• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.187

Category : Story-I of LDs
.


さっきの人の鼻歌が気になって、蓮が、電話を掛ける。と外に出たとたんに、麻生さんから添付されていた楽曲ファイルのダウンロードもコンビニに居る間にした。

なんで蓮がアイツの曲を聴きたかったのか。・・・あの曲。

自分の気持ちがシンクロするのは、役柄上だけでは、無いということなのか。
それは、蓮にとっても・・・???

久遠と私は、子供の頃の思い出も、この前のホテルでの出来事では、久遠のジュニアとしての苦悩を知った事も、ロミオの言葉で運命と宿命の事も、久遠がくれた今日のメールのRadianceのお話も自分の言葉に代えて伝えてくれた事、それに久遠の名前の由来から、何から何まで、一つ一つ全ての事が心を開きあっていると感じる。君が居るからの、永い夜も、暗い闇も、の意味が久遠だと痛いほど分かる気がする。
蓮にとっても、カインの時の、暗い闇の中から手を差し伸べた事はあるけれど・・・
永い時間をかけて、廻り合えたということは・・・敦賀さんには無いと。思う事。
でも、久遠とだったら・・・それがある。・・・自分でも確かに、そう思える。

二人は一人。The ONE。

このお互いが今日、私に伝えて来た言葉。そして、彼の背中に同じ二つ並ぶ。朝感じた、Celestial Fairytail色のオーラは、蓮の真っ直ぐな心の後ろから感じた事も。

“ そのつもりで・・・”

と、言われた、そのつもりは、どこからどこまで、そのつもりで居たらいいのだろう?


それと昼間、蓮がアイツに言っていた言葉。そのうちのもう一つの・・・
冷たい砂の上。
アイツの歌詞なのか気になっていた。
アイツの歌に入っていたら、蓮は、アイツの曲を聴いている事になると、思った。


“ 深い海にも、冷たい砂の上にも・・・俺も居るから。” ・・・・・・・?

どうして、アイツに蓮がそう言ったのか、とても気になってしまった。


画面を確認して、全てのダウンロードが出来ていると思ったら、無意識に蓮の手を握っていた。

この人は、敦賀蓮。

久遠ヒズリでは、無い。

そう確認して、顔を覗き微笑んだ。抱き寄せられた自分の頭は、優しく包む大きな手に安心させられる。
この人は・・・誰なのだろう。なのに、なぜ、安心してしまえるのだろう・・・
彼から香るのは、自分と同じ香り。今日は自分の2度目に自分で選び気に入った香りの、Sunflowersの香りがする。

私は夢に見た、久遠と蓮の二人のいる雲の上に、どんなに手を伸ばしても届かない。
その、ひまわり。

いつか、晴れる空に輝く、太陽。

自分の瞳に映った色の・・・
太陽を見詰め追いかける様に咲く、ひまわりは、自分を見つめて咲き続けろと・・・

教えてくれたのは、この人。

敦賀さん・・・


蓮は雨で、蓮の降らす雨がいつか・・・とぎれて・・・
その雲も、雨も・・・・消えてしまうの?

私が、自分を見つめて、自分を追いかけて行ったら・・・

愛を教えて満たしてくれるこの雨は、大きな海になって、大きな海の向こうに広がる自分の世界。
・・・Radiance

でも、その世界に目指して行くと、雨は、もう、降らない・・・



やっぱり、蓮はいつか、居なくなってしまう様な気がしてならない。
私の前から、姿を消してしまうのかもしれないと、思ってしまう事。でもそれとは別にもう一つ。
アイツに言った蓮の言葉・・・

“ 人を全てを分かりあえないし、信じたい、廻り遇えた奇跡は、・・・俺も同じだから。”

蓮は、誰と廻り遇えたのだろうかと自分で思うほど、自分と蓮との接点は思い浮かばない。
自分との事を、廻り遇えたと言うのならば、それは・・・

久遠だ。


蓮、ではない・・・・

自分で蓮が言っていた。芸名だと敦賀蓮が・・・。
お風呂で考え、神様に願った事。二人が一人の人であったなら。と。


二人は一人。と言ったこの人は・・・敦賀蓮という芸名の、・・・・・久遠ヒズリ・・・?



頭が混乱する。とても似ているこの二人に、惑わされていても、思いつく事は同じ人。
でも撮影中に思った事は、対照的な二人の事。

守られたい、久遠。と、守ってあげたい、蓮。と・・・

同じ一人の人を二人に分けた神の悪戯が、なぜ私の運命をも悪戯に掻き混ぜるのだろう。

二人いるのならば、蓮はいつか居なくなる訳が無い。
なぜ自分でも、さっき、蓮が居なくなってしまう様な気がしたのか分からなかった。


握り締めたこの手の温もりが、いつか消えてしまうと思うと、心が震え締め付けられる。
心が震える感触は、初めて感じたのは、久遠からの愛を感じた時だった。二度目に感じたのは、蓮からの愛を感じた時だった。愛しさは、心が震え開かれる。

愛と切なさは、同じ心が震える感覚があると思う。
意味は逆なことから、震える感覚は同じなのに、締め付けられる切なさと、開かれる愛の違いは、
自分の中にしまいこむのと、出す事を逆に感じるのだと。


愛しても、愛しても、蓮は、消えてしまうのだろうか・・・?
同じ様に心が震えるのならば、開いて与えようとしている心は、また締め付けるように胸の中に治めなければならないのだろうか。母親や、ショータローへの気持ちと同じ様に。

でも、敦賀蓮という芸名の久遠ヒズリだったとしたら、愛しても愛しても、変わらずに傍に居て、
私の事を、愛して、愛して、くれる事と思いたい・・・・

(それで・・・いいかも・・・・・)


コンビニの袋を腕にかけ、微笑みながら、胸元に手を当てた。
プリンセスローザの魔法を頼りたくなった。この、魔法の石は蓮から貰った、魔法。
どうか、魔法使いから、今日の撮影の時のように、二人をいつまでも想える様に、魔法を掛け続けて欲しい。と願っていた。



・・・・・。
何を考えて居るの?


優しい声が上から聞こえる。変わらぬ心地よい心に真っ直ぐ届くこの声。今思って居た事は、蓮に話す事は出来ないと思っている。もし話すとしたら、久遠になら話せると思っていた。
違っていても、そうだとしても、敦賀蓮は、私が守ってあげないと、すぐに壊れてしまう人格の持ち主だと言う事を、私はもう・・・カインの時から、知っているから・・・


自分から、この関係を壊すつもりも、全く無いほど・・・この関係が心地いい・・・・・





なんでもないよ。
ただ・・・
あっ!・・・あのね。
そうそう、蓮が来てよかった。


何を考えているのか分からなかったけれど、次の言葉に、へ~、そう。と思うだけだった。
寝室の蛍光灯。買って来たから代えてくれ。だった。繋いでいない反対の腕のコンビニ袋をひょいと持つと、丸い蛍光灯。日本でしか見たこと無い、器用な形。ちなみに俺のマンションには、このタイプは無いので、ほとんど初めて見る感じ。
ど~やって換えるんだ?とさえ思うほど、みょ~な形の蛍光灯。確かに背の高い俺が、天井の低いキョーコのマンションの部屋では、手を伸ばせば届く天井。
そうか、久遠の部屋も、天井の高さを考えると、最上階じゃなきゃダメかもな。と頭をぶつけた事を思い出し、ソレも付け足して覚えた。

キョーコとリビングに戻る時、頭を一回ぶつけた・・・リビングに入るドア。
頭を下げるのを忘れてiPhoneばかりを見て居たから、気が付いた時にはギリギリ~と瞬間思ったが、ほんのちょっと俺の方がデカかった。じ~んとしている間、しばらくそのままそこに立って居たからこそ思いついた、社さんへのアドバイスの例えだった・・・


(こんなものじゃ無いんだろうな。痛み・・・。)

お風呂に浸かっていても、血行がよくなってズキズキしていた。鏡を覗いて確かめたけど、コブにもなって無いし、血も出てなかった・・・。
女の子はあれだけ血が出るんだから、さぞかし痛いのだろう・・・。

そんな事を考えてマンションに向かっていた。もうすっかり暑いのも冷めたので、全く痛くない。

キョーコがポケットから鍵を出して、オートロックを開けるその鍵に付いているハートのクリスタル。
さっき落としてしまったけれど、割れていない。
その姿を横で見ていて、さっき歩きながら襟を直してあげた時を、キスマークとプリンセスローザを見て思い出していた。
プリンセスローザを、キョーコの首から外したのは、2度ほどあった事。

初めて、その胸から外したのは、このキーチェーンをあげた時・・・。

キョーコの初めての相手をした。

好きという彼女への感情はもうとっくに上回りすぎていて、キョーコからの愛しい告白は偽りの俺、敦賀蓮への愛の為だったとしても、同じぐらい・・・久遠、自分本人を好きだと言ってくれた時・・・

久遠の事も蓮の事も、同じだけ自分を好きだと言ってくれ、久遠を受け入れてくれたけれど、どうしても蓮からもらったプリンセスローザをはずして、久遠としてみて欲しいと思っていた事。愛しくて愛しくて、久遠としてキョーコを初めて愛した事。

そして、自分で思い自分で気付いた、その2度目は・・・

久遠、自分本人が初めて心をキョーコに開いて、自分の人生を彼女と共に歩めるようにと、ロミオの言葉を借りて言ったバラのお風呂に入った時。

I fear, too early, for my mind misgives. Some consequence, yet hanging in the stars.
“どのような結果が待っていようとも、今はまだ現実に降り注いでも来ないうちから、心配しすぎで、そんな自分を恐れている。”

Hanging in the star…
“この宿命、星の元に・・・” だから、君は俺の、

O she both teach the torches to burn bright. Is seems she hangs upon the cheek of night.
“深い夜を照らす松明であって、行く先を明るく導くように教える。”

The cheek of night…
“バラ色に染まるその頬を携えた、この笑顔が・・・”

そう、君は俺の運命。もう、離さないよ・・・。



だから、これからも、もう離さない。ずっとこの愛しい魔法には、触れていたい。

鍵を握ったその手を上から包んで握りしめて、手を繋いだ二人の手の中に鍵とハートのキーチェーンが入っている。
君の心を開いてくれた大事な鍵は、久遠からだった。自分の心を開いてくれたのは、敦賀蓮からの贈り物。その胸に光る、アイツに勝ったクリスマスの誕生日の、プリンセスローザ。

君の胸から外したのは、自分の中で蓮と久遠がまだ混じっていた頃のこと。
今は、少し違う感情。蓮でも久遠でも感情が混ざっても、冷静で居れる自分を見つけた。

初めての相手だったあの時は、あんなに血が出るんだから、どんなに痛かろうと、思ってしまう。
さっき、自分の頭から血が出ていないのを確認した時にも、思ったこと。
あの温ったかい、なんかが出てきた感じ、それとあの流血・・・痛みを我慢してまで受け入れてくれる事。その痛みは、久遠がさせたものだった。このままじゃ終らない。と思い、思いっきり入れちゃったから、痛かったろうと思う。そこは反省・・・だけどその痛みを乗り越えるのは蓮の為なのかと思うと、切なくなって外してベッドの脇に置いたプリンセスローザを見ていた。本当の自分で本当に愛したくて、二度目の気持ちよさも久遠のままで教えた事も・・・

人様の事を、想像するのはヨロシク無いとは思うけれど、どうしてもゴソウゾウしてしまうのは、キョーコの初めてを思い出してしまったから。
今頃、琴南さんもさぞ、痛かろう…と思ってしまった事だった。

明日、琴南さんもお休みだといいのにな。と思っている。キョーコに事務所で次の日に会った時、キョーコも腰が痛いのか力が入らないのか、立ったり座ったり大変そうだった。と思い出す。


人様のどうでもいい事は、ゴソウゾウしててもしょうがない。それより自分の居る、このお部屋。

がらっと引き戸を開けて、やっぱり同じ光景に、心はずむ。

(・・・う~ん。Still feel sooooo existentially exotic eroticism.)

見えないので豆電球なる灯りを点けるのも、このままがいいよ。と言いたい。蛍光灯を取り替えて明るくなんてしたくなかった。
エロティシズムはまだ、そのまま感じます。どうしましょう?困りましたね。
社さんに話す口調になって思っていた。思いながらも、やっぱり蛍光灯は取り替えていた。
エキゾチックで、エロティシズムなお部屋なのに、キョーコのお部屋にはブルートゥースなんて入ってない。スピーカーで流すようなシステムがあったとしても、お隣さんに迷惑だろうと思う。

歯磨きを一緒にして、どうしよう。何しよう。と考えて居た。鏡の中のキョーコは、さっき帰って来たままだった。歯磨きしながら揺れるプリンセスローザを見詰めていた。
このプリンセスローザをあげた時も、Dark Moonの撮影中だった。緒方監督も来てたなグレイトフル・パーティ。と思い出す。ブクブク~ぺっ。をして、がらがら~ぺっ。としてタオルで顔を拭きながら、あの時、本当にすごく・・・の後に続く言葉を言えなかったな。と思い出した。
あのままあの日、カーアクションで意識が戻らなくなっていたら、その言葉は永遠に言う事無く、俺はどうなって居たのだろうと思う。

ブクブク、ぺっ。としてタオルで顔を拭いたキョーコを見ていた。にっと歯を見せるように笑っていたので、抱き寄せて、はい上手にできました。と、おでこにちゅっとした。


蓮は大きいから、
おでこと頭にキスが多い。


そう言われてみれば、そうかも。と思う。それなら・・・と思いついちゃった。なんだか禁断な遊び風。EXOTIC EROTICISMなお部屋で、したくなってしまった。思いついてしまった自分でもどうだろう、そんな事。と思える程したこと無い事。自分にとっても、自分の知らない自分の事。まだ禁断の大人の領域な感じだった。


それではまずは、君の初めての時に言われてショックだった一言の、敦賀さんとする時は・・・の言葉。

“ 初めては、コーンがいいの。あの人に似合う人になりたいから、子供のままじゃなくて、もっと大人になってから。君には何もしないよ。って、子ども扱いされたんだよ。
もっと、大人になって、振り向かせられることができたら、その時に敦賀さんにも、同じ事を言いたいなって。・・・ならなくちゃ、大人に。”

君の初めては、君の望み通り久遠が貰ったけれど、敦賀さんを想って抱かれているのかと思わされたほど、自分の中でも嫉妬していた。自分なのに可笑しな感情だった。だから、君のイメージ通り久遠では出来ないけれど、もっと君の全てが知りたい俺は、蓮だったらいいかと思える。
だから、そのまま敦賀さんが、今がその時だよ。って事、教えてあげる。
そう、もう君を子供扱いなんてしないから・・・


洗面所の電気を、ぱちっと消して真っ暗にした。



じゃぁ、どこが好き?

・・・教えてくれなくてもいいよ。
俺が探すから。
それで・・・

・・・いいよね。______




.

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray