• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.149

Category : Story-I of LDs
.


そのまま両手を引っ張られて、セットの中に連れて行かれた。


(そうだった。撮影中・・・デシタ・・・。)

うっかり忘れそうだった。こんなところで、人生二度目の本当の愛を感じている場合ではなかった。


繰り返し交互に流れる、Hidden heart とTo Love again
本当の隠れた心の後ろ側。それにも、もう一度愛して欲しい。

その本当の想いは、いつ、気がついてくれますか?まだ先の見えない自分の未来には、きっと傍に

________ 君が、いるから・・・。



お互いどちらとも無く手を差し出して、二人で手を重ね合わせて優しく握り合い、見詰め合う。


彼女の着ているドレープの入ったこのランジェリーは、アルマンディの撮影の時にいいな。と思っていた物だった。蓮の撮影の時に使いたい。そう思っていたけれど、蓮の時はランジェリーではなかった。久遠の時の太陽の色だと思えたそのランジェリーは、キョーコにとても似合っている。いつも輝く自分の太陽であって欲しいと、自分を導いてくれる太陽であって欲しいと久遠の願いが届いている様に、君の肌色に溶け込んで、君を綺麗に見せてくれる。
今、着させたその黒のランジェリー。自分が違う人を生きている。敦賀蓮は自分にとって、今もいつかも、闇の中に居る存在。隠して生きる自分の闇を、溶かして欲しいと願いを込めて。


リハーサル。


えっ?何?


うふふ。リハーサル通りですよ。
お願いします。敦賀さん・・・



床にも同じように同じ様な素材のシルクオーガンジー。波打つように重ねられた中に入ると、君が着ているそのランジェリーと一体化して見える。

そう、始めにスタジオに入ったときに思いだした事。アルマンディのこの下着。脱がなくても大丈夫かな?と、思った。自分も今回のドラマは、色気ゼロを目指して、素肌にシャツはNGと、することにしました。


だから、シーツ。
巻いたんだね、さっき。


そう。
イメージ、してた・・・


だったら・・・もう一度、愛して。


いいよ。
・・・・黒魔術。でね・・・


そう言ってウインクした。
ウインクして気が付いた。Earlの部下このスタイリストはしっかりと俺の顔の幅のサイズにして持ってきてくれていた。あまりにピッタリすぎたので、忘れるほどフィットしていた。そういや眼鏡してたんだった。と思い出した。

目を瞑って片手を離す。京子の頬をその手で包んで、顔の位置を確認。その手で京子の唇をなぞりながら目を開けた。さっき、きゅんとしたその唇をなぞっていると、こっちが思い出しておかしくなりそうになった。見詰め合って、見詰め合ったままゆっくりと眼鏡に手をかけて眼鏡を外し、眼鏡の鞘の端っこを自分の唇に当てた。


宜しくね。
最上さん・・・


もう一度、ウインクする。

(カフェテリアでは店員さんは落ちたけど・・・どうどう?キョーコ?)

胸に眼鏡を同じ様に掛けながら、そんな事を考えていた。


(ん?・・・な~る・・・さっきメイクさんにそんな事をしたのか。)

急にそんな事を思い出したら、不機嫌に成ってしまった。さっきと同じ嫉妬が沸々と沸いて来るのを感じる。おもわず眉間に皺を寄せて、顔を背けた。撮影中に、さっきのラジャーと出て来たブラックなオーラを発信しては、美緒ですよ。と、緒方監督にダメ出しを言われてしまう。それに、心霊写真のようになっても使えない。美緒ならいいけど。と、更なるダメ出しを喰らいそうだ。そんな事を考えていた。


(なんで、不機嫌・・・。ヤッパリね、キラー。)

手強い。と思わされた。どんなツボしてるのかは、これから追々追求して行こう。もっと一緒に時間を過ごさねば。そう思っていて思い出した。明日の、そろっての、オフ。
急に、嬉しくなってしまったので、ニコニコと京子を見た。


(キラキラフラッシュ・・・。こちらも、不機嫌ですね。私のせいで・・・)

顔を背けているにも関わらず、プスチク刺さるこの感触。ショータローだったら、プリンで直るけれど、こちらのお方は・・・と機嫌取りを捻り出す。・・・そうよね、大人だし


繋がれていた手はそのままに、一歩後ろに下がった。

クイーンの様にお辞儀をしてみようと思った。こちらのお方は、王子ではなく、結婚した方のお方。・・・王様。

妻の為だけにピアノを弾く。その心もある、王様。

ホテルで言っていた。妻の為だけにピアノを弾く為の部屋だよ。って。

私は、この人の・・・凛と美しく咲く大輪の花の様になる。 ・・・そう思っていた。


“ 二人は一人。” ・・・この人からの言葉。

“ The one ”・・・もう一人の同じ人からの言葉。


同じ二つに並んだほくろ。その位置は、あなたの背中。・・・心の後ろ側に、見つけた。




お辞儀をした京子を見て、お辞儀を返した。君のシンデレラの王子に今は成ります。
眠りの森で、眠る。金髪の蒼い瞳の王子は、心の中だけ。
黒髪の、黒い瞳の王子は、ガラスの靴をもって君を探しに、永い時をかけて廻りあった。


それでは・・・


微笑めば、背中にお互いの腕を回しあって、君に教えた様に足を運んだ。前に一歩、横に一歩、揃えて止まる。後ろに、横に、止まる。君がする事も昨日踊った様に、合わせて。

今は、チャーミング王子の方。眠りの森のデジレ王子は、眠っている時間。アメリカは夜。今は夢を見ている時間。その夢から覚めるまでは、今はまだシンデレラの王子。
踊るのは、舞踏会。舞踏会のある物語は、シンデレラの方だから・・・。


(いや?ガラスの靴を持って居るのは、シンデレラの方かもな。王子のたくさんいるシンデレラ、その靴が合う人を探すようにしてるよな・・・キョーコには。)

気分良く踊っていたのに、そんな事を思い付いてしまい、急に嫉妬が沸いてきてしまった。

背中を抱く手に力が入ってしまう。そのまま裾から手を入れて、背中を撫でた。


(ヤッパリ・・・機嫌を直すには、大人の方法だわね。こちらさんは・・・)

そう思うのは、背中に手を入れられたから。んじゃ、仕方ない。そう思って自分の手もタンクトップの裾から手を入れて腰の辺りを撫でた。目の出るツボをナデナデしていた。
押したら痛いだろう。そう企んで居たのは、メイクさんにまで余計な事をする、この自分の彼氏。浮気は困ります。で、旦那。不倫も困ります。そんな事まで思ってしまう、自分の妄想力が可笑しくなった。
思わず、笑ってしまう。ま、いっか。それじゃぁ、そろそろ・・・

自分から止まって、見詰め合ったままで両手で貴方の頬を包むと、いつもしてくれる。

・・・昨日のように優しいキスから、ゆっくりと始めて欲しい。


(でも、まだだよ。王子、君にはたくさんいるから。)

眠りの森で眠りから覚めるのは、王子のキス。どの王子からのキスで君が眠りから覚めるのか、眠りの森の美女の話はね・・・6人の王子が出て来るんだよ。
姫に求婚する6人。そして、最後に現れるのは、本当の王子。その誰かは、ここに居ると思いたい。まだ見せていない心の裏側に居る王子を、いつか見つけて欲しい。そう思う。

今になったら急に自分でも思う。あまりにピッタリ過ぎるシチュエーションに。キョーコにいい寄る男達。自分も含めて6人居る。あんまり考えないようにしよう。とは思っても止まらなくなってしまう嫉妬感。蓮に久遠に、それはいい。でも、不破に貴島にレイノに光。とりあえずキョーコの傍に居るのはこの6人だな。もっと王子人形、増やしてみよう。そんな事を考えていた。

きらっと瞬く光を目の下で見た。頬を包まれている左手に輝く、敦賀蓮からのプロポーズ。

(そうだった、撮影中。)

お守り、さんきゅ~。と思った。でもその左の手首にさっきまでしていた時計の文字盤も6がハートだった。と思う。6年目の敦賀蓮と、これからの6年と合わせてハートだったけれど、6人のハートかもしれないと。思いたくないけれど、思ってしまった。

不破にしても、貴島にしても、レイノにしても、石橋さんにしても、一人の男として、キョーコを素直に愛する事には何の問題もなく、すんなりと好きになれる事がうらやましくもあった。

蓮と久遠の二人を一人でしている自分が二人でキョーコを愛する事は、彼女を惑わし傷付けているという罪悪感を感じながらも、素直に心から愛していると言える自分の奥底に居る、本当の自分もいる。

その本当の自分に早くなれるように努力するから、それまで待ってて欲しい。

そのうちの誰かを彼女が選んでしまう前に。

また、そんな事を考えて止まっていたら、胸からするっと何かが抜ける感覚があって、顔に昨日と同じ様に詰めたい感触があった。


うふっ。
敦賀さん
かっこい~ぃ。


(はいはい、敦賀さんです。よろしくね。最上さん。と言ったんだった。)


ありがとう。


そう返した言葉は、カフェテリアで言った事と同じだった。ま、戻してくれてありがと。お守りの効果。最近キョーコと暮らし始めてから、やけに妄想の小部屋に連れて行かれる…と思っていた。とりあえず撮影が終らないと、その家にも帰れない。昨日の事を思い出してもいた。
キョーコを抱く前にも、眼鏡を掛けられた事。昨日は敦賀蓮の最後の時だと思っていたので、今、敦賀さんと呼ばれる事がなんだかな~それじゃぁ、神様はこの6人で6年がんばれよ。と、言う事なのかと思う。
そう思ったら、キョーコの唇をなでていた。この唇にキスをして、本当の王子に目覚めるのは、
誰だろう?そう思って撫でていた。


(こんなこと、撮影中だし、ダメよね・・・。)

そう思ったのは、蓮のこの指をくわえてお口の中で転がして舐めまわす。だった。ダメだろう。本当に皆、驚くだろう。そんなことを二人でしてますよ。と、ゴソウゾウさせてしまう。
確かに、昨日もしましたけど、指だけですよ。 蓮のは、まだですよ。と思う。
そうだと、思い浮かんだのは、昨日はこの後、自分で脱いだんだった。ということ。


昨日は、キスが止まらなくなる事が分かって、そのまましてしまうかもしれない、と思ったからキスしなかった。そしたら、その後・・・そう思って手を引っ張って、小声で囁いた。


昨日みたいに
自分で、脱いで。


うふっ。私もね、
同じ事、考えてたよ。


お互いに離れて、セットの中で膝をついて座った。
一応撮影なので、斜めに向いていたけれど、ずっと京子を見ていた。同じ事を返そうと思う。
引き込んで、引き込まれて、その繰り返しが必要だと、彼女に教えた事。
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 17.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray