• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.181

Category : Story-I of LDs
.


奏江ちゃんとエレベーターの前で、止まってしまった。
上に行くのか、下に行くのか、ボタンを押さずに人差し指を、指したまま止まっていた。



奏江ちゃん。何階?


ひとまず聞いてみようと思って聞いた。あの~、ですね・・・と言ったと思ったら、下のボタンをプチッと奏江ちゃんが押した。
ふ~ん、下の階なのか。そう思ってエレベーターが来たので、二人で乗った。
奏江ちゃんは、一番下の、エントランスロビーのボタンを押した。ウィ~ンと下がるエレベーターの中で、なるほど、お帰りください。お見送りいたします。ってことだよな。と思った。
ポケットの中で、携帯が震えていた。ん?と思って、手袋を嵌めて、携帯を見るとメールだった。
蓮のマンションと違って、外にあるエレベーターだし、狭いので電波が入っている。
メールを見たら、蓮からだった。

(まぁ、確かにソウでした。うっかり忘れていましたよ・・・。)

そう思ってしまった。エレベーターのドアが開いて、一歩出ようと思って踏み出したら、スーツの背中を引っ張る感覚があった。
ん?と思って振り返ると、奏江ちゃんがドアの閉を押して、自分の階のボタンを押した。


帰りますか?


一言奏江ちゃんが言ったので、そうだな、どうしよう。と思った。
帰りたくない。とでも言ってしまった方がいいのか・・・悩んでいた。
携帯を、ポケットにしまい直して、何を言っていいか分からずに無言で居た。上に上がるエレベータの階数を見詰めていた。
きっと、蓮だったらキスでもすんのか?そう思った。けれど今ではそうだけど・・・、昔を考えれば、俺より恋愛オンチでヘタレだった・・・。と思い出した。
アイツでもがんばって、今キョーコちゃんと一緒に居るんだ。そう思ったら勇気がわいてきた。

かなえ・・ちゃ・・

名前を呼ぼうとしていたら、奏江ちゃんが、あの~。と言って俺の言葉を待たずに続けて話して来た。


社さん。
ちょっと、そこまで一緒に行って下さい。
だから、ちょっと待ってて下さい。


ん・・・いいよ。
一人でこの時間、
外に行くのは危ないからね。


明るい笑顔になって、微笑んでくれる。じゃ、どうするの?と聞いたら、変装して来ます。と返ってきた。確かにこんな夜中に、マネージャーとは言え、まぁ奏江ちゃんのマネージャーでもないけど、男と二人で居る所を見られたりしたら、奏江ちゃんも顔が売れてきているし。と思う。


よかったら、
入ってて下さい。


じゃぁ、ここで。


キョーコちゃんと蓮の様に、お付き合いをしている訳でもないので一応、ズカズカと入って行っては失礼かと思い、玄関の中で待つことにした。どこに行きたいのかは分からないけれど、ちょっとそこまで行くって言うからには、この時間だったらコンビニぐらいしか思いつかない。
さっきの蓮のメールを思い出す。確かに奏江ちゃんだって、そうだよな・・・ふふっ。と思い返してみれば、そう思う。

そうそう、思い出して蓮にメールする事にした。ここの家賃の事を話していなかった。それと、あさってのスケジュール、それに、今日の晩御飯代の事。

かいつまんで、晩御飯の買い物は、キョーコちゃんがニコニコ現金払いでしたよ~。蓮君からどうにかして返してあげてください。と打つ。それとここの家賃は、カードで払えるので、管理会社から添付されてきたファイルを転送しますね。蓮の名前がダメならば連絡くれよ。と、明後日は、朝9時から、キョーコちゃん共々、Dreamsの撮影をAスタね。楽屋で落ち合うでもいいよ。午後から蓮は理想の男だけど、監督の病気しだい。中止ならばそのままDreamsの撮影を続けた方がいいかなと思います。キョーコちゃんも、夜上がりなので。と打った。

それでも、奏江ちゃんは、来ない。どうしたのかな?と思っていて、しばらくぼ~っとしていた。
ちょっと、酒の強い蓮に合わせて自分的には飲みすぎたのか、それともオランダのビールが強い酒だったのか分からないけれど、味の濃い美味しいビールだったな~。と思い返していた。
緑茶を飲んで爽快だったけれど、頭がぼ~っとする。明日は久しぶりに蓮、共々休みなので気が抜けているのかとも思った。休みは久しぶりだな。と思う。

お待たせしました。そう言って現れた奏江ちゃんは、別人だった。
茶髪のウェーブの掛かったロングウィッグに、目もぱっちりの長いまつげ。さっきまでのTシャツ姿と違って、ベージュのスーツを着ている。
なんで、コンビニ行くのにスーツ?と聞くと、そうですね、社さんもスーツなので。会社帰りのOLのイメージです。と言っている。確かにこの二人なら、逆に目立たないと思う。襟元のれんが色のスカーフが奏江ちゃんを大人っぽく見せている。きっちりとパンプスまで履いて、芸能人って大変だな。と思うが、蓮は意外にそのまま行っちゃったりするな。と、今度ここまで変装しろよ。と言いたい。
奏江ちゃんよりも、蓮の方が顔が知られて居る。そう思ったら明日のオフの事も気になって来た。
休み明けに、京子と敦賀蓮、熱愛。なんて週刊誌に出たら仕事のスケジュールがしばらく大変だ。と、余計な心配してしまう。

(まっ、キョーコちゃんがしっかりしてるしな。)

と、キョーコちゃん任せにしようと、思う。
今日の学校だって、まぁまぁ蓮だって分かって車を反対側に移動したり、レンタカーできちんとここまで来てるしな。と思い返した。よしよしと、腕を組んで頷いていたら、どうしました?と聞かれてしまう。いや、なんでもない。と言って、エレベーターの前まで来た。
何を買いに行くのだろう?肉まん?おでん?でも時期ハズレ。俺的にはコンビニのドアが開いた時の、おでんの匂いが好きだった。
いやいや、奏江ちゃんは、そんなもの食べませんね。と一人納得して、考えを締めくくった。

エレベーターのドアが開いて、エントランスを出る。どっち?と聞いたら、こっち。と手を繋がれて引っ張られた。
奏江ちゃんの手は、少し冷たかった。女の子にありがちな末端冷え性。今日は蓮もキョーコちゃんを抱っこしてまで温めてあげてたな・・・。と思い出していた。
その、ひんやりした手をぎゅっと握った。寒いの?と聞くと、いいえ、どっちかと言うと暑いですかね?
と、真っ赤な顔を見てしまった。
かわいい~。ウブだな。と思いながらも手を離さないで、パンプスの奏江ちゃんに合わせてゆっくり歩いた。パンプスにスーツで、冷え性の彼女。前の彼女を思い出す。

奏江ちゃんに、自分と蓮の話をした。

LMEに大学卒業と同時に就職して、人事の事もよく分からないまま、蓮の専属マネージャーに成った事。新人だった蓮だったから、新人の俺といつも二人三脚でここまで来た事。
始めの一年ぐらいは、がむしゃらに色々オーディションを受けたりして、自分で役をもぎ取って来た蓮だった。オファーを今じゃ馬鹿みたいにもらえる俳優になったけれど、あの始めの一年は大変だった。自分も全くと言っていいほど、何をするのかよく分かっていなかったから・・・



その時大学の頃から付き合ってた彼女はね、
離れて行ったんだ。
それからは、売れっ子のサポートの為に、
自分の予定なんて、全く考えなかったんだ。


それ、さっき言ってた事ですね。
でも今なら・・・ってどういう事ですか?


最近、蓮に海外の仕事が増えて、
俺は、行かなくてもいい事になったんだ。
まぁね、蓮とはこうして、ずーっと一緒にいたから、
行かなくていい。と言われたら・・・
淋しいか・・・

・・・でも、仕事だからね。
しょうがないよね。社員だし、俺。



ん~、私たちタレントも会社の商品ですから。
社員が売り込む、商品ですよね。

商品の敦賀さんの売れ行きと、需要が・・・、
世界に広がったって事。

・・・その、日本だけじゃなく、世界に広がるほど
敦賀さんの売れ行きを伸ばしてきたのは・・・

社さん。貴方ですよ。

だから、淋しいんじゃなくて、嬉しくないですか?



そう言われて、そうだ。と思わせてくれた。その言葉を聞いて、ものすごく嬉しくなった。松嶋主任から、社長から、お前はしなくていい。と言われて、なんで?と淋しくなっていたけれど、その言葉は、折れそうだった俺の心を完璧に癒してくれた。もう、蓮のことなんてほっといて、自分の予定を入れて、自分を生きてやる。と自暴自棄になり掛けたけど、でもこれは、俺への休暇という、ご褒美だと思えばいい。蓮が居ない間自分の予定を入れる事もできるし、蓮の担当を切られたわけじゃない。


ありがと。奏江ちゃん。


そうですね、私もマネージャーが付くぐらい、
忙しくなってみたいですね。
それに、社さんの様な、商品の事を第一に考えてくれる
マネージャー。欲しいです。


そしたらね。
裏で噂しない様な人がいいよ。
マネージャーも皆、気が立っている人、多いからね。
でもまぁ、タレントによるのかな?蓮のことに関しては、悪い事は聞かないね。
キョーコちゃんも忙しいからね。
マネージャー、誰が付くんだろうな?
新人だけど、新人のマネージャーじゃ、仕事が大変だよな~。
あっ、奏江ちゃんにも、千夜一夜の頃には、付くと思うよ。
京子と敦賀蓮が傷心自殺してからは、奏江オンステージだもんね。
がんばってね。
蓮と見てるから、撮影。


握っていた手を揺らしながら、コンビニに着いた。何買うの?と聞くと、う~ん、社さんは何が必要ですか?と逆に聞かれた。
えっ!俺?と、戸惑っていると、奏江ちゃんは、視線を逸らせたけれど、家にはですね、何も無いんです。キョーコと違って。と言った。
もう、何を言いたいのか分かってしまった。じゃぁ、今日はこれで帰らないで。って事なんだ。と思い、
そうだな、この6年でただ、ぼ~っと見てたわけじゃ無い撮影の、敦賀蓮から学んだ術でも使わせてもらいますよ。理想の男だし、憧れの敦賀蓮だし。と思った。

“ 女の子にこの先を言わせるのは、ダメ男。”

蓮からそんな言葉が聞こえてくるようだと思った。奏江ちゃんの唇に、人差し指を当てて、しーっと促した。少し厳しい表情で、見下ろして伝えようと思う。


名前。
言わないで。
二人の名前。


あぁ、そうですね。
人も居るし・・・すみません。


(よし。)

にこっと微笑んで、人差し指はそのままだな。蓮だったらウインクでもするんだろうけど、俺には無理だな、それは・・・。と思う。そういう時は・・・と思いつくのは、今じゃない事を言って未来を考えさせると、今が見えるだよな。蓮式敦賀流では。と思い出した。


ん~そうだね・・・
お茶とか、お菓子じゃないんだよね。
しいて言えば・・・
朝ごはん?・・・かな?


人差し指に唇が触れては居なかったけれど、キョーコちゃんだったら、蓮の指にちゅっとするんだけど・・・。と思ってしまう。
奏江ちゃんは、イカニ?とアクションを待っていたら、その腕をそっと握られて、にこっと微笑みそのまま腕を組んで、コンビニの中を歩き出した。


ん~とね・・・
家には予備の歯ブラシもないし~、
男物のモノはな~んにも、ないの。
朝ごはんは・・・
どこか、行こう。明日。
私も、夕方までオフだから。


そう・・・じゃぁ・・・
着替えは、要らないな。
家に帰るから・・・


えっ!?


(はい、蓮式敦賀流だと、一度、突き離しますよ~。ま、もう少し聞いてくださいね~。)


明日の朝、その時、一緒にご飯行こうね。
じゃぁね~
何、したい?明日。


うふふ。と微笑んで組まれていた腕を、ぎゅっと寄せられて、蓮式敦賀流。さんきゅ~ぅ。と心で思う。
でも、腕を寄せられた事で思った事があった。長年マネージャーをしてきての経験。買い物しながら、そう思った一つの事・・・。

この子、この女優さん。琴南奏江。それに、敦賀蓮も、京子も、貴島秀人も、百瀬逸美も、上杉飛鳳も。
数え上げたらキリが無い。
この人柄を目敏く見抜く、事務所の上司。それにクリエイティブの上役。すごいな。と思う。

その意味は、また後で。今は、奏江ちゃんとのお買い物を楽しもうと、仕事の事は置いといて、自分のプライベートを優先するのも、蓮式敦賀流の極意。


腕を組んで、楽しくお買い物をするのは、ハタから見たらどう映って居るのだろう。と考える。
蓮の理想の男の撮影で、リーマンの蓮と、OLとのやり取りが最近ずっと続いていたのを思い出す。
蓮の彼女役の女優さんとも、蓮が楽しそうに演技していた事を思い出しながら、でも自分で本当に楽しいと、思えるプライベートとは、こんなにも違うのだろうな。
キョーコちゃんとの蓮のプライベートの表情と、蓮の撮影の時の表情との違いを、思い出す。


蓮の表情が違う事は、分かる気がする。

だって、自分でも、今こうしているのが楽しいから・・・




付けたし。
・・・・・蓮へ。

俺にとっても、憧れの敦賀蓮です。蓮、大好きだよ~。俺を見放さないでくれよ~。と思ってしまう。





Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray