• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.148

Category : Story-I of LDs
.


自分の嫉妬の方が上まりそうだったので、話を切り上げてキョーコの方に行った。


さっそくかかったのは、To Love again もう一度、愛しますね。そう思って近づいた。

(でも、まだお互い嫉妬のままでいたほうが、盛り上がりそう。)

そう思っていたのは、心の中の蓮君。

(愛してるなら、もう絶対ダメ。)

とブレーキを掛けるのは、クオンさん。

(んじゃ、かるーく抱きしめてボディタッチだったら女の子はOKでしょ?)

と、思うのは久遠君。


どれにしようかな・・・?誰にしようかな・・・?一歩一歩、歩くたびに感情が違っていた。

今は、蓮だから、蓮だな。

・・・キョーコの前で止まったのは、蓮。
じゃぁ、朝にも嫉妬のリンゴを食べた事も有るし、アイドルのクラスメイトと不破と今のと、嫉妬だらけだった今日を思い出した。

キョーコの腕をぐいっと引っ張って、抱き寄せないで顔だけ近づけ冷たく睨む。

・・・。


どうして?
どうして?

お互いにそう言ってしまった。キョーコが負けないのは重々承知。俺も負けない。目を見続けたままポケットに手を入れた。家からキョーコが持ってきたイヤリングを、さっきのキョーコの楽屋、鏡台の前から拝借していた。キョーコがいつもコーンの石とプリンセスローザなんかを持ち歩いて居るのは、昔から知っている。左手で左耳に一つ付けた。


君は・・・
蓮のもの・・・だろ?


左手の上のもう一つを腕を離して、目を見続けて右手で付けた。心の中では、そして久遠のもの。と、思ってしまった。両方を付けたのを見て、両腕を掴んでもう一人。


・・・俺のもの。
自分で、さっき言った。
そう・・・、だよね。京子。


そうよ。


胸から眼鏡を取って、俺の顔にかけた。俺の目を見たままだったのに、目を瞑って顔をそらして、目を開けた。


そして・・・、私のもの。


そう言ったけれど、私には蓮ではないと思った。
カインの時にもあったおかしい行動を時々する敦賀さん・・・目を背けて見ないようにした。

いや~ん眼鏡ぇ萌ポインツなのに~。と思いながら・・・。

カイン風の敦賀さんが怖いと思っていた。・・・だろ。とは、いつも言わない蓮だったから。
んじゃ、セッちゃん風で行こう。と、時々、京子か。ナツも混ぜっかな。途中。と、いろいろ思案できるようになった自分が、女優として楽しかった。

・・・そんな事を考えていたら、顔を背けていたので床を見ながら、フンっと、鼻から抜ける不敵な笑いになってしまった。


(おし!チャンス)

そう思ったので、京子をぐいっと引っ張ってセットの前に連れて行った。カインがしたみたいにね~。と、以外に冷静な自分が居る。横目で監督に、もう撮って。とウインクした。

眼鏡の俺をみて、おー!と言っている。そこじゃない、監督が撮りたい大人の京子です。撮って撮って!と、監督に京子をちらっと見ながら目線を送り続けた。

(よし、続き、続けて冷めるな、京子~。)

心で、がんばれ最上さん。だった。誰だ?おれ?と思いながら、続ける。


そう、それじゃ・・・
いいよね。


(ありゃ?敦賀さんだ。いま・・・)

そう思ったけれど、摑まれていた腕をぎゅっと握られて痛かった。顔をしかめてしまう。誰なの一体。その事も頭に有る。まぁ、どうせリハーサルだしな。何でもいいか。と思って合わせてみようと思った。

首をかしげて、私を敦賀さんが見続けている。人差し指を曲げて、爪で眼鏡の端を少し上げて、自分の唇をゆっくりその指で撫でて見続けてきた。睨まれてる?とも思ったが、そうではない。もう分かるようになった。
蓮の弾くピアノ、To Love againが繰り返しかかっている。さっきも弾いてくれた曲。その眼鏡を持ち上げた指で、この曲を弾いていた。そう思ったら、その手を掴んでしまった。

この優しい曲を、自分の為にたくさん練習してくれたのかと思う。

その掴んだ右手を見ていたら、自分のその左手の薬指がキラッと光って、そうだった。と思い出す。もう一度、愛して。だよね・・・と。

目を瞑って、その蓮の右手を、自分の肩に置いた。自分の左手でつかまれていた左手も自分の右肩に置いた。目を開けて、微笑みたかった。でも、もう少しがんばるか。と、セツカが言う。
目を瞑ったまま、蓮の頬をそっと両手で包んだ。


まだ?
・・・足りない?

(なんだそりゃ?)

自分で言った意味がよく分からないで居たけれど、蓮は言葉を返してきた。


まだ。
・・・・もっと。

(なんでだろ?)

蓮も自分の言った意味がよく分からなかった。まだ、だからもっと。何が?だったけれど、キョーコが言うだろ。と無責任だった。でも、きゅん。とした。
それは、京子が頬を包んだら、いつもは、キスして。ってことなのだけれど、今は違った。
冷たいセツカの様な表情だったまま、セツカの色でないルージュを付けたそのプルっとした唇で、ルージュを唇の上と下で馴染ませる様にして、直ぐに、ちゅっと音がした。もっとぷるっとしている。

その唇から目を離してみると、目を開けていて瞳を覗きこまれていた。
抱き寄せたい。そう思った。肩に置いた手で寄せようと思ったけれど、抱き寄せたらキラーに負けそうだったので、その両手をゆっくり鎖骨を撫でながら首を包んだ。親指と人差し指を顎のラインを滑らせて首筋に残る自分の付けたキスマークを見ると、もう一度、愛して。と言っている様に思ってしまう。前に同じところに付けた。と思いながらキスマークを撫でていると、久遠でいた時を思い出した。

キョーコが初めて、愛を感じたと、言った時を・・・。あの時は、自分もそうだった。
初めての、愛の感情。

そうあれは、ダンスをした後だった。自分が本当の時の為に残しておきたかった、曲。
Love Dreams この曲だけ、わざと踊らなかった事。
自分が何度も練習した。それも思い出す。いつか、君の前で弾ける時を待っていた。あの練習した時は、配役が違った。
配役ではなくても、いつか君と本当にそうなって欲しいと、Will be didそうであって欲しいと、練習した。

他の何も見えなくて、他の何も聞こえなくて、他には何も感じなくて。
君の事以外、他には何も考えられなくて・・・。ずっと時を忘れて練習した。


この曲を練習した時の想いが、久遠でいた時に君と初めて愛を感じた感覚と同じだった。


君以外の他に何も見えなくて、ずっと目が離せないでいた。

他の何も聞こえなくて、君の吐息と自分の吐息だけが、耳に残っていた。

他の何も感じなくて、君が肌に触れる指先とその手に、そこに神経が集まるように。

他の何も考えられなくて、ただ目を見詰め合って、吐息が聞こえ、肌に触れる感触だけだった。

何も言わなくても、心が初めて繋がったとしか感じなくて・・・


あの時は・・・

何度も何度も唇を重ねて、重ねあう度にもっと欲しい、もっと欲しい、と愛を感じる事を確かめるように、キスを続けた。

そのまま、人差し指で京子の唇をなぞり、あの時感じた愛がもっと膨らんでいる今を確かめたいという思いも膨らんで来て、唇をなぞっていた指で頬を伝って、耳元のイヤリングを包むと、京子が目を瞑りその手に頬を寄せる。

自分が愛しすぎて止まらなくなるときの癖を、そのまま京子も同じ事をする。

片手で首筋をゆっくり伝って背中を撫でると、京子の俺の頬を包んでくれていた両手が唇を、同じ様に人差し指で撫でて、その指が、また頬を撫でる。

背中に回した手でゆっくりと上に着ているワンピースの中に手を入れて行く。

頬を撫でられた手に目を瞑って寄り添って、目を瞑ったまま京子が頬を寄せる手で耳から首を優しく撫でて肩を伝って、両手でワンピースを肩からはずし、下にするっと落とした・・・


・・・蓮が目を瞑って頬を包む手に寄り添う仕草を感じる。

たまらなく切なく愛しくなって、目を開けて指を蓮の首筋に這わせて、蝶ネクタイをゆっくりと解いた。

シャツのボタンを1つ、2つ、と開け始め、3つ目に成ったときにもう一度蓮の顔を見た。

顔をそのまま見ながら3つ、4つ・・・とボタンをはずし、外しながら待てなくなって、その胸に頬を寄せ耳を付けた。心臓の音が聞こえる。ピアノの曲とあっている。・・・同じリズム。


ねぇ・・・


ん・・・なに?


背中を撫でながら、京子の頭に頬を寄せていた。
京子は頬を胸に付けたままだったけれど、自分が今何かを伝えたいかと思うと・・・
何も君以外には、見えないし、聞こえなくて、感じなくて、考えられなくなって居たから、

何も心には浮ばない・・・ただ胸の中が、細かく震えるようなくすぐったさを感じている。


・・・朝・・・言ったよね。

心臓の音がね、今は、ゆっくり、ゆっくりでね・・・

この曲を弾いている時と同じ気持ち?・・・
今・・・すごく・・・落ち着いてる。
天の国の妖精の・・・色が溢れてるよ・・・

後ろ側から感じる・・・

それって・・・
・・・貴方の

・・・・・・心の後ろ側・・・かな?


そのまま、蓮のシャツを肩から落とした。胸にキスをしたかったけれど、蓮は珍しくタンクトップを着ている。
あれ?なんで?と・・・思ってしまう。
ピアノの曲が変わったので、何の曲だっけ?とも思う。でも、その胸には私の所有印がある。
シャツを落とした両手を背中に回して、タンクトップの裾から背中に手を入れた。
・・・そのまま胸にまた頬を寄せた。


Hidden Heartだよ。
・・・この曲。


頭の上からと胸の中から答えが降ってきた。今考えて居た事は、蓮はいつも私の頭からテレパシーを感じるんだった。と思い出した。


んふっ。
だから、着てるの?今日は。


そうじゃないよ。
心の後ろ・・・見えるんだよね?


うん。そうだよ。
・・・今ね、何を思っているか、分かるよ。


じゃぁ、それ・・・
考えて・・・
俺は、心で思うから・・・


京子の着ているランジェリーの裾から手を中に入れて、ゆっくりと背中を撫でる。京子も背中を同じ様に撫でてくれる。
抱き寄せられて、背中を抱き、胸に寄り添い目を瞑って、何かを自分の心にも感じるのは・・・
背中を抱き、抱き寄せられて、胸に寄り添うその頭に頬を寄せて、目を瞑り何かを自分の心にも感じるのは・・・


二度目・・・



お互いに顔を寄せ合い目を見詰め合うと、心を開かされているような気がした。

お互いの耳に吐息を掛け合う度に、心を解かされていくような気がした。

お互いの頬にキスをすると、心から溢れ出して来る感情を感じる。

もっとその感情を確かめたくなって、唇を重ねようとすると、背中の手がするっと抜けて、その手で唇を押さえられる。

目を見詰められながら両手が頬を包むと、にこっと微笑まれたので、微笑み返した。
頬を包んでいた両手が、スゥーっと首から肩へ、腕を通って背中に入れていた手を握られて、背中から出された。そのまま両手を引っ張られ. . . .

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 17.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray