• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.174

Category : Story-I of LDs
.


蓮が呼んでいる。

どうぞ。と中から誘う、その甘い笑顔は見慣れた演技の蓮じゃなかった。
手渡そうとしているのか、こっちに来て。と呼ぶように頭をちょっと掛け向けた仕草、真っ直ぐに目を見詰められてするその仕草にフラフラ~と波間を漂うクラゲの様に吸い込まれる。


はいどうぞ。
お気に召しますかどうか?


キョーコちゃんは、奏江ちゃんに同じ様なグラスを渡している。今の見られていたのかもしれないと思うと、顔から火が出そうだった。思わず蓮にもらったグラスをグイッと飲んだ。


おっ、美味い~。


そうですか?
じゃぁ、よかった。
カニ。・・・しか分からなかったので、
ロゼにしたんです。


キョーコちゃんのは?
まさか、同じじゃないよな。


あぁ、キョーコのは、見た目同じですけど、
イチゴとブルーベリーとバルサミコ酢で割った
偽物ですよ。
味は、ジュースです。


全く・・・こういう事には詳しい、年下の弟。何をするにもカッコイイやっちゃな~と思ってしまう。

テーブルの上には、いつの間にか沢山の料理が並んでいた。
こ~んないい奥さんが居て、毎日自分はワインと、それに同じ様な飲み物を彼女に作ってあげて、二人で夕食を、うふふ~あはは~と取っているのかと思うと、本当に羨ましい。

その後の、うっふ~ん。あっは~ん。は、まぁ今は置いておこう。撮影の時を思い出してしまった。
でもそれも、羨ましいと思う、もう一つ。


そういや、今日のブラブラしないスペシャルの打ちあわせで、料理は出来ないけどドリンクは作るの自分でも出来るって言ってたな。と思い出す。

確かに、雰囲気を同じにノンアルコールカクテルみたいな物も作れるし、コーヒーに関しては昔からウルサイやつだった。これならあの仕事も心配は要らないと思った。

時間がなければ、ご飯同様、何でもいいや。のインスタントコーヒーでも構わないけれど、時間があるのと・・・ではなくて、キョーコちゃんと一緒に過ごす時間が欲しくて、しっかりと自分で時間を管理し、仕事は手抜きではなく完璧にする事で時間を作り、二人で過ごすこの様な時間を大切にする姿を、初めて見た気がした。

最近、やたらと巻きで仕事をしてくれる蓮にとって、この安らぎの時間が一日の中で一番大切な、一番過ごしたい時間なのだと思う。



ワインは一本ですけど、
ビールもありますよ。
カニと言ったら、ビールですよね。


おっ、気が利くな~。
さすが、敦賀蓮。


なんですか?ソレ。
褒めてますか・・・



コイツの事に憧れて、たくさんの同年代からはもちろん、もっと幅広い年代の人達が、真似をするけれど、絶対にマネは出来ないであろう。と思えるほど、敦賀蓮は完璧だと思う。

でも、キョーコちゃんに言われて気付いた。コイツは、俺にも一切見せない努力があってこその、完璧を作り出しているんだと。

地で完璧なわけじゃない。どんなに真似をしたとしても、蓮には蓮の隠れた努力があって、知らないから上辺だけをなぞるように世間のヤツが真似をする。
それに本物は自分の自分にあった完璧を追求しているだけで、誰もが敦賀蓮に成れるかと言ったら、絶対に成れない。

自分にあった、自分を見つめて、自分で、自分を創って、自分を追い求める。
それこそが敦賀蓮流の、カッコイイ男という人。その本物のコイツ。

・・・やっぱ敦賀蓮。世の中に敦賀蓮はコイツただ一人。


そこを分かれ。と、世間のヤツラにとても言いたい。


事務所に届く、そうでなくても今日はクイーンに届いていると言うコメントの数々を見せてもらいメールで送ってもらったが、同性からもファンが多い蓮には、どうしたらそうなれるのか?的なアドバイスを求めるものが多い。

そうじゃないぞ。と思いながら、いつも同様、蓮には見せない。

励ましは見せるけれど、こういった類のモノは、蓮にとって不要なもの。
自分を追い求める蓮の努力を絶対に無にしない為にも、蓮の自分の行く先を惑わせるようなこういった類のものは、マネージャーの俺の胸にしまって置く。それも、自分の仕事だと思っている。



そうそう、事務所で、
キョーコに掛けてくださった電話。
ありがとうございます。


あぁ、あれ、何だったんだ?
ワン切りでいいって言うから、
掛けて切ったけど・・・?


キョーコがサインを求められてまして、
あぁ、でもタレントからなんですけどね。
なんでも、憧れ。ってやつですか。
キョーコの創った、ナツの役に憧れる高校生から・・・


そっか・・・


この完璧な男に憧れるヤツがたくさん居るのは知っているけれど、この完璧な男の彼女も、彼女に憧れを抱くファンが居る。そう思うと憧れられる二人がこれから創っていくであろう、この二人の夫婦の役に、憧れを抱く夫婦がファンになり、もっと蓮もキョーコちゃんもファンを増やしていく事だと思う。
これからも、自分の仕事は増えそうだという事に、意気込みを感じるほど、この二人を応援しようと思える。

でもその蓮とキョーコちゃんの創る夫婦の役は、努力よりも地で出来るんじゃないかと思える。

完璧にしようと努力する姿をキョーコちゃんにだけは見せる事の出来る蓮も、まだ完璧じゃない完璧に向かって努力する蓮の方を愛しているというキョーコちゃんも、お互いが想い合う気持ちはもう、誰にも止められないほどの所まで行っているのかと思える。

それでそのまま地でやられて困るのは、事務所と俺と監督かもな。と思うのはさっき奏江ちゃんが言っていた事だった __________



敦賀さんのキョーコ好きにも、キョーコの受け答えにも、
びっくりしましたけど・・・
一緒に住んでいる事は、二人の事ですから。
それに、夫婦の役作りしてたら、
お互い昔から想いあってた。って気付いて。って事ですよね。
じゃ、いいんじゃないんですか?
それに・・・
敦賀さんと京子のこんなスキャンダル。
いくら詰まれても、私は売りませんから。
安心してください、誰にも言うつもりはありません。
後は・・・

ドラマの中で本気だって見せないようにするのは・・・
敦賀さんと京子。お二人の演技に掛かってるんじゃないですか?

まっ、がんばって、キョーコってとこですかね。


ね~、逆に世間に本当のことを知られないようにする方が、大変になって、ねぇ・・・と、俺に意見を求めていた。うん、そうかも。と思った事だった。


キョーコちゃんが戻ってきて、テーブルの上のほうれん草のサラダを小皿によそってくれる。
フォークと一緒に、小皿を俺に先に渡してくれる。蓮のお皿には、フォークは・・・


蓮。アペタイザーどうぞ。
アンティパストの方が、いいかな?
イタリアンだし。
は~い、あ~んしてね。


その前に、いただきます。は?


うふっ。そうだね・・・


そういって、ちゅっと慣れた様にキスをしてから、頂きます。ありがとう、キョーコ。と小声で言っている。

ま~、なんていい旦那さんなんだ~。蓮君は・・・。と思ってしまう。

こんなことをドラマでもしていくのかと思うと、まぁどう言うかは、監督しだいってとこだな。と思う。


よく見ると、テーブルには椅子が3つしかない。

社さん、どうぞ。とキョーコちゃんに手を差し出されて座った席に・・・
・・・半分開いたグラスにも、社さん、どうぞ。と、蓮がワインを注いでくれる。

この二人の夫婦の役は、監督じゃないけどハマリ役かもと思ってしまう。

・・・一つの心配事を覗いて。


3つしかない椅子は、2つはテーブルと揃った椅子だけれど、もう一つは学生のキョーコちゃんらしい、勉強机の椅子。でも今日は4人。どうするんだ?と思っていると、蓮がキョーコはここ。と言って勉強机の方の椅子に座って、抱き寄せて膝に乗せた。


はい、あ~ん。おいしい?


うん、美味しい。今日もだよ。
いつも美味しいよ。


蓮の付けたす言葉には、普通言えないような事を言っている。でもそれは、きっと夫婦にとって絶対に必要な感謝の言葉だとは思う。


でもでも~、でも~~ぉ 
その体制と、それにフォーク一つでシェアするのは、反対。

これは、事務所的にドラマでされてはNGです。と、プライベートは気にしないけど、ドラマの中ではダ~メ。と言っておく。うふふ、それはしませんよ。ねぇ~っ。と顔を見合わせる二人は、本当に仲がいい。


そうそう、さっきさ、ここに来る前、
レンタカーしたけど、その会社の人がね、
サインくれって言うから、サインしてあげた。


へぇ、私も事務所でしたよ。
あっ、思い出した。
そうそう、社さん、あの電話の事、蓮から聞きました。
お手数掛けまして、ありがとうございました。


ん~ん、全然大丈夫。
マネージャーだしね。今日は。
でも蓮、サインって大丈夫か?
どこでしたんだ?


ああ、マンションですけど、
コンシェルジュにも口止めの証人に成って貰ってます。
大丈夫ですよ。

それでね、キョーコ。
キョーコと同じ様に、ドラマの小道具にした。
見てる人って、見てるね~。
びっくりしたよ。同じ名刺入れ出されて・・・。


うん、私も驚いた。
ナッちゃんの鏡だったよ。
サインしたの。
あっ!・・・うふふふ~。


どうした?
あぁ・・・アレ?思い出した?


うん。そう・・・
昨日のサイン、私にだよね。


ふふっ、そうだね・・・
じゃぁ、京子のサインも、俺にだよね。


微笑みあって何を思い出しているのかは分からない。どうもお互いに家でサインをしたのかと思う。
へ~、何に?とさらっと聞けば、もう消えちゃったよね。と言われた。

なんだか分からないけど・・・

“ 心に。 ” と言われるかと思ったので、もういいです。と思ってしまう。



そういえばさ、
キョーコちゃんがサインしたのって、
女子高生。って言った?


はい。制服着てました。
歌手ですか?


やっぱり、エレベーターの前で、
はしゃいでる子達の声、うるさかったから、
歌手セクションから人が来て注意したの見たよ。
あの子達はね、学生じゃないよ。
あれ、衣装だから。
そういうユニット。一番上の子は20過ぎてんじゃないかな?
下の方の子は、高校生かもしれないけど。
ん~、キョーコちゃんの1コ上の先輩かな?
確かデビューして・・・4年目か5年目・・・
ま、それが普通に売れてるって事だけど。


えっ、後輩じゃないんですか?


ぷっ。
キョーコ、後輩だと思ってたよね。
彼女たち・・・先輩だったね。


シマッタ。失礼な事を・・・


いいんじゃない?
大丈夫、俳優じゃないし、
それに向こうが、京子にサインくれ。
って言ってきたんだし。


まぁな。そういうお前と年も変わらないあの子達は、子供っぽいなと思える。
片や、齢22にして、プライベートでもワインなどにも詳しいし、それにリーマンの役や弁護士の役、本当にピアニストをやる蓮と、本当の高校生のキョーコちゃんがこれからする奥様役も、今その奥様をプライベートでも目の当たりにしていて、人によると何たる違い、と二人が売れるわけが分かる気がした。


ねぇ、キョーコ。
このままだと、俺ばかりで、
キョーコ食べれないからさ、
いつも通り、あっちにしよう。


そう言って蓮が指差すのは、ソファの前のローテーブル。
そうしよ~。とキョーコちゃんも言って、二人でお皿を持って移動し始める。くつろぎたい時は、昔からリビングでご飯ですよ。俺達は。と言って床に座る。

その時に蓮がお皿と一緒に持って来てくれて、目の前に出されたのは冷凍庫から出されたばかりの、キンキンに冷えたグラス。それにビール。

・・・見たことないビールだった。

オランダのビールで貴島君のお勧めですよ。味の濃いウイスキーに似た感じのビールです。そう言って注がれたビールはオレンジ色。

キョーコちゃんと奏江ちゃんのグラスも、キンキンに冷えた同じ様なオレンジ色の炭酸。

なにこれ?と言いいながら一口飲むキョーコちゃんは直ぐに、おいし~。オレンジジュースだ。と言った。それにも蓮が直ぐに優しい笑顔で言葉を返す。

当り。紅茶のLady gray みたいなイメージで作ったよ。それにあとキョーコ特製のレモンピールのドライコンポート。おやつに持たせてくれたやつ。
そうそう社さん、コレはキョーコが俺に作ってくれたドライコンポートなので甘くない方です。社さんもこのビールに入れてみてください。合いますよ。と言って、ガラスのタッパーを開ける。

なんだか、敦賀蓮がタッパーを持っている事自体がヘンな感じだった。ガラスのタッパーはオシャレっていったらオシャレだけど、どうも生活感が溢れている。

まぁ、夫婦っていったら、テレビ見ながらリビングで、床に座って、タッパーぐらい開けるわな。
オランダのビールかどうかは置いといて、普通に暮らすカップルだよな。と思う。

いいな~。俺もこんな風に・・・

そう思って、窓の外をちらっと見てしまった。

それに気付いた蓮が、キョーコ、呼んで来て。と言い、は~い。と言って立ち上がってベランダに出て行く奥さん。本当に、羨ましい・・・
そう思って、そのキョーコちゃんの後姿を見ていたら、ぐいっと腕をつかまれて蓮に小声で言われた。


社さん。すみませんが・・・
今日は、もう飲んでますので、送りませんから。


にこっと笑ってウインクする蓮に、なんと返そうか迷って居たけれど、こいつがワインの2,3杯で酔っ払うわけないのは知っている。このあとビールを何杯も飲んだって、大丈夫な事も知っている。

でもまぁ、そこじゃないよな、言いたい事は。蓮の飲酒運転を気にしているわけじゃない。

今、なん時?と思って見た、目の前のローテーブルには、さっき二人で調理する前に外した、二人の腕時計が並んでいた。二つともFranck Mullerの、秒針までぴったり同じ時を指し、同じに動く二つの時計は二人の時間を表わしているようで、これにも羨ましい。と思ってしまう。

でもその今の時間では、電車も無くなる時間になりつつある時間に気が付いた。
まぁ、どうにもならんかったら、タクシーでも。と思えるので、気にすんな。とでも言っておこう。


モー子さ~ん。ご飯、たべよぉ~よ、お腹すいたよ~。


そのキョーコちゃんの呼ぶ名前を聞いてしまったら、ぼっと顔から火が出そうになったさっきを思い出していた。




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray