• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.240

Category : Story-I of LDs
肝心のフュージョン和食のお店の感想を言わなかった事を、後悔。
すみません。と、貴島と二人で、貴島の知り合いのシェフにお詫びを言いに、立ち上がった。


おい。
待てよ。


それを聞いたのは、真横の不破の声。それと一緒に、左腕をつかまれた。
捲くったシャツの袖から見える、火傷でも見てるのか?と思った。


なに?
不破君。


立ち上がっていたので見下ろして、不破にだけは冷たい顔を一瞬見せた。スタジオなので他の目もある。
皆見てるよ。と微笑んで小声で言うけれど、不破が確認したかったのは、たぶん・・・

俺の左手と腕時計。

摑まれたその不破の右手。

俺にも、見覚えがあった。

シルバーラメの入ったネイル。キョーコのマンションの前で、ピンクのハートの鍵を拾ってくれた手。
間違いないだろう・・・


お前・・・
蟹料理、食べたのか?


はぁっ?
それ?


なになに、敦賀君どうした?
早く行かないと、CM開けるよ。



ふ~ん。

なんで、不破君・・・
知ってるの?

もしかしてさ・・・
軽井沢で怖い思いさせた、二の舞?
・・・してないよね。
あの時は、救ってくれた側だったのに?
・・・
じゃ、貴島。行こう。



その一言で緩んだ手から、するっと抜け出して、貴島とシェフの元に行った。
申し訳ないです。美味しかったですよ~。と貴島と二人で話を合わせていたけれど、気に成っていた。ずっと横に感じていた視線の元・・・


CM開けま~す。
どうぞ宜しく。


スタッフの声に、不破に集っていた石橋さん達も、MC席に戻っていった。
不破の横に戻りながら貴島とは、洋酒の話で盛り上がっていた。
ディレクターにも、その話を。と言われたので、んじゃ、そのつもりで。と話しながら席に着く。

不破は、何か言いたげである。

真ん中に座っている、そんな不破を無視して、貴島が腕を伸ばしてきた。


敦賀君。
それ見せて。
Franck Muller の時計。


あぁ、これ?
いいよ。


外して見せようかと思い、一度右手で金具を触ったけれど止めて、そのまま不破の目の前に腕を突き出してやった。不破にもよく見えるように。


やっぱ、いいな~。
でもさ、俺が買ったら、
もうすでに敦賀蓮の真似、って言われそう。
昨日のグランド・コンプリケーションもさ、
実はいいな~って思ってたんだよ。
もう買えないじゃんか。敦賀君がしたら。


そうぉ?いいんじゃない?
だって、自分が気に入ったんなら。


でもな~、最近。
敦賀君の真似って話。
すごい敏感なんだよね。
どこもかしこも。


あぁ~でもね、俺の好み的には、グランドコンプリケーションも、このギガトゥールビヨンもさ、似てるよね。そんなの好きだから、そんな感じじゃないのは?お手ごろのMovado とかは?Red Labelと、Museumは、持ってるよ。無駄な事ばかり話していたが、自分の腕をずっと見ていた。



横に座ったコイツを意識しながら・・・



おい不破。
後で、聞きたい事がある。
お前も、あるだろ。俺に。


言い返せない様にスタッフの指が、2,1と減ったのを確認して、マイクに拾われる前に、言っておく。



出番直前に着たメールを読んで、幸せな気持ちで居たのに・・・

たった一枚の写真が、俺を狂わせた。



運命の人



そう手書きで書かれたフレーズの横に・・・

直筆のサインが入っていた。



どうして?

どうして、お前はいつも・・・・

俺の運命の、笑顔の天使を、狂わせる。




不破がクライアントで、彼女の仕事だとは承知している。

でも、許せない・・・・

いつも、いつも、お前のPVの中で、彼女に苦しんだ顔をさせるんだ?




社さんがベンチで貴島のマネージャーと話がはずんでいた。
その社さんがベンチの下で拾ったという、一枚のプリントアウトされた写真。


運命の人と手書きで書かれ、直筆のサインまでも手書きで書かれ、その五線譜を背景に、びっしょりと濡れたシャツを着て、自分を抱きしめる彼女は・・・

苦しんでいる顔。

その彼女の顔を知っている。彼女がお前のプロモに出る為に、家のリビングのソファに埋もれるように蹲って、聞いていたお前の曲。


One Love
一つの愛


彼女の心を掻き乱し、俺の心を引っ掻き、あの日・・・・

初めて蓮として、彼女を抱いた。


The One
一つの命


一人の人として、生きてゆこうと決心した時。


俺の偽りの姿、敦賀蓮で居る事を最後にしようと思い、偽りの愛だと自分で感じてしまった赤いバラの映る、その窓辺に、自分も・・・

直筆のサインをした。


運命の人・・・その笑顔の天使に・・・


彼女がその時話してくれた、彼女の見た夢の話・・・
彼女のRadianceは、ひまわりだと初めて知り、雨の降る夜に想いを寄せて、降り続けてあげると心の中で約束した。

冷たい砂の上の、Aqua aura。Celestial auraとも呼ばれる蒼い石を、ずっと昔にあげた時から、自分のオーラを感じて生きてきてくれたと信じ、運命を感じた・・・

その笑顔の天使は、Desire望の香りの中で、自分でも横にサインしていた。

その窓辺に向かって微笑んで、何度もなんども、キスを重ねた・・・・


伸ばした腕を捕まえて俺の首に回させて、抱き寄せて唇を重ねれば、何重にも重ねてきた思い出となった過去の年月の中で、彼女は俺に染まって埋め尽くされていた事が伝わった。

長い、深くなり行くキスに、甘い喘ぎと、吐息混じりに聞こえた、名前。 

蓮・・・

赤いバラの花びらが残った場所に、証を付け合ったあの夜のこと・・・



彼女のこんな苦しんだ顔を見るのは、あの後からは、見ていなかった。


夕日に染まる色の、五線譜に書かれた、アイツの手書き・・・

運命の人 そして、名前。

不破尚・・・


彼女のRadianceには無い、太陽が沈む時。

明るい太陽の下で煌びやかに輝き、沈む事の無い太陽は、自分を見失って欲しくないという思い。

夕日に染まるこの色は・・・


魔法の時間の色。


彼女と一緒に見た、マジックアワーに染まる雲の上の世界が、脳裏に蘇った。




魔法が、不破にも届くのかどうかは・・・・

想像しただけで、おかしくなった ___________



振り向いた俺の心の中は、不破の曲を聴き、悩み苦しんだ表情の彼女の気持ちを思っただけで、
掻き混ぜられ引っ掻かれた傷となって、お守りが払拭してくれた闇を蘇らせた。


煌びやかなRadianceは、白夜の様に続き、憧れが広がって、自分を見詰め続けていて欲しい。

その世界に魔法の時間が訪れた時は、この世界を引退する時だと思っている。

輝く星が瞬いて、そこに一つの月が光る、Celestial Fairytailの世界では、その月を見詰めていて欲しい。

沢山の銀河のなかに輝くMultihuedの星々は、雲の上よりも上の宙で輝けるように、守って欲しい。

久遠と蓮と、そしてこの二人を生きる俺、俺のRadianceの中で共に生きてくれますように。

彼女に魔法を掛けて、魔法の時間を彼女に与えるのは、俺だと思っている。

夕日の色で魔法を掛けるのは、俺だけで有りたい

運命の人と付けられて、映像として歴史の一部に残るのが許せなかった。

マジックアワーの後に訪れる夜が、その次のプロモ・・・

“ ある愛の”その意味で付けられたであろうOne Loveに使われないといい・・・・

不破との二人の夜が、映像に残されるのだけは・・・



・・・・不破に魔法の時間なんて、訪れなければいいのに。

自分が壊れそうだった。




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 11.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray