• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.167

Category : Story-I of LDs
.


頭にちゅっとキスをして、ナデナデしながら中に入った。後ろで二人ほど見ていたけど、ま、そちらさんは、社さん、がんばれ~。だったので、どちらかと言うと雰囲気作ってあげる為に、いちゃいちゃしてみようと思う。

蓮、鞄ちょうだい。と手を出されたので、はい。といつもの通り渡すと、寝室に持って置きに行った。
これなに?と、アルマンディの箱を見るので、あぁ、明日になったら、つくれないよ。と言った。
キョーコがちょっと開けた箱の隙間から、バラの香りがする。


あぁ~。
んふっ。
蓮、じゃ、後でしようね。


と、キョーコは首を傾けて、し~っとするように人差し指を唇に当ててにこっと笑った。
でも、おいてけぼりの後ろの二人の事は、ほっておく。そちらはそちらでどうぞ。と思う。

(え~、蓮!? つくらないもの、俺に渡しといて、お前ら今日、つくるのか~?)

ん?と、後ろの社さんの驚愕の顔を見て思ったけど、そうそう、そうだな・・・と、思い出す。
社さんに撮影の後、車に持って行ってもらったランジェリーの箱ではないけれど、同じ様な箱だった。
アルマンディだったしな。撮影のも。と思う。

・・・キョーコのランジェリーと思っているに違いない。

それに、さっき駐車場でも、うちは今日は要らないんです。と、言ってしまっていたし。と、思い出した。それにキョーコの今の返事も、なんだかな~。よく考えれば、そうだよな・・・。

“ しようね。 ”だし・・・と、思った。


(社さん、おもしろいな~。完璧に勘違いしてそうだ。)

じゃ、このままちょっとキョーコに後で、乗ってもらおう。その方が社さんにもいいはず。と思う。
着替えて寝室から出てきたキョーコと、キッチンに行った。


そうそう、買い物。
これでよかった?

ディルウィードと、ケイパーと、アンチョビ。
ミルクは、買わなかった。
コレが欲しかったんだよね。


お~、このアンチョビ。
これ、食べてみたかった瓶のだ。


でしょ、俺も、コレ食べたい。って思った。
イタリア産だし。


それに、そうなの~コレ。
これだけ、欲しかったの。
ありがと、蓮。だ~い好き。


いいえ、どういたしまして。


唇にちゅっとお互いキスをすると、社さんは慣れてるけど、琴南さんは固まってガン見してた。
ま、そのうち慣れるよ。と、社さんが後ろで声を掛けている。
ワインとビールを冷蔵庫に入れていると、じゃ、蓮、一緒に手伝って。と言われて、うん、いいよ。と言ったはいいが、何かできることあるの?俺が?と疑問に思う。茹でた真っ赤なタラバ蟹をまな板の上にのせられて、隣に来て。と言われた。


うふふ~ぅ。
蓮にしか出来ない事、あるよ。
じゃぁね、まずメインの蟹。
はい包丁。


どうするの?
どうやって切るの?


それは、マウイオムライスの時の様に、切ってみて。
力、要るからね~。そ、上からドカッと。
でも私の包丁、板前も使う有次だから、よく切れるよ。
気をつけてね~。


確かによく切れる、この包丁。
関節だったら、このままザクッといける。


そうそう、うま~い。さっすが敦賀蓮。
ピアノも見て覚えるもんね。
料理も、飲み込み早いよね~。
痛った・・・


どうしたの?キョーコ
あぁ、蟹のチクチク?
手?だめだめ~。傷が付く。
ん~・・・・あっ、ちょっと待ってて。


社さーん。すいません。
お取り込み中。


社さんと、琴南さんと、おいてけぼりにしてたこの二人はこの二人で、リビングで喋っていた。
へ~、以外に隣に座ってんじゃん。でも、ソファが一つなのでそうなのか?とも思うけど、まぁ、こちらはこちらでご自由に。あっちで二人でご自由にさせてもらいます。と思う。
でも、社さんから欲しいものが有った。


社さん、いつも使ってるゴム手袋。
それって、余分なのありますか?
あったら、8枚下さい。


あるけど?8枚も何すんの?


社さんから手術用のゴム手袋を貰って、キョーコの所に帰る。キョーコ、手、出して。と言って、びよ~んと伸ばして両手を入れてあげたら、その上からもう一枚ずつ重ねる。
どお?と、聞いてみた。お~さすが手術用。ちょーフィット。じゃぁ、LMEのNo.1様もどうぞ。
と、言ってびよ~っと伸ばしてくれる。

(LMEだけじゃないよ。今年も日本でNo.1だよ~。)

と、まだ言ってはいけない事を、思っていた。でもね、抱くのはキョーコ一人だからね。と思ってしまったので、手袋をする前にカインの事を思い出して、キョーコの耳たぶからそっと触り、顔中をナデナデなでなでナデナデし、どうぞ。と手を出した。あの時は、戻して宜しい。だったけど、今は戻さないので・・・。と思っての言葉。


くすっ。
兄さん・・・


なんだ、セツ。


お互いにカインとセツの雰囲気を出してみたけど、どうも俺の手が・・・
手を洗ったのに海の幸の匂いがしたらしい。
キョーコの顔中を撫でてしまったので、キョーコは、海の幸の匂いに囲まれていた。


兄さんって・・・
嘘つき・・・
じゃなかったのね。


どうした?セツ・・・


何を言っているのか分からなかった。そんな、作り笑顔じゃなかったし、どっちかといえばカインの顔で、カインは役の上だから、ある意味一種の作り笑顔だろうな。と思う。


ねぇ、さっきさ・・・
私の、幼馴染みに行ってた事。
・・・嘘じゃないのね。

深い海にも冷たい砂の上にも・・・?
俺も?・・・居るから?


セツカで迫るキョーコから、海の幸がほんのり匂う。
ごめ~ん。と思いキッチンペーパーを取って、濡らしたペーパータオルで首の回りを拭いていた。
ひゃっ。冷たい。というのと同時に、セツがどっかに行ったらしい。


なにそれ?って思ってたんだけど~。
ぷぷっ。カニだったのか。
すっごいね~、蓮って、予知能力あるんじゃない?
ぎゃっはは~。


(な~る。さすが、不破の曲の事を知らないだけあって、湾曲思考者の思いつくとこかも・・・。)

確かに言われてみると、カニって、深い海の底で冷たい砂の上に居る。と思ったら、俺まで可笑しくなった。なるほどね~~~~。不破もカニだと思えばいい。じゃ、カニのスワロフスキーも窓辺に必要だな。と、思ったら、横にしか進めないよな。と想像が働く。
ひ~おかしい~。誰か止めて~。と腹を抱えて笑っていたら、後ろから何だか視線を感じる。
そうそう、俺の予知じゃないけど、楽屋で披露した殺気を感じる能力はあるよ。と思ってしまう。・・・
なぬ?視線?と、気が付いて、振り返ると、驚きの社さんと琴南さんが居る。


へぇ~、知らなかった。
敦賀蓮ともあろう人が、そこまで笑い転げるとは・・・
いつも、二人でそんな生活、してんのか?


えっ・・・いえ、まぁ時々は、
昔の役とか演って遊んでますけど・・・
最近は・・・


ねぇ~っ。


と、二人で顔を見合わせれば、お決まりの文句も出る。そのお決まりの文句と一緒に微笑み合うだけだったけど、今日は、も一つレベルアップ。と、思ったので見詰め合って微笑んだ時に、ウインクした。
それだけで、ちゃんと分かる、俺の妻。

ちゅっ。

傾けた顔の角度が、寄り添ういつもと逆にしてみたら、キスできるよな。と思ったから。

もういい。ほっとこう・・・。そう言って社さんたちは、離れていった。その後ろに二人で声を掛ける。


最近は、遊びじゃなくて
本当の・・・


ねぇ~・・・


もう手袋をしていたので抱き寄せて、なが~くキスをした。ん~、ごめん。キョーコ。とキスをしながら言うと、ん、大丈・・ぶ~・・・ん・・だめ、後・・・で・・・と言葉も途絶え途絶えになるので、
今がいい・・・と言えば、今も・・だよ・・・と返って来る。

こんなの社さんは慣れてきたけど、琴南さんには初めてだったので、かなりキョーコと俺の変貌に驚いている。社さんが、さっきの二人の撮影でもさ・・・と、言い出したので、キスを離して言った。


社さん。
撮影の事は、まだ発表前ですからね。
宜しく。


と、普通になって、その後ろ姿に付けたした。
ひっ!ごめん。と、声が聞こえそうで聞こえないほどの小さな声で、代わりに琴南さんが返事した。


あぁ、緒方監督のドラマですか?
キョーコから、聞きましたよ。


3人でキョーコを見る。シマッタ。という顔をしているが、琴南さんは親友。すぐにキョーコをフォローしている。


あぁ、でも、
敦賀さんの家に今、キョーコが居る事の理由ですよね。それって。
じゃ、がんばって。と思ってるだけですけど?


さ、社さん、さっきの続き、聞かせてください。うんうん、いいよ~。と二人はベランダに消えてった。

キョーコ、他には?誰かに言った? あっ、お笑いの石橋さん達には?と思い出していたけれど、よくよく考えれば、それは大丈夫じゃないかと思う。

キョーコ。 と厳しい先輩らしく言った。何かをオーブンに入れていたキョーコの後ろ姿に言う。
はいっ! と素直な後輩らしく返事した。なので、にこっと笑って、その直立不動の女将スタイルのキョーコに、言った。


撮影の内容とか、ストーリーは・・・?
言ってないよね。
じゃ、大丈夫。


はい。肝に銘じてますよ。それより・・・
モー子さん、お腹空いてるんじゃないかな?
このイライラ・・・


耳元で、早く二人になろうね。と言い、頭にちゅっとキスをした。確かにこのままでは、何時まで経ってもご飯にならない。それになにより、あちらさんの雰囲気もなんか意外といいんじゃないか?
あちらさんも早く二人にしてあげよう。と、思っていた。


じゃぁね、ささっととりあえず・・・


.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray