• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.164

Category : Story-I of LDs
.


・・・・・

ちょっとキョーコ、あんたさ、
ソレってなに?
敦賀さんと言ってたヤツよ。


あぁ、ソレ?
ん~、なんて言うのかな?アレ。


それにしても、キョーコちゃんとの会話って
本当の夫婦みたいだよね。
なんでも、分かってる感じ。お互いに。

(そう俺にとっても、蓮は物分りの早い夫婦みたいなもんだよな・・・。)

見たメールに、そうかも、要るかも。と、急に思ったことだった。女の子2人と買い物中に、しかも女優2人を、変装させて連れて歩いている事もあって、離れられないし。キョーコちゃんも電話で、蓮、蓮、言ってるし。琴南さんに至っては、敦賀さん。と、はっきり言ってしまっているし。
この二人の会話で、敦賀蓮だって、言っちゃってますよ。お二人さん。気を付けて~。とも言えず。

誰かに後ろをついて来られでもしたら大変な事になる。買い物途中にも、帰り道にも離れられないでいると思っていた。

どうやって、蓮に返事しようと思ってメール見てたが、よーくみると、YES かNOかの質問が付いて居る。この質問に対しての答えは要らないんだろう。後半の質問の答えを促す為の、質問か?と、思い、オフです。と伝えてもらった。
さりげなく、琴南さんにも伝わったかな。明日、俺も、蓮もキョーコちゃんも、オフだということ。
その質問、蓮君てほんとすごいな。と思った。アレもソレもコレも、キョーコちゃんだけじゃないです。俺にも、伝わってます。俺のためのアレ。


さ、じゃぁ、もう行こっか。


レジで財布を開けたキョーコちゃんの支払いは、俺がしようと思って居たけれど、うちに呼んだのだから、私が払う。と、言う。
なにげな~く、どうしようかと思ってみていたが、黒いチタンのカードが入っている。
蓮のマンションのキーも入っている。カードではなく、現金を出すキョーコちゃんの左手首に、スゴイ時計も付いて居る。はい。と差し出した1万円札をもつ左手に、きらっと光った、これらの送り主からのプロポーズ。じゃ、後ろに送り主が付いて居るからこの子に払ってもらって後で蓮に言っておこう。それがいい。と思う。変装するなら、制服のほうがばれない。と言って、女子高生姿のままのキョーコちゃんの、財布と時計は、そこいらの女子高生ではありえない。と思った。

あっ、まって、2円あります。

そう言った事、以外は・・・・。





......................






んじゃ、バラを・・・


そう思ってジュリがよくして居たのを思いだしていた。


“ 適当に纏めて、逆さに、つるして、ドライ、フラワー。”



・・・これを、嫌ったジュリだった。


適当に纏める。愛を適当にまとめただけ。それが、嫌。
逆さに。愛を逆さにしたくない。それが、嫌。
つるして。愛をつるし上げたくない。それが、嫌。
ドライ。愛が枯れるのは、許せない。枯れ行く課程をみるのも、嫌。

・・・その理由。


ジュリがしていたのは、キョーコと同じだった。丁寧に大きなトレイに一枚一枚置いていって、枯れ行くのが見えないように、花嫁さんのベールのようなオーガンジーの通気性のいい布に包んで、結婚した日を思い返しながら、クーの愛がきれいなポプリになっていくのを楽しみに開けないで置いておく。だった。

それに、ジュリがそうしてたのは、本当に自分が付けたベールでだった。ポプリを作る間には、クーに贈られたという、ティアラをその上に乗せていた。

床まで届き、頭から、肩を、足の先まで、愛に包まれた。と感じた。と言っていた。
引き摺る。のは嫌。という理由で、ズルズルしては無かったらしい。自分のヒールの高さを調節して、床ギリギリにしたと、聞かされた。そんな大きなベールだった。
そのお腹の中に、俺が居たんだ。と思った。


そうキョーコのしたこれを見て、二人は俺が出来て・・・
それは彼らの愛で・・・

・・・自分の追いかけたい夢よりも、二人が愛を、そして俺を選んでくれた事を思い出した。


昨日は自分が、敦賀蓮として最後の日になるかもしれないと思っていた日だった。

クーがジュリとの愛を選び、保津周平を辞め、クーヒズリとしての人生を選んだ気持ちがよく分かっていた。
クーに取ってそれまでの自分の人生だった保津周平よりも、愛する人との人生を歩もうと選んだ新しい人生。ジュリにとっては、アメリカを拠点として人生を始めからやり直す決意をしてくれたクーに、いままでのクーのキャリアより自分を選んでくれた程の深いクーの愛の包まれて、幸せを感じていたと言う。

クーのその時した決意の気持ちは、昨日の俺よりももっと固い決意だった事だろうと自分で感じた。そのクーの愛の深さに包まれて、ジュリが歩もうと決意してくれた、俺を産み、モデルとしてはもう働けないかもしれないと、自分を諦めたクーと同じ様に、ジュリも自分の人生を諦めてまで、俺を選んでくれた二人の愛を思い出した。

自分もこれで、クーと同じ。自分の人生を犠牲にしてくれるだろうキョーコに、自分も何かを諦めなければならないと思えた。それでもキョーコへの愛は変わる事は無い。

そう思ったとき、もう敦賀蓮を辞める事も・・・できると思っていた。

人生はこれから二人で創っていけばいいと。

昨日、バラ風呂に入る前に、これを見て急にその二人を思い出した事だった。
母親と国籍も人種も違うのに同じ事をキョーコがしたことが、びっくりした。父親からの愛に包まれた幸せな母親と、その母親の中にいて、母親と同じ様に愛で自分が包まれた中に居たのかと思うと、自分もその一つの愛として存在する事を、心に刻む。

DEICAのキャンドルを取った偶然も、Jewelからの招待状にも、昨日は愛を教えられたと思った。

人を愛する気持ちを、偽りだと思う無かれ。本当の愛で包めよ。と、言われたような気がした。

バラの花びらの包まるべールの様な布に、二人のウエディングの写真を思い出し、ジュリのクーの幸せそうな笑顔を思い返された。

ジュリと同じ事を考えていたキョーコ。
彼女とその時が来るのならばその時は、俺も大きなベールで包んであげたい・・・と思っていた。
きっとその未来はジュリと同じ事をするだろうと思ったからだった。

でもお腹に、子供は、どうかな?とは今なら思うけど。まぁ、もう自分を戒めましたから。と、こちらも、心に刻んでおく。


( それじゃぁ、花だけ持っていこう。 )

そう思って、な~んか箱無いかな?と探す。
あるある。アルマンディの衣装箱。大きさもスーツだから大きいし、ペッタンコさもバラの花にちょうどいい。それに、箱の中身が花だとは気がつかれない。

キョーコのおやつカモフラージュと同じ。洋菓子店の紙袋に、自分の手作りのおやつを隠すカモフラージュスタイル。
花の部分だけ摘んで、箱に丁寧に並べ、その上にランドリーに置きっぱなしのベールの様な布を被せて蓋をした。


玄関脇の大きな姿見の鏡で・・・
この箱と、ケーキ類の入ったデパ地下の紙袋。自分の鞄を担いで、眼鏡を掛けて見ると、


(う~ん、衣装とお弁当を持った、マネージャーだな。)

そう思った。よし、大丈夫。

俺って、マネージャー役もこれからできるかも。そう思ってしまった。


(それなら、京子のマネージャー役がいいな~。)

・・・そんな事を考えながら、エレベーターを待っていた。

キンコーンとエレベーターが着くまで数えたのは、キョーコカウントの100だった。
このバラを見ていて思ったことだった。

その100の間はキョーコの事だけを考えると決めていたので、キョーコのことだけを考えていた。

敦賀蓮がテレビ用の笑顔を作っても、それには無反応。素の俺の笑顔が本当の心からの笑顔になる事を、キョーコにはもう分かっていると思わされた。


・・・あれ?と、今気づいた。

電話中の会話の中で、キョーコは俺を・・・蓮と呼んでいた。
しかも普通に、いつも通りに。
さっきまでは、どうもヘンな違和感をずっと感じていたのは・・・

そうだ、キョーコは、白の撮影の時も黒の撮影の時にも涙をお互い流してしまいお互いが引き込んで引き込まれていたその時も、そして事務所でも俺のことを、一度も 蓮。と呼んではくれていない。と気付いた・・・・


彼女は、それらの時に何を感じて、俺の名前を、誰と呼びたかったのだろうと・・・・・


エレベーターで考えていた。

1階に着いてコンシェルジュに、買い物に行く間ここで預かって欲しいと荷物を頼んだ。
地下に行くエレベーターを待っていたら、ポケットで電話が震えていた。


(あぁ、もう終ったのかな?)

そう思って電話を見たら、メールだった。
キョーコから。なんだろう?と思いメールを見たら、そうそうさっき言いそうだって言ってた事だった。


“ どうもありがとう。愛してます。私の旦那さまへ。妻より。 ”


ふっと頬が緩んで、本当の笑顔に成っていると感じる。
そうだね、誰と呼んでもいい。

・・・キョーコがどっちの名前を呼びそうだったのかなんて、どっちでもいい。


俺の妻で・・・
・・・君の夫で・・・


夢の中の白い撮影も、現実の中の黒い撮影も、どっちとも・・・

俺と京子は夫婦だったんだよね・・・



.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 03.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray