• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.202

Category : Story-I of LDs




ピンポーン。

1,2,3・・・・・

(あっ帰って来た~!)


・・・・96,97. ガチャ―――――


おかえりな・・さい・・・?
あれ?居ない。


ドアを開けたら、蓮が居ない。どこ?と思ってキョロキョロしたら、足音は確かに聞こえたはずなんだけど・・・と足音の方を見るも、居ない。


ちゅっ。


首の後ろに突然キスされて、ゾゾッとビクッと、あん、ウフン。となって、腰が抜けそうになる。
へろ~っと腰から力が抜けてしまうと、ぎゅっと後ろから抱きしめられる。


ただいま。


その声と同時に唇を塞がれて、お帰り~が、そのお口の中に消えていった。

抱きしめられたその手に持っている物、花束。お決まりの主役クランクアップの花束だった。

その大きな花束を見てから、目を瞑った______




___ 今回は、季節がらかそれとも・・・




このドラマで話題になってしまった俺と貴島への花言葉なのか・・・

ひまわり

その花言葉、憧れ。


このひまわりの花束を貰って思い出したのは、もちろん。キョーコの事。
抱きしめた時に香る、彼女のいつもの香りSunflowersを思い出して、早く帰りたくなった理由の一つだった。忘れたくない君の香りを。不破の歌にもあるように、早く帰ってこの香りの人を抱きしめたかった。
キョーコの目指す、キョーコの憧れ・・・未来への自分を見詰め続け追い続け憧れ続ける、太陽の色の・・・
凛と美しく咲く大輪の花、ひまわり。

ひまわりがたくさん飾られたラウンジで祝われたクランクアップ。そのひまわりが一番大きなアレンジメントで乗っていたグランドピアノ。俺と貴島が貰った花束も、ピアノの上に置かせて貰っていた。
それを見て他の人の前でピアノを弾く事は出来ない。と思った。


ピアノを弾く姿を見せられるのは・・・


完璧に弾けるプロピアニストとして演じる、テレビの中と、

その練習を毎日、家でも撮影現場でも見守ってくれている・・・

Sunflowers の香りに包まれた、恋人の最上キョーコと、妻の敦賀京子だけ __________



_____ ピピッ、・・・・

その、遠くから聞こえる小さな電子音。それに反応してシャキっと立つ腕の中の、妻。

一体なに?と一瞬思ったけれど、いい匂いが漂っていた。
唇を離して、しっかり自分で立てるのを確認してから、う~ん、じゃぁ・・・と考えながら玄関を入る。


シナモンとナツメグ
それに、アニスシード。
と・・・何だろ、ココアとナッツ?


そう、当たり~。
それと、ドライパイナップルとドライマンゴー。
南国で揃えてみたよ。


じゃぁ、いつか揃って纏めてオフの時は、
どこかの島に行こうね。


んふっ。誰も居ない所ね。


そうだね、ひまわり。
たくさん咲いている所かな?


俺は、玄関横のランドリールームでひまわりを水につけながら、思い出していた。
揃ってのオフの雲の上の景色。
青い空が透明に薄くなって行きオレンジになって、赤くなった夕日に染まった雲の上の景色が、忘れられないでいた。

キッチンに向かったキョーコには、あの景色にどんな風に思ったのだろう。
その景色に言った言葉には、たくさんの意味を込めた。

キッチンに漂ういい匂いに誘われて、着替えに行かずにフラフラそちらに引き寄せられる。


ちゃんとご飯食べた?


ん~、食べない。
美味しくなかったから。
それに、飲んでないし。
・・・あぁ、それ、焼き立て。
今、食べたい。


頂戴ちょうだい~。と急き立てる姿は、クーの様かも。と自分で思ってしまった。キャビネットに写った自分の姿に可笑しくなる。熱いから、気を付けて。と渡されたミトンに、フォークとナイフ。
最近のキョーコと俺のお気に入りのパンの形。三つ網の形。
ブレッドナイフで切らない、ちぎって食べれる形。キッチンに寄った時にむしってモグモグした時に見つかって以来、この形が定番になりつつあった。熱すぎるのでナイフとフォークでベリッと分ける。


あと、飲んで帰ってくると思ったから、
ビシソワーズあるけど、いる?


うん。食べる。
あぁ、ジャガイモもオーブン点けてたから、
一緒にしたの?


そう~。
最近よく分かってきたね~、蓮。


ん~、まぁね~。


料理に関しては、キョーコと住み始めてから覚えてきた。作らないけど、キョーコ的手抜きの方法なんかも知った。手抜きと言っても手抜きじゃなくて、時間が無いときの為に必ず保存できている様にされたラップに小さく一人前ずつ包まれた手作りのソース類や切った野菜などが、冷凍庫と冷蔵庫に眠っている。ドライされたハーブ類なんかも、小さな瓶に入ってカウンターに置かれてきた。
タッパーに入ったものは、そのまま食べてはいけない決まり。何かに使います。という印。
お皿や小鉢などにラップされている物は、レンジでチンして勝手にどうぞ。という合図。
でも、そう考えて見ると・・・勝手にチンしした記憶は無い。

この部屋に一人になる事が、キョーコと付き合い出してから、一日も一時間一分一秒すらも無かった。

いつも居てくれる彼女が、先に仕事に行く事も無ければ、遅くに帰ってくることも無い。
それに、俺が先に帰る事も無い。
自分の方が忙しいのは分かっているけど、それでも一人になった事が無い事に、幸せを感じる。

一人にならないから、そういやあまり酒も飲まない。
さっき思い出した、スコッチが急に飲みたくなった。キッチンに立ったままパンをモグモグしていて、
冷蔵庫からビシソワーズを出してグルグル掻き混ぜているキョーコを見ていた。スープカップによそっているので、スプーンも要らないキッチンで立ったままどうぞ。のスタイルだな。と思う。
パンパンと手を叩き、キョーコの頭にポンと手を置いて、何か飲む?と聞いた。

自分の氷を出してグラスに入れ、キャビネットからグレンリベットを出して氷の上からそっと注ぐ。
カラン。といい音がすると、18年Thank you~と、なぜか思う。

その色のせいかな?とも思ったけれど、キョーコが飲みたいと言ったものは、アイスティ。
いいよ。と言って、冷凍庫に自分が作った何種類かの氷を取る。キョーコと住み始めて自分が作り出したのは氷の種類。氷の中にレモンを絞ったもの、リンゴ酢を混ぜたもの、ブルーベリーを入れたり、ピーチを入れたり、イチゴを入れたり、それぞれ製氷皿に並んでいる。
甘くしたい?と聞くと、うん~ん、甘くないの。と言われたので、じゃぁと、レモンの氷に熱いダージリンの紅茶をポットで掛けて、ぬる~いレモンティを作る。ダークチェリーが入った氷を何個かグラスに入れてぬるいお茶を注げば、冷たいチェリーレモンティだよ。はい。と渡す。


じゃぁね、乾杯。
お疲れ様でした。


そう言われて、そういやそうだった。さっき一つクランクアップしたんだっけ。と思い出す。思いのほか2週間ほど早いクランクアップだったから、自分でもよく巻けたな…ロケも中止になった事だし。
・・・と、自分を褒めたい。
特にロケが無くなった理由は、自分のしたアドリブのせいだった。それで、続編も決定したし、めでたしGood job meと、自分で新たに仕事を作った事に、自分でもよくできました。と思った。

カチッ

とグラスを合わせると、さっきの貴島との、びみょ~な気持ちの乾杯と違い、心から嬉しく乾杯できる。
キョーコと一緒のドラマだけを考えられる事に、乾杯だった。

あぁそうそう、ジャガイモの横で生アーモンドをドライローストしたよ。おつまみにどぉ?と言われて、
じゃぁ、ヒマラヤのピンクとローズマリー頂戴と言うと、ささっとガリガリしてくれてリッチテイストのオリーブオイルをシュっと一拭きスプレーした後パラパラ~っと掛けてくれる。

自分でも食生活が楽しくなった。
子供の頃のメイドやお抱えシェフ達が、色々としてくれた思い出とも重なって、もしキョーコがヒズリ家に来ても大丈夫。と思えるほどの知識と腕前。もちろん、クーも大喜びに違いないと思える。
でも俺が子供の頃、ジュリもこうやって研究して欲しかったな。と苦い思い出も蘇る。

久遠の時にキョーコにサロンで言った、そのうち慣れるよ。と言う言葉。

最近しみじみ感じる、そのうち慣れるよ。の意味。

日本料理だけじゃなく色々な国の料理や材料に知識が増えて、もしアメリカで暮らす事に成っても、これなら大丈夫かな~と思える、地下スーパーの多国籍感溢れる変な食材にも慣れてきたキョーコのここでの生活。

始まりは、自分が社長に言った一言の注文からだった。

まずはこのクランクアップしたドラマに出なければ、自分から率先して変えようとも、使わなかったかもしれないスマフォから。
使うようになって便利さに手放せなくなって、京子にも持たせた事。
スマフォの分からない事を聞かれてすぐに、その日からここで暮らすようになった事。
そんな事を思い出すと、このドラマにも大変感謝で、乾杯した気持ちは、本当に心から嬉しかった。


そ~いやさ~・・・コレ、
どうしよう~?


そう言って見せられた、その今思ったばかりのキョーコのiPhone
どーしたの?小麦粉まみれ・・・ねぇ~やっちゃった。どうしたらいいかな~と思って待ってたのぉ。
保護フィルムの無いキョーコの画面。思い付くのはテレビを拭く布か、PCの画面用の布。待ってて。と言って、一口スコッチを飲んで、アーモンドの手をパンパンとしながら、書斎にPCの画面用のスプレーと布を取りに行った。

考えていたのは指紋が付いている場所。覚えてる。自分でコンビニのwi-fiのセットアップをした時に、ちょっと確認させてもらったiTunesのアプリの所。
何かiTunesで調べたのか、買ったのか。あの時は\1000のままだったから・・・と思い出す。
でも人の携帯について考えるのは良くないと思いながらも、気に成るのは、誰かの曲をダウンロードしたのか?という事。
社さんから送ってもらった、不破の全7曲を思い出す。
不破の曲は、たぶん全部キョーコに送られているはずだから、不破の曲をダウンロードする必要は無い事。それに、自分のピアノの曲にもダウンロードは必要ない。
ん~、じゃぁ誰?と思いながら思い浮かべるのは、窓辺に置いた人形の中にいる人物なのかどうか。


・・・キョーコ
もう、甘いもの
要らないって言ったよな。


と、ぼそっと独り言を言ってしまった。
それじゃぁ、もうお酒はやめておこう。今日は大丈夫と思うけど一応、つくらないもの。も用意かな・・・今日はあっちのお風呂に、一緒に入りたいな~。と考えながら書斎を出た。

右に行けばキッチンの方だけど、左の自分の部屋に寄って、ちゃちゃっと着替えてから行くか。と思い、着替えに行った。
着替える前に鏡に写った自分を見ると、うう~ん・・・?オシャレなのか?と疑問がわく。
自分では毎日、そんな事を考えているつもりではないけれど、ずっと毎日ここ6年、敦賀蓮として自分なりの敦賀蓮像をイメージしてきただけの事だった。

今の鏡の中の自分は、キョーコがRindouを見ながらテレビの中の敦賀蓮に向かって、敦賀さんかっこいい~と言っていた事と同じ様に、敦賀蓮がそこに見える。
本物は横に一緒に居るのに、画面の中の俺は俳優の敦賀蓮として見られていた。

蓮と敦賀さんが違う感覚で居るキョーコ。自分の中で今まで気が付かなかったその感覚に、最近自分でも気が付き始めた。

自分は敦賀蓮だけれど、敦賀蓮ではなくて、久遠ヒズリが鏡に写った時も、久遠ヒズリではなくて、自分の中から感じる本来の自分でいる事が出来るのは・・・

キョーコと居る時だけ・・・


さっきラウンジのひまわりがたくさん乗ったピアノで、弾かれている曲を思い出していた。

Summer・・・Fragrant fields

久遠からとして自分がキョーコに送ったRadianceの話が思い浮かんでいた曲だった。

“ひまわりの光り輝く・・・丘のその端まで、太陽の色の花がいっぱいに膨らむほど咲き拡がりこの大地を覆い・・・”
曲を聴いていて、その情景が思い浮かんでしまって、早く帰りたくなった。

鏡の前で自分を見詰めながら着替えていた。ストールを外してシャツを脱ごうと袖のボタンを外しながら、時計を外した。時計を見ながら思う。

(憧れか・・・。)

敦賀蓮として自分なりの敦賀蓮像を創ってきただけの、本来の自分なのか分からない自分。

自分が憧れるような自分を、追いかけてきただけの事・・・
それでも永遠に、自分にとっての憧れは・・・

“ 天に向かって空高くそびえる山脈には、銀河の星たちのように輝く自然が溢れている。”

キョーコへRadianceの続き、ひまわりの咲く丘が続いた先にある・・・自分の憧れの世界。
自分のRadiance、自分にとっての永遠の憧れ・・・

思い出すのは・・・キョーコと行った雲の上・・・


クローゼットにある久遠のiPadを取って、キョーコが何日か前に久遠にメール添付してくれた写真を見る。スライドして、もう一枚眺めるのは、蓮から久遠のアドレスに送った写真・・・


・・・キョーコを惑わしてしまうかもしれないけれど、久遠のアドレスから今メールをしよう。


思い出してしまった感情も、抑えられないでいた。
なかなか、蓮と久遠の感情のコントロールが出来なかった、何週間か前を思い出す・・・

でも・・・・






Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 26.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray