• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Another side of A New Day  * from far away beyond beautiful . . .Deep Sea I

Category : A New Day
Another side of A New Day from far away beyond beautiful... SEVEN SEAs

mimi's world * the RUMOR of Mermaid's A New Day in the DEEP SEA

   

_______ from the CAVE & A New Day _________  






白い光のプランクトンの舞い散る向こうに、何か輝いていた

蒼い光・・・


するっと消えたその光・・・


赤いさんご礁の向こう側・・・

大きな海草が揺らめいて・・・


周りをきょろきょろ見回して、誰も居ないことを確かめた

すっと・・・音も水流も立てる事無く、尾びれを一振りだけで近づいた
その大きく岩の上の方まで伸びている海草の群れを掻き別けて、蒼い光が消えた場所を確かめ様と、揺らめいて一瞬だけ見えた場所に手を伸ばした

今まで見た事も無いその後ろ・・・

自分が子供の稚魚だった頃から住んでいたこの離宮

庭で蓮と遊んだ記憶は沢山あったけれど、その頃にはまだ背丈も小さい海草だったはず
その時にこの・・・

今、見つけたものを見た記憶は、無かった・・・


たくさん生い茂り真っ暗なその場所の先を覗くと、向こうに蒼い光が消えた


大きな岩石だと思っていたそれは、口を開けた様に向こう側が見える・・・

・・・洞窟・・・

この洞窟を抜けると、向こうに消えた蒼い魚や、まだその辺をただよっているクラゲ達
自分の国民の住む・・・

自分の統治する自国の世界が広がっている

いや・・・

それだけではない


『 蓮さまには・・・内緒ですよ・・・』

そう教えてくれた、自分の乳母人魚

彼女が言っていた・・・
広い海の自分の国の先に、他の王子が統治する国に繋がっているのか・・・?


『 その世界にはですね、キョーコさま・・・
  地上というものがあり、森という緑のさんご礁のような世界に
  ・・その国にも、王子様がですね・・・・・』

・・・雪と云うものが舞い落ちて

光が溢れて、光が失せて・・・その繰り返しが日々と数え、

その国に住まわれる王子様・・・


乳母の教えてくれた事が頭の中をぐるぐると廻っていた


真っ直ぐにそのまま、その先を見詰めて・・・

向こうに果てしなく広がっているのであろう・・と・・・
今までにこの離宮を出た事の無い私は、感慨深い想いを廻らせていた
 

岩に手を着いて、引き込まれる様にその口をあけた様に広がっている洞窟に入って行った

・・・けど・・・

尻尾を誰かに抱かれるような感覚、引きとめられている様なその感触に、はっと気付いた

吸い込まれる様に自分から入って行ったけれど・・・
見つかっては、自分はどうなるのか、全く経験が無いので分からない

誰かに見つかった・・・そう思い、振り返ると

抱きとめられた様な感覚は、大きく上に伸びた海草が絡まっていただけと安心する

ほっとして、腰に絡まった海草を解き、もう一度辺りを見回した



向こうに広がる世界に想いを廻らせる期待と・・・

この離宮を一人で離れる心細さと不安・・・


産まれて初めて見た光の方へ、吸い込まれるように泳ぎ出した. . .___________





お庭の洞窟を抜けた其処は・・・

見たこと無いのはもちろん、想像を超えた余りの広さに・・・

   
. . . . 胸が躍っていた ___________





_____ 蒼い魚が泳いで行った・・・


私は待ってと追いかけ様と、背の高い海草の中から顔を出してしまった


その魔法使い・・・


「 ん? 貴方は・・・」

思わず目が合ってしまい、もう隠れるわけにはいかなくなってた

すっと泳いで近づくと、その魔法使いは、魔女人魚だった

蒼い魚は私の周りに戻ってきて、私の周りをぐるぐると小さな気泡を吐きながら泳いでいる
その小さな気泡の粒が、私の身体にそっと触れる
くすぐったくて、くすぐったくて・・・思わずこぼれる笑みに・・・

その魔女は、にこっと笑んで声を掛けてきた


「 貴方・・・お名前は・・・? 」


「 私は・・・」

そう言いかけて躊躇った

もしLME国のキョーコだと言ってしまったら、抜け出てきた事も知られてしまうし、もしも何かがあったら、全て・・・王子である蓮に迷惑が掛かってしまう

そればかりか、あまり逢う事の無い国王ローリィにまで伝わるであろう


モジモジしていると、その魔女がまた声を掛けてきた


「 そうね、ごめんね・・・驚かせたかしら?
それじゃぁ・・・私の方から、名前を言うわね。 」


_____ 私はね、Jerry Woods・ジェリーウッズ・・・

この世界を区切る境に、いつも居るわ。

貴方が名前を言わなくても大丈夫・・・

全てお見通しなのよね、実は。うふふっ

そこに居る・・・Jelly Fish・ジェリーフィッシュ・・・クラゲ

私の家臣よ・・・

そして、私の名前の中に入っている・・・WOODs 

貴方が、この・・・“ 森 ”と言う意味を知っていればね、

大丈夫よ・・・

さぁ、森が何かを知っているのかしら?

それだけ・・・

森と言う暗号を、貴方が答える事が出来たなら、貴方にも・・・

魔法を掛けてあげるから・・・________



それは、ニコニコと笑って見られているだけなのだけれど
はっきり、頭の中に言葉として浮かび、聞こえた様に感じていた


「 あのっ・・・森は・・・」

一言そう切り出した瞬間に、魔女のジェリーは口を開いた


「 あはっ、やっぱ伝わったテレパシー? それじゃぁ、貴方はやっぱり・・・
貴方の国で、あふるる愛をたくさん与えられ、地位のある様方に育てられた子ね。
それじゃぁ・・・答えてくれるかな? 」


そう言ったきり、魔女はまた黙って微笑むだけだった
でも・・・何かが頭の中に言葉として、入ってくる・・・


_____  もし、ソレが答えられなかったら・・・

貴方は、国から許しを得て居ない者としての、対応になるわ_____


微笑んでいるけれど、きっと睨まれている様にも感じ、それに言わなかったら何らかの処罰によって、蓮に伝わってしまう

乳母に聞かされていた、忘れられないあの話・・・

『 赤い珊瑚の変わりに、緑の樹と言うものが生え、緑の海草の代わりに赤い花が揺れている。
背の高い・・・揺らめき群れを成す海草の様で、緑色の珊瑚礁が広がる様だと・・・』


_____ ・・・それが、森・・・


風という空気の流れも・・・

海の中では波が揺らす流れの風景と同じ様に・・・

さわさわと音を立て、赤い花もその中に揺れている. . . ______ 



「 そうよ・・・それでは、貴方に魔法を授けましょう。 」

何も話していないのに、考えが読まれてしまう
今は、余計な事を考えていたら、直ぐに私が一人で抜け出てきた事を察知されてしまう

だから、何も考えずに、ただ・・・コクリと頷いた


「 あぁ、そうそう、その前に・・・
まずは、貴方にお付は居ないのかしら?」


( ん!? お付・・・)

しまった、どうしよう。と思うことすら憚れていたので、無心になって微笑んだ


「 その・・・貴方の周りを泳いでいる、蒼い魚でいいのかしら?」


そう言われて気が付くと、蒼い小さな魚は、私の周りから離れずにくるくると回りを泳いでいた



「 それじゃ、青い魚と一緒に・・・


・・・ お行きなさいな _______ 」



突然光の中に吸い込まれる様に、眩しくなって・・・

私は、生まれて初めて、光というものの存在を知ることになった
この回りの水流を動かす事無く、それでも渦のように体の周りにまとわりついている

海の水は穏やかなまま・・・

光と云うものは、全てのものに触る事無く、それでも そのものの中を通り抜ける
それは、痛みも何も感じない、突き刺さるような眩しさに目が眩んでも、目に傷を負うでもない

それは、それは、不思議な・・・目に見えるのに、触れないもの・・・

その光の中で・・・

声が聞こえた様に感じた


ふわふわと体全体が浮かぶような感覚に、一気に沈み落ちる感覚に

この二つの感覚が齎した変化・・・

それは・・・


魚として浮かび泳ぐ事から、人として重みに沈む事の、変化だった・・・



_______ さぁ、いってらっしゃい・・・

初めての視察へ・・・キョーコ姫・・・

でもね、貴方の地上でのお名前は、“ ちゃん ”と必ず付けるのですよ

これは、光の世界の掟です・・・これをしっかり守る様に

誰かに名前を聞かれたら、“ ちゃん ”と、つけなさいね・・・


それから・・・


あなたのお付は、小さな蒼い石として・・・

地上での呼吸の必要のないものとして、姿を変えました

何かがあったら、必ず・・・その蒼い石に相談なさい

きっと、貴方を、海の中の家臣と同じ様に守ってくれますよ

さぁ、LME国のお姫様・・・

蓮王子の国のお姫様・・・

貴方の国の国民の証である、蒼い魚と共に・・・


・・・私が、入り江まで貴方をお連れします


その先は、その入り江から河という流れに逆らってお行きなさい

初めて歩くと云う行為をするのですから・・・その重みに・・・気をつけなさい

そして、その河とは・・・

この大海原の回遊魚、鮭たちも同じです

まずは、鮭たちと同じ様に、河を登ってから・・・始めて _________



光の中に遠のき消える魔女の声に・・・



遠のく意識の中で考えていた・・・

入り江ってなんだろう?・・・そう思っていたMs Woods 森の魔女の言葉


逆登る・・・鮭のように?・・・

鮭たちどこの国にも所属しない、放浪モノは、その・・・

・・・河と云う場所から来るのか・・・と、思っていた


河を登れと・・・

その意味が解からないままに、足元にいつもと違う感覚を感じていた







Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 08.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray