• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.229

Category : Story-I of LDs




えっ、次の現場、一緒?


そうだよ、だって俺・・・
屈辱だけど、No.4だし。


(ふ~ん・・・たぶん久遠が出れないから、急にコイツが増えたのか?)

なんだよ・・・全く。神様は悪戯っ子だよな。と、思わざるを得ない組み合わせ。

雑誌の取材が終る間際に、コイツと写真を撮らされて、久遠との表紙は自分が二人だから全然構わないけど、コイツもか~・・・どうもな。と思ってしまう。

仕方ない・・・W 主演だったし。

とは、昨日クランクアップの後の打ち上げでは、何もコイツが言ってなかったので驚く。
確かに、違う事務所だし、言えない事だよな。自分も言ってなかったし・・・とは、秘密厳守の契約をきちんとお互い守ったプロとしての心構えで、当たり前だった。
仕事に関しての真面目っぷりは、今までの撮影やらプライベートでのそこそこの付き合いで分かっている。お互いそうやって、この業界で信頼と地位をエグゼクティブ達にねじ込んで来た事だった。

写真を撮るのは当たり前。だってW主演。

俺が今思った、コイツもか~・・・どうもな・・・とは、これから向かう現場が同じ番組のゲスト。


ブラブラしないスペシャルに・・・どうして、どうして、どうして~~~!

俺と、不破と、貴島と・・・司会が石橋さんで~~~

その後、最後に、キョーコも出るんだろう~~~!!!



・・・って事だった。



一緒に乗っせて~。と言ってきた貴島。

マネジャーの車に敦賀君のマネージャーでさ、マネージャー同士で行けば、いいんじゃない?
あちらは、あちらで話が合うしさ~~~。

(えぇ~・・・・。)

ん~~~、ど~しよう。と迷っていたけど、俺の方に付いて来てしまった。



ピッ。

車のロックを解除して、じゃぁどうぞ・・・仕方なく乗せよう。と思っていた。

貴島が助手席のドアに手を掛けて、ん~、その席は・・・と、言おうと思ったけど、心の狭いヤツ。と、思われたくなかったので、黙って自分は運転席に座った。


あぁ、ごめん。
ひまわりが・・・


昨日クランクアップで貰った、ひまわりの花びらが助手席の足元に落ちていた。

ひまわりの花びらを拾い上げて取ってみたら、その下、マットの隙間にキラッっと光る物。
マットをちょっと持ち上げ、なんだろな?と、拾って確認したら・・・
キョーコの無くした、左薬指のラインストーン。

(あれ?確か、富士山にはレンタカーで行ったけど・・・なんで?)

なんだか謎だった。・・・・・



・・・・・いや、魔法だな。





そのラインストーンを握って、貴島に言った。


ごめん。
この席は、キョーコの席だから。

悪いけど・・・

後ろに座って。



ちょっと待って。と言いながら、シャツの胸ポケットにひまわりの花びらとラインストーンを入れて、後ろのシートに置いてある、今日の雑誌とキョーコの膝枕用クッションを取って助手席に置いた。
後ろどうぞ、空いたよ。と促して後部席に乗せる。

え~っ、タクシーじゃん。それ。と言われるが、社さんとも毎日タクシー風なので、うん。そうだよ。と言って笑った。


走り出して、しばらくドラマの話をしていたら、Dark Moonの話に成ってしまい、美緒の話をしていた。

あの、京子ちゃんは、本当に怖かった・・・なのに、どうして敦賀君って・・・
そんな時に、一緒に住んだら呪われそうとか、思わなかった?

そんな話に成ってしまい、キョーコと今、一緒に住んでいる話に成った。



ふ~ん。
敦賀君って、本当に
キョーコちゃんと一緒に住んでるんだ~。


ん?なんで?


なんでそんな事を言うのか、イマイチ理解不能だった。
赤で停まっていたので、首を傾げて振り返ったら、貴島の顔が目の前にあって驚いた。
驚いた俺を間近に見詰めて、そのまま・・・
きっと共演者の相手役だったら目を瞑ってキスをしそうな顔で見詰められていたので、フッと鼻で息を漏らして顔を背けた。貴島は後ろの席の真ん中に座って、俺とキョーコの席の背もたれに肘を乗せて、ジロジロ回りを見ている。


だってさ~、それとか・・・


貴島が指差したのは、助手席の前ダッシュボードに置かれた、キョーコの今日の忘れ物。
キョーコのリップグロスと紅筆。
確かに、リップブラシで男がグロスは塗らないよな・・・と、思った。

今日は移動が多かったので、キョーコの忘れ物には気付いてはいたが、自分もスタジオに持って行ってあげるのを忘れたままだった。
あっ、忘れた。と思い出して、さっき指で自分のを塗ってあげていた。


それに、それとか・・・と指差したのは、お揃いの黒いドリンクカップが並んでいる真ん中のドリンクホルダー。キョーコと俺が朝、コーヒーを飲みながら現場に行った時の物。

キョーコの方には、グロスの痕が付いていた。


あと、これも。と言って取り出したのは、キョーコの折りたたみ傘。
助手席の背もたれの後ろポケットに入れてあった。

前にまだキョーコと俺が、後輩の最上さん&先輩の敦賀さんの間柄で社さんが助手席に乗って居た頃、キョーコが入れっぱなしで忘れていった傘。

傘を忘れて次にキョーコが車に乗った時は助手席に座り、そしてそのまま助手席に乗る間柄になっていたので、キョーコはすっかり傘の事を忘れていた。

この前使ったけど、それからはずっと、雨が降った時の為に、そこに俺のと二本入れて置くように成っていた。


それにね・・・
ちょ~いい香りがしたよ。
ドアを開けた時。

敦賀君の香りと・・・女の子の香りがした。
この助手席、特に。


そう言って助手席のヘッドレストに腕を回して抱きしめて、ポンポンと頭を撫でる様にしていた。

そぉ?と自分では毎日傍で嗅いでいるせいか、車の中の香りには気付かないでいた。それより、
助手席を後ろから抱きしめている貴島が気に入らない・・・
キョーコの首に腕を回して抱きしめて、頭をナデナデしている様に見える。
その姿がそんな事を想像させてムカッとしたので、シートベルトしてる?と促す。


ドラマの撮影にはさ・・・
俺の車の設定で、甘い香りの彼女
って、あったじゃん?


あぁ、1話?
ん~~、よく覚えてないけど
まぁ気分的にって、ちょっとシュッってされてたね。


うん、それ、それ。
リアル~~~!
敦賀君の車、ちょ~いい香り。
空気が高級な感じ~。


特にソレ。と指差した助手席の、キョーコのオヤスミ用、膝枕用、わき腹痛くならない用のクッション。
クッションをポンポンと叩いてみたけど、別に香るかと言ったら、そうでもない。

キョーコちゃ~ん。と言って、後ろの席にごろっと転がる貴島。
ごめん貴島・・・・そこは社さんの席。親父臭はまだ無いけど。とは、心の中の独り言。

ついでにそこに置いてあった、お昼寝用の俺の枕。キョーコが誕生日にくれた物。
抱きついても俺の香りだろう・・・キョーコは使った事は無い。その形はどうしても女の子用・・・
勘違いもたまには役に立つもんだと思っていた。

多分貴島は知らないのだろう。今日の番組、京子も最後に出る事を。

俺だって社さんが兼用マネージャーをしてくれなかったら、京子のスケジュールは知らなかったし、京子も突然のオファーで入った仕事だから、今日のゲストが俺だって知らなかった。


(キョーコに貴島が会う前に、それじゃぁコイツに、釘をまた差しておくか・・・。)

そう思ったので、後ろに横になっている貴島にやんわり言った。



あぁ、キョーコ
車でよく寝ちゃうんだよね。


まぁな~、分かるわ~
疲れてるんだろな。


そう言ってゴロゴロしている貴島。後ろに枕があったから、後ろで寝ていると思っているらしい。


まぁ、それも有るかも知れないけど、
助手席って・・・
どうしても、眠くなるみたいでさ。


助手席。と、助手席をアピールして、キョーコ用のクッションをいつも通り、わき腹サイドブレーキ刺しにならない様に置く位置において、ココ、右胸、それか、ココ、太もも。と触って、クッションはわき腹が痛くならない様に。と、丁寧親切に教えてあげる。

ちぇっ、なんだ~。と起き上がる貴島が、聞きたい事がある。と言ってきた。


本当に、キョーコちゃんだけ?
前にさ、言ってたじゃん。
アドリブ中に。

体も一人にしか反応しない。ってさ~。
あれって本当?


ん~・・・


言葉を濁そう。と思ったのは、日本に来てからは、キョーコとしか関係を持っていないから。

でもそうだよな。他の女優にそういう気は、今まで全く起きた事は無かった。それに、共演者キラーと呼ばれて落としても、その気があるわけじゃなく、仕事をサクサク終らせてキョーコと電話するなり、ご飯をつくりに来て貰う為だった。

唯一、共演者として反応しちゃったのは、キョーコだけだった。
カインとセツの時。それと、久遠で映画の撮影中。
考えた末、濁さんでもいいな。本当の事だしな。と自分なりの結果をはじき出した。


そうだよ。
それ、本当。
昔から、キョーコだけ。


そうかぁ~よく分からない、その感じ・・・と、腕を組んで考え出した貴島をとりあえず、ほって置く。
ん?と、運転している前を見ていた。前を走る貴島のマネージャーの車の中で、社さんが俺に向かって、社ガードが光っている事を見せている。

(そっか、渡したままだった。)

社さんにティッシュとリップバーム下さい。と言ってリップバームと携帯を交換したままだった。と、思い出した。

(誰だろう?なんだろう?)

そればかりが気に成って、貴島との話にはそれから、ふ~ん。とか、へ~ぇ。で済ませて、右から左だった。



テレビ局に着いて車を降りると、隣に停めた車から社さんも降りてきて、小声で、キョーコちゃん。何度も電話あった。と言ってきた。

どうしたんだろう?緊急?と思って掛け直すけど、キョーコは出ない。
撮影中だな。と思って留守電を聞く事にする。


もしもし、蓮~・・・あのね~・・・

京子さ~ん、お願いしま~す。
はい、今行きま~す・・・
プツ。


用件を入れる暇なく、呼ばれていた。
もう一度コールし直したけど、出ない。留守電にメッセージを残すにしても、何を残せばいいのやら。
用件はキョーコサイドにあるのだから、電話掛けて。と残しても社さんは俺の携帯に出れないし・・・と、衣装を出そうとトランクを開けながら思っていた。


(なるほど、これか。)

キョーコの用件が分かった。それに、魔法の謎も。

トランクに朝入れたまま、キョーコの衣装バッグと靴袋を持って来てしまっていた。
キョーコのバッグと一緒に置かれた靴袋の中身は、キョーコが試写会で穿いていたミュールだと知っている。

今日は、久遠もゲストに呼ばれたけど、諸事情により出れないので・・・・・
Kyoko I’m sooooo sorry…と、思いながら微笑んだ。

電話を持っていた手を見ると、袖にさっきのキョーコのルージュが付いている。
ちょっと考えて、キョーコの衣装だけを取ってトランクを閉め、貴島に声をかけた。
貴島は、マネージャーの車から自分の衣装バッグを取っていた。


貴島。
このまま、出ない?


二人ともさっきの取材のままのリーマン姿。以外に、この姿を見たいかも。とも思っている。
だって、理想の男だろ。と背中をバシッと叩いた。
あ~、それに宣伝できるな~。と続編の番宣もあったんだった。と二人で思い出す。


でも、敦賀君。
なんで、衣装バッグ持っていくの?


あぁ、これ?
キョーコの。


えっ、それも忘れ物? そう・・・と話しながらロビーに向かう。
タレントクロークロビーで、キョーコに留守電を入れようと又、コールした。

“キョーコ、衣装の事だったら心配しないでいいよ。俺の楽屋に置いておくから、社さんに電話して開けて入って。じゃぁね。”

そう残すつもりだったけれど、長いコール音の後に出たのは、キョーコだった。



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 29.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray