• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams -24

Category : Story-I of LDs
OK, this is just nice,
Your eyes has to see this way, just right here. Yep!
And give me your smile. Good one…

OK, Great.

久遠はスタジオでスチール撮影中だった。

久遠、いいよ、今度こっちの角度。目線下で。腕を上げてみて。
そのまま。はい、今度そのまま笑って。動かずに。そう、そう・・・


じゃぁちょっと、シャツ脱いでみてくれる?

カメラマンのTonyに言われて、ビクッっとしたのは、久遠だけじゃなくテンさんもだった。
出来ません。とも言えないので仕方なく、タイを解きシャツを脱いだ。


お~、すごいな。
君の彼女。

(これか。さっきローリーの言ってたのって。フッ。)

Tonyはローリーの息のかかったカメラマンである。


ねぇ今日、撮影だって言わなかったの?


(言う暇もなく・・・余裕も無く・・・とも言えないしな。でも歯型だけは阻止したけど。)


ま、若いうちは事情があるよな。
おさえられなかったんだろ?
自分が。


ギクッ!(よくお分かりで・・・。)


おっ!
いいイメージ浮かんだ


おい、メイクちょっと・・・


なにやら、離れて話し出した。Tonyに集められた3人のメイクさんにMs.Woodsと、スタイリストも集められて話している。
すると、Ms.Woodsはこちらをチラと見て、にっこぉぉと、微笑んだ。


じゃ、そういうことで他のモデル連れてって。

そう言われて、テンさんも手伝いに行こうとしたところを、Tonyが呼び止めた。


あぁ、Jerry、メイク落としのシート持ってきて。

持って駆け寄ってくると、Tonyの指差した首筋のキスマークに塗ったコンシーラーを落とした。


(えっ!)

Earl(アール)のイメージかは、送った後でわかるよな。

Tonyはそう言って、ニヤッと笑った。


久遠は動揺した。降ろされるかとも思っていた。


さっきからツマンナイな~。カタログの仕事って。
なんて、実は思ってたんだよな。
だからさ、2ページ同じ衣装で、右がいつもの様にしっかり着たもの。

で、

左が、アフター5の、彼女との情事の後。って感じでな。


小物もそうだな・・・。女物の下着とかあったか?Earl のデザインのさ。あぁ、アクセサリーでもいい。ん~・・・

なにやらまた思い浮かんだらしい。


じゃ、あるなら、両方で撮っておくか。

そう言われて、もう撮り終わっていた衣装も運ばれて、肌蹴バージョンを撮り始めた。

じゃぁ、久遠。
好きなように座って、シャツの前全部開けて、こっちを上から見るように顎上げてみて・・・そうそう、あぁ、ベルトは外して・・・
仰向けになって、彼女を抱きしめてる感じで・・・おっ、いいよ~。目線こっち、こっち・・・
もうちょい、微笑んで・・・


メイク直しに連れて行かれたモデル達が戻ってくると、みんな胸に、背中に、首に、頬に、ルージュでキスマークをたくさん付けられていた。


Hey クオン。お前のせいでこうなったんだぞ。
ま、楽しいよな。いつもと違って。

Nickが声を掛けてきた。


お、じゃぁ、Nick 来たか、入って。

そう言われたNickは、置いてあったブラジャーに指を掛けて、鼻歌交じりに撮影に入った。
Nickの表情も、いつもビシッとクールに決めてる出来る男のイメージ一転、床に寝そべって、彼女のブラを外す様な仕草をし、自分もシャツを脱がされているかの様な、指を肩からゆっくり滑らして、カメラに愛しいように微笑んでいた。


それを客観的に見せられると、

(ん~、俺もあんな顔してるのか?あの時って。///)

恥ずかしくなってしまう。


ん~、クオンお前は、愛しいも撮ったけどさ、そのキスマークは本物だから逆に、女に襲われて、愛情のない情事の男の顔できるか?

こう、抱きしめないでされるが儘に、腕をひろげてとか・・・
うん、目を瞑って・・・


突然、15のクオンの時がフラッシュバックした。

(それと、その後の、キスマークを付けられた理由の顔をしろと・・・?)





そう、そんな顔がいい。

そう言われ、我に変えると撮影が終っていた。


じゃぁ、久遠。お疲れ。
行かないとな?

空港に。

と、ニッと笑ったが、すぐに、

2時間で蓮も来るんだろ?
先にあがれよ。

そう言われて、Ms.Woodsに連れて行かれた。


Ms.Woodsのキャンピングカーで、髪の色を染めている間、

じゃぁ、30分後もう一度来るね。
それまで、あっち手伝ってくるから。

と、Ms.Woodsは出て行ってしまった。


目を瞑っていても考えるのは、キョーコの事が心配だった。
思いついて、両方のiPhoneを取ってきた。


まず、久遠の電話から掛けてみた。

RRRR――――


彼女はでなかった。ついでに留守電にもされてない。

(全く、こんなので慣れてないのに、iPhoneなんか使いこなせるのか?)
と、いう、疑問もよぎる。


仕方が無いので、メールを打った。



Dearest Kyoko

ごめんね。今、飛行機に乗る途中。

いつでも、すぐ君のところに帰るから、
いつでも、気にしないでメール、電話、スカイプ
して。

My love never defaulted to you.

愛してる。


久遠 lots of loves always xxx



(・・・スカイプ、教えないでおこう。顔が映ったらマズイ。)


スカイプの部分だけ消した。


鏡を見ていると、髪の色が染まっていく自分をみつめ、蓮に戻る決心をした。

蓮のiPhoneから、メールを打った。



今夜、か、明日
逢いたい。


その文面を見つめていると、どうも可笑しい。
自分の気持ちが、蓮になり切れてない。
心配なのは百も承知、でも、これだと・・・


考えていたら、その電話が鳴った。
表示は、“社 倖一”


あっ、蓮?
俺、おれ

お疲れ様です。社さん。
どうしました?


ん?嬉しいお知らせ、ぷぷっ。あるんだけどぉ~。

今さ、事務所に居るんだけどね。

今度もうすぐ撮影に入るピアニストのドラマあるだろ?
あれさ、蓮、お前あまり得意じゃない由美子ちゃんとだっただろ?

(あ~、そうそう。セリフよく間違えるんだよな、彼女。あの時は、体が辛いのに、本当にイライラさせてくれたよな。ロメジュリのお世話になるとこだって思ってたんだよな・・・そういや。)


あれ、由美子ちゃん降ろされて、
女優さん変わったから。

(まぁ、当然かもな。)


で、京子ちゃんになったから。


(えっ!?)


松島主任に緒方監督から連絡があったからその様に伝えてって、事付けされたとこ。
セリフとか、ちょっと変わるみたいだから。京子ちゃん用に。
で、今、持ってる台本は、事務所に返却ね。
明日、持ってきて。

じゃ、明日な。


はい。ありがとうございます。
それでは、明日。


そう電話を切ったものの、驚いた。

彼女が、人の役を降ろすほどの演技力を付けてきている事。


“ 自分の力でクイーンになれる日がきっと来るから。それは確実。自分で作った今までが、こうやって評価されてきているだろう? そうだね、、、その時は、もっと大人の京子がみれるかな?”

自分で彼女に言った言葉が蘇った。

(あの熱があった時は本当にイライラした、蓮の顔を崩さず保つのも大変だった程辛かった。でも、最上さんが頭で支えてくれたっけな・・・ん? そうだ、ロメジュリ・・・)

I swear and believe to yours and my destinies…
I never defaulted love to you now and then…

I hope we could be together as the hanging in the stars of your cheek of night…

“自分と君の運命を信じている事を誓う。今も、これからも、君への愛を尽くし続ける。
君の笑顔が、夜の様な暗い世界を照らし、宿命の基に一緒にいられると・・・望んで止まない。”

今朝見た夢の中で聞いた、自分の頭で変換させられていた聞きなれた英語のロメジュリのセリフだった。

(君は、いつでも支えてくれるんだね。本当に、運命だ。ふふ。)

イヤホンを付けて、Love Dreams n.3と、彼女を愛して幸せな気分になった、記憶に新しく印象付けられた Romeo&Juliet を聞き始めた。

大好きなメドレーになった、Romeo&Julietを聞きながら、彼女と愛し合ったこと、愛が溢れて止まない初めての感情を、曲に乗せて想う。

Liszt のLove Dreams n.1 Dream of love は、結婚式での父親との最後のダンスの曲。イギリス王室でロイヤルウエディングにも踊るその曲は、アメリカでも結婚式のダンスの定番になっている。

キョーコと踊ったダンスを思い出し、あえてこの曲を踊らなかったのは、いつかの本物の時の為に残して置きたかったから。

イライラさせられるであろう。と、思っていた感情の入らなかった気乗りしない役だったのに、Love Dreams を聞いていると、新しい役のイメージが湧いてきた。
何からも逃げ、何をも捨て、そんな愛の果てに身を置く駆け落ちという役を、自分の感情もそのまま載せて、やりとげられると思った。
また、緒方監督にNGばかりだされて、落ち込む事も覚悟していた。
でも、もう・・・

(君は本当に、俺のお守りだ。 明るく運命を照らすように導く輝きで・・・。)

どんどん役のイメージが溢れるように湧いてきた。
自分との愛を選んでくれて、 “ あなたが、私を世界中に連れて行って。” そのセリフのある彼女の役の夢と、自分の世界に羽ばたきたいという夢を重ね、愛を重ね、人生を共に築いていくドラマ。
感情が溢れてあふれて、そんな演技をしたい。
そう思って、聞いていた。

自分が役のイメージに没頭している事で、今、自分が敦賀蓮に戻っていくのを感じた。



はっ。

あっごめんね。蓮ちゃん。起こしちゃった?

いえ、寝ては無かったので。

ん~。なぁに? 音楽? 役作り?

ええ。

んふっ。髪の色も、蓮ちゃんになったわよ。
もういいわよ。さぁ、洗いましょ。


はい。


そして、久遠から蓮に戻った。

さっき送信しようか迷ったメールは、次にすることにした。
今は、まだもう少し時間が必要だと思ったから。



おっ蓮、来た?


すみません遅くなりました。

じゃ、ちゃちゃっと、ビジネスマン撮るぞ。
で、その後は、コレね。

Tonyが指差したのは、モデル達の艶かしい姿。
みんな、さすがプロモデルで、外国人。
いつも、そんな顔してやっているのか?と、思わせるほどこっちが恥ずかしくなる。

(それに、歳もみんな同じぐらいの20代だしな。やりたい、やりた~い、の頭の中は皆、同じだな・・・。)

・・・我に返ってしまった。


スーツの撮影が終ると、他のモデル達は帰ってしまった。
スタッフもTonyが信頼を置く数名に減らし、俺と、Ms.Woodsだけになってしまった。

じゃ、蓮は、そうだな~・・・

とりあえず、首のキスマークはそのまま隠しておこうか。
ん~、出そうか・・・。


Tonyが何か迷っている。


そうだよな~、久遠と同じじゃ、ばれたら困るしな~。

ブツブツ何か独り言が聞こえてしまった。


(ん?Tonyも宝田一味なのか?)
気づいてしまった。
そっか、Jerry同じくTonyも、影のサポーターなんだ。俺が久遠になるための。


ほっとしていると、Ms.Woodsが意見した。


じゃぁ、コンシーラーの上から、ルージュでつけてぇ、他の場所にも着けたらどう?

蓮ちゃんにはね、ランジェリーよりジュエリーの方ね。
ちょっと、大人っぽく。女性のネックレス外して、イヤリングを外してあげてぇ・・・みたいな?


おっ、じゃぁソレやってみようか?


そう言われて、ルージュでキスマークを書かれ始めた。

でも、所々、コンシーラーを落とされて、キョーコに付けられたキスマークも出された。


どう?Tony?


ん、いいんじゃないか?

じゃ、蓮、どうぞ?



その写真が、Earlの目に留まって、世間を騒がせるように成るとは、TonyもJerryも、俺もその時は全く気が付かなかった。




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 05.2013
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray