• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.197

Category : Story-I of LDs



キョーコの部屋の電気が今日も点いている ______


そう思いながら毎日、その前を通っていた。

今日は特に歌番の生出演で遅くなったけれど、電気が付いていたのを見て、キョーコも遅いな。と思うのと、今日は飯抜き。と決めていたので、ぐ~っと腹がなる。思い出したのは旅館メシのカニの匂いだった。・・・ほくほく食堂でもいい。

そうも思うほど腹が鳴っていたけれど、明日はPVの撮影なので、ガマンする・・・


早めに寝て起きた。今日は夜7時にテレビ局入りのスケジュールも有って、俺に取っては早い10時から不破尚不敗神話最初のPV、運命の人の撮影があった。このPVに京子はパートのカットだけなので、京子の撮影は今日は無かった。

キョーコは今日も、ドラマの撮影に行っていると思う。アイツと一緒なのかと思うと切なくなる。
自分のレコーディング済みの歌を聴きながら行なった撮影は、アイツといるキョーコを想わせてくれて、自分でも自分の歌に飲み込まれてしまいそうだった。

スタジオ撮影で思ったより自分がいい表情でピアノの前で歌いながら弾いた。
全部をピアノ演奏に変えたバージョンの、ピアノ演奏のレコーディングもする予定になった。
撮影に使ったセットは、自室をイメージされたものだった。自分の想像を遥かに超えた、スンゲー綺麗な部屋のセットで、これから自分が引越しするなら、こ~んな部屋が欲しい!と思った程。



・・・玄関を入ってドアを開けると、光の中に部屋が浮ぶ。


天井の高い正面にグランドピアノがあって、広い一つの部屋に成っていた。
大きな窓ガラスの前にガラスのテーブルに白のバー・ストゥールが並べてあって、俺は普段は書かない楽譜が散らばっている。
タブレットと、電子鍵盤と、PCが並べられ、イカニモこんなので創作してますよ~。と思わせるセットも、そのガラスのテーブルの窓際の壁にあった。

窓の景色の向こうは壁。でも、滝が流れていた。壁一面の人工的な横広がりの平べったい滝の中に浮ぶ、色とりどりのビー玉がキラキラ反射してちょ~綺麗。
こ~んなベランダめっちゃ欲しい。滝の前のベンチとテーブルにも、iPodがイヤホンと共に置かれ、これもイカニモこんなトコで音楽聴いてるぜ。って感じにされていた。

ピアノを挟んでガラスのテーブルの反対側には、真っ白の皮のソファーとリクライニング。
壁に掛かった白い絵の下には、ステンレスの淵で横長の暖炉に小さな蒼い炎が横に並び、音楽を出しているかのように大きくなったり小さくなったりしてそれぞれ燃えている。

螺旋の幅の広いゆるい階段があって、その上には真っ白なベッドもあった。白い皮の背の高いヘッドボードが天井近くまであって、高級ホテルのスイートみたいだった。この広いロフトの壁にもウォール・ファウンテンが設置されていて、上から流れる小さな滝が、ベランダの大きな滝の小さいバージョンみたいでカッコイイ。
ロフトはピアノのベンチに座ると、後ろに映っていた。こんなトコで寝てます。とイメージされたものらしい。


自分がこんな部屋に住むなら、白い絵画は外してっ!そこにテレビを壁に掛ければ・・・

100%俺の理想~~~!

ちょ~ゴキゲンな、“ 俺の部屋 ”. . .セット。


ピアノの前奏に入る前、ドアを開けて部屋に入る所から撮らされた。
ガチャっと鍵を開けて入り、憧れの車の鍵と部屋の鍵をピアノの上に投げる。と、ミルキちゃんに言われたけれど、楽器の上にそれは出来ない。と言い張った。

自分のスタイルじゃなかった。

きっと映像的にはカッコイイのかも知れないけど、俺には自分のPVの中で、自分がしたくない事をできなかった。
結局それは、最もだ。となり、ガラスのテーブルの楽譜の付箋紙の上に、ジャラっと投げる。
あっ!いい事思いついたぁ。とミルキちゃんが言って、鉛筆を用意させた。

はいもう一度、投げるトコから。と言われて、ジャラっと投げた。そこの付箋紙見つめてから鉛筆取って。と言われるので、素直に従う。

テーブルの上の付箋紙を何枚か纏めて手に取り、眺める。
題名の入っていない、楽譜に手書きで題名を入れる。
その題名・・・運命の人。・・・・・このプロモの曲の楽譜だった。

思いついてアドリブで、自分のサインも題名の横に加えてみた。
付箋紙のアップに手書きで書くところをモニターを見ているミルキちゃんが、いいんじゃない?と腕を組みながら、ウンウン頷いている。
何がいいって、尚のサインを書く手よね~。そのライブ様に塗ってるシルバーのラメ入りネイル。尚っぽくていいわ~。なんか・・・ふふっ。と言われて、急に思い出したのは、キョーコの手だった。
キョーコのネイルのキラキラと、アイツからなのか知らんが薬指にラインストーンが入っていたのを思い出してしまった。
おっ!尚君その顔いいね~。とカメラマンに言われて、なぬ?と思うが、ミルキちゃんは、じゃぁそのままピアノの前行って~、早く早く。と急き立てられて続行させられる。

その楽譜を持ってピアノの前に座って、白いシャツの袖のボタンを外して腕を捲くり、弾きだす。



――― やっと、出逢えた。
気づいた時は遅くて、大人びた今なら、もう少し、うまく付き合えそうだよ。

今まで、それなりに・・・
ふと、気がついたその瞬間に・・・いつも君が浮かんでくる ―――


目を瞑ったままでも弾ける程のピアノの腕。

きっとファンは知らないだろうけど、トップミュージシャンの俺様だぜっ!ピアノぐらい簡単に弾ける事をアピールした。
目の前の楽譜なんて見ちゃいねぇ、俺の頭の中に楽譜がいつも浮ぶ事を伝えたくて、それを披露した。

スタッフもミルキちゃんも、おーっ!と驚いていた。

目を瞑って上を向けるか~?と言われて、俺様をなめんな。弾きまちがう事無くできるぜ~。と、思いながら撮影していた。

・・・モニターチェックすると、う~ん確かにキョーコを思い浮かべているようだ。と自分でも思える。



――― この想い感じて、いたい。
叶わないとしても、今、僕の、気持ちは一つだけ・・・

君以外の他の誰かをまた、好きになれずにいる、壊れそうで―――



ここまで、ピアノの前で京子を想いながら弾け。って言われた感じに、目を瞑ってピアノを弾いた。
ここまでは、あっという間のすんなりと、撮影が済んだ。



――― 今は、別々の道だけど、僕は、全てを受け止める

伝えていいのかも、分からない。
この気持ち叶うのかな、いつかは・・・そんな事言う権利も無い

・・・・君は今、何を思うの・・・―――



ベランダに移って撮影された、ベンチに座って曲を聴きながら、キラキラ光る滝を見詰める。

レモンティの入ったマグカップを片手で、飲みながらふぅ~っと息を漏らす。蜂蜜レモンで上手し。と思って、自然にもれた息。

滝に手を入れながら、ゆっくり歩いてみて。と言われてやった。ゆっくりカーテンを開けるようにその水の流れに手を入れながら歩いていると、照明が変わってきて夕日が映るように、滝がオレンジに成って滝の中がライトアップされてって、星のようにビー玉が光った。

自分で、お~ぉぉ~~~!と思って、じっくり見たらNGになってしまい、・・・やり直す。



――― どんな、言葉で、今は癒されているの?

君にはもう素敵な人が
どこかに居たりするかな・・・―――


部屋に戻りながらピアノの前に行き、置いた楽譜を見詰めてグシャっとし、暖炉に向かって投げつける。・・・それをモニターチェック。
もう一度やり直しで、今度は、楽譜を手に取って、ぱらぱらと落としながら階段を登って行く。
・・・これもチェックする。

ミルキちゃん的には、グシャって方が尚っぽい。と言われたが、自分的にはパラパラ~の後姿が好きだった。
これは、どちらにするかは後で検討になった。



――― この想い感じて欲しい
今、僕の怖さが、後悔も、全ても打ち明ける

あれから、何度も、君に、触れたくて・・・眠れない夜に、目を瞑ってた



ロフトに移って撮影される。
上半身裸がいい。とミルキちゃんと監督が言ってたけど、アイツのミケランジェロの様な上半身を思い浮かべると、まぁ筋肉は付いてっけど比較されたくなかったので、Tシャツかタンクトップ着たい。と申し出た。なんで?と聞かれたのは、他のこれからのPVで脱ぐから。と言ったらOKが出た。

衣装を着替えてきて、自分でも、いいんじゃね?と思える。
白っぽいパジャマは、バリッとしててかっこいい。Tシャツも普通に似合っている。

天蓋つきのベッドは、キョーコ好きそう。と思わせた。白い透けた麻のリネンだけがヘッドボート周りだけにあって、男の部屋でも全然OKだと思った。
シルバーの鎖と天蓋を留める一つの金具。対称に成ってないところが王様感を上手く消している。
ただの無機質な平打ちの螺旋なのもかっこいい。
今日はこの天蓋のカーテンは下ろさずに天井近くに一纏めに、その鎖とグルグル金具で止めてあった。

何で?と思うけれど、他のPVでもこのセットを使うとの事。な~る、俺の部屋だしな。と納得。
俺の本当の部屋もこんな風にしたいぞ~!と参考に色々じっくり見ておく。


枕が2つ並んでいた。
フワフワのダウンの布団を半分だけ乱せ。と言われて、ゴロゴロすると、枕抱えて~。と声が掛かる。枕を抱えて、頬ずえをついて横になり、乱れてない方に同じパジャマの上のシャツ型の方が誰かが脱いだ様にポイっと置かれて、そのパジャマを見詰めろ。と言われる。

リハーサルが終って照明が変わり、明るかった照明を落として、壁の小さな滝バージョンのファウンテンの中にライトが入る。
中のビー玉がキラキラ光って、その上を流れる水のせせらぎの様な流れに映る。
天蓋のカーテン部分に青白い月のような光を当てると、星の様にキラキラしている。
明るいと見えなかったけどラメが細かく入っているリネン。
それを留めている長いチェーンの先に揺れるクリスタルの原石もきらっと光った。

おぉ~!?と思わず、自分の部屋もゼヒとも、この様に!と思う。

照明の中にプラネタリウムのように細かいドットが入っているせいかもしれないけど、それも真似したいぞぉ~!と、ベッドサイドのライトの灯りの中。という設定なので、ぼやっとしていた雰囲気も気に入った~ぁ。


歌詞のとおり、眠れない夜に目を瞑れ。と言われて、乱れてないベッド側のパジャマを見詰めた後、ぎゅっと枕とパジャマを一緒に抱きしめて、上を向く。ん~?と思ってじっとしていた。
しばらくそのまま、動くな~、で、目をゆっくり開けて~と、そのままの指示通りにしてみる。

ガバッと起き上がって、階段を降りる。の指示にも従う。
ゆっくり降りるのか、ダダッと降りるのか分からなかったので、普通にプラ~っと降りてみたら、
そうじゃない。と言われて・・・NGにされる。


――― 今は、答えを出せずに居る。君を、悲しませたくない・・・
伝えきれないほどのこの愛を、目を逸らさずに、感じて欲しい
・・・どんな言葉も受け入れる_______



階段の先に、さっきの二通りのものを撮る。

グシャっとして暖炉に投げつけた楽譜を取り上げる。腕に抱きしめていたパジャマの上を肩に掛けて、楽譜を広げてピアノの上で伸ばす。

ミルキちゃんの好きな方は、二通り撮った。
一つ目は伸ばした後に、窓の外を見詰める、だった。
二つ目は伸ばした後に、パジャマと一緒に抱きしめる、だった。

俺が好きな方の、パラパラ~っと階段に散らばした楽譜。窓の外を見詰める。パジャマを抱きしめる。
その二通りを撮るけど、好きなようにしてみて。と言われた。

裸足で歩く階段。窓の外を見つめながら一段一段降り、途中で止まって階段の柵に寄りかかり、ため息を一つ付いた。


今は答えを出せずに居る。君を悲しませたくない・・・を、思いながら。


キョーコが着ていたと仮定された俺の衣装パジャマを抱きしめて、袖を通した・・・
うん?と思ったけれど、階段の先に落とした題名の入った1ページだけを拾って、ピアノに寄りかかり、その楽譜を見詰め、目を瞑った。


伝えきれないほどのこの、愛を。
目を逸らさずに、感じて欲しいよ。どんな言葉も受け入れるよ・・・を、思いながら。

おっ。いいよ~尚。と、監督に言われて、よっしゃ。とガッツポーズ。
ミルキちゃんもOK出してくれた。多分プロモはパラパラ~の方だな。と思え、嬉しくなる。
あまり音楽物を粗末にするような事は、イメージが合っていても、するのは気分よろしく無い俺。
音楽が根っから好きな俺だから、見せるものにも拘りたい。


_____ ・・・君は今、何を想うの

・・・・・君だけを・・・ 愛しているよ ――――


最後は合鍵ね。とテーブルのセットの前に移動。
手だけのカットだから。と言われて、楽譜の一ページ目だけ、題名が見えるように投げろ。との指示。
テーブルにジャラっと投げ置かれた、自分の車の鍵と部屋の鍵。その横にキョーコが置いたように部屋の合鍵が置かれる。

これを見て、はっと思い出した。ピンクのハートのキーチェーン。
手渡した誰か分からない大きな手と、Franc. Mの腕時計。


でも今は君だけを愛しているよ。の部分。最重要パートの撮影なのに、そんな事を思い出して手がブルブル急に震えてしまった。震えた手で楽譜を合鍵の上に投げたけれど、届かず・・・
思い立って自分の鍵と、合鍵の両方を手に取って、握り締め胸に抱いて目を瞑った。


ん~~~、いいよ~!尚。OKね~。


と、機嫌のいいミルキちゃんの声。うっしゃ~!と、何食べようかな~?が、昨日、撮影前日で夜ご飯抜いたので、ウキウキしていた。・・・でも続いた言葉に驚いてしまった。



モニターチェックして・・・
大丈夫だったら、合成入れるわ。


(・・・んだよ。合成? はぁ?)

と、思っていたら、撮影中に自分でもアレ?と思った事が判明した。


あぁ、昨日
もう京子の撮影は、終ったから。


(はぃぃ?)

と、思っていると昨日撮ったらしい京子が同じセットの中に、入った画像と併せているモニターを見せられた。


だって、京子ちゃんと一緒だったら、
切ない感、出ないじゃないの。


と、言われてビックリして画面を見た・・・



.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 25.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray