• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.152

Category : Story-I of LDs
.


セットを離れて、キョーコの傍に行って、一緒にモニターチェックした。
これまた、たくさん絡んでいる写真が・・・そして映像が・・・。テレビに出して大丈夫なのか気に成った。
でも自分では、そこまで恥ずかしげもなく、昔だったら・・・
イヤー!と声を上げて逃げるだろうキョーコも別に恥ずかしがってはいなかった。

お互いに、コレ。いい~。これも好き。うふふ~、いい顔、蓮。 そう?キョーコのこの顔も、綺麗だよ~。とか言い合ってモニターを見ていた。

キスしてるところも、服を脱がしあうところも、体を重ねあうところも、自分たちで部屋でカメラをセットしてまですることではないので、(それにその趣味もないし。)初めてお互いに第三者的な目で、自分たちを客観的に見た。

俺がキスマークを付けている写真は、全体が写っていて黒の中に白い肌が浮き上がっていて、すごく綺麗な写真だった。

両足を伸ばして片足は絡んでいるものの、太もものくすぐったいのをガマンする為に握った手も、愛してる感が出てる。

キョーコの体を後ろから抱きしめて、手には黒い天使の輪が胸の前にあって、背中のシーツも天使の羽のようになって居る。なかなか黒い天使も白い天使に負けず劣らずいい感じ~。と思った。気にしていた額のルージュは、ベージュだったので、目立たなかった。

肩にキョーコが足を乗せて、ストッキングをポイっとしている写真。
ストッキングも空中に浮いてる写真も有る。二人で、お~ぉ~。と思わず唸った。

個人個人のも、ま、こんなもんか。とお互い思うのは、前にもうすでにアルマンディの時にやらされていたので、なんとも思わなかった。
お互いに・・・


コレ欲しい。


そう思一緒に声を揃えて言った写真があった。キスはしていないけれど顔が触れ合っていて目を瞑り、唇が触れそうな写真。俺の頬にキョーコの左手があって、キラッと瞬くネイルの光が入っていた。キョーコの首に腕を回した俺の左手がその手に重なっていて、おもわず見惚れてしまう写真だった。

監督に、コレ欲しいです~。とキョーコが言っていた。さっき白いセットの時、俺には、いいですよ。と言っていたのを思い出し、プライベートで送ってください。と、有無を言わさずキョーコの言葉に上乗せして俺も監督に言った。

それに、その趣味もない俺達が、自分たちでは撮れない二人の写真の数々を、これらもプライベートで送ってくださいねっ。と、お互い営業スマイル付きで監督に付けたした。

それを一緒に見ていたスタイリストが監督に話しかけている。英語だったので、敦賀君、助けて。と言われて通訳しに寄った。


right,right…OK I think he’s gonna understand it.
It’s fine, I gonna tell him what Earl said

えっとですね、
自分の服と、京子のランジェリーが新作だったので、
ぜひともテレビには出して欲しいと、言っていますが・・・
出すのは、アルマンディの発表が終ってからに。
と、言っています。制作発表後ぐらいですね。
すみません、知りませんで。

あぁ、服が写ってなければ、その前でも大丈夫。
ちなみに、ガーターは出してもいいそうです。
これだけ、夏物です。って。言ってます。


(そーいや、このシャツ、この前Nickが、色違いの茶色を着て撮ってたな。)

と、思い出した。蝶ネクタイは、違うモデルがしてたかも。と、思い出した。それと思い出しついでに、思い出した。

Nickって、だいたいいつもカワイイ男の子系路線でのスタイル多いよな。俺と違うタイプの感じで。

ふふっ。そのNick、この前ブラを手に振り回して撮影してたな。見てるこっちが恥ずかしくなるほど、リアルだった・・・でも、プライベートは男っぽいんだな。実は。・・・

・・・と、カワイイ系の服を着て微笑むモデルとのギャップが、以外で本音が見えて楽しかった。と思い返す。

キョーコの後ろ姿を見ながら、スタイリストと話していた。ドラマの中での衣装の話だった。

キョーコの衣装も後半の方の衣装を提供してくれるとEarlからの伝言だと言う。

Earlにキョーコと俺の絡んでいる撮影中の写真を撮って送ったら、EarlからGOサインが出たと言っている。

何を撮って何を見てGOになったのか気に成ったけれど、監督に衣装の話をしなくてはならないので、とりあえず監督に、その様に申し出てますが。と、スポンサーと監督のことなので、一介のただの俳優が口を出す事ではない。

監督の意思とスポンサー様の間では、ただの通訳だけなので、私情はもちろん挟んで言わない。

でも監督が、お願いします。そうすれば、敦賀君とのバランスもよくなる。と、そこをEarlに伝えて。と伝言をスタイリストに頼むと、ドラマのスケジュールにあわせて、時々スタイリストが来るというので、スケジュールを会社に送る旨を監督側からスポンサーに送って。と話を終えようとした。


ところで、監督・・・
衣装の事ですけど・・・
キョーコのランジェリーなら、たくさんあるので、
いつでも、それは、どうぞ。


にこっと微笑んで、ウインクした。
監督の赤い顔を見ると、日本人ってやっぱり恥ずかしいのか。と、思ってしまう。
自分で自分好みのランジェリーを買ってあげることなど普通に思って育ってきたアメリカ人の血では、理解できないポイントだな。と、思う。

・・・だって、自分の為ですよ。と、言いそうだったが、それは抑えておこうと、言葉を飲み込んだ。


今回ドラマで着てもらうランジェリーをほとんどのイメージをMs Woodsに伝えていた。

ラブミー部員1号、ラスボス・最上キョーコへの社長の陰謀、ではなく、ヒント成る、愛情。

1、 無邪気、2、大人への変化、3、セクシー、4、清楚。

ドラマの中でやる人生の流れの写真をTonyに撮らせた事、キョーコが気が付けば問題なし。

・・・と、ラブミー部員を可愛がる社長の愛。

愛にあふるるLMEだしな。一期生代表が、クーなのも頷ける。

重苦しい愛でも二人の若かりし頃は語っていたのかと思うと、LMEの起源が怖いと思う。


そんな事を社さんと話すキョーコを見ながら考えていたら、彼女の背中にキラキラした光を見つけて、そうそう忘れそうだったと、思い出した。

へ~ぇ・・・

そう言う社さんを他所に何を話していたのかは気に成るけど、こちらが先。と思い、声を掛けた。


あぁ、そうそう、キョーコ
動かないで。


そう言って傍に行き、背中に手を回して背中のリボンに付けたイヤリングを取った。キョーコの耳に、また付けてあげる。


はい、いいよ。
じゃぁ、帰ろうか。


にこっと微笑んで、頭を撫でた。そのまま頭を抱き寄せて頭にちゅっとした。へっ、いつ付けた?と聞かれたので、フェードアウトする時、背中叩いたよ。と教えてあげた。
キョーコ、いつも持ち歩いてますけど、大事にいつも持っている事は嬉しいけれど、なくした時は知りませんよ。と思う。

セットの中に散らばった、自分たちの服を拾いに行った。拾っていると、靴下が片方ない。
どこ行った?とキョロキョロさがすと、ずいぶん遠くに落ちている。
スタッフがその傍に居るのだけれど、どうも見た感じ、触っていいものか悩んでいる様子。
ついでにキョーコのストッキングの片方もそこに落ちている。そばに行って両方を手にとって、近くのスタッフさんに微笑んだ。

お疲れ様でした。

そう言っただけだけど、頬を赤らめて、はい~っ!と返事だけして去って行った。
メイクさんがバスローブを持ってきてくれて、後ろを向いてそれを羽織ってから、腰に巻いたシーツを外して手渡そうとしたが、もう居なかった。

前に京子に配役変更前のゆみこちゃんと撮影した時と同じスタッフだし、あの時も上半身は裸だったし、でもそんなことなかったよな・・・。とか考えているものの、なんか、ヘンだな・・・。そう思いながらキョーコの傍に行った。

キョーコもそうだったらしい。

お疲れ様でした。と微笑んで言っただけなのに、お辞儀の頭を上げたら、目の前の人は居なくなっていたらしい。
社さんの傍に行って、お待たせしました。帰りましょう。と促せば、こちらも怪しい。


キョーコ。
何、話してたの?


あぁ、あのね。
ピアノじゃない曲のこと。
思考能力の蕩ける。って曲ですよ。
って言ったけど・・・


あぁ、そう・・・。

社さん。
今のは、Dreamって曲で、
そうだな・・・
夢に溶けて。って感じですかね。


ねぇ~っ。

お互いに顔を見合わせて、うふふ~。と微笑みあう。思い出して居るのは俺とキョーコ共に、昨日の事だろう。と、お互いに思う。

アルマンディのスタイリスト達とキョーコと4人で話しながら楽屋に入った。


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 17.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray