• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Love Dreams - Back Stage pass * 理想の男 第4話より・・・

Category : Story-Back Stage




_________ 第4話 we Dive in…


・・・そのタイトルの意味、飛び込む。


台本を読んでいて思ったのは・・・飛び込む先は、何種類かあると思っていた事。



恋に落ちる


・・・まずそれ。構成作家が一番初めに思った一番安易な意味。

でも俺が捕らえていた事。

第3話に入っていた、自分の写真とペットボトルのシーンからの続きを思い浮かべていた。
きっとその意味を含めての構成だろな。とも思っていた事。


癒しの時間を求める


・・・彼女に恋に落ちて、きっと自分の未来に彼女と居たらと、心休まる時間が想像できる。

水の光の中に見える自分の写真の映像を、手元だけのアップの画像と自分の演技とモニターチェックで見ていた。


(ふ~ん。水の中に癒される感じね・・・)

とは、映像を見ながら思っていた事。


それじゃぁ、水の中って・・・と考え始めると、何も音の聞こえない世界をアルマンディのCM撮影の時に体感。プラス、その時のカメラマンの言葉では・・・


_____ Hey Ren. Have you gotten to be feel fall in love?

イギリス英語だった、RMandyのロンドン本社からのカメラマン。
ん~~~・・・微妙・・・と思っていたその返事に困ったのは、蓮としては、恋に落ちた経験あるか?とも聞こえて、それにはYesだったけれど、感覚で捉えた意味が違っていた。

「 Is this mean… IN or INTO THE…which one you mean it ? 」

そう聞き返したその質問・・・捉えた意味が久遠と蓮として二つの感情があったからだった。



“ 愛の深みを感じた事があるか? ”

・・・その意味としては、蓮的には無い。



「 Yep. I had …but in acting 」

えっと~・・・役の中でなら・・・あるよ。と答えたけれど、そうじゃない。と返ってきたその直後、Aha…So it’s means, you don’t have any feeling about love. OK let’s see…
なるほど、そう返すと云う事は、愛に関して感じた事が無いって事だな・・ん~じゃぁ・・・

久遠と蓮が同じ人だと知っている写真カメラマンのTonyが、蓮は。との意味を捉えてくれて
たくさんのモデル達の居る前だったのもありフォローしてくれた。

そう言われて、はいそうです。と、蓮的な心の中で思っていたが、久遠が心の中で・・・
じゃぁ明日の自分の撮影には、その質問にはキッパリ、Yesと言いま~す。と、ニッコニコの久遠が張り切っていた。もちろん、INTOです。とまで・・・


カメラマンが言ったのは、水の中に落ちる意味。


恋ではなく、愛を感じて。


ボートに乗り換えてスタッフだけで少しビーチから離れた沖に移動中の話だった。



_____ There about the love 愛ってな・・・

It is like… gazing so tiny bright something up above or far away as you can not to see, and or you can not to hear anything without it.______

見るものも見えなくなり、聞く事も聞こえなくなり、遠くに見える光の様な

ちいさな幸せだけを見詰めているんだよ。

海の中の様な・・・
視界が無くなり、何も音の無い世界に、暗く潜んだ心の中で

遠くに見える光を・・・

目を瞑って想像し、その想像に微笑む。

愛する人を想うだけで、周りの景色も音も何も見えない。感じない。

それに、お前が・・・

愛する人に、伝えたい心の中の愛情は・・・?


わかるか?蓮・・・いや、久遠。_______


ん?とその時思った。・・・そのカメラマン。だよな、アールの手下だし・・・と、彼もグルだと判明した。ウェットスーツを着ながら水中カメラのチェックをしていたこのカメラマン。


_______ いいか、息を思いっきり吸って、我慢しろよ。


じゃぁ蓮、お先に・・・。と、ボートの端に座っていたけれど、背中にタンクを背負っていない。え?大丈夫?と思って聞いたのは・・・


_______ ん? 愛ってな、息が出来なくなるほど苦しいもんだよ。

我慢が出来なくなったら、一つ二つ、ゆっくり息を吐け。俺も同じ気持ちで、撮ってやるからな。


そう言って海の中に消えて行ったけれど、スタッフが・・・
あぁ、大丈夫。蓮の息だけ映したいからさ、タンク無し。だって。でもエアコンプレッサーで、ホースの先に空気送ってるから、ダイバーも数人、空気の映らない範囲にいるし、そこから・・

そう言われればそうだよな。と安心。


水の中に自分で、力を抜いて沈む感覚を感じていた。
目を開けると遠くに、海面の光が見えて・・・

こぽっと、一つだけ息を吐いたら、心の中に浮かんだキョーコ。

彼女への愛は・・・


言葉にならない・・・心の感情で・・・


そう思っていた時、久遠の感情だと気が付いていた。

目を瞑ってもう一度、自分の中の蓮を呼び覚まそうとしたら、頬をくすぐる感覚に目を開けた。

蒼い魚が目の前を通って、よく見えないのだけれどコーンの石のような色だけ判る。
その蒼い石と同じ大きさの魚に・・・


久遠、お休み。と、心の中で言った。


蒼い魚がキスをしてくれた・・・キョーコは俺をどう思ってくれているのだろう。
いつかは分かるその時まで、するっと手の中を逃げる様に、捕まえたくても捕まえられない・・・

その感覚・・・


(ふっ、いいんじゃない?)

そう思って彼女との遊びの様な雰囲気を、蓮がかもし出してもいいよな。と思っていた撮影。

・・・直ぐに、蓮の表情に成れていた。



でも、一瞬だけ感じた感情があった。

もしもこのまま息が出来なくなって、意識が遠のいて行っても・・・

彼女の事だけが頭の中に浮かび、彼女の事だけを心の中に想い、彼女だけに自分が埋め尽くされているのならば、彼女と一緒に死ねる事が、遠くに見えるちいさな光でもいいと・・・

そう思った一瞬・・・

あの蒼い魚が、キスをしてくれた・・・

・・・それが、キョーコの様な気がして ___________ . . . .



その、言葉にできない心の中。

表現する事もままならない、感情を伝えたいのに、どうしていいのか判らずに・・・

・・・何も出来ない。

苦しいと我慢して・・・

でもその苦しみすらが、愛しいと感じて・・・ 



Fall in love . . .

. . . 恋に、落ちる


Fall into the love . . .

. . . 愛を、深く



この二つの感情が心の中に・・・ キョーコを想うと湧く、二人の男の感情

周りが何も見えなく、聞こえなく、感じなく・・・

ただ、彼女一人だけに自分が侵され、自分の全てが彼女に囚われる


でも、二人とも、心から彼女にそう伝えたいのに・・・


・ ・ ・言葉に出来ないほど、苦しい ________________







モニターの中の自分の写真に映る水の影に、その撮影を思い返していた。

そうそれは3話の終わり、この4話に続く we Dive in…という意味に、まだ思える事。


“ 社内恋愛、厳禁。 ”


その事に足を踏み入れる。

仕事の中に感情を入れることは、タブー。とされる会社のモットーであった。

Weなので、貴島君的には・・・Dive in…、、、already だし・・・もう陥ってますね。
と言える事。

自分には、どうなんだろな・・・と考え出したら、ニューヨークだ。と思いついた。


自分のアルマンディ専属モデルとしての感覚と、役の中のモデルの設定。

その世界に、彼女を引き連れて行く事も・・・


それは、仕事として・・・
それと、彼女として・・・

彼女の夢を、一緒に連れて・・・



・・・この事がもう・・・

後輩の最上さんとして、彼女のキョーコとして・・・

彼女の人生を自分が共に、彼女に自分の人生を生きて欲しいと望む自分に重ねていた。



その事が、きっと・・・

・・・Fall into the love 彼女として

・・・Fall in love 才能ある後輩として

自分はきっと、この様にキョーコにずっと落ちるように心を囚われているのだろうと・・・

毎日想う彼女の事ばかり

ふと考える事は、キョーコの事

心も頭も時間をも、全て囚われているという事が、きっと・・・

深く落ちゆく愛だと感じている。____________




Diveの意味は、たくさんあったのだけれど、撮影中にそんな事を思っていても、相手は女優さん。この女優さんには、何の感情もありません。

ただイメージし易かったのは、キョーコの様に先輩に忠実であるという事。上司には忠実な部下という役どころの女優さんには、年下と見られないように演技をしてきた。

ハッキリ言って実際自分が一番年下の、法律的には2年だけ大人として生きただけ。

貴島君と同じ様な年代、またはそれ以上の俳優さんばかりのキャストだったので、愛について等と云う事には、プライベートで実体験している人ばかりであった。

アルマンディの撮影でも、恋に愛に落ちた事があるか?などと、40代のスタッフに聞かれたからには、自分は22歳の・・・まだまだ恋愛初心者と彼らには見えていて、体の関係ウンヌンの問題では無い。ときっぱり言われたかの様に思っていた。

この撮影にも、30代の女優さんとは恋愛の経験値が違いますと、見えないようにするのが大変だと思っていた。



そして、加えられた尺の足りなかったシーン。

この撮影は、キョーコと呼ぶようになった日。
今夜はデートの約束もあって、ものすごくソワソワして早く終わらせたかった。

もう水のペットボトルのシーンの撮影から、何ヶ月か経っていたので・・・感覚を元に戻すのに大変だった。と、言うのも・・・




_____ ランチから帰ってみると、数人がお弁当を囲みながら話している。


「 お~っ。 」

貴島君がその輪の中に飛び込んで行くのはそのまま。で、美味しそう、食べた~い。と強請るのも台本どおり。

どれです?と女優さんが続け、それがいい。と指差すのもそのまま。プチトマトを取って、どうぞ。と渡したら、笑いを堪える俺に向けられる、彼女の台詞。

彼女が何かお一ついかがですか?と手をお弁当に差し出して言ってくれて、お弁当を見ていた。

自分の台詞は、じゃぁ・・・貴島君が貰えなかった物を催促するはずだった。



オムレツの反対の端を貰うのだったけれど、スプーンが無いので彼女が躊躇う。


と、なる予定だった。

「 じゃぁ・・オム・・れ・・」

でもそう言いかけてお弁当箱の横、小さいタッパーに、本当にふと気が付いた。


自分でも、ケチャップ+オムレツの組み合わせは・・・如何なる時の攻略方式の為、自分だったら絶対欲しがらない怪物撃退メモリー。

躊躇った彼女が、お前に気が無い。と続くはずでいた撮影。


小さなタッパーに透けて見えたダークチェリーを、指差したのは・・・摘んで貰える違う物だったから。

えっ!?これですか? と、本気で驚いて聞いた女優さんを見て、演技を続けた。


この時考えていたのは、京子が自分の相手役だったら・・・


Dreamsの相手役に京子が成って、もともと決まっていた女優から役を奪うまでになっていた事は、自分が久遠ヒズリとして映画の撮影に携わってきたから、京子の演技力には納得できるほどの進歩を感じている。

京子だったら自分のアドリブに同等に返せるとは、久遠の時に何度も感じていた事。

ラストシーンのアドリブも終わった直後。話が進んでいた撮影から、時間的には、恋に落ちるという始めに戻る撮影。この女優さんがさっきプロポーズの返しが出来なかったので、このアドリブの反応が楽しみだった。


「 うん。それがいい。 」

そう続けたら・・・

じゃぁ、どうぞ。と言って蓋を開けて差し出してくれたので、チェリーを一つだけ摘み、デスクに戻った。

けれど・・・

あまりに女優さんが普通の反応だったので、NGかな・・・と思いながらデスクに戻っていた。

でも、カットが掛からない。


( まぁいいか・・・)

監督的には泳がせて・・Dive in…だし。と、どうでもいい事も思い出して、泳がせてから決めるのだろうと思いながら撮影を続けた。

デスクに戻って、口をモグモグさせていると、貴島はさっきキョーコにふられたばかり。
本当に心の中で、傷心している・・・今。


小声で言った事・・・


「 彼女、お前には気がないんだな。 」


実は、本心でキョーコの事を言ってしまっていた。・・・でもコレ、実は貴島君の台詞。

思わず心の中で、フッ。と鼻で笑っていた。

スプーンが無いので躊躇った彼女を見ての、貴島君の反応の台詞だった。



「 お前、彼女にはその気が無いのか? 」

と、俯きながらボソっと返ってきた・・・貴島の返し。おっ!と思ったのは、俯いていた顔を、貴島君の得意な色気角度をカメラに向けて、フフンと下から顎を上げてきたから。

しっかり役の中に入っていると思えた。それに・・・

女優さんの返しは普通だったのに、周りをしっかり見て演技をしている貴島君らしい返し。
さっすが~っ~!と心の中で思っていたのも、彼はプロの役者であって、プライベートの気持ちを引きずらないタイプかどうか、試してみたくもあった。

さっきのプロポーズのラストシーンのアドリブ三昧は、貴島の本心であったと思われた。
自分もそのまま・・・この業界の同じ職種の人間としての同僚と、お互いを意識していた演技だったから。

それに・・・

もう、立ち直るぐらいの想いで、キョーコを想う位なら・・・

彼にとってキョーコに・・・

Fall in love
・・・であって・・・

Fall into the love ・・・ではないと、確かめたかった。


「 そうだな・・・社内恋愛、禁止だろ。 」

そう続けたのは他でもない、タイトルを急に思い出したから・・・

Dive INTO… そこまでの想いがあるのならば、社内恋愛ダメだろ。と俺が言った意味。

業界の恋愛事情、黙秘の常識に関して、俺とキョーコすなわち、敦賀蓮と京子、彼女が妊娠したかも知れないとスキャンダルとして売るならばどうぞ。それに貴島も参加して自分の俳優生命を失うつもりで、俺達に関与する事に飛び込む勇気がありますか?と、貴島を脅したつもりだった。

「 何だよ、真面目くさりやがって~。 」

そう返した貴島の、真面目に役をまっとうしようとしている姿を見ると・・・

・・・そうそう、仕事もライバル。

そう思って、真面目に演技しようと思っていた。



カット・・が掛かっても、PC画面に目を向けていた貴島。

ん?どした?と思って声を掛けようにも、傷心してるし、自分とキョーコでコイツを痛めつけたしな。とは気付いている。

真面目くさってんじゃねぇよ。も、本気でそうなんだ。脅してんじゃねぇ。と言うつもりだろうな・・・とは、気付いていた彼の返し。それを考えていたら・・・


「 ちょっと、敦賀君いい? 」

そう小声で聞かれて、何?と答えるのに、顔を寄せた。

「 あ~ん。ってしてみて・・・」

なんで?と思っていたけれど、あぁ、口の中見たいのね。気になっていたのね・・・
と、直ぐになんの事か判っていた。


ずーっとモグモグしてるのもなんだったし、チェリーの種をどう出そうかも、アドリブだったのでティッシュも無ければ、ゴミ箱も見当たらないセットの中。

でも、思い出していたのは・・・


「 なんで? 」

「 いいから、はい、あ~ん。 」


実は開けたくなかった。とぼけていたけれど、じーっと真面目に見ているので、仕方ない。と思って、あ~んはしないけど、手で摘んで口の中に残っていたものを出した。


種が茎に付いたまま、二重に結んでいたチェリーの茎。


口から出せなかったので、種と茎を外さずに一つ結んでみたものの、まだ台詞を言う時に茎が長いと感じ、口からはみ出てたら可笑しいよな。と思ったから、もう一度結んで短く丸め口の端っこに追いやっていた。

種と分けなかったのは、飲み込んでしまわない様にと思っての事で・・・


「 もぉ~、やっぱりな~。 」

貴島がそう言うのに心当たりはある。


・・・自分でも思うほど、自分ってキスが上手いとは知っている。

キョーコにも、久遠でいた時、教えたし・・・キョーコがとろんと蕩けてしまって、やりすぎた。と思った事にも覚えはある。

アドリブが続いたままどうしようか考えつつも、貴島にはキョーコとの事は本気だよ。とアピールした事も、アルマンディの撮影を思い出していたのも、いろいろ重なって・・・

今夜のデートの時間まで、もう直ぐ。この撮影で終わり。

そう思ってソワソワしていたのも手伝って、キョーコの事ばかり思い出して撮影していた。


社さんに、蓮、顔顔。と注意されてから、びしっとしていたつもりだったけれど、ソワソワが撮影中にぶり返したのは、チェリーの入ったタッパーを見つけてしまったから。


(もぉぉ~、なんで、チェリーがここにぃ・・・)

キョーコが頭の中に、ポンと浮かんできてからは、もう止められなかった。


「 なるほどな・・・敦賀君ってイメージ通り。 」

そう言われて席を立ち、モニターに向かっていった貴島。この恋多き俳優の貴島秀人が、考え付く俺って・・・

・・・彼にはどんな風に俺が映っているのだろうと考えた。


きっと・・・


恋に落ちた事があるか?などと聞かれたような事は、想像していないと思える。

Dive in… ・・・いや・・・

・・・Dive into ・・・


飛び込むことに恐怖は無い

彼女との愛に、敦賀蓮には怖いものは何もない。と取っていると思える。


本当は・・・怖い事ばかりの、考える事ばかりの、自分の人生に・・・

彼女を巻き込む事に許しを得たいと思い続けるほど、胸が苦しくて・・・

それでも、彼女を想う気持ちが止められないほど、愛しくて・・・

そんな、愛が分かり始めたばかりの自分なのに・・・ でも、それでも・・・


今日は長年想い続けた、未来が・・・

・・・来る時



_____ OK。いいよ、敦賀君お疲れさま。じゃ、貴島君は・・・

監督とその方向に・・・無言で頭を下げた。
・・・その方向は、貴島君が監督と違うシーンについて話していた。


これから、待ちに待った思い描いていた未来が、今に変わる。

キョーコとデート。


「 社さん。お疲れ様。 」

社さんから携帯と腕時計を受け取って、時間を見たら十分予定通り終わった事に嬉しくなった。

傍にいたスタッフに、そして相手役の女優さんに、お疲れ様でした。と声を掛けるのも弾んでいた。な~に、敦賀君、デート~?とは、きっとさっきのシーンのまま冗談で言っていたのだろうけれど・・・


「 ふふっ。はい、まぁ・・・」

そう真面目に答え、急いで楽屋に戻った。




.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 26.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray