• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams - 25

Category : Story-I of LDs
じゃぁ、そういうことで・・・

きまぐれロックのスペシャルでの、坊がゲストの嫌いなものをアレンジする、くいしん坊バンザイね、ゲストは上杉飛鳳君ね。まだ子供だから嫌いなものが一杯あるんだよ。
そこで、いつも一つ嫌いなものだったけど、何個か混ぜてアレンジメニュー考えてくれるかな?

(あぁ、飛鳳くんね・・・鼻をつまんで、ちょっとずつオレンジジュースで流してごらん?)

モー子さんが思い浮かんでしまった。

っで、聞いてる?キョーコちゃん?

あっはい、すみません。


・・・・・じゃぁ、そういうことで、ブリッジもよろしくな。


はい、お疲れ様でした。




ふぅ~。

打ち合わせが終ると、光さんが声を掛けてきた。


ねぇ、キョーコちゃん。今日ずいぶん奥様みたいな雰囲気。
香りが違うし。

(俺と結婚したら、キョーコちゃんこんな感じに・・・うふふ)

光は想像していた。

それより告白が先だろ!と、横の雄生も慎一もツッコミたいところだった。


ん?でも、可愛いよ。似合ってる。なにかの役作り?
それとも、彼氏でも、できたんかいな?

役作り以外のナニモノでもない!と思い込んでいた3人の内の一人、慎一が冗談で聞いた。


(ギクッ!)

あのぉ・・・

(えっ!ほんまだったんか???)


キョーコは思わずお腹に手を当ててしまった。

(えっ、ナニソレ?そんなとこまで???)


(はっ、いけない!)
すぐに中居立ちの様に、前で手を組んだ。
ふと、敦賀さんとのドラマの事を思いついた。


いえ、あの、今度敦賀さんとドラマ共演する事になりまして、大人の駆け落ちの役なんですよ。
最後は、セレブになるんですけどぉ・・・、あっ言っちゃった。


なんだ、言っちゃいけないドラマのことね。
ごめんごめん、もう聞かないから。話さないで。
契約だもんな。
話したらいけないのは、常識だって分かってるからね。俺らも。

はい。すみません。


いいんだって、それはさ。
しょうがないもんな。


じゃぁ、お仕事がんばってください。光さん、雄生さん、慎一さん。


うん。じゃぁ、また来週ね。
おつかれ~。


その時、電話に気が付いた。

メールを開くと、久遠からメッセージが来ていた。


“愛してる”

最後のことばに、涙が溢れてきた。



私も。

その一言だけ、返信しようとしたが飛行機の中だ。と思いやめた。

話したいことはたくさんあった。ドラマの事も、フェアリーテールの映画のことも。
でも、気持ちは、“愛して。”の一言を伝えたいだけで、一杯だった。


携帯を閉じると、

そうだ!モー子さん。モー子さん。

思い出して駆け出した。


あれ?ちょっと、キョーコちゃんよね?

後ろから呼び止められ振り向くと、祥子さんだった。


ん~、見間違いかと思ったけど、やっぱりキョーコちゃんだわ。


祥子さん、お疲れ様です。
アイツ、いえ不破さんもTBMですか?

うん、いまスタジオ。
私は、休憩させてもらっている所よ。

事務所から聞いたかしら?PVの事。
アカトキもクイーンレコードも、かなり力入れているの。
よろしくね。
あのこ、キョーコちゃんじゃなきゃ、出来ない。って言うもんだから。

(アイツ、出来ない。なんて仕事で言うの?信じられない程ワガママね。相変らず・・・)

ん、でも、あのこもがんばっているわ。
だから、協力。よろしくお願いします。

それじゃぁ、スタジオに戻るから、また改めて今度、挨拶に行くわね。


キョーコはお辞儀をしたが、頭を上に戻すまでも無く、そのままクルッと、踵を返した。

と、とにかく、ここから出よう。
じゃなきゃ、アイツが来るかもしれない。

急いで、ロビーの方にむかった。

タレント・クロークのエレベーターの前を通り過ぎようとしたら、チン!という音がして、
ウッカリそっちを見てしまった。

(ぎゃぁ~デタァ~!!!)


おっ。キョーコ。
何してる?こんなとこで?

レイノとゆかいな仲間達。ビーグールだった。


あっ、ナッちゃん!?

ナツ様~!好き~。

髪金天使さま~。

えっ、美緒様。

ん?美緒様は、俺の女だ。


(どーでもいいわ。全部、私だってば! 京子に興味は無しなんでしょ! フン!!!)

ゆかいな仲間達は、それぞれのキョーコの役のファンになっていた。


キョーコ、久しぶり。
1年ほどニューヨークに居たから、逢いたかった。

そういって、レイノは近づいてきた。

ん?なんかオーラの色、変わったな。
でも、ライオンじゃないような、ライオンなのか・・・?
複雑なんだな。


へー、レイノ君でも分からない事あるんだ~。

その中の一人が言った。


で、不破は何してたんだ?
ライオンといい関係になってる時に?

(ぬなっ!ライオンってなに?)


ま、不破の事なんてコロッと忘れるほど、落ちたんだ。ライオンに。
へー・・・。

レイノはキョーコの顔色を伺うように、顔を寄せてきた。

ふーん、香りも変えるんだな。生身の女ってのは。


(へー、浮遊霊ってのは匂いが無いんだ・・・。)

変なところがツボに入ってしまった。


突然、グイッとレイノから引き剥がされるように、腕を引っ張られ、後ろに居た人に抱き寄せられた。


おい、いい関係ってなんだ?キョーコ。

振り返れば、そこにはバカショーが。

(ぎゃ~!ここにも出たかぁ~!!!)


ふっ。まぁいい。

レイノは、キョーコに一歩近づき、尚の顔をマジマジと見つめて言った。


不破。残念だな。

手遅れだ。


(!!!)

なに言ってんだ? なんだよ!それ!!!


(げっ!見透かされてる。)

レイノはキョーコの心臓を人差し指で指した。

(ぎゃ~ぁ!心臓採られる~~! ちょっと、後ろから羽交い絞めにしてないで、なんとかしなさいよ!このバカショー!!!)



キョーコ。

ここに、白いライオンと黒いライオンが居るだろ?

俺はライオン相手には手は出さない。
怖いからな。


ふっ・・・キョーコお前、黒いライオンに落とされたんだな。


この時レイノは軽井沢で見た、黒い影を持つ久遠の方を、黒いライオン、純粋にキョーコを想う蓮の方を、白いライオンと言う意味で言っていた。

(えっ? 白なんだけど!?)

やっぱり、白いiPhoneを使っている久遠の方を、白いライオンだと思っている。



はぁ?なんでもいいけど、キョーコは俺のモンだからな!

尚はライオンの意味が全く分からなかった。


気の毒にな。
まぁ、勝手にそう思っていればいい・・・。

じゃぁ、行くか。

そう言って、レイノは立ち去ろうとしたが、くるっと振り向いた。


キョーコ、何か悩んでいるだろう?

(げっ!それも分かるの!?)


今のところ、お前の中にはオーラが一つしか見えない。

(えっ!本当!?)

ふっ。っともう一度笑って、付け加えられた。
 

でも、時間が経ってみないと分からないがな。

へ~ぇ、意外。もっと手強い女だと思ってたけどな。
ま、手強いほど、

手に入れたくなるのも、男だからな。
白いライオンの気持ちが分かるよ。


でもな、

黒いライオンにしとけ。真実だ。



レイノはするっと抜けて行ってしまった。


あっ、レイノ君!ちょっと、待って!待って!
美緒様、握手して下さいっ。

なぜだか、ファンサービスで握手してしまう。

俺も俺も、ナッちゃん握手して~。

こちらも、ファンサビース。どうもありがとうございます。


バタバタとビーグルは消えていった。


(黒に落とされて、白が焦って、黒にしとけ? それって、逆、じゃないの???)

全く、意味わかんない!アイツ!


腕の中で、ブツブツ言うキョーコを離した。

おい、黒とか白とかってなんだ?
ライオンって・・・

俺は、今思っている事を認めたくなかった。


・・・アイツなのか?


はぁ?ライオンの意味は私だって、よく分からないけど、
でも・・・

(なんか、安心したようで、でもまだ分かんないって言ってたし・・・)
キョーコは、オーラが一つしかないと言われた事にピンと来た。
とりあえず一先ず安心して、ニマニマしてしまった。


おい、おまっ、なに考えてんだよ!
そんなにニマニマするほど、いい関係って、誰とだ。いったい!


アイツだろ?

お前言ったよな。アイツの事なんて何とも思ってねーって!
じゃぁ、俺んちで、仲居勤めするんだな。
でもそれじゃ・・・お前が京都に引っ込んじまったら、

俺は、誰から逃げるんだよ!

背中を見てくれてんじゃなかったのか?俺を追い抜くって、言っただろ?


俺が、お前に落とされるまで、必死にがんばってるって時に!!!


“ 俺はもう、敗北感も絶望感も、誰にも感じない。誰にも負けない。―――この先、俺がこの世で、俺を落とせるチャンスをやるのは、キョーコお前だけだ。”

キョーコは、軽井沢で尚に言われた、挑戦状を思いだしていた。


そう、確かに、尚は有言実行していた。
誰にも負けない神話になるほどの、記録を一人で打ち出している。

でも、キョーコだって、負けてない。
確実に、一歩一歩、進んでいる。
自分だけの記録ではなかったが、視聴率では金字塔を揚げる中の重要人物だった。

そう言いたかった。


ショータロー。ごめん。もう行く。


だめだ、行かせねー!アイツが誰だか、言うまでな。


・・・

それは、敦賀さんじゃ、ないから。


(えっ!アイツじゃない?でも、引っかかった。)

って、ことは、お前。
誰かと、は、したんだ? へーーー。


尚は近づいて、スカーフに気が付いた。
久遠に結んでもらった、バラの形がほどかれた。尚は、震える手で、するっと最後の結び目を解いた。

目に飛び込んできたのは、キスマーク。
それも、かなり濃い。


ずいぶん、誰かに?

愛されてるって、ことか?

俺のモノだって、証だろ?男はみんな付けたがる。
独り占めするためにな。

ぎゅっと、キョーコの肩を握り、おもむろに抱き寄せた。
尚は、そのキスマークを震える人差し指で撫でていた。

ふと、今日から公開になった映画を思い出した。
昨日も今日もワイドショーで、話題の映画として取り扱われて、舞台挨拶も繰り返し流されていた。クー・ヒズリのジュニア、日本デビュー。


じゃぁ、昨日デビューしたヤツだ。


キョーコは、目を丸くすると、尚の胸を押し返えそうとした。けれど、肩を掴む尚の力は、昔の尚ではなく、男の人の強さだ。と、思わされる程強くて、押し返すことができなかった。

尚は、キョーコの今までには嗅いだ事の無い香りに気がついた。
女物の甘く爽やかな香りに混じって、男物の香りも混じっている。

(この匂い。アイツだ。敦賀蓮。)

尚は、キョーコの首筋に顔を落とすと、その男物のトワレの香りを確かめた。
顔をキョーコに向けてゆっくりと、男物の香りだけを確かめるように、キョーコの耳たぶに、頬に、目を瞑りながら移していた。
キョーコの前に顔を移して、目を開けた。目と目を合わせながら吐息が掛かる至近距離で言った。


アイツ・・・だろ?


キョーコは、今まで見た事もされた事もない尚の行動に、怖いと初めて思った。
今まで、ずっと子供の時には王子様と思っていた尚は、大人の男だと悟らされた。
力の強さ、嫉妬の感情、男の艶、自分も久遠に求めてしまったそれらが、尚からも発せられていて、子供の尚から男の人に変わったのだと。


どうして・・・

嘘を?


尚はキョーコの目をじっと見ているが、視点が合っていない。
そのまま、首をちょっと傾けて、冷たい視線で見つめていた。

尚はバレンタインの時にしたキョーコとのキスは、今のキョーコにとってキスでは無いものとして、扱われているように思った。


俺だってそのぐらいしてやるよ。


ニッっと、キョーコを見つめたまま笑った顔は、心が笑っていない冷たいものだった。
キョーコを抱き寄せていた腕に力を入れると、



チン!

その時エレベーターが開いた。
尚もキョーコも、焦って離れた。

あっ尚、居た居た、探したわよ。
って、あら、キョーコちゃんも一緒?


祥子さんが楽屋にいない俺を探しに来ていた。

(そういや・・・もともと、俺が祥子さんを探してたんだった・・・。)


祥子さん、つぎの仕事は?

次は、10時の生で、富士ね。急いで。



じゃな。キョーコ。またな。
PVよろしくな。


メラメラと嫉妬していたが、隠したくて、みっともなくて、急いでキョーコから離れた。

(くっそー、キョーコのくせに! また色恋しか頭に無い、つまんねー女に格下げだ!
おれは、おれは、走り続けたんだ。お前の為に~!!!)

もれなく、地団太を踏みながらドスドスと急ぎ足で、駐車場にむかった。

(ちっきしょー! 見てろよ、ドイツもコイツも、キョーコ、お前もだ~ぁぁ !!!)

その夜の生番組は、今までにない程色気をタップリ振り撒きながら熱唱する尚の姿に、お茶の間、スタジオでは新たなファンをさらに増殖させた。





Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 05.2013
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray