• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.161

Category : Story-I of LDs
.

あっ、そう・・・それじゃ・・・と、例えが不味かった…と変えようとした衣装さんが次に言った例えにも、俺には覚えが有ることだった。


んとさ、京子ちゃんの映画。
久遠ヒズリとの~。うふふ~。
あれは、どう?


あぁ、いいわね~。


うんうん。あの京子ちゃんって、
ほんと、久遠ヒズリに合ってたわよね~。
純愛って感じ。
愛されてます。って感じでね~。


キャッキャと騒ぐアラサー女は、キョーコが俺に・・・

・・・“ 飼い主が、昨日と一昨日は違う。”と、言った事を知らない。

人の気も知らないで、衣装さんは敦賀蓮も久遠ヒズリもカッコイイ~。と、言い出すし、祥子さんもミルキちゃんも敦賀蓮に関しては何も言わないが、久遠ヒズリの事には、ねぇ~。っと相槌を打ちまくるほど、カッコイイ~セクシーだし~を連発していた。


でもでも、あの愛されてます。感さ・・・
本当に、愛されてなんか無いわよね。でも、そうかもよ。・・・きゃぁ~!とはしゃぎだした。
だめよ、共演者となんか寝たりしないわよ。そうよね、それ不味いわね~。
でも、久遠ヒズリに言い寄られたら、ダメ。とは言わないわよね~。うふふ。
そうね。いい、絶対。私だったら、いい、って言っちゃう~。きゃぁ~~!あの愛され感。
愛されたい~。私も~。あれも、本当に愛してます。って感じでね~。 ねぇっ。

二人とも、よか・・・っ・・・た・・・


やっと俺に気が付いた。愛に悩む子羊を置いていくんじゃねー。と言いたいが、自分でも京子が愛の演技をしているのは、久遠ヒズリとの映画の中で感じた事なので、キョーコが本当に久遠ヒズリと関係が有るのかどうかは・・・置いといて。

俺には、俺の曲に求めるモノは、恋じゃなく、愛よ。と言い切ったミルキちゃんも、京子と久遠ヒズリの映画に関しては、愛だと、今はっきり言った。


愛が分からない俺には、愛がきっと分かっている京子を自分のプロモの中では、愛せない。


そう思われているに違いないと思った。ミルキちゃんが言う、キョーコには・・・

俺は、恋。
・・・そして、久遠ヒズリは、愛。

この違いがこの大人の女たちにはハッキリ見えて居るのだと思った。
その境目が、まだ怪しくよく分からない俺には、もっと必要なのは・・・時間なのか?


(いや、時間といったら、自分が一番キョーコと過ごした時間が長い。)


・・・・・。

そう思ったら、止まってしまった。




そうか・・・。


ん?どうした、尚?


いや・・・何でもない。


俺は、キョーコに恋したのは、以外にも短いのかもしれないと、思ったことだった。
自分の子分。そう思っていて、跡継ぎ&女将。という自分に決められた将来に、灯台下暗し。でいただけだった。

初めて離れて遠くから見て、自分の子分を取られてから、自分の子分のよさに気が付いた俺は、遠くから見たキョーコに、初めて恋をしたのかも。と、思った。

昔の・・・俺に恋するキョーコには、俺は恋をしてなかったのかと思った。

そうだ、きっと敦賀蓮や貴島直人や久遠ヒズリ、そんないい男に囲まれていい女に育てられてきたキョーコに、初めて恋をしたんだ。

(それじゃぁ、横取り。したのはアイツじゃない。)

________ 横取りしようとしているのが、実は俺なのか・・・・・



・・・なぁ、ミルキちゃん。

横取り。
横取りするの、手伝ってくれるよな。


うふふ・・
気が付いた?
そうよ、横取りするのよね。


いい女は、いい男が創ったんだよな。


そうよ。
あの子は、いい男に育てられて、いい女になっているところよ。
これからも、いい女にするにはね・・・

あなたも、いい男にしてあげるし、
貴方に似合った、いい女に・・・

自分がしてみなさいな。

私、初めに言ったわよね。不破尚不敗神話の流れを・・・
初めは、一目惚れされてごらんなさい。・・・と。

その次は、世間を恋に引き寄せて。
その次は、世間が貴方を恋に落とさせて。
そして次には、貴方が、世間を落として。
恋が愛に変わって。

その愛は・・・

さぁ?尚、あなたどうしたい?ってねぇ?

世間の意味。
もちろん、会社に事務所に、そして貴方のアーティストとしての道に?
でもね・・・
貴方の気持ちを乗せる歌だから、貴方の気持ちよ。
その世間じゃなくていいわ。
世間には、自分に言われていると思わせられれば、それでいいのよ。

自分の気持ち、しっかり彼女に向けて・・・
京子ちゃんに一目ぼれされて、
京子ちゃんを恋に引き寄せて、
京子ちゃんを恋に落とさせて、
貴方が、京子ちゃんを、落として。
・・恋が、愛に変わる、瞬間よね。・・・・そして、その後・・・

恋の次の愛は・・・

彼女はもう経験済みよ。

大人の私たち、女からみたら・・・ねぇ、安芸さん?
うふふっ。分かるわよね。簡単に。


(違うヤツにソイツに似合う女にされても、また自分に似合う女に変えろってことなのか。)


なるほどな。
じゃ、自分のままでいい。
自分の今のままで、一目惚れさせなきゃ、意味が無い。
ってこと、なんだよな。


そう、そうなのよ、尚。
だから、私たちは皆、
そのイメージを大事に売り込みなさいという意味で、
子供っぽい。ではないわ。
貴方のイメージはあなたの物。
誰にも、真似できない。
敦賀蓮には、彼のイメージが合って、彼にしか似合わない。
久遠ヒズリには、彼の彼にしか似合わないモノが有るのよ。

いくら、社会現象になって、憧れを抱いて真似する人が居ても、
真似。なのよ。
本物と、真似、じゃ、中身が違うわ。

貴方は、貴方の、本物。を、磨きなさい。

それは、男に磨きをかけるの意味ね。よく言うでしょう。それ。
原石を磨くといったら、本物を磨くという事が理解できるかしら。

尚、あなた、自分が本物だって、世間と誰かに思わせた事さ・・・
あったわよね。

真似。

・・・された時。

しかも、5人居たわよね・・・ふふっ。あちらはね、5人であなた一人分なのよ。

一人の原石の方が、価値の有る原石だった。
その価値の有る、本物の原石をさ、あなた捨てないわよね。

それにね、多分気にしてるんでしょうけど、
久遠ヒズリの原石も、敦賀蓮の原石も、貴島秀人の原石も、レイノの原石も、
みんな、違う原石なのよ。
もちろん、不破尚の原石も、違うのよ。

原石を探し出す。と、この業界のスカウトマンがよく使うアレ。
価値の有る原石かどうかは、磨き方にも寄るし、磨いても元がダメだった事もある。

あなたは、まだ荒削りの段階で、磨いても無い。
これから、磨くのは自分で磨くのよ。

荒削りの手作業で、あぁでない、こうでない、とやらせたのは私たちよ。
だから、もう形は整っていると、私たちが思えるから、
貴方のところの社長も、クイーンも、みんなで、貴方の土台を作り、形を創って来た物をさ・・・

・・・自分で磨きなさい。

自分の一番輝くように、自分で出来ると、削ってきた私たちが思えるから。

真似をしたって、原石が違うんだから、ダメよね。

本物の不破尚の輝き。みせてよね。

その意味、自分で経験済みだから分かるでしょう?
その原石の価値を決めるのもね、誰か分かってるわよね。

・・・私の言う、世間の皆様よ。

世間が価値を決めているの、
宝石だって値段を決めるのは人気があって高値になるでしょう?

だから今度も、本物の不破尚を、磨いて輝かせてから、見せてよね。
それに、あなたの価値はね・・・

京子に決めさせなさい。

京子が、いいと思えるように磨いてみれば、それに必ず付いてくるのは、
世間からの貴方の評価、それが価値よ。

京子の価値が分かって居るから、
あなた、キョーコちゃんに恋をしたんでしょう?
京子ちゃんの原石が輝きだしたから、好きになったんでしょう?

でも、京子の原石は、あなたはその原石が眠る岩の上に座っていたのよ。
自分が遠くを見て居て、その遠くに良いものが見えてそこを離れて、
よそ見してる間にね・・・
宝田社長が掘り出して、LMEで荒削りされて、
そして、敦賀蓮と久遠ヒズリが磨いたのよ。


うふふっ。

ごめんなさい。尚。

私たち女に分かるのは、キョーコちゃんはもう・・・
・・・この二人には磨かれてるって事ね。


俺は、キョーコが飼い主が違うと言った事を、誰にもしゃべってなんかいない。
それに、自分の曲の歌詞に書いた覚えも、見当らねぇし。今日キョーコと敦賀蓮が一緒に居たのを知らないはずのミルキちゃんが、どうして敦賀蓮もと、思うのが不思議だった。
知らぬ間に・・・思わず小声で、声が出ていた。


なんで・・・


えっ?なんで・・・
なんで?って言ったの、尚?


祥子さんもミルキちゃんも、なんで解んのか知りたいと思った。なんで。と言った俺が、なんで判らなかったのかの方が、気になるらしい。


ん~、そうね~。
女の勘って言ったら、バカバカしいけど、
テレビの敦賀蓮の彼女に向ける笑顔も、
画面の久遠ヒズリの彼女に向ける笑顔がね・・・

本当の愛を感じるから。かな?

世間の人は、本物が本物を輝かせるように磨いて、本当に愛でる。
っていうの?演技だと思っているのよね。
ま、いいんじゃない。それはそれで、彼らもそれで価値を上げているんだから。
ま、利用って言ったら言葉が悪いけど。

本当の愛はね、心からの言葉の要らない溢れるもの。かな?

それを京子に向けていた彼ら・・・、

あぁ京子ちゃんもね。
本当の気持ちで受け止める事が出来ている顔・・・してたから。

彼女も、人を愛する事を経験してる。って事。



でもさ、それって・・・・
アイツ等も、俺も、キョーコに、仕事にかこつけて、
自分のやりたい事して、やりたい様に私情を持ったままだよな。
自分のことなんて、考えなくていい。ってミルキちゃん言ったよな。
私情を挟むんじゃねぇ。って言ったよな。
売れればいいんだ。って言ったよな。


そうね。でも、尚。
でもあなたの方こそ、プロモのオファー、彼女にした時から、
私情を挟んで、私情だらけの歌詞で、私情を盛り込んだプロモ。創りたいんでしょう。
その、私情だらけの貴方に乗ってあげようと、みんなが思うのはね、
それ、その貴方の私情が・・・

本物の原石に本物の輝きを見せる最良の研磨法だと、思ったからよ。

ま、じゃ、衣装どうしよっか?
ね。尚・・・・


にっこり微笑みを向けながら、ミルキちゃんはもう一つ爆弾を落としてくれた。


明日の京子の流れと衣装の打ちあわせ。
キャンセルされたから。
だから、貴方には、今日来てもらったのよ。

なんでもね・・・今ドラマ撮影が忙しいので。って。

電話で、メールで済むことならば、それにして。
って、彼女のマネージャーさんが。言ってきたわ。
そんなに、時間を取られたくないんですって。

そうそう、今来たこのメール。
彼女のサイズ表。はい、どうぞ。


へ~、すごいっ!!
LMEってモデル部署もあるぐらいだから、
こんなに細かく、サイズ取るんだ。うわ~。


どんなに細かいのか知らねぇけど、衣装さんが驚くぐらいだから、驚くほど細かくとられて・・・
そこまで思ったら、ミルキちゃんもミルキちゃんで、宝田社長、怖いわね~。と言っている。


こんなに細かく送られたらさ・・・
こっちが似合うようにしないと、
ぶっ殺すぞ。って、脅されてる気分よね。


ホント、こわ~い。
ま、これほどじゃないけど、さ、尚君もサイズ測っちゃおっか。
はい、そこ立って。


ほんと、あら、でもコレってさ・・・
ん?いや、なんでもないわ・・・
さ、尚ちゃっちゃと終らせて。
さっき、スタジオにギタリスト呼べって言うから、呼んどいたわよ。
今日の練習、歌だけにするんだったら、喉、気をつけてね。


祥子さんが気が付いた事は、ミルキちゃんも気が付いていた。衣装さんももちろん気付いているはずだった。俺だけ見て無いし、俺だけ知らない。でも、アラサー女たちの会話に入るのも、かったるい。
祥子さんと、ミルキちゃんが話しながら廊下に出て行った。ドアがパタンと閉まる前にちょっと聞こえたのは、・・・

つくるもの。という言葉。

それよりなにより、うっかり忘れていた存在を思い出した。
こわ~い。と言っていた言葉が、俺に思い出させていた。
たぶん、そのもう一人が、俺が思い描くような完璧な人生にしようと計画立てている完璧な人なのかもしれない。

完璧なサラブレッドのアイツ。ハリウッドスターとスーパーモデルの息子の肩書きを持っていて、そんな二人の良いとこ取りのDNAも持っていて、本人だって自分自身の原石に磨きを自分で掛ける術を知っていて実行している・・・リアル王子。

王子様好きのキョーコが、そんな王子に跪かれて手を差し出されたら、
どうぞ、よろしゅう。と、言ってしまうだろう。・・・と、想像してしまった。

しかも、本物の愛を与えられて、本物に磨かれて、本当に愛されたりしたら、愛は直ぐ分かるのかと。

あんなに、愛を恐れて、愛を拒んで居たこの前までのキョーコが変わったのは、本当は・・・

・・・敦賀蓮じゃなく、久遠ヒズリなのかもしれない。

敦賀蓮は、久遠ヒズリから横取りしたのか、でも、敦賀蓮の方が、久遠ヒズリよりも前からキョーコのことを知っているのに、なんで久遠ヒズリは、直々に京子にオファーを出したのか。

敦賀蓮のやり方でさえ、最悪に怖いと思っているのに、もう一人、もっと怖いヤツの存在があった事を、キョーコは、そんなに価値の有る原石だったのかと、考えるとよく分からない。

自分が壊れそうなほど愛している敦賀蓮と・・・
包んで離さないほど愛している久遠ヒズリと・・・

そんな二人を相手にしているキョーコに、自分からオファーをしてヤツラの相手になって居るのかどうか・・・

でも、輝きだしてから、自分がキョーコを好きになっている事は事実。

Porsche Pamameraなんか目じゃないほどのセレブ・サラブレッド王子が居たんだった。と思うと、もっともっと気分は・・・


・・・・・最悪・・・だった。



終って、衣装さんは、俺の着替えを待たずに出て行った。
着替え終わって廊下に出ようとドアの前に来ると、ドア越しにまだ祥子さんたちは、しゃべっているのが聞えてきた。



ねぇねぇ、そう思うわ。こわ~い。・・・まだ、同じ事を言っていた。

出来上がっている物を直すサイズ表じゃないわよね。

そうそう、一から創れ。って言ってるわよね。

ね、LMEってどのタレントにもするのかしら?

そうでもないわよ・・・うちに来てるLMEの歌手とか、別に今までそんなの無かったし。

へ~。そうなんだ、じゃぁ京子ちゃんと、敦賀蓮は特別なのね。うん、そうかも・・・。

で、今日そういえば廊下で彼を・・・


あら、私も、・・・・ん?


ん?あら、尚。終った?
じゃ、行こうか。


尚、安芸さんお疲れ様。
じゃぁ、明日のは無くなったから。


そんな会話を聞いてしまったら、LMEでも京子の原石は、とても価値のある物として、受け止められていると思わされた。敦賀蓮と京子が同じだと、言いたいのだと。
そ~んな、ばかな。と、思いたいが、京子も決まっていた女優を蹴散らして役を貰うぐらいになったのだから、そうなのかも・・・・そう思っていたら、今度のドラマ。
俺の提供した曲の主役二人が、敦賀蓮と京子の二人になったのかと思う。まだ、定かじゃねぇけどミルキちゃんが監督と親友だし。
聞けば済む話だけど、聞いたら落ち着いて自分の仕事ができなそうだったので、止めた。


歩きながら携帯をだして、エスカレーターに乗って立ち止まった時に、電話を掛けた。

直接、俺が聞いてやる。そう思って電話を掛けた。裏でコソコソ、このアラサー女のようにするのが嫌だった。

それよりなにより明日のがキャンセルに成ったのが、マネージャーのいない京子に、なんでマネージャーからそう言われた。と言っていたミルキちゃんの事。

アイツのマネージャーが、わざと、勝手に、俺との仕事を断ったのかと思わされた。
でも昼間の事を思い出したら、キョーコは非通知に着拒したんだった。と思うけど・・・

電話は直ぐ出た。
めずらしい・・・と、思ったけれど、

・・・何も言えなかった。

間違って出たらしいと気付くのには余りにも早すぎた。




・・・もしもし・・・社さん?
あれ?
社さん・・・?



(なんで、アイツの眼鏡マネなんだ?)

そう思ったが何も言えないのは、アイツのマネージャーの事を呼んでいるから、アイツのマネージャーからの電話を待っていて直ぐに出たと思った。アイツが今傍に居る。それか、アイツと逢う約束があって電話を待っていた。と思った。



.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 03.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray