• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.222

Category : Story-I of LDs
ふぅ―― ・・・


マッチの炎をふっと消して、立ち上る煙の燻された匂いが直ぐに消える様に、柔らかな灯りとその香りに包まれて、鼻から香りを吸い込むように大きく息をすると・・・

窓ガラスに映った自分が微笑んでいて、自分の笑みに・・・


“ それ・・・本当の笑顔・・・”

そう言われた事を思い出して、そのまま目を閉じた。



色とりどりのキャンドルを窓辺に燈し、瞼に透ける光の色は・・・

Multihued の輝きで、その香りは ほんのりと垂らしたアロマオイルの緑の香り

彼女との森の思い出に、心がどこかに連れ去られてしまいそうだった。



手を伸ばして大きくブラインドを開け、見える窓の外の風景


その窓から見える景色は、夜中を過ぎて・・・
ライトアップされたレインボーブリッジが消えていた。


虹色のバスタオルに包まれて、二人の愛を確かめ合った時・・・

自分の中で心が囚われて変る変化を、思い出していた。



愛しくて・・・

心が締め付けられるように、苦しくなるほどに



海中で行ったCM撮影を思い出す。

“ 愛ってな・・・息が出来なくなるほど、苦しいものなんだよ・・・”


_____ それを我慢して、撮影に臨め。


そう言われて・・・ 解からないまま微笑んだ自分。

息を大きく吸い込んで、自分の身体を自然に倒れる様に任せて、背中から・・・

ふわふわと落ち行き、ゆっくりと沈み行く感覚の中に、太陽に一日中照らされた温む海面付近の温度を感じて、どんどん深く落ち行く度に

冷たくなってきて・・・

息が苦しくなってきて・・・

心の中に浮かんだ彼女

愛に心が囚われるという感覚は、死んでも構わないとすら思えた程に
深く恋に落ちるとは・・・

深く愛を重ねゆく都度に、冷たく過酷に、苦しく辛く、それでもその苦しみが心地よい感じるのは
自分の心も頭も体も、自分の全てがそれを求めているから・・・

苦いコーヒーや、煙いタバコ、そして匂いのきついドラッグも

何かに耐えるというよりも、その後の快感や癒しを求めてしまう欲求の方が上回り
いつかその味や煙や匂いが、美味しいと頭が感じ出す様で・・・



愛も・・・


一度経験したら止められなくなる程・・・


もっと もっとと、求めてしまう



シャワーを浴びて頭を拭いていたバスタオルを肩に掛けて、窓辺の淵に座ってゆらゆら揺れるキャンドルの炎に手を翳した。

その色のガラスの中のキャンドルは、光をその色に染めて溢れる様に窓に映している。

窓に背中をつけると、最上階の高い場所の風が窓ガラスを冷やし、火照った体をひんやりとしてくれる。
その感覚は、海に消える自分・・・敦賀蓮は、彼女を心に抱いたまま消えるのならば、本望だと思えた事に似ていた。

キャンドルに手を翳したまま、背中の冷たさを感じていた。


思い出していたのは・・・ 夢の中で寄り掛かろうとした父の背中が温かかったのか
自分の背中に感じたかった、温もりを求めるその夢は・・・

この手に・・・ 温もりを教えてくれた彼女に、今は心が求めている。


憧れの存在と成った自分の父であって・・・

愛が欲しいと独りぼっちでいた子供の頃。



キャンドルに温められたアロマオイルの緑の香りは、部屋中に広がってきて

その緑の香りに、庭の芝生に思い出す・・・

スプリンクラーの霧の中に、満月の光が溢れてその光の色を見せてくれた光景
濡れるのも構わないで、風邪を引く事も構わないで、

その中に飛び込んだら

無色透明な水が、色付いて輝く世界に・・・

・・・心を奪われた



あの光の中で思い出していたのは・・・

今、この腕の中に感じる温もりの・・・キョーコちゃん・・・


彼女を想って、満月に両手を伸ばし

芝生に寝転がって微笑んだまま流れた涙を隠してくれた、七色の光の霧の中で

自分の手に光った. . . Juel’s Deed ・・・ 


手を伸ばせば届きそうな程に見えて、両手を伸ばした時、その伸ばした手に輝いた光が見えた。
自分の伸ばした指に光っていたのは、愛を惜しみなくくれた人からのReve D’Amour
蒼白く瞬いた光を乗せた手の伸ばしている先・・・

その先に見えたのは・・・・

 ・・・満月で・・・

自分の今見た夢の中には、光と影を対象に併せ持った二色の半月だった・・・


子供の時、その日に見た夢の中に現れた階段を・・・

登らずに降りていったら、クーが居てピアノを弾いていた。
背中に寄り掛かろうとして、聞こえた音色がSonata Pathetique. . . 悲愴曲で

今見た夢は、同じ情景の中に佇むもう一人の自分・・・

小さな自分の頃のままなのに、今の自分、蓮がそこに居て
自分がしたまま手を伸ばした先に見えた・・・半月・・・

悲愴曲が似合っている・・・自分の人生に・・・

半月の明かりの中に浮かぶ、蓮の姿


でも・・・自分の弾いた Love Dreamsが掛かっていた



“ この時・・・何を考えていたの・・・?
  心臓の音がゆっくり、ゆっくりで・・・

・・・幸せですって、言っている・・・ ありがとう_____ ”



愛って・・・

冷たく過酷に、苦しく辛くて・・・

それに深く落ち行く事に

自分の心も頭も体も、自分の全てがそれを求めて

ドキドキと速まる心音が教えてくれる、その感情を・・・

なのに、想えば想うほど

苦しみの中に幸せを感じていて・・・

幸せを感じると、ゆっくりとこの時が過ぎて欲しいと願う自分に起こる

ゆっくり・・・
ゆっくり・・・と・・・

心拍数が減ってきて、長く生きたいと体が変化する


人を愛すると云う事は・・・___________




_____ コン、コン・・・


窓の外を見て考えていたままだった自分に、気付かせようと・・・


開け放したままのドアをノックする音に振り返ろうとした時

背中に感じた温もり・・・



背中から抱きついて、その頬を心の後ろに付けて・・・

抱きしめられる腕と、前に回されたその両手を握った。



蓮・・・
何を考えていた・・・?


ううん・・
なんでもないよ



窓の外に広がるネオンの街の灯りが、星空の様に広がっていて、この風景を二人で見ていた時の事

ホテルの部屋から見た景色と同じ方角の・・・この部屋が見えない寝室で
・・・君と初めて感じた愛を思い出す。

自分が贈ったプリンセスローザが・・・
自分の着ていたジャケットに掛けられていて・・・

自分の中で入れ替わり続けた、二人としての感情の時の事。



さぁ、
もう寝ようか・・・



抱きつかれている腕を手を離す事無く緩めて、踊った時のように振り向かせた。
窓辺に並べたキャンドルを見詰たまま、聞いていた。



ねぇ・・・
何色が好き・・・?



ん~・・・そうね・・・
一番好きなのは・・・



当ててもいい・・・?
今は言わないで


胸の中に抱き寄せて、君の頭に頬を寄せて・・・君の瞼を手でそっと閉じた。


多分ね・・・
これじゃない


そう言って一つのキャンドルを取り上げて、ふぅって息を掛けて・・・と言うと
ふっとそのキャンドルを消してくれた。

胸に抱き寄せたのは、心の声が聞こえていて欲しいと思っていた。


・・・My wishes are in my Radiance “ 自分の願いは、自分の未来に・・・”


久遠が君に贈った言葉のままに・・・


_____ You would be with me  ・・・どうか、離れないでいて

どんな事が自分の起こっても、もしも敦賀蓮が君の前から消えることがあっても、
自分が久遠だと君がいつか判るときが来たとしても・・・
自分の望む未来の中に、君が側に居てくれると、願っています。



次はね・・・
・・これ・・・


ふっと消されるキャンドルは、緑の香りを残して二人の前で煙となって立ち昇る。



_____ You could be loved me long time  ・・・どうか、その愛を永らえてくれると

自分が感じているお互いの間にある、この愛を・・・
ずっと続けて貰える様に、自分の中に感じる想いは限りなくて
限り無く永遠に続くと感じるほどに、君に出逢えた喜びが心の中に続いて欲しいと、願っています。



_____ I wanna feel love with you forever  ・・・永遠に愛し合うという事を感じたくて

恋を経験する思春期に、愛を拒み続けて学べなかった二人の心が・・・
やっと解かり始めたこの感情・・・人を愛するという事に幸せを見つけ出した自分
同じ様に拒んで生きてきた君にも、同じ様に感じてくれると、願っています。


_____ Yours and mine heartfelts were same  ・・・心に感じるものが同じであって欲しい

自分の心に浮かぶ全ての事を君に伝えても、自分のこの感情を受け入れてくれると・・・
変らぬままこれからもずっとそうであって欲しいと、願っています。


_____ My heartfelt goes filled with love from you  ・・・君がくれる愛で埋めつくされたい

自分の心の全てを受け取ってくれているのならば、どうかこれからの未来に・・・
こんな自分を愛してくれると感じる度に、もっと君を愛し続けるから
自分を愛して欲しいと、願っています。


_____ And I can be feel to blowing much loves up in my heart and in your heart by my loves…

・・・自分の愛が、君の心の中で、自分の心の中で、膨れ上がり広がると感じたい



__________  人を愛すると云う事は・・・

果てしの無い輪廻の中に、共に苦しみの中に見つける幸せであって欲しいと

心から望む願いを込めて . . . ___________




そうして消した6つの炎

目を閉じさせたまま両腕の中に抱きしめて、自分の心の中で思う・・・


____ I love you so very much

    I never defaulted to love to you...always be yours As I love you...




Golden Sunflower 色に輝く月

太陽の色のまま照らされた、その月の明かりと・・・

窓辺に一つだけ残したキャンドルの灯り

その炎が揺らめいて、ブラインドを開け放した窓ガラスに映っている

ひまわりの色の外の明かりと、自分が残したキャンドルの色に・・・

君が久遠と一緒に見た、ホテルからの同じ地上の星空の風景を、おぼろげに霞ませている。



心の声が届いていてくれていると思うだけで、胸の中が震え出すほどに愛していると伝えたくて・・・


たわいも無い話をしながら、自然に歩き出して・・・ベッドの上で二人


指を絡ませて手を握って・・・

おでこを付け合って・・・

したい時にキスをして・・・

腕を伸ばして抱きしめて・・・

笑いながら転がって・・・

上から見詰めたら微笑まれて・・・



背中に回された手が、今日は温かいと感じて・・・



蓮、風邪引くよ。


そう言って、ベッドの上に置いてあったパジャマに腕を伸ばして取ってくれる。
君の上に覆いかぶさったままの自分の背中に、ふわっと広げられた、けれど・・・


ん~、でも・・・
風邪を引いたら、また
看病するのに?
ずっと側に居てくれるよね・・・


そうね・・・

でも・・・だ~め。


体の管理が出来ない人は、仕事のへの熱意が無いとみなし、役者失格。この業界で生きる価値無し。
ってさ・・・感じに、デビューの時に黒崎監督に脅された・・・のよね。
だから、蓮も体の管理はきちんとね~。とは、はいその通りです。とは思います・・・。


あの時・・・

晴れた空に降らせた人工の雨・・・


何度もなんどもNGを重ねられて、何度もなんども晴れた空の雨の中に居た自分には、熱で目がぼんやりとしていたせいか、ずっと・・・ずっと・・・

・・・七色の光の世界の中に居た。

その中で、思い出していた・・・

君と出逢ったあの夏の日も・・・
その夏の日の後、自分の中に忘れられない出会いが満月の光の中に見えた夜も・・・

霧が造った虹の中に佇んで、もしも風邪を引いたら
クーもジュリも、自分を心配して家に居てくれるんじゃないかって、思っていた。


そうとしか望めない自分の願いを・・・

手を伸ばした月の回りに見えない星に、唱えていたっけ・・・


あの月の中に見えていた幼い頃の思い出を、その周りの星達が叶えてくれたのだろう

君は本当に風邪を引いた自分の傍に、ずっと一緒に居てくれた

誰かの愛が欲しいと独りぼっちだと感じていたあの願いは、こうして時を経て叶えられてゆく _______________


虹色のキャンドルを一つだけ窓辺に残したその色が、きっと君が一番好きなものであって欲しい。
自分の頭に浮かんだ、君からの言葉の無い想い

自分が受けとめられたどうかは・・・君だけが知る、答え・・・



蓮として初めて君を抱いた夜も、そして二度目の今にも・・・


でもそれはクオンとして


久遠との二度目だった初めての愛も・・・

蓮との二度目だったこの今、心に深く感じているこの愛が・・・

自分の一つの心の中で、もう自分は君から離れられないと


自分が君に言った言葉を思い出していた。


“ 二度目は、無いよ。 ”

その言葉そのままに・・・自分の心に言い聞かせていた。

初めて愛を感じた久遠でいた時に、蓮として二度目のさっき感じた深い愛・・・

この二つ・・・

同じ二度目の時に、愛を感じていた自分の心

もう、愛を感じる事にも、二度目の時を過ごして・・・

クオンとして、自分は、君を愛する事を止められなくなってしまったのだと思っていた。


君の上で起き上がって、背中に掛けられたパジャマに袖を通したら・・・ん~でも、どうせ脱いじゃうかもな・・・と思いつつ居ると、両手を伸ばしてボタンを留めてくれる。



うふっ、どうせ・・・
脱いじゃうかもね。


そう言いながらボタンを留めてくれる。
あのね、撮影でね~・・・そう話し始めたけれど、あっ、ダメダメ言っちゃダメだ。と気に成る終わり方・・・ん~、不破のPV撮影だろう。と思えるのは、その他の撮影といったら、自分も出ているドラマだけ。・・・ま、それは、仕方ない事


そうだね・・・
プロたる者、如何なる人にも
言ったらダメだね。


楽しい時間にアイツを思い出して、ちょっとムッといや・・・かなりムッとしていたら
ボタンを半分まで留めたまま、ぐいっと引き寄せられて唇を重ねられる。

目を閉じてキスを受けていると、胸の素肌に感じる温かい手の温もりに気付く・・・

ボタン、3つ

この一つを開けるのは、君だけの権利。
この3つ目のボタンの位置に・・・君は拘っているのかと思わせる。


心の位置のそのボタンは・・・

心を開いて、心を見せる

きっとそんな意味が、君の中にあるのだと。
自分の心を開くのは、自分だけの権利であって欲しいと思ってくれる事。

君にあげたオルゴール

君の心を開きたくて、自分の事をたくさん考えて欲しくてつけたたくさんの鍵。
心を開いてくれた事は、その事に感じていた。


真実の愛とは・・・息が出来なくなるほど苦しいと

この胸の中の・・・

一人の自分だけが感じている



今の吹き消した6つのキャンドルに・・・これからの6年分の願いを込めて
誕生日のMake a Wish あと6年分

先に願いを唱えさせてもらったと、自分の追いかけたい未来を想像していた。



おやすみ・・・
どうか、いい夢を・・・



キスを重ねているうちに、いつの間にか二人とも・・・瞑った目を開ける事無く、引き込まれる様だった。


一つだけ残したキャンドルは自分が手を翳していたキャンドル・・・

閉じた瞼にうつる、そのキャンドルの明かりが見えなくなって来て・・・

音も無く一筋の煙となって消えた事を、香りが教えてくれた。



そのまま眠りに引き込まれながら・・・

何も音が無いはずなのに、

ショパンのPreludes n.15 Opus 28 . . . そのオルゴールの音色が遠くに聞こえてくる



I love you so very much ・・・君を愛して止まないと


I never defaulted to love to you… ・・・君を愛する事を怠らないと


always be yours Chuehonn  ・・・いつも君だけの久遠で


As I love you   ・・・心から愛していると、一人の自分からも伝えたくて



・・・蓮の姿で、久遠からの願いを、君が叶えてくれると願う

君が掛けてくれた魔法・・・


Bless of Love  愛の恵みを
Breath of Love 恋の吐息の魔法で、どうか・・・


どうか、その魔法でさっき Purehuedの部屋で見た様に、君の夢が見れます・・・

・・・ように・・・・


お互い夢うつつのまま、ちゅっと もう一度、唇を重ね合った. . .



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 28.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray