• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.253

Category : Story-I of LDs


キョーコちゃん
はい、これ。


ありがとうございました。


社さんからiPhoneやイヤリングにプリンセスローザ、腕時計などが入ったポーチを受け取った。


よかったら、中にどうぞ。


そうも言ったけれど、女の子の楽屋に入ったらなんか悪いから~。と言うのは本音だろうけど、私が居たら話し辛い話しでもあるのだろう。この二人のマネージャーは、マネージャー同士で気が合って居るのを知っていた。

(ふ~ん、蓮と貴島さんみたいだな~。)

あの二人も仲良さそうに、番組を息が合ったまま終らせた。
特に何かを打ち合わせるでもなく、突然起こった事にも対応できるアドリブ力には脱帽で、意外にバラエティ合ってるんじゃないか?とさえ思える息の合い様。

でも・・・

きまぐれのゲストだけは、嫌。

撮影は昨日クランクアップしたけれど、ウワサの憧れの人となった二人の理想の男は、これからも雑誌の取材や、他の番組に呼ばれて番宣するだろうと思える。

でも局がきまぐれと違うので、番宣で二人揃ってゲストに来る事はまず、無いと思える。

(そうであってほしいわ~。)

と思いながら、着替えも無いし何もすること無いので、とりあえずカフェオレをレンジに入れた。

レンジ待ち・・・ 暇だった。

数十秒間なのだけれど、な~んも本当にすること無いので、鏡を見て口を、あ~んと開けてみる。

(おぉ~・・・芸能人にあるまじき、色・・・。)

めっちゃ真っ青だった。


・・・。

口を開けたまま止まって考えた。歯ブラシセットもなければ、ティッシュすら無い。


―――― ・・・チン。

レンジからカフェオレを取り出して、熱々をずずっと、とりあえず啜る。少し肌寒かった。


はぁぁ~・・・

ホコホコの湯気が立つカフェオレに癒される。ものすごく口の中が激アマだった。
カプチーノ仕立てのアフォガード、色がどんどん変わっていって、魔法使いの媚薬の様だった。

ピンク色のホットミルク、自分的な魔法の媚薬を久遠を真似て作って勇気を貰い、敦賀さんに告白した事を思い出したら、急に体が熱くなって来た。
あの時も、熱くて甘い、それも激アマだった・・・

(暑っつ~・・・ )

カフェオレよりも思い出したら、顔から火が出るほど暑くなってしまった。
手でパタパタ扇いでみても、まぁ~ただの気休めにもならない程、顔だけが暑かった。

(あの時、ついでに。なんてダックワーズが出されたら、糖分で気を失いかねなかったな・・・。)

十勝小豆のあんこは、甘さ控えめと言っても、かなりの量の砂糖を使ったし、ダックワーズ自体が卵白とアーモンドミールに、パウダーシュガーの塊みたいな、まぁ、ちょっと手抜いたけど。

マカロンのように、余熱だけでいける物を思いついたらこれだっただけ。
あんこは冷凍庫に入っていたし。
アイスクリームも、クリーマ・フレーゼや生乳、卵一個余ったので、アングレーズソース、カスタードも、レンジで30秒、お砂糖入れて、25秒~。ガーっと混ぜて、冷凍庫、思い出したら、ガーッと混ぜて、冷凍庫、朝起きたら、ガーっと混ぜて、冷凍庫。ただそれだけの品。

相談された時は、まさか同じ番組に出る事に成るとは思っていなかったので、それならもっと凝った作り方にすればよかったと、自分で食べて見てちょっと反省・・・
感想も言えず、微笑んだまま止まってしまった。

だって・・・普通・・・って思っちゃったから。

まぁな、ビスコッティの方は、プレーンが良いと言われた時は、他の物を入れて味がごまかせないと思い、小麦粉選びから配合まで手が込んでたと思うけど、アフォガードとダックワーズを食べたのは、光さんとバカショーのみ。シェフの人に渡らなくってヨカッタと思った。

・・・・。

これって・・・


プレーンビスコッティに、酸味のほとんど無いフロマージュブラン。
それに、コスタリカとダーク・エスプレッソのブレンドのマキアート、アマレット風味。
沖縄黒糖を添えて。

甘い小豆と生クリームのようなクリーマフレーゼ、アーモンドのメレンゲのダックワーズ。
それに、アイスクリームとアーモンドミルクに、苦くないモカのアフォガード。


どう考えても・・・大人が好む味と、子供が好む味。


この二つだった。

大人の好む味の方は、蓮も拘って自分で お家で何回か試して試行錯誤していた。
でも、お子様向けの方は・・・はい、試して。と出されて、私が試食係だった。


この二つを、全員に選ばせた時、蓮はきっと何かを試したに違いない・・・


そんな風に思ったのは・・・



うふふ~ぅ。

私も、大人にされたもんだ。と、両手を口元に当てて思ってしまった。
以前なら、破廉恥~!と、ボボッっと成ったかもしれないけど、今ではそうでもない。

なぜなら、男慣れしたと言うべきか? それとも、抱かれ慣れたと言うべきか?

抱かれたい男No.1を獲得した自分の彼氏は、確かに長々とイロイロをして、抱かれてヨカッタと実感。
抱かれたい男No.2に選ばれた自分のもう一人の彼氏は、初めての時と二度目の時と、確かに違いを教えてくれた抱かれてヨカッタと実感。

このお二方、日本中が抱かれたいと思っている、ゴソウゾウ通りだと思います。

それに慣れてしまったと言うべきか、されてしまったと言うべきか・・・


・・・。


ずずっっと、温かいカフェオレを飲みながら、考えていた。電話を目の前においてずっと見詰めているけれど、一向に電話は掛って来ないし、表の社さんも呼びに来てくれない。


(全く、蓮も人が悪いよな~。)

うふっ。


蓮がなぜ試す様に、2種類用意したのかを、大人にされてその意味が分かってしまった。

お子様判定。 ・・・だったに違いない。

貴島さんは一種類だったのに、蓮は2種類、わざわざ味を両極端にした。
お砂糖を入れたり、添える物も同じにしたりすればいいんじゃ?と思っていた。

それに、私に作ってくれた物は、ミルクをマッタリお子様生クリームから、苦味と酸味が一応引き立つ低脂肪に変えた。私もマキアートを選ぶと思っていたのか、どうなのか・・・

自分もあの時、試された。と思った。

(・・・そうだろうな、多分・・・)

きっと試して心の中で、ほくそ笑んでるに違いないと、思える。

それに、実は今日の今日まで知らなかった蓮のスケジュール。
誰と出るのかも全く知らなかったし、誰の為に何の為に2種類、家で考えていたのかも知らなかった。

楽屋でOn Air見たら、俺に彼女居ます・・・発言よりも、余計な人物が隣に居るじゃないか!?と、そちらの方に驚いていた。


フン。

鼻から笑ってしまった。

お腹一杯のはずの、バカショーと、光さん。
私は、お腹がすいてたから、マキアートだと胃が痛くなりそう… と思っての、アフォガードにしていた事。

蓮は、そういや・・・

“ ご飯を食べてないので、エスプレッソは胃に悪いからね ”

と、分かってくれていた。なので、ミルク多めのカプチーノ仕立て。イタリアンをもちろん意識して。
カフェオレじゃ、フレンチだもんな… と納得。せめて、ラテにしないとイタリアンじゃない。

ラテじゃ、お子様すぎるな。と判別しての事なのか。

それと、雲を作りたくて、カプチーノにしたんだろうな~・・・アワアワだったし・・・

バカの一つ覚えのように、猿が玉ねぎを全部皮だと思って剥いちゃうみたいに、自分がずっとグルグル掻き混ぜ続けるのも、予測してたんだろうな・・・

してやられた気分になった。

思わず、おでこをペチッっと叩き、その手で頬杖をついてカフェオレの入ったカップを眺めていた。


(ん~・・・来年のバレンタイン、アフォガードにしようかな~?)

前は甘い物を食べない敦賀さんには、トリュフの代わりにワインゼリーを作ったこと。

今度は“ 手抜きしないで ”甘さ脂肪分控えめの、凝りに凝った美味しいバニラアイスつくってぇ~、んで~、アマレットみたいに、チョコレートリキュールとかでぇ~・・・

お家でご飯食べた後、最後に出したらいいかもな~~~


うふふっ。お家でだって。

(いやぁ~ん。ド・ウ・セ・イじゃ~ん、それって。)

Dreamsの撮影は、クリスマスが最終回なので、12月の頭か11月の終わりまでにはクランクアップの予定。このままだとたぶん・・・そのまま一緒に住むんだろうな~と思っている。

撮影が終ったら、じゃぁね。お疲れ様。と言ってバイバイされる可能性は・・・

(う~~ん・・・無きにしろ有らず・・・)

一応、蓮とは恋人同士ではあるが、私にはもう一人・・・彼氏が居たんだった。と思い出した。
まぁ、本人同士が二股OKで。と、二股してみて どちらの男が好み?と推奨し私にお試しさせているのだからいいんだろう。

バレンタインの頃には、久遠との奥様は魔女のお稽古が始まっているし、蓮との千夜一夜も入る頃・・・

二人に毎日交互に会っていたら、どうなるんだろうなぁ・・・


自分のマンションの部屋を解約しないのにも、蓮にも言い出せないでいた。

このまま、一緒に住んでもいいのか聞きたかったけれど久遠の事を考えると、自分の部屋があった方がいいだろうと自分でも思っている。


蓮に言い出せない事がもう一つあった・・・


欲しいものがあったのだけれど、言い出せないでいる。

それは、スタンドミキサー。ハンドミキサーではメンドクサイ・・・と思っていた事。
自分のマンションでは、手狭なキッチン。そんな物は、かさばって仕方が無かったので買わなかった。

アタッチメントを変えれば~、お肉もミンチにできるし~、アイスクリームメーカーもあるし~、ホイップ中も他の事できるし~、パン生地も捏ねてくれるし~・・・

理由はたくさんあったので、ゼヒとも、お買い上げくださいませぇ~。と頭の中で店員が、ポイントどうしますか~?とまで、囁いてきた。

でも・・・

言わないのには、理由があった。

それは、お手伝いをして欲しかったからだった。

便利に手放しに成ってしまうと、今はいいけど… そのうち愛も薄れてくるような事が合ったら、時間があってもお手伝いをしなく成りそうなのは・・・・

蓮も男だから。

と、いう理由。忙しいのと、お疲れなのはムリにお手伝いしろ。とは、決して言わない。
それに、荷物を持ってくれたり、マッサージをしてくれたり、肌のケアまでしてくれる。

お手伝いをしなくなったら、なんでもスマートにこなす、いい男に成らなくなる。

そう、私は・・・

“ なんでも。”

このパートに拘りがあった。 “ 一人暮らしでも、優雅に自分の健康維持と趣味を兼ねて。”

・・・な~んてコメント、どこかで使えるでしょ?と思っていた。

男はね、マルチになんでもこなせないのよ。でも女の子はね・・・
マルチになんでもこなして、それも追求している男に憧れるのよ。自分の彼氏、または夫として。

「なんでも、してくれるし~、なんでも、できるのぉ~。」・・・ってのが、女の理想。

だから、しっかり厳しく優しく、手の平で転がさないと、いい夫にならぬ。
Dreamsでも夫になり、理想の男でも夫になるんだったら、厳しくせねば。
と、役作りも兼ねての事だった。


そんな事をモクモクと暇なので考えていたら、何時の間にやら暑いのも熱いのも、両方冷めていた。

全く持って、なんでこの3人がゲストだったのか考えると、とりあえず仕方無い。
そんな風に思える、今日は発売日。

その原因のメールを、久々に読んでみた。

“ 握り寿司が食べたい。
何時に終るか、メール残しておいて。
撮影再開したからね。(‘-^)~*☆ 蓮 ”


蓮もウインク良くするな。と思ったメール。

この時も日本人でウインクの似合う人は、自信家の人だと思ってたこと。

その時、そう思った その3人。

敦賀さん、貴島さん、・・・そして、バカショー

俺様に落とせない女は居ない。という、自信家。俺様に寄れる女は、最高峰の美女。と思う、バカ。

ここに久遠が入っていて、4人だったら、ウインクし放題のワケのわからん色男ばかりで空気がピンク色だったろうな・・・しかも、ラブミーピンクのドピンク。などと思っていた。

ウインクつながりで、もう一つメールを開いた。

“ Radiance…
光り輝く、おとぎの国で。
・・・・・
・・・・・
Love so much always
Chuehonn

PS I really never defaulted to love to dream for THE ONE in thenceforward, I feel THE ONE of mine and yours is in forbidden by celestial fairytail ….so far. ☆*~(^-’) ”



ん?と気が付いた。

それは、2つ。

Chuehonn ☆*~(^-’)(‘-^)~*☆ 蓮


おや? 左右対称だった・・・ しかも、雑誌の表紙と同じ位置。

それと、久遠のスペルが違う事に気が付いた。

THE ONEのはずの、Chuehone じゃ、ない・・・・

よ~く、よ~く、思い出して考えると、確か蓮と一緒に久遠にメールをした、あのピンクのホットミルクの時。蓮は英語で久遠にメールしていた。その時、蓮が書いた久遠のスペルは、Chuehonn

それに、久遠のディレクターズ・チェア。映画撮影の時に用意された椅子の背もたれには、Chuehonn
だった。

じゃ、Chuehoneの芸名は、Chuehonnって事なのかと、思う。

それに、蓮も、敦賀蓮は芸名だって言ってたし。

・・・。


止まって芸名の事を考えていた。




急にブルッと肩がふるえた・・・


廊下で、オツカレ様です。と声が聞こえる。


(・・・ショータロー)

蓮とコンビニを通り過ぎて、もっと先まで散歩に言った時を思い出した。

あの時も、変な空気を感じて、そこに居るはずの無いショータローの気配を感じたものだった。
けれどそれは、今、あの時あそこにいるようなものではなく・・・

Will be …

Will be there…


久遠のメールをじーっと見ながら考えていたのもあって、蓮が言っていた未来動詞で思ってしまった。

(その場所に来る。って感じたんだ。)

でも違うのは、そこに居るから。・・・その意味。

そう感じたあの時に、聴いていたのは、ショータローの・・・You’re with me君が居るから
・・・だった



ブルッと震えたのは、芸名に対しての事それに、あの時感じたバカの事・・・




・・・ではない。

急に肌寒さを感じた。


着替えもなんも本当に無いので、蓮のストールを解いて肩に掛けようとするが、ダブルリボンの結び方は、普通に片方引っ張っても取れない。

ん?どうなってんだ、これ?と思いながら、前に結び目をくるっと回しても、首元に結ばれているのでよく見えない。
鏡を覗きながらどうなっているんだろうと、頭を捻っていると、自分のこの姿に見覚えがあった。


んふぅ~~ぅ。


微笑みながら、長いため息を付いた。

メールばかりの、活字とアルファベットばかりで、久遠の顔を忘れそうでいた。

(久遠・・・写真でも送ってくれないかな・・・。)


本日発売のあの雑誌の表紙の久遠。久しぶりに久遠の顔を見たと思った。
・・・なのに切なかった。

隣に並ぶその人とも、関係を持ってしまったからだった。


“ いつか一緒になろうね・・・”

二人から聞いた、同じ言葉。


双子のようなこの二人は、神様が悪戯に一人を二人に分けてしまった。
その悪戯を、私にしているのには・・・

なんかの意味が、自分の人生にあるのだろうか?

久遠の言葉を、借りたら・・・宿命の星の元に・・・

蓮が見せてくれたあの、マジックアワーの雲の上の景色は、



まさに、Radianceの例えだと、思った。



久遠と私だけの秘密だと思っていた、久遠のメールの事を、蓮も知っているのだろうか・・・?

でも・・・

よ~く、考えると・・・



凛と美しく咲く大輪の花クイーンローザ・・・一つの・・・花に・・・

“ 夕日に ”

・・・染まるひまわり色の雲の・・・魔法の時間


冷たい凍てつく砂漠にできるAqua auraコーンの石・・・一つの・・・太陽に・・・

“ 朝日に ”

・・・染まる夜明けの蒼色の雲の・・・魔法の時間



この二つの、Magic hour魔法の時間が、この星に存在する _______




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 17.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray