• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.170

Category : Story-I of LDs
.



まだあまり歌い慣れてないけれど、ツアーで歌う予定の曲。

今日、ダウンロードされた曲の練習をしていた。


To me . . .


この曲を歌って、パーツパーツにギタリストと合わせて居たけれど、気持ちがどこかに行っていた。
この曲を、アイツ敦賀蓮も知っている。
なんでだ?と、思ったけれどキョーコがアイツに言ったのかとも思った。
ミルキちゃんは事務所を通して、キョーコに送ったと、さっき会った時言っていた。
でもアイツが俺に言った時のキョーコは、知らなそうな顔をしていた。
それを考えると、アイツが自分で気になってダウンロードしたのかとも、思える事だった。


俺が書いた歌詞の中の、僕ら。の本当の意味をアイツが気が付いていた事。確かに俺は、アイツの事も、それにキョーコの飼い主が違うヤツ久遠ヒズリの事も、キョーコを変身させていた貴島直人の事も、それにキョーコの気持ちが読めるレイノの事も、考えて書いた物だった。

同じ想いを抱えた者にしか分からないであろう歌詞の意味が分かっているという事は、その前に流される、ただ、逢いたくて。のただ逢いたい。という気持ちでさえも同じと言う事なんだろうと思う。

カフェテリアで本当は留守電に残すはずだったメッセージは、ただ早く、逢いたくて、迎えに行く。と残したかったのかと思った。

自分の為に自分の気持ちを確かめる為に創った歌は、同じ想いを同じ人に持つヤツならば、気持ちがシンクロしてもおかしくは無い。それほど自分の歌には自信があった。
アイツでさえも俺の歌に感化されたと思うと、嬉しい半面、自分に不利になるように余計な事をしたかもしれないとも思えた。


そんな事を考えながら練習しても、気分がのらない・・・


はぁぁ~・・・


音合わせをしていても、ワンパート終る度に、ため息が出る。
今日はもう終わりにしようか。そう思ったのは、その昼間と、今の感情の違いからだった。


横取り。


そう思ったさっき。キョーコがさっきキュララの相棒と買い物から帰ってきたのを見てから、キョーコは、マンションに居る事を考えてしまうと、自分の創った曲じゃないけれど・・・
ただ・・・逢いたくて。仕方なかった。
ポチリとの事はなんでもねぇから。それだけを伝えたかった。
愛を語った方の禁断関係の天使と悪魔ではなく・・・、

悪魔を殺して自分が悪魔に乗り移られた方の、悪魔の生き返りの天使。

そう思っていたのは、Prisonerを書いた時の感情に引き戻された事だった。

キョーコにはキョーコの中にある昔の俺を抹消して欲しいと思った事。そして新しく今までと違う俺に、キョーコ自身が乗っ取られてしまえばいいと思った事だった。
僕へ。の曲の中に自分で入れた、キョーコの周りに居る、僕ら。その僕らの全てのヤツから、キョーコの意識を俺に向かせて、その意識の中に俺が乗り移ったように俺だけで一杯にしてやりたい。と思った。
それが、誰からでも、横取り。することだと思っている。
今では、体の関係があるだろう久遠ヒズリと敦賀蓮だけじゃない、他のヤツからも横取りする事。

自分が子供の頃から知るキョーコは、もう居ないのだと思った事もある。
京子としてLMEに籍を置いて、活躍し始めた時からそれは感じていた事だった。
ならば、自分も昔の俺、不破松太郎の俺のものだという思いも捨てて、新しく不破尚として、キョーコに新たに想いをぶつければ良いと思うのは、その想いは昔の物と違う感情だと気が付いたから。

今新しく持ったこの感情に、ついこの前創ったばかりの曲は、もう全て自分の中では違うものに成ってしまっていた。もう、この切ないモノを歌うのには、創った時の感情と今の気持ちと余りに違い過ぎていて、気持ちがのらなかった。


ギタリストに悪いけど今日はもう終わりと伝えて、帰ってもらうことにした。

帰るなら送ってくれるという申し出を断り、一人でもう少し練習するから。と帰ってもらった。

一人に成ったスタジオで、自分の曲にはもうあの様な切なさが無くなっていたので、どんなに練習しても無駄だと思っていた。切ない感情を戻す為に練習するのではなく、自分の曲はもう練習しないと決めた。不破松太郎の感情であって、不破尚の感情では無いと思えたからだった。

不破尚として、新しく何を書くのか。

そう考えると、楽しくなってきた。その反面、今までの自分では思いも付かなかった感情だから、どうしてやろうか・・・という思いが込み上げて来ていた。でも新しい曲を今創れるかと言われたら、何も思いつかない。


ピアノの前に座って、鍵盤に両手を置いたまま考えていた。何を弾くでもなく、ただ止まって考えていた。考えて居たのは、敦賀蓮と、久遠ヒズリの事だった。

セレブでサラブレッドの優しく爽やかで人懐っこい可愛いアイドルの様で王子様と呼ばれるヤツ・・・自分で思っていても腹が立つぐらい完璧なやつだと思う。
そんなヤツから、キョーコを奪い取ったであろう、敦賀蓮。
日本中が憧れて柔らかで穏やかで妖艶な色気もあって完璧な理想の男と呼ばれるヤツ・・・こっちも自分でアイツの世間のイメージを考えていて腹が立つ。

・・・そんなサラブレッド王子の久遠ヒズリから、理想の男の敦賀蓮が横取りしようとしても出来そうだけど、自分がこの敦賀蓮からキョーコを奪う?そんな事、自分が出来るかといわれれば・・・
どうだろう?・・・自信がなかった。

Ren Tsurugaとしてピアノを弾くアイツは、カフェテリアでイヤホンをしながらiPadを見ていた時に、何を聴いていたんだろうと思った。
キョーコも同じテーブルで、何かをイヤホンを付けて聴いていた事を思い出す。
二人は、同じ曲を聴いているように思えるあの光景。
クイーンの本社にアイツが来ていた事を考えると、自分のレコーディング関係で来ていたのだと思う。
聴いていたのが、自分の弾く曲なのかもと考えられる事が、普通かもしれない。
ドラマの中で弾く曲なのかと思ったのは、そのレコーディングの事と、キョーコは台本を見ていた事から、容易に想像できる。
もしそうだとしたら、その聴いていたアイツの弾いている曲を聴き弾いてみたいと思った。
アイツの弾いているピアノだったら、感情が伝わってきて、どんな気持ちでいるのかはすぐに分かる。とりあえずカフェテリアで何を聴き、何を思って、キョーコに電話をしようとしたのかが知りたくなっていた。


(キョーコに聞いたって言う訳ねぇよな・・・。)


携帯を片手に、画面を見詰めながらそう思っていた。さっきキョーコが電話に出たのは、アイツのマネージャーと勘違いして、しかも直ぐ出た事を考えると、非通知の着信を確認しないで出たのだと思った。
今、電話をかけたところで出るわけが無いと、思った。


携帯をポケットにしまい、スタジオを出た。
ロビーを素通りして、キョーコのマンションの方に歩き出した。

歩きながら考えるのは、やはり何をアイツが聴いていたのかという事だった。

まさか、あの時自分の曲を聴いているわけは無いと思うけれど、アイツは俺の歌の歌詞の言葉を使い、それに意味も自分で分かっていた事から、俺の曲は聴いたのだと思う。

俺の横を通り過ぎる人が、俺に気付いて、きゃぁ~。と声を上げたが面倒なので、携帯にイヤホンを付けて音楽をかけることにした。
何を聴こうかと思っていた。自分の曲は聴きたくなかった。創った時とは余りに感情が違いすぎていて、プライベートで聴くのは無理だった。仕事の時だけでもう十分だ。とまで思っていた。

ドラマのタイトルDreams それをキーワードにしてiTunesでサーチしていた。きっとアイツがドラマの中で弾くだろうと思えるピアノの曲を探しながら歩いていた。




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray