• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.220

Category : Story-I of LDs




いい夢を・・・

・・・蓮





微笑んでいる蓮。何を夢見ているのだろうと、思いを馳せる・・・
私は・・・


“ 少し、もう少し待って・・・・・・いいよ、ごめん・・・”

途中で止まって、一度自分を落ち着かせようとしていた蓮。
確かにあのままだと自分はまだ、いけるところまで達していなかった。


心臓がドキバクしていて、自分でも可笑しくなった頭の中で、私は誰?と思ってしまった。

深呼吸が出来た時に、頭の中が弾ける様に元に戻ってきて、それからは・・・うふふっ・・・


(全く、あるのとないのと、ぜ~んぜん違う感触だったなぁ~~~・・・)

子供が出来たらどうしよう。という不安はあれど、もうアレがあったら最後まで、できないかもな。
と自分でも思う。一体誰がこんな体にしてくれたのよ~。と声を大にして言いたいが、当の本人は・・・

眠った横顔。
うふふっ・・・震えるこの胸、愛ですよ~。

自分でもよく分からなくなって、誰を呼んだか覚えていない。

気に成った事を考えていた。蓮が抱きついていて動いたら起こしてしまいそう。
離れられないのでベッドに入ったまま腕を伸ばしてiPadを取り、久遠からのメールを読み直した。



Dear Kyoko

蓮から送ってもらったよ。雲の上の景色は、どうだった?
蓮の言葉は、そのままだよ。
俺にとっての、ひまわりの向く太陽が照らしたその先に、見えるのは
未来の自分。憧れかな。
雲の上よりもっと高い所にある、自分の目指すRadianceに居たのは、妖精の王様。
その人の影が大きすぎて飛べなかった事。覚えてる?
憧れ・・・自分の父、クー・ヒズリ
雲の上のRadiance には、もっと高い所に父が居る。
それよりももっと高い、空に向かって飛び立ちたいな。
そうだね、キョーコが向いている先の、太陽のところまで・・・

キョーコの送ってくれた写真。
ふわふわと飛ぶ真っ白な羽は、自分のRadianceを思い、胸を焦がされた。
タンポポの綿毛のように遠くまで飛び、そこに種を落とし、咲き広がる自分の世界。
その羽に包まれ背中にたくさん乗せた妖精は、誰?と思った。
キョーコの言う愛の色に埋もれる蓮を見て、それは自分の様だと思った。

妖精の王様に近づける様に、ふわふわと遠く天に向かって飛び空高くそびえる山脈には、銀河の星たちのように輝く自然が溢れ、咲き広がる自分の憧れ。その憧れは、いつの間にかもっと上をと望んでいた。
それよりももっと高い宇宙には、山肌の銀河の星たちのように輝き咲く花々と同じ様に、本物の光を瞬かせる星が輝いている。
でもまだ終らない自分のRadianceの世界。その憧れは、光を放ち沢山の星を輝かせる太陽で、
その太陽に・・・


いつか、一緒になろうね・・・



My wishes are in my radiance
You would be with me, you could be loved me long time, wanna feel love with you forever, yours and mine heartfelts were same, my heartfelt goes filled with love from you and I can be feel to blowing much loves up in my heart and in your heart by my loves…

I love you so very much
I never defaulted to love to you…always be yours Chuehonn
As I love you



・・・
どうして・・・・・?

二人は同じ事を言う事が多かった。どうしてこうも似ているのかと、自分の心の中を見られているのかとも思わされ、もし同じ人ならばどうして私を、悩ませるのか・・・?

白いライオン と、黒いライオン は・・・・



同じライオン・・・?



はっ!


シマッタ!


・・・寝てしまって聞きそびれた。

それよりなにより・・・蓮との夜は2度目だった。そんな事を聞いてる余裕も、思い出すような状況下でもなく・・・

彼が心から愛してくれたと感じて、自分の心も体も満たされた。


その頬を撫でながら思いだす・・・

何度も、いきそうになっているのが分かったけれど、その度に違う人の様に思えてしまった。

自分で指を差して手を伸ばそうとしたのは・・・・・白・・・


True Love Eternityの白・・・

Splendorの白・・・

Au the blancの白・・・


どれだか分からなくなって、誰だか分からなくなって、笑ってしまった・・・
みんな私に落ちればいいと・・・思っていた・・・


“ キョーコのココに、二人居る。黒いライオンと、白いライオン・・・黒が真実。”

そう言った人物・・・


・・・・・・・・?

・・・・・・・・・?

・・・RAIN。・・・・・?



レインではなく、小さい丸。・・・レイノだ、曲の作詞。


それなら、らいおん・はぁと。は、蓮と久遠の心を・・・読んだ歌・・・?




でも・・・二人とも・・・白だった・・・・・・

じゃぁ、黒が真実と言ったレイノは・・・

・・・・・誰の事を言っていたの?




それにしても・・・

クイーンサイズのこの部屋のベッドでは、蓮の足がはみ出ている。

蓮の部屋のベッドが、一人で寝るにしては大きいな。と初めて入った時に思ったサイズに納得。
カリフォルニア・キングサイズの一番大きな213cmのベッドじゃないとはみ出るのね・・・と。

しかも・・・蓮のベッド・・・ダブル・キングだし・・・


(カリフォルニアの王様ね・・・・・・しかも、ダブル・・・!?)

んにゃ!?カリフォルニアの・・妖精の王様・・・・?

ま、気のせいだな。・・・だよな。こちらは王女様サイズだけどもな。
みんな世界中、そうサイズを呼んでる事だしな。

ごめ~ん。と思いながら、濡れたベッドで寝るのも嫌なのもあって起こす事にした。

ちゅっとその頬にキスをして、もう一度同じ様にちゅっとして、それでも起きないから唇にちゅっとすると、う~ん・・・と言いながらキスを返し始めたので、もう少しだと思い頭をイイ子イイ子と撫でる。



ふふ~っ。
んん~ん・・・


笑いながら寝て居る。寝返りを打ってくれればマダいいものを、背も高ければがっちりもしている体に、もっと抱き寄せられて身動きが取れなくなってしまった。
すぅ~・・・と寝息を立てる端正な横顔が、むにゃっと言った寝言に耳を疑った。



ママ・・に・・・てらされた・・
パパ・・・
・・・・・れん・・・


(はぁっ!? なんなの?・・・マザコン?)

ビックラこいた蓮の寝言。しかも自分の名前を呼んだぁ!?驚いていたら、さらに驚きの発言・・・


キョーコ・・・


はいっ!


思わず返事をしてみたものの、寝ている人に返事をして、返事を返してきたら、その人消えちゃうのよね。と、都市伝説を思い出す・・・

(ん? 蓮・・・消えないよね・・・)

急に思い出した不安が襲い、その柔らかく手触りのいい髪を撫でていた。
イイ子だから、消えないよね。と、頭をナデナデしながら呪文を掛けてみる。


れん・・が、
ほしい・・・


(んがっ??? 蓮は・・? キョーコ、蓮が欲しいか?と聞いているのか?)

ん~まぁ・・そうだけど~・・・うふふっ。今したばかりでしょ。と、おでこをぺちっと軽く叩いた。



はっ!


ぬなっ!


突然腕の中で起きた蓮に、びっくりした。ごめ~ん、おでこ叩いたから・・・と反省。
抱きついたまま、ぼ~~~っとしている。


・・・子供。
欲しい。


えっ、今?
要らない、要らない。
それに、たぶん出来ないし・・・今じゃ。


まだ日にちが1週間ちょいあるのと、蓮のDNAごめん。と拝んだ効果も期待しているしな。と思っての真面目な返答。


あっふ・・・
ん?
なに・・・?
何が、要らないの?


えっ!?
蓮?


ん?・・・れ・ん・・?

(あぁ、そうだ・・・今、俺が蓮だった・・・。)


急に目が覚めて、自分が夢の中で話しかけていたのが息子の蓮君だったから、なんか可笑しくなる。


ちょっと~。
ママって呼んでたよ。


はぁ?何ソレ?
俺の、寝言?

あぁ~、あのね・・・


キョーコの耳元で、ごにょごにょっと簡潔に夢の内容を話す。

キョーコが夢に出てきてね、俺の奥さんでね、子供がいたの。と、Dreamsのコンセプトの様に話した。貴方の夢にも、出て来ます様に・・・だよね。ふふっ。と締めくくり、抱き寄せてまた押し倒す。


今、言ったよね。
今ならまだ、多分できない、ってさ。
じゃぁ・・・

もう一回、する?・・・・



真っ白なベッドの上に散らばった、いろいろな色のバスタオルの上で思う____________. . .



・・・・・・キョーコに、今はまだ言わなかった事


.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 28.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray