・・・・RRR・・・RRR・・・

あっ、もし・・
プツ。


(あれぇ?蓮のとこ電波悪いのか?)


・・・コンコン


俺。
開けて。


隣に不破が居ることを考慮して、ドアに寄りかかって小声で言った。
着信音が聞こえたので、中に居ることを確認。お互い電話を持ったまま、中からドアが開いた。


今、でん・・
わ・・


しーっ。
それは中で。
入っていい?


人差し指をキョーコの唇に当ててウインクすると、にこっと微笑んでその俺の手を引っ張り、中にグイッと引きずり込まれた。

ドアがゆっくり閉まるのがもどかしくて、キョーコの背中を抱きながらドアに背を向けさせ、ドアの後ろ側でキスをしながら押して閉めた。


目を瞑ってキスをしていたら、ドアについていた手に持っていた・・・iPhoneが震えていた。

着信者を確認して応答を押し・・・

その腕をキョーコの首に巻きつけて、キスを重ねる。


ちゅっちゅっと音を立てながら、キスを続けていると、ん~・・・れん・・・と優しい声が、手元の電話に吸い込まれてゆく。


なぁに?・ちゅっ・・ ちゅっ・・・
もっと?ちゅっ・・・


う・・ん・・
もっと・・・ちゅっちゅ・・・
あん・・だめ、ま・だ・・・ちゅ・・・


背中に回していた方の手を背中に滑り込ませて、背中を撫でていた。
キョーコの一番感じる耳の後ろをちゅっとして、ぺろっとすると、うふ~ん。と、電話に言ってくれる。

その耳元に、そっと囁いた。


ごめんね。
後で・・・



・・って、俺にも言って?


耳に掛かる髪にふ~っと息を掛けながら吐息交じりでそういうと、目を瞑ったまま、うふふっと微笑んでいる。


ん・・・
ごめんね、後でね・・・


ちゅっとキョーコの耳にキスをして、電話をオフにした。


・・・よくできました。


耳元で囁きながら、電話を持った腕を首から外し、ジャケットのポケットにiPhoneをしまった。

耳に掛かった髪を指でそっと撫でて、目の前のキョーコの耳元を見ると、さっき この電話の相手が言っていたように、ルージュの痕。でもキラキラだけが光っている。

テレビに映っていたらどうしよう・・・と思っていたので、この程度なら大丈夫と安心。


ふふっ。
ねぇ、キョーコ。
あ~ん、して。


お口の中を確認すると、着色料で色づいたブルーのまま。ブクブクしてもそれは取れない。


実は、俺も。
知ってた?


微笑みながら、舌をペロっと少し出して、自分の人差し指で舌を指した。


あ~、ほんとだ~。
敦賀さんともあろうお方に、
駄菓子の様な色~。

うふふっ。


頬を両手で包まれながら、口を覗いて微笑んでいる。でも・・・

( ダガシって、なに? )

お菓子は分かるけど、ダ・菓子。The Kashi・・・? 
キョーコなりの英語日本語、バイリンガル・ジョークなのか? 分からない初めての単語。

それって、作って。と言っても大丈夫なモノなのか?

疑問が湧いた。Jolly Rancher や、Lolli Pop Tootsie rollみたいな物だったら、作ってとは言えない物だぞ。
アメリカンな色のお菓子を想像する。子供の時はSPがこっそり隠れてくれたけど、口の中の色でばれたっけ・・・。と思い出した。


(子供の頃はなんとも思わなかったけど、ブルーって特に毒々しい色だよな・・・)

全くこの世の自然界において、こんな色の食べ物があるか?と思わせるような色。
もし、茸とか魚介類だったら、毒がタップリ気をつけてね。と食べ物自身が主張する色だよな。


そんなこんなの、お子様大好きブルーのシロップ。

番組中に、頭を捻って思い出した日本名。かき氷

でも、英語名・・・Snow ball cone・・・・


“ 雪の塊のコーン”

なんてこったな。直訳しちゃったら、コーンの雪になってしまう。

泉に雪解け水として山から麓に注ぎ込み、そして泉の底から湧き上がる・・・

自分のRadianceの目的でもあって、キョーコの泉に愛を注ぎこむだけでなく、キョーコ自身から愛が溢れて染み出て来る様にしたい・・・


不破も感じているのか・・・?

キョーコの誕生日に贈られたHolly Nihgtの歌詞にも、俺と同じ様に思われていた事・・・


――― 舞い落ちる雪とこの夢は・・・君の愛に溶かされ

春に、また新しい芽を息吹かせ いつか花を咲かすかも・・・ ____


俺と同じ様に不破にも何かキョーコに感じているものがあるのだろうか・・・

不破の夢とは _______


もう叶い始めているこの世界での成功だけでは、物足りないのか・・・?



煌びやかなRadianceは、憧れが広がって、もっともっとと上を目指す

上の方に行けばいく程、そこは冷たく凍てつく・・・何も無い世界

雨の降らない雲の上で華を咲かせるのは容易ではない孤高の寒さに、きっと孤独を感じ始めた

孤高の先に見えてきた頂上への道のりは、虎口と孤独への道のりだと

頂上に咲かせたい華・・・

夢見るその花に必要な糧の一つ・・・

雲の上から地上に降り続かせる、自分の夢を糧として咲いて欲しいと、全ての地上の種に願う

芽吹き始めたキョーコの夢にも、まだ見ぬその先を夢見る事だけでも、価値があると詠い

自分の辿った道のりを追いかけて来いと、背中をむけて走り出した

振り返らずに自分と孤独に戦いながら向かう、そのRadianceの冷たく凍てつく孤高の場所に、自らの夢を被せ、夢で、夢だけで、覆いつくす

降り止まない夢への欲望は、凍てつく場所では凍って大きな塊となるだけと・・・

大きな塊をその上から蹴落とし転がせば、自分の夢を巻き込んで、下に下に自分が落ち転がっていくだけ。

大きな冷たい塊を溶かして滲みこませ、全ての地上の種の糧となり、崇められる為には・・・

必要なもの・・・ 太陽・・・

その太陽を求めた時に、心にあった太陽は、キョーコだったに違いない

大きく冷たく孤独と感じる不破にとって、全てを溶かしてもらう為に必要なのは時間・・・

時間を掛けてゆっくりと溶け出しても、夜の闇がまた襲えば元に戻り凍りつく

溶け始めても、また凍りつくのだったら、ただ塊の形を変えただけで、いつまでも心の固まりは溶け出すことなく、その心に残る

孤高への道のりは虎口であって、凍てつく心のままではもっと厳しい滑りやすく、足元から崩れ落ちる事を知った・・・

どうか太陽に溶かして欲しいと願い始めた

太陽が沈まない白夜なら、きっと塊を溶かしてくれると信じ待ち焦がれる春・・・

白夜の夏が訪れる場所の春・・・ 極夜の冬から抜け出そうと・・・

春・・・



不破にとっても、その時が・・・

魔法の時間なのだろう・・・



・・・・・それは、キョーコと同じだった

人生の長い道のりに必要な、全てを溶かし新しく命が始まる春・・・


春を待ち焦がれ、冷たい孤高の頂をめざしていると感じた。



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 18.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray