• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.198

Category : Story-I of LDs



蓮と一日オフの数日後、アイツのプロモ撮影が入っていた。


さっさと撮影を終らせて、
Dreamsの方に帰ってくるね。
ごめんね、蓮。


楽屋で鍵を閉められて長々とキスをされた後、行ってらっしゃい。のキスもされる。PVは昼から夕方までの短い撮影で、蓮は丸一日Dreamsの撮影だった。
私が途中に抜けて、蓮が現場に一日入り浸るのは、いつもと逆で変な感じだった。


京子のマネジャー。
よろしくお願いしますね、社さん。


と、楽屋を出た廊下に待っていた社さんに蓮が言って、社さんと現場に向かった。

・・・タクシーの中で、手を見詰めていた。



数日前のオフの時に、蓮と遊びに行った先で起こった悲劇・・・

蓮のマンションに帰ってきて、蓮チョイスのローズヒップとルイボスティのブレンドに、お手製蜂蜜レモンの入ったマグカップを、はい、Lady Greyと手渡されて、両手を伸ばした時に気付いた。

左手のラインストーンが消えていた。

ぎゃ~っと思って、お茶を受け取らずにその辺をキョロキョロしてみたけれど、あるわけ無い。
多分遊びに行った先で、無くなったのだろうと思う。蓮は、いいよ又すれば。と言ってお茶を飲んでいた。蓮は、自分の胸を拳でトントンと叩いて、ココ。と言う。


大事なものは、ココにあるから。




・・・その蓮の言葉を思い出して見詰めていた、自分の新しいネイル。
監督にすみません、取れました。と言ったら、そうですか、実は変えたかったんですが、言えなかったんです。と言われてメイクさんに新たにされたネイル。

そう、まだ柵だらけの、恋人の撮影が始まった所なので、薬指はもう少し後にしたいんですけど、いいですよね?と・・・優しいけれど、そうして下さい。と言われた様で、はい・・・。と言うしかなかった。

そのネイルは、白っぽいプラチナシルバーで、Celestial Fairytail色の、動かすと色とりどりに光る、小さなラメが、爪の先に施されたネイル。全ての指が同じにされてしまった。

・・・その日の撮影で、蓮がすぐに気が付いた。

でも微笑んだだけで、仕事だよ。と言ってくれて、おでこや頭に今までだったら、ちゅっとされていたキスも、あの日を境に耳の下に、ちゅっとされるように成ってしまった。

その度にゾクッとして、ぽ~っとして、も~蓮ったら。と思ってしまう。

今もタクシーの中で、ゾクっとポ~っを思い出していた・・・。



現場に着くと、アイツは居なかった。

麻生さんに挨拶をして、あぁDreamsの主題歌、聴いたかしら?と聞かれてしまう。
はい、それはもう・・・それに、歌えますよ。とウッカリ言ってしまい、あらあら、うふふ~。と変に誤解されたかもと思ってしまった。

撮影が始まったけれど、カットの様な撮影だった。



尚のパートが6カットだから、京子ちゃんも6カットね。
さ、始めましょ。


(このセット・・・なに?)

セットに入ってドビックリ。ショータローの部屋!?こんなオシャレな部屋になんて住んでるのか?
・・・んな訳無い。と思えた所は、テレビが無いこと。絶対アイツだったら、大画面テレビ欲しいだろうよ。そこの暖炉の上とかに!と思ってしまう。


衣装は、白いシャツだった。
キスマークは、蓮との毎日のマッサージで消えかかっていた。今日は朝起きてチェックしたら、もう見えなくなっていてGoodと思わずクオン少年のように鏡に向かって蓮と二人で親指を立てた。お互い仕事には、プライベートを持ち込むのは控えようと決めたのも、この前のオフからだった。

初めのカットは、ピアノのベンチに座ってピアノを見詰め、なんでもいいから弾いて見て。との指示。
ん~、と思い右手だけを鍵盤に乗せて、ゆっくり音を出した。
蓮が最近、毎日練習している曲。Consolation n.3
傍で見ていて覚えてしまったそのメロディの指使い。蓮がゆっくりバージョン試し弾きしてたので覚えられたと言える。

あら~上手ね~、誰に教わったのかしら?と麻生さんに言われて、ドキッとした。
そのドキッとしたリハーサルで、それじゃぁ、その曲を弾く人を想像してくれる?と言われて始まった本番。
Consolation n.3を、一つひとつゆっくり音を確かめるように弾きながら考えるのは蓮だった。
蓮の事を想ったらピアノが愛しくなってきて、左手の無くなってしまったラインストーンがあった薬指を見詰めその手で、楽譜を置く所を手の平でゆっくり触って、そこに頬をよせ目を瞑った。


一発OKが出た。さっすが~、女優。と言われて嬉しくなる。
よし、次!と気合が入る。早く終らせてドラマの現場に帰り、蓮に逢いたくなっていた。


ベランダらしきセットの中では、ベンチに座って空を眺め、ため息を一つ。との指図。テーブルに置かれたレモンティのカップが、ラインストーンが無くなった日の夜に飲んだ蜂蜜レモン入りのお茶のようで、本当にため息が出た。カメラは後ろ側からだったので、背中に意識していたら、す~ぐOKが出る。

ベランダでそのまま立ち上がって、その滝の水を撫でてくれる?と言うので、そっと立ち上がり腕まくりしながら歩き出した。でも、自分のイメージと違うので、もう一度やり直しさせてもらう。

腕を捲くって、滝を撫でた最初。滝の裏に見えた物を見ていて、違うと思いながらだった。
次にしたのは、捲くらずに袖が濡れるのを構わずに撫で、濡れた手と袖をそのまま見詰める。おもむろに両手を滝の中につけてしばらくジッとした後、両方の袖に水が滲み込んでいくのを見て、その濡れた両腕で自分を抱きしめた。

蓮をイメージすると、蓮だったらこうかな?と思っての行動。
その滝の中のビー玉が、星の様に中からキラキラしていて、思わずCelestiallyなのね~。と思ったら、蓮と久遠が脳裏にポンと出てきた。


シャツを着替えてパジャマの上だけになった。
蓮のパジャマを着た時を思い出す。大きくて袖が長くて、ボタンを閉めても首周りはユルユルで・・・。
なんて思って袖で手を隠し、指先だけ袖から出した。
ソファに座って、目の前の暖炉を見詰めて。と言われて、その暖炉を見ると蒼い小さな炎が、リズムのように小さくなったり大きくなったりを繰り返している。

蒼い炎を見詰めていたら、思い出すのは・・・蓮に初めて抱かれた日の事。
彼の瞳の中に映った、マッチの蒼い炎が久遠の様に見えたこと。思い出してしまって良かったのか悪かったのか、自分で分からなくなった。そのまま無表情で、その炎を見詰めてしまっていた。
あの時、蓮に抱っこされたけれど首に抱きつかないで、胸の上に手を置いたまま震えて蓮の瞳を見続けた事。それを考えていたら、無意識に同じ様に震えてきて、両手を胸の前に置いてパジャマの袖を握り締めていた。

カットがかかって、はっと我に返る。
OKが出て、へ~ぇ・・・と、納得できずにいたけれど、いいならいいか。と思い、次!と気合を入れなおす。

ロフトに移り天蓋つきのベッドに、胸が躍る~。でも、なんかお姫様の雰囲気デハナイ・・・
ホテルのスィートみた~い。と思うベッド。それにこの最近、久遠と国王もお泊りするお部屋でのベッドや、蓮のベッドに慣れていたので、そこまで大きく感じない。
それにフワフワのダウンのお布団も、蓮のお布団で慣れている。
寝そべってみたら、下はマットレス。蓮のベッドも久遠と泊まったベッドも、フェザーの雲の上の様なフワフワ感に慣れていたので、硬っ!と思ってしまう。贅沢ゼイタク・・・と自分をいい聞かす。

でも、大きなパジャマにダウンのお布団は、蓮とのベッドの上を思い出す。
うふふ~っと思って、横の枕に抱きついてしまう。
蓮の香り、久遠の香り・・・~?がしない・・・当たり前だった。と即効で我に帰った。
我に帰ったところで、京子ちゃんパジャマ脱いで。と言われてボタンを外して、ポイっとベッドの上に投げる。シマッタ・・・いつものポイ癖が・・・と思っていたら、それで良いらしい。

パジャマの下の大きなTシャツも、蓮とも、久遠とも、した時の後に着せられた様で、いや~ん。となって、ベッドの上で膝を抱えて、蹲ってしまった。

何が良いのか不明なまま、絶賛されてOKが出る。
んじゃ、いいならいいか。と思い、さてさてラスト~ぉ。と胸躍る。
自分で乱した布団は、綺麗に整えてベッドを離れた。しまった、セットだった・・・。と、思ったのは、いつも朝起きたら、蓮のベッドメイキングする癖が付いてしまっていたから。


最後のカットは、手だけだった。
テーブルの上に、合鍵を置く。・・・だけ?。んなんでいいのか?と思っていたけれど、それじゃぁアドリブでも、しまひょか?と久々のナンデヤネン的な、京都出身。

合い鍵をテーブルに乗せる時、手の平の上で一度見詰めて、ぎゅっと握る。テーブルの上に鍵を置いて、その左手で鍵を隠すように開いて、指先でそっと鍵を撫でながら手を外した。

久遠に貰ったたくさんの鍵。それに付いてたキーチェーンと、今の自分の部屋の鍵。
この前蓮と手を繋いだ時に、二人の手の中にあったな~。と、思い出すと、複雑だった。
二人が同じ人だと思える自分の心の中が、複雑でどうなのか分からない。久遠からの物も、蓮と使う事も躊躇わないで居る自分。
本当にフクザツ~・・・と思いながら、鍵を撫でた。


ん~、良かった~!
京子ちゃん、
モニター・チェックの後、上がりね。


麻生さんにそう言われて、社さんに持っててもらった腕時計を付けて時間の確認。
撮影がホイホイ巻きで出来る蓮と久遠にも負けないぐらい巻き巻きの撮影ができて、ちょ~ハッピーだった。


あら?
Franc. Mu..erなの?それ?


と麻生さんに聞かれたが、隠すわけにもいかず、違いますでもない。はい。と言うしかない。
そう覚悟を決めて、はいそうです。お疲れ様でした。と言って、お辞儀をし、その現場を後にした。


(いえぇ~い。さぁ~蓮のとこ、かえろ~。)

さっさと帰って気分爽快~だった。タクシーに乗って、携帯で蓮にメールしていたら、社さんに言われてしまった。



キョーコちゃん。
蓮の事・・・
撮影中ずっと考えてなかった?


と、言われてビックリして、メールの送信を途中で触ってしまった。




・・・・・




お帰り、キョーコ。


Dreamsの現場に帰ってくると、休憩所に居た蓮がiPadで台本チェックしていた。
大丈夫?と怪訝な顔で心配してくれている。なんで?と思うけれど、途中で送信してしまったメールのせいだった。

“ 終ったけど、仕事にプライベートを持ち込まないと、決めたのに・・・”

あぁ~・・・と思い出して、うふふっと心配そうに覗く蓮に微笑んで、その手に持っているiPadを指差して、メールの続き書くからメールの画面にして。と言った。
私のメールの画面にした蓮の手を左手で握って、右手で続きを打った。


“ 貴方の事ばかり思い出して、撮影しました。 敦賀京子より。”


右手でiPadを取り上げて顔を隠して、唇を重ねるところで一度止まり、ただいま。と、その唇に吐息をかけて重ねた。
ちゅっと唇を離したら、俺の何を思い出した?と唇が触れる所で言われて、全て。と答えた。

横に座るのは、Kyokoと書かれているディレクターズ・チェア。
2度目の椅子。主役をやると、この椅子が用意されるのは、2度目だった。

休憩所で休んでた蓮に、声がかかってセットに入って行った。RenTsurugaと書かれた椅子を見ると、蓮と共演してるんだな~。と感慨深い。
その蓮を見ていて、自分はまだ予定時刻じゃなかったので、私のお父さん役の俳優と蓮とのやり取りを見ていた。
置きっぱなしの蓮のiPadにロール鍵盤。ロール鍵盤の音を出ないのを確認して、今、PV撮影でちょっと弾いてきた、Consolationを弾いた。

お父さん・・・か、

で、思い出すのは、久遠のお父さん・・・先生の息子をした時に、本当のお父さんと思っていいと言われた、クー・ヒズリ。

初めてのKyokoと書かれたディレクターズ・チェアの横に、いつもあった椅子。Chuehonnと書かれた椅子。その椅子の事も思い出していたので、父さんの事を久遠が言ってたな。と思い出した曲があった。

“これはね、BeethovenのSonata Pathetique。 子供の頃、父さんが弾いていた。
その後ろ姿に覚えたてのH C Jr. を思い出した。ま、クーは悲愴なんて考えなかったんだろうけど、曲と自分のジュニアとしての悲愴、がなんだかシンクロしてね。”

Sonata Pathetique 悲愴・・・ベートーベンの曲。

蓮に一度だけ言った事があった。ドラマの中で他に何を弾こうと考えていた彼に、ベートーベンの曲。と言っただけだったけど、どの曲を彼は思いついたのだろう?
久遠との思い出には、ベートーベンの曲が他にもあるのだけれど、してる最中でいっちゃいそうな時だったなんて、誰にも言えない事だった。しかも妊娠したかもしれなかった時だしな・・・と考えていたら、思わずボボっと成ってしまった。
でも、蓮との思い出の中に、ベートーベンの曲は無かった。それなのに、彼は何かを思い出して、なんでベートーベンなのかという顔をしていた事・・・気になっていた。


二人は一人かもしれないという思いは、どんどん募っていった。


蓮のiPadのHome画面は、この前二人で行った場所の写真に変えられていた。

空が綺麗・・・
蓮と久遠を思わせる、雲の上の・・・


二人揃って初めてのオフで、連れて行ってくれたのは・・・・・雲の上だった。





.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 25.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray