• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.175

Category : Story-I of LDs
.


今ならば、叫ぶ事も _______________
君を守り抜く事も、できる
もう、戻らない時だけを・・・悔やんでしまうのは・・・なぜ?

ただ、愛しくて、涙も枯れて、
君の居ない世界を、さまよう・・・
忘れたくない、君の香りを・・・まだ・・・
抱きしめ、眠る夜が・・・


歌詞の続きをずっと追っていくと、スッキリしたレモンの風味のレモンティで、喉も温められていたし、気持ちもついでにスッキリしてたので、思いっきり歌詞の通り叫びたかった。

なんとなく、あれから歩き続けて15分。携帯で時間を確かめると、そのぐらい過ぎていたと気付く。

ちょっと高級そうなマンションの立ち並ぶエリアに来ていた。ちらりと覗くとマンション住民の専用の駐車場もあるようなマンションばかりが立ち並ぶ。

うん、ここら辺がいい。そう思って歩いて居たけれど、自分の歌を聞きながらで、急に腹の底から歌いたくなったので、くるっと引き返そうと元の道を戻り始めた。

キョーコのマンションまで戻ってきた。
窓には灯りが点いている。カーテンを閉める人影が写った。後ろを向いて何か誰かとしゃべりながらカーテンを引いているのは、キョーコだった。

誰かは、キュララの相棒だというのは、さっきから見ていたので知っている。
でも突然気になって、早歩きで近くのコインパーキングの横に行った。さっきと同じ車の並び方。それにまだ満車のまま。アイツの車が無い事を確かめられたので、そのまま鼻歌を歌いながら、スタジオに戻る・・・とその前に、もう一つレモンティを買ってこ。と思い立ち、引き返す。

ベランダに人が出てきたような音が聞こえたので、音の主に耳を澄ませるとキュララの相棒とキョーコの声。

ふぇ~っ、お腹いっぱい・・・

じゃぁ、お雑炊は止めて、澄まし汁にしよっか。

うん、それがいい・・・

そんな会話が聞こえたので、思わず微笑んでいた。
旅館のメニューみたいだな。そう思ったからだった。じゃぁな、お休みキョーコ。そう思っていたけれど、上を見ずにそのままスタジオに向かって歩き出した。
ポケットに手を入れて、携帯のボタンを手探りで押していた。
イヤホンから流す自分の曲は、ボリュームを最大にして自分の世界に浸りながら帰ろう・・・


――― ただ、逢いたくて、
もぉ、逢えなくて、唇かみ・・・・RRRR・・・・

ボリュームを最大にしていたので、電話が鳴る音も最大だった。
ギクッとして、思わず、うわぁぁ~と叫び、唇を噛み・・そうだった。

び、び、びっくりした~ぁ。

直ぐにイヤホンを外し、携帯をポケットから出すと、着信者を確認した。

(・・・ポチリ。)

七倉美森の名前を見て、どうしようか迷っていた。そのままイヤホンの中で鳴り続ける音と、画面を見ていた。着拒はしないけれど、音が止まるまでそうしていた。

本当に用があるなら、留守電に入れっだろ。そう思っての事だった。
キョーコの事だけを考えて、歌の練習をスタジオでしたかったので、ポチリとの今日の事を見られた事は・・・・はっ!

急に思い出した。そうだった、キョーコに違うぞ。と言いたかったんだった。

くるっとマンションの方に振り返ったけれど、行ってもしょうがない。と思う。

それに、明日のスケジュールで・・・いや?明日はキャンセルされたんだった。ん?そうだった。
マネージャーの居ないキョーコに、ミルキちゃんはマネージャーから電話があってキャンセルになったと、聞かされたんだった。
そんなに、キョーコは忙しいのか?と思うけれど、なんとなく変な感じがした。


忙しいのに、友達とこんなゆっくりメシ食うか?
キョーコだったら、さっさと寝そうだよな・・・


・・・・と思う。


ん~~~。

音楽を聴くのを止めて、腕を組んで考えながらとりあえず、スタジオの方に戻ろうと決めた。

見ちゃいけない気に成ったからだった。
見たら何を仕出かすか分からない自分が自分で怖かった。

それにもし、今自分が思っている事が起きて居たとしても、キョーコのマンションはオートロックだし、部屋の前までは行けない。それに自分もキョーコも、相棒も、それに今考えているヤツがそこに居たとしたら、ご近所さんから絶対に漏れるであろうスキャンダルになってしまう。

それだけは絶対に避けなければならない。みんな売れっ子芸能人、そんなスキャンダルどこもかしこも、食いつくだろう。そしたら、自分の歌手生命も、京子の女優生命も、自分で壊す結果に成ってしまう。

そんな事をしたら、京都に戻る事になったとしても、跡継ぎ&女将にも成れはしない。
一生、姿を見ることなく、キョーコは俺の前に二度と現れてくれないと思う。


そう思った時に、もう一度イヤホンを付けて音も聞こえないようにしようと試みる。

今の、ポチリの電話で途切れた、歌詞のパートを思い返す。なんてまた、そんなパートで・・・

ただ、逢いたくて・・・
もぉ、逢えなくて・・・唇かみ締めて、泣いてた・・・

(泣きはしないけれど、もう、逢えない。今夜は・・・・)

さっさと帰ろう。そう思って早歩きで歩き出した。



腕を組んで考えて居たのは、今、なんとなく辻褄が合わない事だった。

キョーコがカーテンを閉めた時の後ろ姿は、誰かと喋っているのだと思える。でも、相棒はベランダに居たんだよな・・・じゃぁ、まだ他にも誰かが部屋に居ないと、キョーコは一人で喋っていた事に成ってしまう・・・・・・


その時、駐車場を出てきた人と、肩がぶつかった。



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray