• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.150

Category : Story-I of LDs
.


・・・ずっと京子を見ていた。同じ事を返そうと思う。


引き込んで、引き込まれて、その繰り返しが必要だと、彼女に教えた事。

眼鏡を取って、真ん中に置いた。見づらいから。でもそれがスタートになって俺からになっていた。京子はその眼鏡を置いた俺の手を取って、自分の耳に当てる。彼女のイヤリングを外す。それは、俺がします。じゃぁ、片方は自分でどうぞ。と京子の手を取ってその手を耳に促した。

イヤリングを眼鏡と一緒に置いた手で、蓮のタンクトップの裾に手を入れて、背中を撫でながら背中の真ん中まで上げた。背中からお腹の方に手を滑らせて、前も両手で胸まで滑らせて、タンクトップをたくし上げて、その胸にキスをした。

たくし上げられた裾をつかんで、ゆっくりと上に持ち上げて、カメラ目線も忘れません。襟から頭を抜く前にそう思って一度止まってから、頭を抜いた。ふるふるっと頭をふって、乱れた髪の毛を直しながら、腕を抜いた。そのタンクトップを手に持ったまま、京子の肩紐を片方、肩から外し、手を離して自分のタンクトップと京子の肩紐の片方を一緒に落とした。

片方の手で、自分の胸を押さえて、反対側の肩紐を違うほうの手で落とした。蓮の目を見詰めたまま、両手を離した。肩からするっとすべり落ちる柔らかい布の感触が、胸を通ってお腹まで落ちていった。

見詰め合っていると、言葉は無くてもお互いが通じていると感じた。
お互いに顔を寄せ合って、唇を重ね合わせていた。動かない音の無いキスは、時を止めるようで、少しの間そのまま、曲を聴いていた。そのTo Love againがおわると、 Dream – A Liquid mind Dream Ten が流れてきた。

そう、もう、お互いに、お互いの世界に、引き込んで、引き込まれていた。


抱き寄せて背中に腕を回しあって、そのまま唇を重ねたまま、背中を撫でていた。

京子のブラのホックをはずし、胸を片手で押さえて、反対の手で、黒いシーツを引っ張った。
前から後ろにシーツを回して、肩紐をはずしてブラを中から取って出した。

片手でシーツを手繰り寄せて、蓮の腰に巻きながら、ベルトを外した。ベルトをするっと引き抜いて、ポイっと投げた。

唇をお互い離して、おでこを付けて微笑みあう。


ポイ。うまいね。
相変わらず。


自分も、京子のブラを、ポイっと投げた。でも、後で使いたい。そう思っていたので、その辺の手の届くところに投げていた。背中を抱いたまま横たえて、さっきは確か・・・と思い出す。
今すぐどうにかしてあげようか?だったな。指で顎をなぞって持ち上げて、唇もそっと指を添え、その唇をなぞっていた。足を絡ませてみたら、服を着ていた。それに京子もストッキングを履いている。腕を床に付いて起き上がり、京子から離れた。シーツの中に手を入れて、京子の片足を持ち上げた。膝にキスをして、心の中でひとつ思う。

(This is just what I made awake…)

自分を呼び覚ます。その意味の言葉を続けるように、太ももを触っていると、京子らしくない下着のフワフワが触れる。なんだこれ?そう思って、シーツをふわっとたくし上げると、俺の願いはさっそく叶った。俺を呼び覚ます~。いい言葉。そう自分で思ってしまった。
Ms Woodsの思いついき、黒のレースにラブミーピンクのリボンの付いた、唯一の飾り物っぽい感じでいい味出してる、ガーターだった。

(おっ、ナイス。俺好み~。ちょっと、セツカっぽいし。)

指を引っ掛けて、ゆっくり外すのも楽しんだ。膝まで下げたら、両手でガーターの下に手を入れて、京子の足を両手で包んだ。

(This is what I could be swear for…だよな~。)

そのまま両手で、ストッキングもゆっくり下げていく。下げながら足に舌を這わせてみようかな。そんな事を思ったが、撮影中。それは、家でしましょうね、蓮君。と、心の中のクオンさんが言っている。これに誓える。そんな意味の自分が何気なく言った言葉が、ガーターひとつで、俺を呼び起こし、そのまま愛せると誓いま~す。と、心の中では久遠が軽く言っている。それにもクオンさんは、男って単純だな。とも思えてしまう。けれど、そのクオンさんも、キスぐらいなら撮影中でもいいだろ。と思っている。とりあえずは、蓮&久遠に乗って、うふふ~と、下げ下げしながら、ちゅっ、ちゅっとお膝と脛にキスをした。


(あぁ~、フジコちゃんがぁ~。)

峰不二子スタイルが気に入っていた。まぁ、男は好きだろな、こういうの・・・。そんなことを思いながら、これから増やしてもいいかもな。と、思う。役がきたらこんなのもいいかも。
と、役が。と強調して思う事にした。
不二子ちゃんが、スリップの下でほわっとしてくれて、お尻周りが女っぽくなったラインも気に入っていた。

蓮がガーターを人差し指に引っ掛けて持っていて、にっ。っと笑ったのが、いつもらしくない。ちゅっとガーターにキスをして、胸の上にポイと投げられた。


んふっ。
好き?そういうの?


まぁね。


じゃぁ、こんど・・・


家でもしようね。そう言おうと思っていたけど、上から圧し掛かられて唇を塞がれた。あん・・・。
おもわず、喘ぎ声が漏れそうだった。蓮がそれに気が付いて、もっと深いキスで塞いでくれた。
キスを重ねながら、蓮のシーツの中に手を入れて、ズボンのホックとファスナーをはずした。
彼を脱がすのは初めてだった。腰に手を回して片手で片方ずつ腰から下げていく。キスをされながら、蓮が、足を絡ませてきたので、一緒に絡めていた。

(なんだか、おかしな絡ませ方だな。)

いつもと何となく違う絡ませ方で、お互いの足が絡んでない。そう思っていたら、自分でズボンを下げながら脱いでいた。

(ヘ~ぇ・・・上手いもんだな・・・。)

ヘンなところに関心が行って、ふ~ん、じゃぁ。と思って足を絡ませた。親指をソックスに引っ掛けて、蓮のソックスを足で脱がした。足をキックして、ポイもした。もう一つも、ポイ。

そんな事をして居たのは、抱き寄せられキスをしながらでも、蓮の手が反対のガーターとストッキングを下げていて、その片足の膝を腕に掛けて持ち上げられ、蓮の肩に乗せられたので、それじゃ、と、自分でストッキングをしゅるっと引っ張り、ポイっとした。早く肌の感触が欲しくなったからだった。


足を絡ませて、抱き合って居たけれど、撮影中。み~んなガン見している事は、蓮が時々するカメラ目線で知っている。ダメ。と口の中で言って、頬を両手でそっと押した。

(だよね。じゃぁ、こんど・・・にしよ。)

さっきの思わず塞いでしまったキョーコの言葉を、思い返す。

(それじゃぁ、さっさと撮影、終らせよう。)

その気になったのは、早くお家に帰りたくなったからだった。まぁ、今のキョーコの表情は、キスにうっとりしている顔に近いので、それ今のうち。と思い、背中をちょっと持ち上げて、綺麗に写る角度にする。カメラマンがずっと撮影する中で、キョーコのこの顔いいでしょ?と、カメラマンにニコッと微笑んで、目で言った。はい次、横たわって。と思って背中を床に付けて、自分はセットから離れた。


へ~・・・


そう言う社さんの傍に居た。社さんのゴソウゾウは同じでした?と、はっきりと聞いてみる。何も返答はなかった。モニターを見ていると、京子は上手に、Tonyに撮って貰った時の様にしている。
そこに置きっぱなしの、眼鏡と、タンクトップも上手に活用しているのが見える。
監督は、何も注文もしないし、ダメ出しもしない。大丈夫ですか?と、モニターを見ながら声を掛けた。


はい・・・


じゃ、いいんだな。監督の言葉をそう思って京子を見ていた。どうもスタジオ中の人が静かに見て居て、聞こえるのは、Dream – Dream Twentyとデジカメのピピっのシャッター音だけだった。モニターの京子は、昨日、抱いて居た時の表情とは違うので自分的には問題なかったし、色気も出てていいんじゃない?と思って居た。


一人になって、セットの中でTonyさんに撮ってもらったときを思い返しながらポージングをしていた。
ミューズにも、大好き。愛してる。そんな顔よ。さぁ、愛された時を思い出して。と言われてした撮影。
久遠に抱かれて、生まれて初めて感じた、愛 と言う形の無い物を思い返し、彼から受けた初めての体の快感も、鮮明に脳裏に蘇ってした撮影。そんな事を思い出しながら、うふふっ。と調子よくポーズしていた。今は、昨日、蓮に抱かれた体の感覚も手伝って蘇る・・・・・

そう、思い返していたけれど、体の、そして、彼に愛された事ではなく・・・蘇ったのは・・・・・

この曲が昨日を思い返した。昨日、バラのお風呂から上がってタオルを巻かれて、真っ暗な中にキャンドルの灯りが点いた。蓮の香りの灯りの中・・・
蓮の髪の色が、薄い黄色のタオルで巻かれ、マッチの蒼い炎が蓮の瞳に映って、蓮を久遠だと思ってしまったこと。

蓮からの“ 二人は一人。”   久遠からの“ The one ”

その、二人からの言葉が、そうなのかもしれないと思ったのは、背中の心の後ろ側。
二つ。並んでいる。二人の同じ、ふたつ。

今の白の世界に居た蓮を、咄嗟に撮った写真。
何も考えずに思った事は、妖精が眠っているようだ。という事だった。
どうして、蓮を妖精だと思ってしまったのかが、分からないでいた。蓮の事を今まで一度も妖精だと思った事はなかったのに、蓮に、二人は一人といわれた事で、また、蓮の事を、久遠と思っていたのだろうか・・・。
二人は一人・・・  The one・・・
まだ今は、二人からの愛を受けて、一つの大きな海に注ぎ込むまでは、この意味を分かる事は出来ない。



お願い・・・
・・・傍に来て、・・・・・



腕をのばして、彼を近くに感じたい。そう思った。今、この気持ちで確認したい。そう思ってしまった。

途端に顔から血の気が引いたのを感じた。

愛される事は怖い事ではないといい続けてくれた二人。
それなのに、この彼らからの愛に気付いてしまったら、急に怖くなったのか・・・
自分が分からなくなってきたのは、自分が震えていると、感じているからだった。


・・・私が生まれて初めて、愛の感情を持ったのは、久遠だった。


久遠に服を一つ脱がされるたび、心を解かされていくような気がした。
蓮に服を一つ脱がされるたびに、彼の心を解かしているように思った。

久遠の服を一つ脱がすたびに、心を開かされているような気がした。
蓮の服を一つ脱がすたびに、彼の心を開いているように思った。

久遠とキスをするたびに、お互いの心を共有してるような気がした。
蓮とキスをするたびに、お互いの心の奥を、共有していると感じていた・・・・・


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 17.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray