• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.252

Category : Story-I of LDs

お疲れさまでした。
お疲れ様でした。

コツコツ―――――・・・・・


おつかれ~っす。
コツコツ―――――・・・・・


サッサと去っていった、キョーコとアイツ、それにアイツのマネージャー。
それを追う様に、お疲れ~すっと、同じく長い足で、ほいほい帰っていった、着飾らせたヤツ。

俺もその後すぐに、祥子さんを置いて急ごうと思ったけれど、アルコールの匂いが自分の口からする。

これは、誰にも見つかっては成らないと思い、貴島のヤツの責任だけど、飲んだのは自分自身。
自分の責任なのだから、祥子さんにも見つからないように、そこにあるペットボトルのレモンティを、喉に負担が掛かるのを承知で、一気にゴクゴク飲んでいた。


尚、お疲れさま。
ツアーの宣伝、きちんと出来たわね。


はぁっ?
子ども扱いすんなってーの。
そんぐらい、仕事だかんな。


とにかく、口の匂いが気に成っていた。

はぁ~っと、自分の手で口の回りを押さえて息を嗅いで見ると、ちょ~アルコール臭い・・・?
アルコールの匂いがするけれど、どうも自分の口からでは無さそう。

真横両側からの匂いだった。


ふっわく~ん。
おひゅかれぇさまぁ~でひたぁ。


(ギャー来たぁ~!!!)

どうでもいい石橋達。また絶賛してくれるのは、あり難いが、ありがた迷惑とは、実はこの事なのかと、かなり実感していた。


尚。
ファンは、大事にして。
業界人だったら、
宣伝も手伝ってくれるから。


ちょっと、イライラモードだったのを、祥子さんが小声で宥めるように言ってきた。

言われた事は、その通りだったので、少しだけ話をしていたら、握手とサインと写真撮っていい?
と、お決まりのセットコースになってしまった。

ちらっと祥子さんを見れば、祥子さんはじっくり待つ気でいるらしく、さっきも持っていた雑誌をじっくり拝見中だった。ふふふ~と微笑み、はぁ~っと上を向き、う~ん。うんうん、と頷いている。

またどうせ、久遠ヒズリのページを見ているのだろうと思っていた。


祥子さ~ん。
写真、撮って~。


は~い。と雑誌を閉じてテーブルの上に置いて、渡された石橋達の携帯で写真を撮った。

写真を撮られながら見ていたのは、雑誌の表紙。久遠ヒズリと敦賀蓮の二人。
背中合わせに立っているこの二人。上半身裸だし、めちゃめちゃいい体のミケランジェロ。
このミケランジェロに抱きしめられた~ぁい。と思わせる写真だな。と思っていた。

日本中のほとんどの人がこの二人に抱かれたいと思っている。
そんな二人に抱かれた経験のあるキョーコだと分かっている祥子さんは、キョーコの事をどう思っているのだろと気に成った。

俺が、敦賀のヤローに王子のヤツに向ける嫉妬のように、祥子さんもキョーコに嫉妬しているのだろうか?
でも、祥子さんを今まで見ていて思った事は、そうでもなさそう。という事だった。


ちょっと、尚。
もっと笑顔、笑顔。


はっ!と気付いてカメラを見た。今ここに居る3人は、少なくとも俺のファン。まぁ、男だけど。

写真を撮って、握手して、まひゃ、びゃんぎゅみに~あひょびにきへね~。と、ロレツの回ってない酔っ払いを作って置き去りにして、さらにサッサと帰っていきやがった、アイツラ二人に腹が立つ。

ムッとしながらスタジオを後に、コツコツ廊下を歩き始めれば、祥子さんは、車で待ってるわ~と雑誌を胸に抱いて先に下に降りていった。


エレベーターを降りると、楽屋の前の廊下で、喋り続けるマネージャーが二人。

アイツとソヤツのマネージャー。

アイツとソヤツは、下の階。間違って降りてきたかと思い、エレベーターに乗りなおそうとして見上げれば、階は合っていた。

ん?と思って二度見した。階の表示も、マネージャー共も。

良く分からないけれど、とりあえず自分は合っている。と思われる。その二人の方向に自分の楽屋があるので、一応そっちに向かえば、自分の名前の表示がある。

お疲れさまです。と、ちらっと横目で挨拶して、自分の楽屋に入った。

マネージャー二人が、京子の楽屋の前にいる事が、不思議だった。
京子が楽屋に居る事は、間違いは無さそうに思える。どう見たって出待ちしている図だった。


どうでもいいけれど、理想の男二人は、世間的にテレビの中では理想かもしれないけれど、裏の顔を知ってしまって怖くなった。俺にとってちっとも理想の男では無くなった。

特に貴島秀人。

未成年の俺に、全国放送でアルコールの入った物を出しやがって、自分の身に起きるであろう事も承知で、潰しに来たと思った。

敦賀蓮も、かなりおかしかった。

多重人格。まさにそう思った。アイツの弾く曲の中に、何人もの感情が入り乱れていたのは分かっていたけれど、直接感じたのは2度目だった。

そんな裏の顔を持った敦賀蓮を初めて感じたのは、学校で会った時。

もう多分、二度とアイツの事を、のほほ~ん。としてるなんて思えない。

芸能界においてどうかされるのも、プライベートでキョーコを取り合う事も、どっちも一度ずつ経験してしまった。


(でも、それって・・・)


実は、俺の理想の男のやり方だった。


レイノにしても、プライベートでも仕事でも、両方どうにかしてやりたいと思っていた。
同じ業界に居て、真似もされて、キャリアも位置も俺の方が上だった。

多重人格になるのはどうかと思うけど、それはアイツの過去の経験に繋がる何かが、アイツを蝕み壊している物であって、本来のアイツは、ただ一人。

その部分は、俺は俺なりの、俺にしか出来ないものを・・・

見つければいい



俺の自分の理想の男は、貴島直人の様な、汚いこしゃくな手は使いたくない。という事。

敦賀蓮の様に、人を魅了させ、そして、ズビャっと叩き落す。
言葉と態度で、飴とムチを使い分ける。そして、精神的に落としてやると言う事。

それに、その逆もファンに、番組内でしていた。
落として引き離し、ゆっくり手を差し伸べ焦らして、抱きしめるみたいな。

ん~~~ナルホドな。教わってしまった敦賀攻撃。
同じ立場には抱きしめて突き放し、ファンには突き放してから抱きしめる。だな・・・。

もしそれが出来るのなら、俺だって音楽業界で、あいつと肩を並べられるように、強く生き残れるかもしれないと思った。


でも・・・


プライベートは、別。

キョーコの事はもちろん諦めないし、もちろん奪うつもりでいて、その為に仕掛け始めたプロジェクト。

蟹料理が、なんのその。

蟹の一杯や二杯、勝手に食いやがれ。例えそれが・・・キョーコの作った・・・

キョーコの作った・・・・

キョーコの作った・・・・・・・



キョーコの作ったご飯。食べた~~~い!


それは、本音。

それは、板長を務める、俺の親父、女将を務める、俺のお袋、
この二人から仕込まれたキョーコの作る料理は、みんな・・・

俺の家庭の味。

いくら旅館の豪華なメシでも、それは、俺にとって家庭の味であり、お袋の味だった。

そんな環境に育った俺も、コンビニ弁当食ってみてぇ。と思っていた中学時代。
学校に持って行く弁当は、松花堂弁当のような板前が作ってくれた豪勢な弁当だったけど、コンビニで買い食いもしたかった。
もちろんキョーコの弁当も、ラブリーもしくは、松花堂だった。

今となっては、憧れていたコンビニ弁当よりも、旅館メシの方が食べたかった。

ただ、アイツが話していた、いろんなカタカナの食材については、さっぱりわからんチンだった。
冷蔵庫に冷凍庫に色んな感じで、手作りものが入っていると言っていたアイツ。それだけで、完璧にキョーコが一緒に住んでいる事を分かってしまった。

それにしてもワケの判らん物ばかりで、何がどんな味なのか、一緒に住んでいた俺でも、不可解。
それが、もしアイツの家庭料理だとすると、どんなオシャレな家族なんだ?と思う。

鍵を渡した時に匂った、アルコールの匂い。
日本酒ではない、いい香りのアルコールの匂いだった事は覚えている。
それが、さっき判明したモエ・エ・シャンドン・ロゼ。自分で、蟹に合うと思って、と言っていた。

そこいらの、親父が飲むような酔っ払いの匂いじゃなかったから、オシャレな飲み物だろうとはあの時思っていた事だった。本当に、どんな家庭で育ってきたのか、考えたら・・・

スーパー坊ちゃん。

その言葉が頭に、ポッと浮んだ。
でもそれって、抱かれたい男No.2の王子にも言える。王子は紛れも無くサラブレッドの・・・

スーパー坊ちゃん。

スーパー坊ちゃん同士で、ミケランジェロ同士で、甘いマスク同士で、俳優同士で、モデル同士で・・・
アイツら、似てんな。

なんなんだ~!? なんでそんなヤツラが、キョーコなんだ・・・?

女の好みまで、似てるって事か。同じ女を育てて自分好みに変えようってか?
でもそれなら、誰にでも尽くせるキョーコなら出来そうだし、ありえると思ってしまった。

俺の事は、何でも分かってくれたキョーコを知っている。
しかもそれを利用した俺が言うんだから間違いない事。


ずーっと今まで考えていた、感じた事があった。でも一つだけ判らなかったものが、今日判明した。


視覚、聴覚、臭覚、味覚、感覚。全部研ぎ澄まされた物を持っている。敦賀蓮、アイツ。

レイノや俺のように、一つだけずば抜けて抜きん出ている様なものでは無い。

色彩感覚、まずそれ。視覚。
モデルのアイツには見た目の、そして色彩感覚も備わっていて、ドラマでも雰囲気に合わせて色を使い分けたりする自分の世界がある。

(あれだよな・・・あの、キョーコに作ったカプチーノ風のアフォガード・・・)

何の変哲も無いカプチーノが、キョーコがハッと振り返って見るほど、綺麗な水色から、深海のような色まで変えて・・・それを見てた時、思わず呟き歌ってしまった。

____ 深い海に沈められたのに

・・・そこの部分だけ。


曲を創る、リアレンジ、聴覚。
アレンジできるほど、練習する事を何とも思わない。自分の世界が広がるようにしっかりアレンジする、完璧さ。こいつも俺には劣っているけれど絶対音感を持って生まれてきたと思ったのは、自分のものに直ぐ出来る才能を垣間見たからだった。

アイツの弾いたFantasy – Impromptu _____

心臓がバクバクしてきた。

変わって行った弾き方の全てが、今、頭に流れていた。


香りにこだわる、自分のも身の回りの物や人、臭覚。
キョーコの香りも、キョーコのイメージに合っている。それにキョーコにわざと自分の香りを付けて自己主張したりもする。アイツの香りも、もうあの香りを嗅いだらアイツしか思い浮かばないほど、アイツのものとしてイメージされるようにしている。

(俺の微々たるアルコールの匂いも嗅ぎ分けて、心配するように気配りもしてくれたし・・・)

裏で作っていたコーヒーも、貴島が、敦賀君が思う美味しい配合でいい。と言ったのに対し、
香りを嗅いで、味見せずに確かめられていた。


揃いすぎた、感覚。
俳優もどんな役もさらっとスマートにこなし、それなりの役作りや努力はあれど、創り上げる違う人格。モデルもこなし、雑誌モデルだけじゃないショーにも出るようなスーパーモデル。





味覚。コレが今まで分からなかった事。

スーパー坊ちゃん。

ちょーグルメだろ。コイツ。

本日の全てのコメントがそれを物語っていた。
それに、一口食べただけで全て終わりにしていたって事は、口に合わなかったと見える。
誰も気づいて無いかは知らねぇけど、隣の俺はずっと見ていた。

でも、もしキョーコが傍に居たとしたら、キョーコの事だ。キョーコは食事を作るだろう。
そんなの知ってる。キョーコの作る物は美味しい。キョーコのメシを食ったら他のモノは食えなくなる。

それに、俺の親父ゆずりの京都の老舗旅館仕込みの味を、キョーコは子供の頃から習ったんだ。
味が旨いのは当たり前。


才能?・・・そんな言葉でこの人間をうま~くまるッと纏めて、言える様なものなのか?

全部揃っている。敦賀蓮は。
ポーカーじゃあるまいしオールマイティに揃ったところで、ど~なのかと思うが・・・

センスがあるって言ったら丸く収まりそうだ。


ん・・・?センス・・・

センスがあると言う事は・・・The sixth sense 第六感。
六感、持っている。アイツ絶対。

もう一つのセンスが存在する。第六感。
アイツの偶然は、直感。すなわち、第六感。センスがあるということを含めて考えると。

運を見方につけるとでも、神は言うのか・・・?
その運がアイツにあるのなら、これからもアイツの第六感は導くものへの何かを、もう、直感で見つけている。

キョーコ、なのか?それが、アイツの第六感で探し出した。

運命。
その言葉が重く圧し掛かる。
運命の人、自分で書いた曲。

運命の人は、アイツにとっての第六感、直感で探し出した、運を味方につける導いてくれる人。

キョーコが、アイツにとって・・・?



免許のテキストをパラパラ捲り、プリントアウトした写真を探していた。

何枚かミルキちゃんから送られて来ていた、ジャケ写のサンプルの中で、一番気に入った。とミルキちゃんが押してきた写真・・・


自分の曲で、自分が写っていないのは、どうなのかぁ?


そう思ったけれど、その写真を見たとき、後ろに合成された曲の旋律に、歌詞と京子が余りにマッチしていて、胸が苦しく切なくなった。

曲を創った自分がそう思ったのだから、曲を聞く人はなおさらだろうと思え、この写真でGOサインを出そうと思っていた・・・写真・・・・が、・・・・

無い。


サーーーーーっと背筋を、一滴の汗が流れていった。

運命の人と未発表の曲の題名に、自分のサイン。そして、曲のワンフレーズの旋律が書いてある。



ヤバイ・・・

余りに気に入って、プリントアウトなんかしたからだ。

免許への意欲が殺がれぬ様に、キョーコの写真を挟んでおいた。


もう、第六感がある敦賀蓮のことよりも、写真の事で頭が一杯になっていた。



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 17.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray