• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.169

Category : Story-I of LDs
.


(暑っつ~。)

雨上がりの今日は、湿気もあれど以外に空気が冷えている。
ぱたぱた、手で顔を仰いでいた。

今、社さんと話してたことなんて、聞いてないわよね。そう思ったのは、キョーコと敦賀さんが、社さんと話しながらグラスを傾けて居たからだった。アルコールの入っていないドリンクなのに、顔が赤くなっているのを感じていた。


キス。


キスなんて何でも無い物と思っていた。今までだって、お芝居の中でキスぐらいした事はあった。
でもキスってそいうモノじゃないと思ったのは、キョーコと敦賀さんが、本気の恋愛でするキスを目の前で見てしまってからだった。

ドラマの中でした事のある、キス。ちゅっと唇をくっつけるだけ。

そうじゃなかった。見た事のあるドラマの中でのディープキスっていうのとも、全く違った。
二人のキスは、唇をくっつけるだけのもしてたけど、ちゅっと出す音までも出し慣れている。
二人のキスは、唇を重ねる。と言う表現があっていた。でも、重ねたままじゃなかった。
なんかボソボソ聞こえたけれどそれは置いといて・・・

お互いが美味しそうにお互いを味わっている。と思った。

何を味わっているのかは、お口の中にある物だろうケド、そうじゃなくて気持ちを確かめ合っていて、気持ちを味わっていると思った。

キスだけで気持ちいいのだろうか?そう思ってしまったけれど、誰か相手が居ないと確かめようは無い。
もちろん、好きな人としているキス。好きの気持ちが溢れている。キョーコと敦賀さんのキスのように。
そんなキスを試してみたいと思った。

私の好きな人は、キョーコにも言った飛鳳君だった。
でもまだ中学生。中学生でキスはすれども、キョーコと敦賀さんのようなキスはした事もないだろうし、ましてや出来ないだろうと思う。もしキョーコの言う通り待っていたら、早くても私は22歳になってしまう。それを考えてしまった。

社さんから、キョーコ達と離れてないと大変だよ。と聞かされていたので二人から離れていた。
キョーコの部屋のソファは一つしかない。一人暮らしだからそれで十分だけど、そこに座ったら社さんと並んで座ってしまった。

社さんが話してくれるのは、興味深~い話。聞いた事のない裏のことばかりで、へぇ~。えぇっっ!と思う事ばかり。マネージャーって俳優が打ち合わせとか撮影とかで待っている間、マネージャー同士でそんなこと言ってたんだ。自分のことも現場のマネージャー達の間ではどんな風に思われているのか気になって居た。しかも自分の担当の俳優があの子と共演したい。とか言ったらマネージャーがマネージャー同士で話す話を元に・・・いい子なのか、そうでない性格の残念な子なのかを、判断している。

たかだか事務所社員だと思っていたマネージャーは意外にも、我々俳優の仕事に影響される事もあると気が付いた。事務所の所属とは仕事を貰える場でもあれば、妨げられる場でもあると思った。


敦賀さんが手袋を貰いに来てから、話がおかしくなってしまった。

社さんとキッチンの二人のやり取りを見てしまった。何を話しているのか、耳元で囁き合っている彼らの声は聞こえないけれど、自分たちにしか分からない話をしながら、楽しそうにじゃれ合っている。

社さんも仕事の移動中や休憩時間などに二人と一緒になると、二人にしか分からない世界があって、何を言っているのか聞いてもよく分からないと言っている。社さんの話を聞いていると、自分でも思っていなかったほど、敦賀さんはもっと前からキョーコの事が好きだったらしいと気が付いた。

意外に長い二人のそれぞれの片想い期間では、お互いに二人の思い出があるらしくそれを思い出しては、その時には伝えられなかった事や出来なかった事を今している様だと教えてもらった。

だから二人には分かるその会話には、回りに人にはワケがわからなくても、その訳は聞いてもどうせ分からないから分かろうとしないほうが良いと教えてもらった。


それを聞いたら、キョーコがこの前、楽屋で言ってた事の意味がよく分かった。


“ 楽しみにその時が来るのを待ってて。それまで、片側の自分の想いを楽しんで。”

そんなには、待てない。と思って居たけれど、その時が来た人が言う事には間違いないと思う。

キョーコと敦賀さんのそれらの思い出は、二人で居る今の彼らをもっと甘いものにしている。

切なく壊れそうだった時間の分だけ、愛しく甘いものに変わるから、切なく壊れそうな時間をポジティブに考えていて。ということの確信があってキョーコは言ったんだと思った。

キョーコと自分が違うのは、恋愛対象者との年齢。自分の方が歳が上ということで、キョーコは敦賀さんに教えられる事があっても、私が飛鳳君から教わる事はないと思う事だった。
だから、22と18の彼らの逆さ、18と22。自分が22に成った時に、もし飛鳳君とそんな時が来るのだとしたら、自分が今の敦賀さんに成らないとダメなんだろうと思う。
その意味。

(“ お姉さんが、教えてあげる。”ってことよね・・・。)


まだ誰ともした事がない私は、キョーコに先を越されていた。
先とか後とかそんな事はどうでもいい。でもこの前、自分の部屋でキョーコと二人でガン見していた雑誌の特集を見ていて、キョーコが、コレとコレも図解で見ると卑猥で破廉恥だけど、自分でも驚くほど気持ちよかった。と言ってた事だった。


彼が自分を感じている表情も、自分が彼を感じる事も、してる最中じゃないと見れない表情で、それがもっと自分の想いが好きから愛してるに変わって行くと思った。

・・・と言ってた事が自分には分からなかった。

私は、愛というモノをまだ感じた事がない。恋はあるけれど、愛までに感じた事も、その経験もまだした事は無かったから。

自分で思うのは22になっても今と同じこのままでは逆に、18になった時の飛鳳君に引かれるだろうと思った。

さっき見たキスもどうしてそんなに長々と出来るのかが分からなかった。
キスだけで気持ちが伝わるほど気持ち・・・

いいのかどうなのかなんなのかさっぱり、

この様にひらがなにしたら、たくさん連なり分かりにくいのと同じ様に、自分には分からない事だった。

自分としては、やっぱりいつでも好きな人には、自分を魅力的に見せておきたいものである。もし後何年か経っても、自分が飛鳳君の事を、そのまま好きでいるか分からないけれど、好きのままでいるとしたら、やっぱり・・・・

( “ お姉さんが、教えてあげる。” ・・・よね。)

ほんじゃぁ、お姉さんが優しく教えてあげる為には、お姉さんは経験して無いとどうにもならないわよね。ん~・・・じゃぁ、そんな事誰とすりゃいいんだ?

誰かを好きになるのも、今自分でも、恋はウザイ。と思っているところであった。好きになってくれていい寄る男はまぁまぁ居れど、ウザッと思って敬遠してしまう。そんなんじゃ、もし抱かれても気持ちの伴なわないそんな事をしても、自分で後悔しそうだし、キョーコの様なキスだけで気持ちが伝わるような事は経験できないだろうと思う。

(自分の初めては他の誰かでも、飛鳳君の初体験は自分がもらいたいものだ。)

そう思ってしまったら、自分も年上の人に何回か教えてもらいたい・・・とまで思うようになってしまった。

(キョーコは、ヒズリさんとが、初めてだったのよね。)

今までの事を考えると、キョーコは敦賀さんの事を想っていても、初体験はヒズリさんだと言う事は知っている。敦賀さんには初めてではなく、もっと大人の自分を見てもらいたいと思っていたのか?と思う。うんうん、それじゃぁ、自分もお姉さんに成る為には、一番好きな人とでなくても初めては身を任せられる人がいいかも。と思ってしまった。

あの時は、適当に相槌を打って自分はしたこと無いと言う事は誤魔化したけど、すご~く痛かったよね~。と聞いた事だった。よく分かんなかった・・・とも言ってたし。

でも、ヒズリさんが教えてくれたのは、ソレだけじゃなかった。その後にもキョーコの事をきちんと愛してあげてくれて、一番重要なのは、初めてじゃない。ってこと。

2度目以降の事の方からが、本当に愛を感じる様にさせたと言う事。

愛する事への気持ちの変換。愛を感じやすく分かるようにしてあげる。ということ。

まぁ、ヒズリさんがキョーコの事を愛してるのだから、出来る事なのかもしれないけど。

私が思うに、男の人も女の子が初めての時は、気持ちよさは感じないのではないかと思ったこと。

もっと、労わり的なものだろうと、踏んだ。

それならば、他の人と経験のある人じゃないと、絶対自分が後悔する事になるかもしれないと思う。
それなら、二度目どころか、すること自体がトラウマになりそうだ。と、思ってしまった。


そういえば、キョーコにとってヒズリさんは初めての人で、彼はきちんと二度目以降の愛し合う事は、怖いことじゃないということも教えてあげていて、好き以上の感情をもキョーコに向けている。その好き以上の感情を、キョーコがこれからも他の人にも持てる様な人に成って欲しいと思っての事なのか。


そう考えると敦賀さんは2人目の人よね。すんなり敦賀さんを受け入れられる、二度目の愛する人という体勢をヒズリさんからも教えられているって事か・・・と思った。


(ふ~ん。ヒズリさんってすごいな~。)

キョーコが他の人も好きだと分かっているのに、その他の人に愛されるかも知れないってのに、キョーコ自身の事を考えてるって事なのか・・・。
もちろん、敦賀さんもヒズリさんも、めちゃめちゃカッコイイ人だけど、それだけじゃないのよね。

人が出来てるって言うか、・・・そこが羨ましいわ。と思ってしまった。

そう思うと、ヒズリさんは体だけの関係なだけじゃないって事ね。きちんと気持ちが伴なって愛しているからこそ、愛をキョーコに教えてあげられるのよね。人を愛する事自体はこういう事。と、言ってるようなもんだわ。と思っていた時だった。キョーコと敦賀さんの愛し合っているキスを見ちゃったのは。

(キョーコが、キョーコが、女に変わってる・・・。)

急にそう思ってしまった。キョーコはヒズリさんに教えられて、そのヒズリさんの気持ちが敦賀さんには分かって居るのだろうか?
ヒズリさんってすごいな。と思っていた所だったので、敦賀さんに冷たく言ってしまった。

“ あぁ、でも、敦賀さんの家に今、キョーコが居る事の理由ですよね。それって。じゃ、がんばって。と思ってるだけですけど?”

(しまった・・・。社さんの前で、敦賀さんとキョーコに厳しい事を言ってしまった・・・。
ただ、言うわけないです。って言いたかっただけなのに、ヒズリさんの事を考えていたらなんか頭にきたのよね・・・。)

そう思ったのは、他でもない。マネージャー同士の井戸端会議が気に成って居たからだった。
冷たい女。と思われて、そんな事を業界に言われてしまったら、自分の仕事に影響されるかも知れない。
社さんと敦賀さんとは、仕事で会う機会がないにしても、もし自分の話が自分の居ない現場で出て、今のような事を社さんが話しでもしたら、どうしようと。思ってしまった。
でもその後社さんの言った言葉は、そんな事をするような人柄でない事を言っている様に聞こえた。


そのうち、慣れるよ。


自分の言った事は気にしてないよ。と言うつもりで言ったのだろうか?と思ってしまう。それよりも、二人の事も、若いな~。まだまだじゃのう。という位のあしらいだと思った。
社さんが私に言った言葉は、社さんはあきれる。と言う感情があるから言えることだと思った。
自分もした事があるから、あ~はいはい。で治まるぐらいで、動揺は一切なし。でいるのだと思った。

(なるほどな。)

そしたら、そんなことも簡単にあしらえる、社さんのその経験値が知りたくなった。
キョーコと敦賀さんを二人にさせてあげようと思うと、どうしても社さんと一緒に居ることに成ってしまう。二人でべランダに出て行ったら、社さんのその経験値とやらを聞きたくなっていた。


社さんは、彼女居ないんですか?


そう言ってしまったのは、自分ではなんとも思って居なかったけど、男の人がどう取ったのかは考え付かない事だった。


えっ、俺?
そうだな・・・蓮のマネージャーになってから、
余りに忙しくなってさ。
その時いた彼女とは、すれ違っちゃったんだよ。
だから、6年ぐらい?
それに、その後だって時間が無いしね。でも・・・・


その後の言葉に、シマッタ。浅はかな事を言ってしまったかもと気が付いた。


でも・・・
今なら、どうにか出来るんじゃないかな?
あぁ、あのね、蓮のヤツ海外ロケが増えててさ。
その間は、俺が付き添わなくてもいいらしくて・・・
社長に蓮のスケジュールを抑えられたりもしてるし、
松島主任から蓮の仕事の事は、社長が管理するらしい。
って、今日、言われたしな。


ふ~ん。
どうにかできるって、誰か居るんですか?


その時、キョーコがベランダに一人で来て、敦賀さんが一人で外に行ったのを見ていた。
敦賀さんが自分で用事を済ませる事は、敦賀さんに取って当たり前で、プライベートの時間には社さんは、彼のマネージャーでは無いと思っている敦賀さんも、さすがだな。と思った。

マネージャーっぽい。と敦賀さんの事を言えるマネージャー。

この敦賀さんと社さんの間には、きちんとプライベートの時間をお互いに区別していて、普段からきちんと仕事のオンオフを区別している敦賀さんだからこそ、言えることだと思った。

今まで見てきた俳優は、大体みんなマネージャーの事を、普段の事にもこき使えるお付だと思ってさせている俳優ばかりを見ていた。そんな事をする俳優を多く見てきた社さんは、マネージャー同士でもそういう人たちの話をするのか。と、思った。

(なるほどな。そんな敦賀さんに付き添っていたら、そんなこき使う俳優の事なんて、嫌になって噂でも流してやれ、ってなるわよね。)

そう思ったのと、それに自分の時間をこうして区別してくれている敦賀さんだからこそ、社さんにも時間が出来るのだろうと思っていた。

そう思ったら、にこっと社さんに微笑んで、見詰めてしまった。

(へ~、よかったですね。)

ただ単に、それだけの思いなだけだったけれど、次に言われる事なんて、予測できるような経験値は私は持っていなかったので、驚いた。


だから・・・・
今なら、どうにかしようと思えるよ。
奏江ちゃん・・・なら・・・


(へっ!?どういうこと?)

そう思った瞬間だったけれど、見詰め合ったままっだったのと、社さんの経験値が知りたくてウズウズしていたので、顔が近づいてきたけど、いっか・・・と、思ってしまった。
キスぐらい、演技でだってしたことあるしね。そう思っていただけだったけど、キスされて気が付いた。

演技のキスと、好きだと言われてされる男の人からのキスは、違うんだ。と言う事に。
どうしようと、思っていた。このまま今日そうなってもいいか。と思う事も、もっとキョーコと敦賀さんのように、好きだという気持ちの伴なった初めてのキスをもっと知りたいと思ったら、急に体が暑くなっていた。

どうしようか戸惑って居たけれど、キョーコがちょうど、ご飯だよ。って言ってくれて助かった。
キョーコが持って来てくれたグラスは、暑かったので冷えてそうだったのと、ワインかと思ってぐびっと飲んでしまった。美容に悪い。などとは頭になかった。それほど今のキスに頭がイッパイだった。


一人、ベランダで、顔がせめて暑いのが無くなるまで居ようと思って、星のない曇った夜空に目を瞑っていた。


.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray