• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Another side of A New Day * from far away beyond beautiful...Deep Sea II

Category : A New Day
Another side of A New Day from far away beyond beautiful...SEVEN SEAs

the RUMOR in the DEEP SEA from A New Day...





キョーコの事を考えていて、どうしても眠れなくなっていた


彼女が遊泳会に出掛けたら

綺麗な彼女に群がる様に、求婚の踊りを申し込む人魚はたくさん居る事だろう

その事なのか・・・

よく分からないまま、胸の中がざわつく様に胸騒ぎがしていた

そこを見ていると、目の前をクラゲが通って行った



あれは・・・



森の魔女の使い



時々出向く、地上への視察

その時に必ず通る門番のMs Woodsに、足が必要な旨を伝え魔法で姿を変えてもらう

なぜ離宮に?・・・
Ms Woodsの使いが迷い込んできたのか・・・

どこから進入して来たのだろう

それにも増して、この海全体の王族達には重要な魔女の使いだと、もしも知らない我が警備隊が発見すれば、魔女の使いを我が離宮にて処罰しては一大事

自国はこの海の全ての国から攻撃による破滅に追いやられては・・・


胸騒ぎがするまま、庭に出て追いかけて行った時クラゲの向こうに見えた

美しい人魚の尾

すっと音も揺らめきも無く、周りに舞い散るプランクトンの光を共に纏う様に

光を取り巻いて消えて行った



キョーコ・・・?


見間違えるはずのない、毎日その愛しい姿を目に焼き付けて、公務に励むのだから

彼女が消えた庭の端の海草の生い茂る向こうを掻き分けると、小さな洞窟がある
そこを覗くと彼女の姿はもう見えない

きっと、Ms Woodsの使いのクラゲもここからは行って来たに違いないと思う

でも、自分が通るには狭すぎて・・・

胸騒ぎがするままに、門を自分で開けて外に出た



離宮の中しか知らないキョーコが、この大海原に・・・

迷子に成る心配よりも、この国に流れ着く放浪モノ回遊魚たちには獰猛な輩が蔓延っている
其のもの達に、キョーコが餌食にされてはと・・・

必死になって東西南北、上下左右全てを見回した

でも彼女は見つからない・・・


ふと上にぼんやり光る、クラゲ
Ms Woodsの使いが、傘を広げて閉じてを繰り返し、漂ういつもと違って自分で泳いでいるのを見つけて、Ms Woodsの知恵を借りようと、そのクラゲを追いかけ始めた

キョーコは、お供も無しに一人で・・・

自分の胸騒ぎがどんどん高まるにつれ、彼女が無事であって欲しいと思うだけで

離宮から離れた事を、咎める事は無い


ただ、愛しい彼女が我が胸の疼きを治めてくれるまで

探し続けようと思っていた・・・・



・・・その時だった・・・




  。。。。。。。



入り江 ________


・・・・砂浜の上を歩いていた



二本の足で歩くそれは、慣れてくると楽しくて・・・

自分の足元に残る、二つの跡に振り返りながら歩いていた


海から寄せる波が、その砂の跡に被さり引いてを繰り返し、海の中に消して行く様に見える


自分の住む海の上は、波も風も・・・

・・・それぞれの流れに沿って、いろいろ動いているのだと知り
その流れに身を任せる事は、容易ではないと・・・河を登ると云う事を考えていた

自分の住む離宮には、波の影響を受ける事の無い場所で・・・

風ももちろん吹かない、ただ揺らめくだけの幻想のような平和な世界なのだと思っていた


風景を見ながら佇んで、遠くに見える入り江を見詰め・・・

視線を返して、海の上を見詰め・・・ また、歩き出した


だけど、何時までもこうしていては、どのぐらいの時間が経っていたのかが解からない
乳母も蓮も私が居ない事に気が付いて心配してくれるのだろうか・・・

そう思っていたのは、優しい幸せを毎朝くれる蓮・・・

自分が居なくても、彼はこれから・・・
対と成る后を傍に置き、あの優しい笑みをその王妃様となる方に向ける事を考えると

自分が朝、お部屋に居なくても心配してくれないのだろう

・・・そう思いながら、岩場に辿り着いていた


その岩場は、海の先に行ける様に見える
二本の足で岩を登り、波が打ち上げる飛沫を体に浴びて、海の水の味がしょっぱいと知った


岩がもうその先の無い 端まで来て、大きく広がる海を見ていた
打ち寄せる波が高くて、全身に波を浴びたら、水の中で息が出来ないと気が付いた


誰か、此処を通らないかな・・・


どうやって離宮に帰ろうかと考えながら、蒼い石を胸に抱いていた

自分の国民である蒼い魚・・・
石に念じたら、何か答えを教えてくれる様な気がしていた

森の魔女人魚が言っていた事を思い出す


_____ 何かがあったら、必ず・・・その蒼い石に相談なさい

きっと、貴方を、海の中の家臣と同じ様に守ってくれますよ

・・と・・・


それを思い出して握り締めていた

誰かにこの想いが伝わって、此処を通りかかってくれるのならば

人魚に戻る方法を聞きたいと思って、岩の上に佇んでいた



でも・・・


誰も来ない



遠くに見える押し寄せてくる波の大きさが、とても大きなものだと気付いたのは
その波が目の前に来てからだった


立ち上がって急ごうとしても、足で歩くのは容易ではない
それに、岩場の歩き難さも手伝って・・・

全身に波を浴びたら、自分の海に引き込まれて・・・




それからもう、意識は無くなっていた





  。。。。。。。



海面からの光の差し込む浅瀬にて・・・


一人の少女が海に落ちてくる



あれは・・・

. . . キョーコ __________



間違いない. . .


自分は彼女が子供の時から共に育ち、自分が兄として彼女に向ける微笑を欠かす事無く過ごしてきた

彼女の子供の頃の姿・・・


でも・・・人間に成っている・・・


Ms Woodsの使いが報せてくれたかの様に、自分がクラゲを見つけた事は幸いだったと・・・

この幸運を、海の神に感謝する


急いでキョーコの側に泳ぎ行くも、ゆらゆらと揺らめきながら沈んでくる彼女は・・・

ピクリとも動かない・・・


ブクブクと口から漏れる空気の気泡が、彼女の沈むスピードをあげている

人魚に戻る前に、肺の中が水でいっぱいに成ってしまったら、彼女は息を引き取ってしまう

Ms Woodsに、どうやって人魚に戻るのか教わるはずも無い



人として地上に出向く様な、王族は・・・

自分のお供が人魚に戻るタイミングを知らせてくれる

それに、自分が初めて視察に出向いた時は、国王のお供としてだったから

全ての行動・・・
海に出る時の事も海に戻る事も、その方法の教えを授かったのは国王からだった

Ms Woodsは、キョーコも・・・

国王から教えを受けて地上に出向いたと思い、彼女の姿を変えたのだと思っていた



手を伸ばしたら・・・

小さなキョーコが、するっと腕の中に入ってきた


胸騒ぎのした この胸の中に抱きしめて

これ以上空気が漏れない様に、彼女の口を手で押さえた


海面に写るきらきらと月の明かりが燈す、柔らかい光

その光を浴びたプランクトンが、海中に広がる彼女の髪の間を通り抜けて
ぼんやりと光りながら、彼女の表情を見せてくれていた

彼女は、もちろん息をしていなかったけれど、柔らかく微笑んだまま目を瞑っていた


桜貝の髪飾りが無いと気が付いた


抱き寄せた自分の肌に感じていたのは、彼女の胸元に小さな固いものがあるという事

海中にもっと深く早くと急いで泳ぎながら、自分と彼女の間に触れる固いもの見た


手に、蒼い地上の宝石を握り締めて、その手を胸に抱きしめて・・・

その胸には、ピンク色の地上の宝石


桜貝の色をしたピンクに輝く宝石の首飾り・・・

彼女は今までに一度も、まだ王族として公務に出た事が無いが為に
地上の宝を身に着ける事は許されていない

それを見て微笑んだ・・・



キョーコ・・・
初めての王族としての視察は、楽しかった・・・の・・かな?・・・


王族として君に・・・

人魚に戻る方法を教えてあげるから

まだ、もう少し息を我慢して・・・・



彼女の口を手で塞いだまま急いで深く潜って行った

海上に見えた薄明かりの輝きが届かない程の場所まで来ると、胸に抱いたキョーコの手の中で、何かが動き出した感覚が、自分の肌にも触れた

キョーコの手の中の蒼い地上の宝石は・・・

ぷくっと一つ、小さな泡の気泡を吐いてその姿を変えていた

小さな蒼い魚に戻ったのを見ると・・・

我が国民のこの魚が、姫を海まで連れ戻し、離宮の方へ導いてくれたのだと

感謝を込めて・・・


彼女の手を胸の中から離し、その指をそっと開いてあげた


_____ 何も心配する事は無い. . .私は姫を連れ戻してくれただけでいい

姫の供としての役割、ご苦労であった・・・

さぁ、自分の家に戻りなさい・・・

処罰も何も・・・王宮から褒美を・・・後で授けに伺う


その言葉を頭に思い浮かべると、蒼い魚はすっと手の中から離れて行った


蒼い宝石が魚に戻ったこの時が、人魚に戻る場所でありタイミングだった

それは、光の届かない・・・

波の影響も受けない・・・

深くも浅くも無い・・・

でもいつも、小さなプランクトンが光って舞い落ちる・・・この場所が・・・


人魚の住む海の世界



この境目に着くまで、息を我慢して沈み

この場所に辿り着いたと、お供が知らせるには、まず・・・



自らの命を持って、肺の中の空気を全て吐ききって

その肺の中に海水を大きく吸い込む

自分が海水の酸素に呼吸が出来るかと、自分の命を国王に差し出す様に

試す事・・・

それが、お供としての役目・・・


自分よりも地位の高い者への、敬愛を込めて自らの命を差し出す

国王の命を守る為に、自分の命と引き換えにその時を知らせる




君のお供は、姿を変えて・・・

今、君は人魚に戻る時だよ・・・


すぅーっと大きく海水を自分の呼吸に吸い込んで、口を塞いでいた手を離した


_____  キョーコ、ごめん・・・



彼女の胸に光を浴びて輝いていたピンクの宝石を、その胸から外し

それを握ったまま、両手を絡ませて、彼女の背中に絡めた両手を付けた

自分の方に勢いよく、握った拳でドンと引き寄せて・・・

彼女の胸の中から、全ての空気を押し出した _________ . . .


コポコポ・・・と、彼女の口から
空気の気泡が、海上に帰って行く様に登って行く


そして・・・

もう、何も躊躇う事無く、その唇に唇を重ねて・・・

自分が吸い込んだ胸の中の海水を、彼女の胸の中に、そっと長く吹き込んだ



彼女は目を開ける事無く・・・

体全体の力を抜いたままだった



けれど、抱き寄せている腕の中に確かに感じる、その姿が大きく成っている事


唇を離して顔を見ると、キョーコに戻っていた

でも、自分で息をしていなかった・・・



もう一度、大きく海水を胸の中に吸い込みながら、微笑んだままの顔を見ていた

その頬を撫で・・・




どうか・・・戻ってと・・・




海の神に、もう一度だけでいい・・・幸運をどうか・・・・

心の中に強くその願いを込めて・・・



胸の中いっぱいに吸い込んだ海水を、自分の息が途切れてもいいとさえ思うほどに

我が力の限りを尽くすと、心に強い想いが溢れて・・・



もう一度 唇を重ねた . . . ____________




海の中では、涙を流しても

その涙は海の蒼い水に溶けてしまい

人魚の涙を見る事は

この世で誰にも出来ない事



もしも、その涙を見る事が出来るとすれば・・・



それは、命を掛けた人魚の・・・心からの叫び

きらきらと輝く光となって

手では掴む事の出来ないもので

その泡の様な光の粒は目に見えるもの



その光の粒が、海中に広がる彼女の髪に散らばって

綺麗な髪飾りの様だった



君の髪に、いつか・・・


光を・・・海の宝も、地上の宝も、その髪に輝かせる様に

自分の后として、自国の王女として

共に時を過ごしていたいと、心から思っている


もしも、君と一緒に過ごせるのなら

このまま・・・

二人で自国を通り過ぎ、プランクトンの光も届かない暗い闇に

海底の割れた、もっと深くまで・・・




二人でなら・・・


命を掛けた人魚の最後

涙の泡となって消えても

・・・幸せだよ _________



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 08.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray