• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams - 18

Category : Story-I of LDs
その蓮のRomeo&Julietは、出会い、バルコニー、逢引、最初で最後の夜、共にする死のシーンと、ラブラブなとこだけを選りすぐった、プレイリストが入っている。
どうしても好きになれない女優さんとラブシーンなんかある日には、一応、自分の気分を盛り上げる為のメドレーであった。
シェイクスピア万歳で、プロコフィエフに感謝している程の愛の表現を、Dark Moon以後モットーにしている蓮である。

(まさか、気分の乗らない仕事の為に作ったプレイリストを、キョーコと聞くとは思わなかったな。)


乳白色のミルクバスに、ピンクと白のバラの花びらが、たっぷり浮いている。



きゃあぁぁぁ~~~!


キーーン。。。。。。


耳元で叫ばれて、耳が可笑しくなりそうだ。
(それにしても、やっぱり女の子の憧れなのか・・・これが。)


イヤァ~ン。(ウットリ)

(このヒトってば、どうしてこんな日本人にはできない照れくさい事が、スンナリできるのかしら?やっぱり異国の王子様よねぇ・・・。)

そんなことを思ってしまうと、

(異国の王子?・・・)


抱きついていた首元の手が急に離れたかと思うと、腕の中から飛び降りて、バヒューンと音がするんじゃないかと思えるぐらい、すごい勢いでガラスのシャワールームに飛び込み、バン!と扉を閉めた。


なんだなんだ???

と、思っていると、その擦りガラスの向こうで、ブツブツ何かを暗唱している。
ぼそぼそと漏れてくる声に耳を澄ますと、

“あぁ、ロミオ、ロミオ、あなたはどうしてロミオなの?”

と、聞こえてくる。
養成所で、唯一満点を貰った、“お姫様の役”が、憑いてしまったようだ。


(えっ、また憑いちゃったの? キョーコ・オン・ステージ? 仕方ない。付き合ってあげよう・・・。 にしても、ロミオとジュリエットが一緒に、風呂に入るシーンはないだろう?あったっけ? バラ風呂??? )

キョーコにツッコミを入れたいぐらいだ。と思いつつも、
そこは女の子大好き爽やか俳優のイメージ、久遠ヒズリと、深い愛を演じる妖艶俳優のイメージ、敦賀蓮の2人が顔を出して来る。

(ま、本気にならんでも、いいだろ。)

そう思いつつ、キョーコの演技に引き込まれたのは・・・

“O Romeo,Wherefore art thou Romeo?”

そっと、シャワールームの扉を開けて顔をだした。
時々、後ろを振り返ったり、きょろきょろ辺りを見回したりする演技は、キャピュレット家に忍び込んだロミオが家人達にばれないか、ドキドキしている演技なのだろう。

(え、英語?)

急な英語のセリフにビックリである。そう思ったら、


“何故あなたはロミオ・モンタギューなのですか?”

日本語もバイリンガル放送のように入れてきた。


(う~ん。ナゾだ・・・)

ちょっと、しばらくほっといてみよう。そう思って、足が冷え冷えだったので、バスタブの淵に腰掛けて、とりあえず膝下だけジャグジーに足を入れた。


Deny thy father and refuse the name, or if thou wilt not be but sworn my love.

“貴方がモンタギューの家名を捨てても、あなたはロミオに変わりなく、私のこの貴方への愛も何も変りはしません。”


数段上にあるシャワールームのガラスの扉を開けて出てきた。ジュリエットの部屋のつもりだろうか。なるほど曲に合っている。Act 1, Scene 19はバルコニーのシーンだ。

キョーコは勝手に一人オン・ステージである。

腕組みをして見ていたが、

(えっ!なんだって。なんでそのセリフを!?)

と、キョーコ、いやジュリエットの言った言葉が頭の中に響き渡った。



俺の名前がなんだろうと、俺は俺自身? 久遠ヒズリであろうが、敦賀蓮であろうが、俺自身は何も変わらない、俺の基・・・?

はっ!さっき、考えすぎだよな。と、思った核心ってヤツじゃないか!偽りの人格が誰であろうと俺は俺で、なにも変わらない・・・?



Tis but thy name that is my enemy, Thou art thyself though not a montague. 
“家名だけが憎しみあっているだけで、私たちには何の柵(しがらみ)もないのです。”

キョーコは一歩一歩、3段しかない階段(バルコニーのつもり)をゆっくり降りてくる。
両手を前にのばして、抱きつきたいのに抱きつけない距離のもどかしさを表現している。

(ヒズリの名前だけが苦しめるだけで、俺には、何の柵もない・・・?)


久遠はロミオの返事を返さなくても勝手に演ってくれるので、そのままバスタブの淵に座って観ている事にした。ジュリエットの言葉がキョーコに言われているような気にさせられると、自分の中でさっき思っていたことが見透かされているような感じで、その答えが出てくるんじゃないかと思って聞いていた。


Scene 20(庭での逢引)の曲になると、突然、ダダダーっと走り寄って来て床に膝を付き、両手をとられ自分の両手で包むように握り締めてきた。

It is not hand, it is not foot, nor arm nor face, Nor anyother part belonging to a man. 
“それは、手でも足でもなく、腕でも、顔でもありません。あなたに備わるその全ての部分でもありません。 家名だけが私たちを苦しめているのです。”

(クー、ジュリから授かったこの体は、全て俺のモノで、ただクーとジュリの息子、ヒズリの名前だけに付いて回る、俺に掛かる周りの妬み、嫉み、嫉妬、期待、自分を見てもらうのではなく、ジュニアとして付いて回った現実に苦しめられた・・・。)


俺の頬にそっと手を伸ばす。

O be some other name.
“どうか、他の名前になさって。”

(敦賀 蓮、自分から逃げた、別の名前・・・。)


バスタブから、ザバーっとバラの花びらを両手ですくい上げ、ばっ!と振り向いた。
振り返って俺を見た顔は、涙が流れていた。

What is in a name? That which we call a rose by any other word would smell as sweet.
“その甘い香りの物を、人はバラと呼ぶだけで、その物に名前など無くっても香りは変わりません。”

(敦賀蓮だろうが、久遠ヒズリだろうが、人が俺をそう呼ぶだけで、俺自身は何も変わりない、俺・・・?)


キョーコは、抱きついてきて胸に顔を埋めた。

Retain that dear perfection which he owes without title.
“あなたがその名でなくとも、あなたのその完璧な愛しいお姿に変わりありません。”

(どんな名前でも、どっちでも、俺は俺か・・・。)


上目遣いで、俺を見上げてきた。

Please take all myself…
“私の想いは、貴方の名前がなんだろうと、変わりません。私とどうか共に。”

(どっちだろうと、君は共に生きてくれると・・・。)




は、は、は、はっくしょん!!!

う~~~さぶっ。


・・・どうやら、素に戻ったらしい。
腕を組んで観ていただけなので、ロミオというより監督気分だった。
(この後、Scene 21は、キスシーンだったのにな。残念。)という思いもよぎる。


(本当に君は・・・)

嬉しくなって、抱きしめた。


Scene 21のロミオとジュリエットのファーストキスの場面を思い浮かべ、唇を重ねた。目を瞑っている間に、キョーコのバスローブを脱がし、自分も脱いで、キスを重ねながらお風呂に入った。


ふ~、あったかい。

そう言って胸に寄り添ってきた君は、いったいどこまで気づいているのだろう。と考えさせられた。
どうしてこうも、気づかれたのか、と思わせるようなことを平然と言えるのだろう。きっと君の中の何かが俺を求めていて、蓮にも久遠にも、俺自身に向ける愛は変わらないと言うなら、俺は、蓮でも久遠でもどっちでもいいんだ。
だから君は、2人を同じだけ好きになったんだろうね。だって、基は俺一人だから。
それに君は、英語のセリフでは久遠に、日本語のセリフを蓮に、言ったんだろう? なぜ両方言うのか思っていたけど、きっと君の本能が、2人が俺の中にいることをもう知っているのかもね・・・。


しばらく曲に聞き惚れていると、Act 3 Scene 38 39(駆け落ち)の曲になり、
後ろから抱きしめたまま、ロミオのセリフを続けた。

I fear, too early, for my mind misgives. Some consequence, yet hanging in the stars.
“どのような結果が待っていようとも、今はまだ現実に降り注いでも来ないうちから、心配しすぎで、そんな自分を恐れている。”


違う意味が頭をよぎった。


Hanging in the star…
“この宿命、星の元に・・・”

もう一度、そこの部分だけを言った。


(だから、君は俺の、)

O she both teach the torches to burn bright. Is seems she hangs upon the cheek of night.
“深い夜を照らす松明であって、行く先を明るく導くように教える。”

彼女の頬を撫でながら、もう一度繰り返した。

The cheek of night…
“バラ色に染まるその頬を携えた、この笑顔が・・・”

そう、君は俺の運命。もう、離さないよ・・・。

(英語は久遠からキョーコへ。日本語は蓮から最上さんへ。)


最後には死を選んだ悲しい恋に、切ない愛を感じるAct 4, Scene 42(共に自害)の曲が、心に響いた。

(いつか君が、久遠を選んで蓮が振られても、蓮を選んで久遠が振られても、どっちも自分だから・・・。その時に、自分が蓮として生きるか、久遠として生きるか、決めよう。)

(それで、いい・・・。)


“運命は君が照らしてくれるのだから。”

そっと、最後に思った一言だけを、伝えた。


もう二度とこのプレイリストを、乗り気のしない仕事のために使うのはやめよう。もったいない。

この幸せを感じた事だけを、この曲を聞くたびに思い出すんだろうな。


幸せをかみ締めてぎゅーっと抱きしめながらそう思っていたのに、急にキョーコがくるっと振り返った。


あっ!

なに?

ご飯食べてないよ。お腹すいた?


・・・

うんん。胸がいっぱい。


そう言うとキョーコが胸に寄り添ってきて、抱きついた。


私も、胸がいっぱい。


そう言う君を、俺も抱きしめた。


プリンセスローザを付けたままだったのに気づき、はずしてバスタブの淵に置いた。ロミオとジュリエットも、自分で創ったクイーンローザの話も、悲しい死で決別の話だな。と思った。
さっきジュリエットが掬ったバラの花びらの上にプリンセスローザを移し変えた。

どうか、今の久遠とのこの愛がロミオとジュリエットの話としたら、悲しい結末にならないように、どうかそのままで。もしそれが出来ない運命ならば、蓮の語ったクイーンローザの話のように、新しくプリンセスローザがバラから生まれて来た様に、新しい愛を蓮と。という想いを込めて。

無言で2人で目を瞑り、お風呂に浸かっていた。



(ちょっと、長風呂すぎだな。このまま居たいけど逆上せてしまう。)

シャワー浴びておいで。
着替え、取って来てあげるから。


そう言って、バスタオルを巻いてお風呂から上がった。

見ない様してあげよう。と心がけて、振り返らずに、プリンセスローザを持って洗面台の上に置いてあった久遠のiPhoneを同じ手で重ねて持って出て行った。





Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 19.2013
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray