• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams - 22

Category : Story-I of LDs
(・・・から、相談・・・ね。 相談って誰に言ってたのかしら?)

そんな事を考えながらドアを開けると、変にぎこちないドラマ様の笑顔を作ったキョーコが立っていた。


キョーコ!

きゃ~ぁ。モー子さぁん、元気元気元気だったぁぁ?


それは、いつもの笑顔になっていた。
飛びついてきたあの子の腕の中からは、男物のフレグランスの香りがした。

(敦賀さんのだ。)

とっさに、さっきの声と、香りでそう思う。

(へー、この子ってば、何時の間に、敦賀さんと匂いが移るまで抱き合うようになっていたのかしら? ん?今日は、お気に入りのグロスを付けてない。薄化粧はしてるものの、唇のケアと称し、いつもつけるリップクリームさえも付けてない。って、ことは、剥ぎ取られたのか?それとも、キスを承知で付けなかったのか?なんにせよ、そういう仲になっているのかしら?)


ん?なにそれ?
アンタ、いつもとダイブ雰囲気違うけど、役作り?

見慣れないほど大人びて、スカーフや、イヤリング、それに石鹸の匂いのしてたこの子からは、
Elizabeth ArdenのSunflowersの香りがする。

なんか、若奥様。って感じよ。


その言葉に、赤くなるも、暗い顔になった。

(なになに?なんなのよー!?)



う、う、うぇ~ん。。。もーぉ、こさぁーーん・・・


突然堰を切ったように泣き始めた。
ここでギョッとしても、オロオロしても、始まらない。やさしく言った。


どうした?話せる?

(そうよ、相談して!親友の私に!敦賀さんじゃなく!)

フルフルと首を横に振っている。


んじゃぁ、話せるようになったら・・・

聞いてあげるから!

と、背中をバン!と叩いた。

(えっ?)

背中を叩かれて、前につんのめったキョーコのスカーフがフワっと浮かび、キスマークが見えた。

(もうそこまで、そんな仲なのね・・・)

じゃ私、部室に居るから、来るんでしょ?
じゃ、後でね。

私も役者だ。親友の恋愛事情なんかで驚いた顔もせずに、普通に振舞ってみせた。

廊下に出て、エレベーターをチラッと横目で見ると、最上階の社長室で止まっている。

(うん、社長によく呼ばれる人物は、敦賀さん意外あまりいないわよね。キスマークねぇ。
相談ねぇ・・・。あの子妊娠でもしたのかしら、まさか・・・ね。)

ブツブツ言いながら、天宮さんのいる部室に戻った。



(“一番信頼できる人に、相談”? モー子さん?かな? でも、“言っておくから。”?
それは、久遠が言える人って、社長さん? ん~、遊ばれそうだ・・・)

ダメダメ、まだ確信があるわけじゃなく、言っては周りを振り回してしまう。首を横にフルフルして、思いついた。鞄の中のコーン。


本物は、行っちゃったけどね。ふふふ。
すぐ、来てくれます様に。

両手でコーンを握り、祈った。

窓際に行って光にかざすと、スゥーっと色が変わった。


“今の、魔法だよ”

 私の中に響いたその言葉は、今までは、いつも幼い頃のコーンの声だったはずなのに、昨日、真っ白に変わった泡の色と共に言った、久遠の声に変わっていた。


ん。よし。

さ、がんばろ!


そう鏡の中の自分に言って、久遠の様にウインクしてみた。

(へー、日本人ってこれほどウインクの似合わない人種なのね。ドラマなんかで使えるかと思ったけど、引いちゃうわね。見てるほうが・・・)

一気にリアルに戻された。




キンコーン――――

エレベーターが止まるまで考え続けていた。

何も言わず、貼り付けたような笑顔のキョーコが、心配だった。
彼女なら、一人で解決しようとするに違いない。そう思っていた。

“一番信頼できる人に・・・”

その言った言葉の意味を、分かってくれただろうか?
そして、蓮は、あの子の一番信頼できる人に、もうなっていただろうか?
女の子だったら、女の子にしか分からない問題がいっぱいある。それに、好意を寄せていても、違う男の子供の事なんて、相談できるわけないだろう。

ふぅ・・・

新たに、決心が付いた。

あの子の好きな先輩、敦賀蓮は、あの子に一番信頼される人になろう。


“いつでも、飛んでいくから。”

あれは、嘘じゃない。そのつもりでいる。
でも、スケジュール上どうしても久遠になれない時は、君のそばに蓮を選んで欲しい。

俺の我侭かもしれない。でも、君の為なら、寝る時間なんていらない。仕事だって早く切り上げるし、キャンセルして次に回して詰まったスケジュールをさらに詰まらせたとしても、、、
君の傍に居たいんだ・・・どうしても。


敦賀蓮としても、久遠の様にもっとあの子に打ち解けてもらえるように、努力を惜しまないから。だから・・・

キョーコ、また明日。敦賀さんで会おうね。



キンコーン――――

首元を直して、最上階に降りた。

エレベーターが開くと、セバスチャンが待っていた。

ヒズリ様、社長がお待ちかねです。



コンコン。

お~、苦しゅう無いぞ。入れ~。

(ん?苦しゅう無いぞ?)

ドアがセバスチャンによって開けられた。珍しく、社長は着物だった。はじめは殿かな?と、思っていたものの、社長は、鎧 兜 甲冑をつけて、戦を操作する、武将だった。

(この人は、暑くないのか?この季節に・・・。ってか、苦しゅう無いぞ。と言っておきながら、苦しいだろう?その重み・・・。)


よ~う。久遠。
アメリカ人は、こういうの好きだろ?


(ま、そうですけどね。)

それより、テンが待っているからな。一緒にスタジオに行ってこい。


ニヤッと口元をあげる、お決まりの笑い。


お~、そういえばさ、お前って役作りか?アレ?

(?)
何の事を言っているんですか?


ふっ、テレビみたぞ、昨日の舞台挨拶。今日も朝から問い合わせが来てる。久遠ヒズリに関してな。昨日、初めて姿を現したもんな。クー・ヒズリの息子、日本デビュー。

まぁ、誰も今の所、蓮と結び付けて、似てるとかの問い合わせは無い。
安心しろ。
蓮のような大人っぽさに比べて、久遠のお前。
年相応の正反対なんだな。それで、行くのか?これから。 あの人懐っこさは、LMEに今まで無いキャラだからな。俺はそれでもいいぞ。久遠の売り出し方に関してはな。

そうだな、正反対のお前の蓮と久遠を、将来どういう風にして、一人の人間だと悟らせるのか?

目を光らせて、また口元をあげて睨んできた。


自分で決めろ。


以上。

行ってよいぞよ。


あの、社長。一つお願いがあります。

ん?なんだ?


あの・・・最上さんの携帯もiPhoneにしていただけますか?

おぅ、じゃぁ、直ぐ椹に手配させるからな。


ほっと、したのも束の間、フッと笑い、頬杖を付きながら社長が言った。



んで、最上君は、白と黒と、
どっちが好きと、言ったんだ?
あぁん?


ビクッと衝撃が走った。



お前が決めるのか?
最上君に、どっちを選んで欲しいと?



いえ・・・、


(俺は彼女に、、、“ 自分の道は、自分が選んで、自分で創ってください。” 
そう言ったんだ。自分で選んで欲しいと。それは、子供の事だけじゃなく、久遠か、蓮か、どちらをか。その意味も含めたんだあの時俺は。でも、今すぐじゃ・・・)


そうだよな。
彼女が選ぶとしたら、今すぐだったら・・・


不公平だと思うんだろ?



ま、ちょっと考えさせてみるかな。最上君に・・・。


久遠の顔色を見て、フッっと一息もらして言った。

でも、
女の子は、白がいいんじゃないか?

だろ?

白に、淡いピンクの物を付けたり、したいんだろな。


それとも、

もう少し大人になった女性だったら、黒に、輝いて光る物を付けるとか?


ま、最上君に選ぶように言っておく。

それで、いいな。


ってかさ、お前、久遠だと素直になれるんだな。昔、素直になれなくて、日本に来た事覚えてるか?
蓮のお前より、ずっと、生き生きしている。
何か、大事なものが、見つかったんだろ? ん?
それは、最上君だけじゃなくな。そうなんだろ?


久遠は俯いていた顔をあげ、視線を合わせ微笑むと、一礼して何も言わず下がっていった。



(ん~、まぁ、あんなトコにキスマーク隠してもムダだぞ。お見通しだ。若僧め。~さぁ、どうしよっかな~~ぁ)ウキウキしていた。 
それにしても、蓮だと恋愛音痴のくせに、久遠になると違うんだな。大人のイメージの蓮の方が、恋愛音痴ってのがミソだな。タラシに見られないようになのか?まぁな、プレイボーイ、フェロモン系の俳優は腐るほど居るからな。フェロモン系天然音痴は見たことねェぞ。
フッ。お前クーに似てやる事うまいよな・・・世間への売り込み方。

その時、ポン!!! そして、ひらめいた!
一本の電話を掛ける。


まずは、お前達を別の人間として世間にねじ込まないといけないしな。

ニヤッと笑って、電話の相手と話し出した。






Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 05.2013
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray