• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.244

Category : Story-I of LDs


それじゃ、CMで~す。



3,2,1とカウントを見ていて、すっとジャケットを取り、席を外してディレクターの元に行った。
長めに放送入れたので、このCMは5分30秒あると聞き、時計を確かめ急いでスタジオドアに向かった。

どこ行くの~?と声が聞こえるけど、必ず帰ってきますから~。CM開けも把握済みです。と伝えて。と近くのスタッフに言付けて、急いでスタジオを出た。

エレベーターを待つのがまどろっこしいので、階段で楽屋に急ぐ。
楽屋の階に降りるとエレベーターのボタンを押しておき、エレベーターを呼んでおいた。

楽屋の前の廊下には、やっぱり社さんが居た。

さっき、彼女いますよ。発表の時にスタジオを見回しモニターチェックの際に、社さんが居た所に居なかったので、来た!と思って思わず、ふふっと声が出るほど微笑んでしまっていた。

本当の俺の彼女。

リアルに理想の男に仕上げてくれる、手間隙掛けて理想の男のサポートをしてくれる、理想の彼女に、

ただ、逢いたかった・・・・



あっ、蓮。
お前・・・


物申したい事がてんこ盛りの顔をしている、社さん。
あ~、大丈夫ですよ。On Air見て無いんですか?それに、時間もそうだな、13分あるので10分で戻りますから・・・と伝えて、その後は社さんとの話には時間が勿体ないので、楽屋をノックする。

コン、コン・・・・


俺。
開けて。


ドアが開いてすぐに、着替え終わっていたと思われる腕が隙間から見えて、手を握られて引っ張り込まれた。その手を握ったまま胸に抱き寄せ、音を立てないように設計されたドアがゆっくり閉まるのがもどかしくて、自分でドアを押して閉めた。



も~ぉ、れ・・ん・・

ん・・・・



何かを言いたかったのか、それは後で聞けばいい・・・そう思って唇を重ねる。

“ 素を愛し、完璧を愛でろ ”

クーの言っていた事は為に成る。 素のままで家にいるキョーコと違う、完璧な京子が居た。



ん・・・
後で、聞く。

今は・・・



唇が触れながら、言っていた。
逢いたくて堪らなかった、キョーコ。今はまだ楽屋に居て中身は素のキョーコだと感じた。

いつも、ありがとう・・・家に居る時の素の彼女を、たくさんたくさん思い出してテレビに出ていた。
こんなに、家で居る事を思い出しながら、カメラの前に出た事は、今までになかった。

でも、それがきっとね・・・テレビの前で見ている人に、もっと憧れられ、もっと好意を持たれて・・・敦賀蓮をキョーコが育ててくれたんだよ。

そう思った時、本当に言ってしまおうかとも思った。でもね・・・

これから、京子も出てくるのに、京子が出れなくなってしまうよね。もし言ってしまったら。
自分を理想の男に近づけてくれているキョーコに、京子を潰してしまう事は、自分で出来ないから。

重ねた唇が、柔らかくて、温かい。

頬を包んでくれている、その手から香っている、レモンの香り。

俺があげたL-comeのハンドクリームの香りに・・・自分で思った事が頭に浮んだ。


貴島に言ったリモンチェッロ。
そのリキュールの造り方は、キョーコが家で蜂蜜レモンを漬けていたのと同じ方法だっていう事は、知っていた。無農薬レモンを水に浸しておいてから、毎日暇さえあれば、ビンを転がしたり逆さにしたり、冷暗所に保存しておく。

全く同じ事なので、キョーコが蜂蜜レモンのビンを転がしている時、すでに思いついていた事だった。



愛してる。
キョーコ・・・

大好きだよ。


んぁ?と唇を離されてしまった。
も~、愛してるのに~、どうして離しちゃうの~ぉ。とタダを捏ねたいが、時間も無かった。


なんで、今・・・
そんなこと言うの?


そう言われながら、目の前のネクタイが緩まっているのを見られてしまった。

(怒られますか・・・ダメだった?でも、仕事なんだよ。)

と言いたかったが、ネクタイの結び目に指を掛けてもっと緩められ、ボタンを上から、1つ、2つ・・・と開けられてゆく。3つ目のボタンに手が掛かった時、その手を掴み、反対の手で3つ目のボタンの胸を隠すように手を当てて、咄嗟に言っていた。


サイン・・・
心に、サインしてくださいますか?

最上、キョーコさん。



・・・・

・・・うふふ。



瞳を見つめながら微笑む笑顔は、いつもの笑顔。

握っていない手が、髪を撫でて、前髪を下ろしている。なんだろな?と思っていたら、胸に当てた手をそっと包んで、手にちゅっとキスをされた後、そのボタンを外し、胸にかかる彼女のふ~っと吐く息が、心の後ろ側まで届いたように感じた。


魔法だよ。
・・・自信持って。


胸にゆっくりと唇をつけ、そのまましばらく柔らかくて温かい感触を感じていた。抱き寄せたまま動かないで居ると、ちゅっと唇を離し顔を覗き込まれる。


んふっ。
そのつもりでした。


もう一度、ちゅっと唇にキスがされた。



あ・・・ 

ちゅっ


い・・・ 

ちゅっ


し・・・ 

ちゅっ


て・・・ 

ちゅっ

る・・・ 

ちゅっ

よ・・・ 

ちゅぅ~っ~。


一言一言、胸にちゅっちゅされて、も~ぉ、キョーコぉぉぉ~~~!と、最後のキスをされがら悶えそうだった。そう考えると、俺ってMだな。と思い、貴島に言われたSっ気は、違います。と実感する。
のか・・・?
思わず顎を持ち上げて、無意識にキスをしていた俺は、やっぱりSだろうと思える。



そろそろ、CM開けるよ。
急いで、蓮。


と言いながら、顔をとりあえずじーっと見て、口紅チェックされる。
自分で鏡を覗いても大丈夫そう、胸のキスマーク以外は・・・ん?あれ? と、今気づいた。

(なるほど、キスマーク付ける為に、何度もしたのね・・・特に最後の、ちゅぅ~っ~ってやつ。)



ごめんね、蓮。
でも、他の撮影は、もう・・・
昨日終ってるから、差し支えないよね。

貴方が、あんなに騒がれる人だって、
実感して・・・


もぉぉ~。キョーコぉぉぉ~。とまた悶えそうになった。おもわず、ぎゅーっうぅっと抱きしめる。
俺の方が、不破と貴島と、石橋さんとで、大変だったんだから~ぁ~!と思っていた。

手が伸びてきて、髪をもとのオールバックに撫でられていたら、耳の後ろをその指がスゥーっと通り、胸の前まで降りてきた。

冷たい彼女の指が、不破に俺がさっきした様で、思わずその両手を包み込んでいた。
ビクッとして、俯いていた顔をあげた彼女は、俺の顔をジーっと見てから微笑んだ。

優しい、天使の笑顔・・・じゃなかった。


そこには女優、京子。怪しげに微笑む、彼女が居た。



もう・・・
うふっ、ふふ・・・

仕事の顔にしたから



そう言われてシャツの前を閉じられて、ボタンを一つずつ掛けられてゆく。
ネクタイをキュッと上まで綺麗に結び直してくれる仕草は、最近、家で練習として手馴れていた。


さ、いいですよ。
行ってらっしゃいませ・・・

敦賀さん。



ポンとネクタイの結び目を軽く叩かれて、くるっとドアの方を向かされた時、楽屋のテレビから流れてくる、スタジオのモニターの音が耳に障った。


ピアノと一緒に始まったその曲は、不破の君に歌う・・・

“ Just wanna see you ”



――― ただ、逢いたくて・・・もお、逢えなくて、唇かみ締め・・・・――
――― ただ、逢いたくて・・・もぉ・・・


一緒に聞こえる歌声は、京子だった。


―― 今、逢いたくて ――
今、逢いたくて・・
 今、逢いたくて・・

―― 忘れられない、まま ――
忘れられないまま・・・
 忘れられないまま・・・

―― 過ごした、時間だけが・・・また・・・ ―――
 過ごした・・・時間だけが・・・
 過ごした・・・時間だけが・・・


――― 独りにさせる・・・ ―――

一人にさせる・・・
一人にさせる。



京子が歌いだした時、振り返って抱き寄せていた。君の為に書かれた曲を歌っていると思うと、今魔法をかけられたこの胸がぎゅっと締められるように、苦しくなった。

不破と同じ想いを同じ人に抱く俺が、同じ気持ちで時間を過ごしていることは・・・今は・・・

不破の歌に合わせて一緒に二人で歌ってしまう。でも、こちら側では不破と同じ気持ちは、無い。



You’re with me

・・・・・みたいだね。
一緒に歌うの。



うふふっ。
そうだね~。さぁもう・・・

行ってらっしゃい・・・蓮



いつものキョーコの顔でも、行ってらっしゃい。と言われると、よし仕事。がんばるぞぉ~!と思える。

きっと、自分の心の中が京子の旦那で、キョーコとの未来を見詰めると、現実的に考えてしまうからなのかと思った。


(仕事も人気も無くなったら、キョーコとの生活が苦しくなるのは避けたいし・・。)

そう思って、キョーコの首に掛るプリンセスローザとベビーリングを外して、キョーコの手に握らせた。


あれ?
さっきのメールでさ・・・
付けて。って書いてなかった?


ん~、気が変わった。
そうそう、
イヤリングも付けないで。


さっき、キョーコにメールした事は、撤回。テレビの前には私物は外しておこうと思った。
特に、俺のベビーリング。俺のもの宣言を、馬の骨どもにしたかったけど、そんな私欲はかなぐり捨て様と思った。

サインで思い出した物があった。テレビを見ているファンの人は、よ~~く目を凝らしてみている事。
ドラマの小道具と違い真似されたら、基も子も無い。


でもね・・・


自分の着替えの入った鞄の中から、黒いストールを取り出してキョーコの首にふわっと掛けた。
au the blancのボディクリームを出して自分の手に塗り、その手でキョーコの耳の後ろから首に掛けて
撫でると、うふん。と、あん。と声が聞こえる。

そんな甘い声をガマンして、黒いストールをするっと首に大きなダブル・リボンに結んであげる。
今、スタジオから持ってきて、キョーコのシャツが掛けられている横の椅子に掛けていたジャケットを肩に掛けてあげた。


暫く着てて。
手が、冷たいから・・・
寒いんじゃない?

出る時、ジャケットは、
この楽屋に置いていけばいいから。

それに、雨。
降ってた?

キョーコのシャツの袖・・・濡れてるから。



そうなの~聞いて聞いて~ぇ。タ・・クシーに・・・乗るとき・・なんだか話し始めたけれど、唇を重ねて言葉を塞ぐ。なにせそんな話には時間が勿体ない。あと残り40秒ほどで楽屋を出なければならない。
しっかり時計はチェックしていた。


包んでいた頬の両手を、唇を離しながらその頬から離して手を合わせた。
合わせていた手をキョーコの顔の前に持って行って、両手を開きながら目の前で・・・

・・・ふ~っと優しく息を掛ける。



私物は・・・

香りだけ。

テレビには、伝わらないから。

それにね、
スタジオの空調も同じだよ。
寒かったら、ストールを掛ければいいからね。



ん?
このストールって、蓮の私物だよ?



そうだけど?
でもね・・・

京子の今日の衣装だよ。

だから、キョーコの私物じゃない。



時計を外しながら、話していた。キョーコに腕時計を渡して、これと一緒にジュエリーとかキョーコの時計も貴重品は、必ず社さんに預けておいて。と言付けて手の上に乗せた。

ドアを開けて社さんを確認。


すみません。
エレベーター
開けといてください。
それと、リップバーム。


そう言いながら、鏡でルージュチェックする。ティッシュをぱっぱっと2枚取って、唇に押さえた。

(やっぱりついてる・・・。)

じゃぁ、行ってきます。と言いながら、ゆっくり閉まりかけるドアの隙間からシュルっと出た。
ポケットにティッシュを入れながら歩いて、エレベーターに向かう。

なにせ、時計が無いので、数えながら移動していた。100あれば大丈夫。と思いながら。


エレベーターの前でリップバームを受け取り、キョーコが貴重品預けます。と言っておく。
エレベーターの中はものの10秒。スタジオまでは15秒。大丈夫。と思いながら、ポケットに入れた手はそのままに、エレベーターの中の鏡を睨んでいた。

唇を指で拭きながら、髪を直す。

なるほどな~。と思ったのは、この姿だと、敦賀蓮さん。なんですね。って事。
さっき、キョーコがキスするときに前髪を下ろしたのは、蓮に成ってて欲しかったんだな。と思う。
自分の言った言葉も、最上キョーコさんだったし、敦賀さん、仕事の顔。と言われたことにも納得していた。


急に思いついて、自分のストールを衣装として巻いた事。

真似の出来ない、世界で一つのストール。 For RMandy Ren desined by Earl
指輪と同じ様に、波線にしか見えないデザイン、しかも生地に織り込まれている。

黒でも素材の違う糸で、その様に俺の名前が織られたストールは、世界でただ一つだけ。
誰も同じ物を作れない、Earlのデザイン。EarlがRenと入れてくれるのは、世界でただ一人、俺だけ。

雨に濡れて寒くなった彼女を包んであげられるのも・・・

蓮からの愛。俺からのその雨は、その心が冷えないように・・・降ってあげるから・・・



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 16.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray