• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.201

Category : Story-I of LDs
.




敦賀君、いくつ?


そう聞かれたのは共演した俳優。
俺と貴島の上司役の、最近では大御所と呼ばれ始めた俳優さんだった。

年はクーと同じぐらいで、クーが日本で保津周平として活躍していた頃に、長年の下積みを経てやっと役がもらえるように成り、今では大御所と呼ばれるまでに伸し上がってきた俳優。
でも思うのは、もし俺がこの世に産まれて来なければ、クーが保津周平のままだったら、この俳優さんは、保津周平の下で演技をしていたかもしれないと。貴方の演じたこの役も保津周平がやっていたかもしれないと。保津周平が居たら大御所とは呼ばれなかったかもしれないと・・・。

自分の歳を言うのを一瞬躊躇ってしまった。
23年前、あなたは保津周平を嫉んでいませんでしたか?・・・と、思ってしまったから。



・・・22歳です。


へ~ぇ、若いね~。
貴島君と同じぐらいだと思ってたよ。
それなのに・・・
・・・もう、結婚するの?


あぁ~!いえ、それは・・・
まだ、しません。


だよね~、若すぎるよ。


ニコニコ微笑みながら言っていたけれど、俺がクーの息子だと知ったら貴方は、どうしていたでしょうか?若すぎるよ。と俺にいった言葉は、クーに対してその時思ったのでしょうか?と、思っていた。
今回子供が出来てキョーコと結婚したとしてたら、俺は久遠ヒズリである事を発表しようとしていた。
敦賀蓮として出演した最後のドラマだったかもしれない。
そのドラマの中で共演したこの大御所俳優は、俺がクーの息子の久遠ヒズリだと知ったら、一体彼は俺になんと言ったのかと想像してしまう。

きっと・・・

クーの副産物。それに、同じだよな、できちゃった結婚。血は争えないよな。

保津周平が居なくなって人生バラ色に輝いたであろうこの人でも、嫉んでいた感情は社長の言う通り、根深く人を蝕み長く引きずる感情である、嫉妬。それは、消え難い感情・・・
俺の事を保津周平の二の舞と言うに決まっていそうな人物だとは、前々から思っていた。



あっ!敦賀君、居たぁ~。


何人かの女優さん達が俺の事を探していたらしい。キョーコ以外に興味は全く無いけれど、女の子からには・・・断れない俺。アメリカ人っぽい・・・血がそう言っている。
すみません、失礼します。と断って席を立とうとしたが、さっきのキョーコとの電話を知っているこの人は、口止めしておかないといけないけど・・・そう思って不安になって、振り返った。

振り返った俺を、無言で頷いてくれた。そして見続けていると、胸を拳でトントンと叩いて、ジェスチャーしてくれた。おまけに、大丈夫。と口パクで言い、人差し指を一瞬だけシーってした。

・・・。

思わず、この人も・・・?と疑った。ウインクはさすがにしない、オジサンだしな・・・。
ドラマの中でやったっけ?と思い出そうとするが、思い出せない。女優さんたちには、共演者キラーとして落とすのに使ったけど。まさかこんなオジサン大御所俳優までが、俺のファンだなんて言わないでくれよな・・・。と真似をされた事に驚いてしまった。

それでも、まぁキョーコの事は口止めしてもらえそうで安心して、貴島の所に行った。その囲まれた時に、ピアノ弾いて~。お願いしま~す。と言われたけれど、プロのピアニストが今弾いているこのラウンジで弾けないよ。と丁重に断る。え~敦賀君もプロよ~。曲出したし~。とか言われ、しばらく女優さんたちとも話していたけど、貴島と二人でバーに行った。さすが、友達づきあいも完璧なオトコ達よね~。と後ろで言われてしまう。


ねぇ、知ってる?
敦賀君。


なにが?とちょっと目を細めて、怪訝そうに言った。コイツ口止めも何も、人前で堂々と暴露しそうになったし、それにキョーコとの電話にも勝手に出たし、でちょっとイラッとしていた。
グラスの中の、ひとつの大きな氷をカクテルストローで一混ぜして、一口飲んだ。
手に持っていたのは、スコッチ。みたいに見せた・・・実は、ウーロン茶。早く帰ってキョーコと一緒に居たかったのと、明日の事を考えると自分の車で帰宅したかったから。
何飲んでるの?と聞かれて、いいからそんな事より早く、言いたかった事を言え!と心の中で怒鳴っていた。


あぁ、これ・・・?
Glen の18年物。
スコッチだけど?


一番好きなScotchなのは本当の事で、18年は特にアロマが好きなのと、キョーコの生まれた歳に醸造された年だと思うと、大好きだった。ワインも何も18年物は一番好きな年代になっていた。
それより早く、何が知ってる?なんだよ~!言えったら!と思ったらさらにイラッとした。


アレ。


その貴島がスリーカラーオリーブ入りのドライマティーニを飲みながら、親指で指差した後ろに居る人、さっきの大御所。と、その周りの同年代俳優達。
それに、あそこも。と今度は、オリーブの刺さったピックで差したのは、撮影スタッフの人だかり。

(何々?何かあるの?)

イマイチってか全く意図する事が読めないでいた俺だったけど、よく見てるよな。モグモグ・・・と、オリーブを食べながら言われたので、そちらもよ~く見てみた。やっぱり、よく分からないでいると、ゴックンを終えた貴島が、見覚え無いの?と聞いてきた。


何のこと?


サッパリ分からなかった。グラスを揺らして氷を混ぜていて、どうでもいいけど人が多くて暑かったので、頬にそのグラスを付けて、眺めていた。グラスをカウンターに置き、頬杖をつきジーっと見てても分からない。手を口元に当てていたので、親指の爪で自分の下唇を撫でていた。


それ、そういうの。


貴島が今度は俺に向かって人差し指を差してきたので、人を指差すもんじゃない。とクーに教えられて育ってきたので、その手をガッと握ってしまっていた。


なんだよ。


握った手をぎゅっとさらに握って、骨ぐらい折ってやりたかったけど、それはできませ~ん。お互い俳優だし。と思って手を離した。
なんだよ。の言葉には、全く意味が分からないで居る俺を弄ぶな。と言いたくて言っていた。


ごめん、そういうのってさ・・・
天然だよな。敦賀君。


はぁ?


もう本当に意味が分からない。いいから、よ~く見てろ。と言われて、グレンリベットならぬ、ウーロン茶を飲んで静かに見ていると、ほらほら。と貴島の目線の先には、今の俺を真似する人が、1,2,3人も頬にグラスをあてていた。他にも頬杖をついて唇を撫でている人もいる。あっちも。と言われて、そちらを見ると、甘ったるそ~なカルーアクリームを飲んで居た人が、バーでグレンリベット18年物、オンザロックで。と言っている。
どう考えても、カルーア好きの人がスコッチ飲めないだろ・・・せめてソーダで割ってレモントゥイスト入れるかとか。と思ってしまう。キョーコのお手製レモンピールのドライコンポート合うよな~とも思い出してしまった。


どう思う?


と聞かれて、そうだな~スコッチは口に合わないんじゃない?あの人には。と、顎に手をやって返答。
そうじゃなくてさ。と、今度は貴島がイラッとしてる。あぁ、キョ、えっと・・・のお手製のね、レモンのドライコンポートあったじゃん、ブレインフィードに持ってきたヤツ。あれさ今度ウォッカに漬けてリモンチェッロにしたら美味しそうじゃない?と聞いてみた。


ん~まぁね・・・
それはそれで、美味しそう。


ソーダ割りにしたらいけるよな~。と想像してしまう。ってそこは全くどーでもよくて関係無いけど、今度はリモンチェッロある?と、バーで聞く人が来た。なかなかそれは無いだろな。と腕を組んで思っていたら、あいにく・・・と断られて居た。
ね、ね。と、顔を近づけて来て、小声で言う貴島。なんなんだ?一体。


そう、このドラマ、
なんで続編出るか・・・
敦賀君、考えた事ある?


ん?無いよ。
面白かったから?


そう言って微笑みながらストローを取って、ちゅっと吸った。
そういうのだよ。オイオイ。と言われても困るけれど、なんか言いたい事は分かってきた。つまり・・・


つまりさ・・・
俺の真似。って事?


そう、それ。
日本中の男が、だよ。
いわゆる、社会現象。ってヤツ。


ふ~ん、そうかぁ・・・?


バーを背中に、急に振り返って回りをぐるっと見たら、ほとんどの人が俺達を見ていたのに気付き、
にこっと微笑むと、バッっと視線を外すようにそっぽを向く。なるほどな・・・と思ってしまった。


きっと、今の敦賀君の私服。
それも、真似されるよ。
す~ぐ、明日とかさ、ここに居る人に。


えっそう?


たとえばさ、それ。
Bregue・の
Gran・Comp・・・
金持ってる、後ろのオジサン達?
真似しそうじゃない?


私服ね~・・・そうかな~?と思って自分の着ている服を見てみた。そぉ?いい?と自分では全く分からない。でも毎朝、家を出る時は必ずキョーコに、敦賀蓮チェックされる。仕事に行く前だけはキョーコに、今日も敦賀蓮っぽい~。と言われると、はいじゃぁ行ってきます。と思う。
今日は、自分的にはただの普通の白いシャツに紺色のパンツ。面白くないのでブルーと紺と茶色の入ったストライプのストール。ブレゲのグランド・コンプリケーションの腕時計の皮が茶色なのと、モノグラムの針がブルーなので、と思って合わせた、別にいたって普通なのだが・・・。と思う。


敦賀君は普通でも、
普通の人には、普通じゃないよ。
すごい、オシャレ。いつも。
中に着てるTシャツの素材とか、
その白シャツだって、
コットンとオーガンジーのストライプだし。
それ、アルマンディ?


あぁ、シャツは、去年の買取。
そう~ぉ???今年のじゃないよ。
オシャレかなぁ?
・・・あぁでも、毎朝、チェックされる。


へ~、どんな風に?


ん~・・・
それは、言えない。かな・・・


ふふっ。と思い出し笑いしてしまう。なんだよ~それ。言えよ。と小突かれるが、そういうのなんだよな。と納得される。さっきみたく女の子に優しいのとさ、断り方とかやんわりでさ、はぁ?って俺を睨んだのとさ、艶っぽく飲んだりするのとかさ、柔らかく話したりするのとかさ・・・


ギャップ?・・・かな?
敦賀君の特徴。
さっき言われただろ。
ピアノも弾けるしな。


小声で前見たく、頭を寄せて話し始めた貴島に言われて気付く。


そうそう、今度ピアニストだろ。
その・・・相手と・・・
・・・結婚するの?


あぁ、言ってなかった。
・・・そういえば、オファー受けた?
千夜一夜、・・・の。


ん?なんで・・・
タイトル知ってるの?


俺にもね、オファー来たから。
千夜一夜の・・・
・・・そう、彼女出れるから。
千夜一夜に。
だから、俺もオファー受けた。


んぇ?と分かって居なさそうなので、もっと小声でなら言ってもいいかと思った。顔貸せ。と指で合図して口元に手を当てて口元が分からないように、キョーコ妊娠してなかった。だから、結婚はまだ。
と、すばやく言った。
貴島も、おっ!と一瞬喜んだように見えたけれど、そのままの体制で聞き返してきた。
どんな気持ち?嬉しいの?残念なの?・・・それには、ん~・・・微妙。それは本当の気持ちだった。
だよな~。なんか分かるソレ。と言ってくれて、だよな。と俺も思う。


ん~じゃぁ・・・
乾杯?


とグラスを差し出してきて、どうかな?と首を傾げて返事をするも、敦賀蓮の余命が伸びた乾杯ならいいかなと思う。それにこのように社会現象になるほど、俺に関心が集まってくれたこのドラマにも、感謝を込めて。

カチッ。

と、グラスを合わせて飲み干した。そのまま時計を見ると11時過ぎなので、帰ろうと思う。
じゃぁ、監督とスタッフに挨拶して帰るから。と言い残し席を立った。社さん、帰りましょうか。と声を掛けると、じゃ、タクシー呼ぶから・・・の答えに、いえ、運転できますから。と返す。
それを聞いていた貴島が、あぁ、俺のマネージャーに送って貰う?と言ってくれた。自分の飲んでいたグラスを指差してウインクした。


そのグレンリベットのアロマ、
いい香りだよ。


と言い残して監督に挨拶に行った。後ろでクンクンとグラスの香りを嗅ぐ、酔っ払い。
なんだよ、ウーロン茶じゃん。と聞こえる。
えっ、そうなの?と、ほろ酔いの社さんを引き連れて、それではお先に、お疲れ様でした。どうもありがとうございました。と、ピアノの前で全体に挨拶して外に向かった。


車に向かって歩いていると、なんだ、蓮。全く飲んでないのか。と言われて、そうです。なんでか分かります?と、ドアを開けて助手席に置いた物を見てから答えた。


妻が、待ってますから。


一つの独身役のドラマがプロポーズで終って、もう一つのドラマには婚約者がいて、これから夫になる。
気持ちの切り替えが、もう出来ていた。本当に子供が出来て本当の夫婦になっていたかもしれないと思うと、本当の妻のような気がしてならない。きっとキョーコが俺のマンションに仕事が終ると真っ直ぐ帰ってくるのも、キョーコも同じ気持ちでいてくれているのだと、思いたい。


早く帰って逢いたいな~。そう思うと思い出す・・・アイツ不破の曲。


ただ・・・逢いたい・
      ・・・って気持ち・・・


(悲しい過去も、若すぎた日々の過ちさえ・・・昔を思い出したしな~。反省しました。それに・・・)

君に出会えて・・・深い海に沈められたのに・・・あの頃の僕といえば、愛し方さえも知らずただ、不器用に君を傷付けて、優しさ、忘れていた。ただ、愛しくて・・・忘れられない、君の香りを・・・
そう思うと、不破の過去で後悔のこの歌も、自分の過去にも重なる様な事が増えてきて、なんだか親しみがわく。何が不破とキョーコの間にあったのかは、あまり深く踏み入れたくなかったけど、模索しても嫉むだけ。
社長の言っていた、さっきの大御所にも思った様な感情を、キョーコに向けたくなかった。
それに、自分もあの大御所のようには、成りたくなかったから。

ぐ~っ・・・と、後ろで寝息を立てている社さんをバックミラーで見ながら、フンフン~と鼻歌もでる。


最終電車で寝息を立てるね~・・・その社さんを見て、歌詞を思い浮かべる。

(俺も今度、最終電車に乗りたいな。)

そんな事を思ってしまう。負けず嫌いだな~俺って。と思いながら、まずは社さん家だな。と向かった。



.
to Instrumental of Love Dreams n.202


.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 25.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray