• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams - 15

Category : Story-I of LDs
その快感が薄らぐと、なんとまたナイスタイミング。

“Prelude”前奏曲

が流れてきた。



その天使のような歌声は、これから始まる、自分の久遠と蓮が一つになる為の前奏曲に聞こえた。


抱きあったまま、無意識に絶頂を感じたのは初めてだった。
今までなら、ベッドに手を付くか、壁に手を着くか、とにかくどこかに体重を預け、力を入れて自分でがんばっていくのに、相手を優しく抱きしめながら、自分が勝手に絶頂を迎えたのは、初めてだった。

(これは、いかされたってことなのか?・・・な?・・・。)

そんな事を考えていたら、愛しすぎて、またぎゅぅって抱きしめて優しくキスをすると、今回は初めて、しっかり起きている。

優しいキスを返してくれる。


頬を伝う涙を唇に感じた。


(え? なんで、泣いているの?)

そう思ったが、そんな事聞かなくたって全てを愛してるから、俺の久遠も蓮も全てを愛して。
分かっている。久遠の姿だけど、蓮を想ってた事でしょ。俺が蓮の気持ちで、仕掛けたんだからね。
君も知っているはずだよ。
本気の演技の時の敦賀蓮というプロの役者はね、相手を本気にさせるから、演技じゃない。って、誰かから聞いたことあるはずだよ。それは、姿の違うどんな役でもね。
本気にさせられたんでしょ? 俳優、敦賀蓮にね。
だから、勘のいい君が、俺の中の蓮に気づいても可笑しくないよ。

そうだといいな。

と、思っていても自分のした事が、恥ずかしくなってたり、やり過ぎたと後悔しての涙だったら、彼女を傷付けてしまうと思い、フォローしとくかな・・・。


泣かして、ごめんね。


たった一言だけ。
でもその意味は、いろいろ含まれてるから、自分で見つけて欲しい。そうイロイロな事もごめんね。




なんで、泣いているのだろう私は。

暗くて見えなかったけど、誰としているのか錯覚してた。


バラの甘い香りが消えていた。いつもの久遠の匂いに戻っていた。それは、敦賀さんとおなじ香り。その香りに、声のトーンに、敦賀さんに抱かれていると、想像してしまった。
カインと過ごした時に、何度と抱きしめてもらったか。

冷たく厳しい表情だけど、いつもセツカを思っていて優しい態度で、それと同じ様に感じた。

押し付けられて力強く動かれても、支えて抱きしめてくれる腕が体を守るように優しい。

いつのまにか自分を見失って、自分から求めて、でも久遠にだったのか、敦賀さんにだったのか、分からなくなっていた。
マンションに居ないのに嘘をつかれていると思ったあの時から、どこに居るのか不安だった。
誰かと過ごして、こんな事をしているのかと考えると、おかしくなりそうだった。同じ香りに抱かれていたら、いつのまにか、敦賀さんの事を考えてしていた。敦賀さんと久遠は違うのに。そう思っていても、頭の中の映像が敦賀さんになったまま、抱かれてしまった。
そして、自分の中のナツを誘い出したのも、敦賀さんだ。ナツは敦賀さんに貰ったプリンセスローザと敦賀さんに創ってもらった人物像。それが引き出せるのは敦賀さんだけ。

久遠の首筋に、キスマークが付いている。私がカインに付けたのと同じ所に。
なぜ、敦賀さんに創ってもらった人格の私のナツが、カインと同じ場所に同じ様に、久遠に付けたのか自分でも理解できなかった。


私は、その久遠のキスマークを撫でていた。

(コレであなたは、私のモノ。)

セツカの時の感情が蘇る。
ナツで抱かれた戸惑いも、敦賀さんに見えた幻想も、自分が自分でなく、彼が久遠でもなく。
思考がグチャグチャで、溢れだした涙が止まらなくなっていた。

久遠の胸に顔をうずめて、泣き出した。


・・・ごめんなさい。


久遠は、抱きしめて背中をポンポンと優しく子供をあやす様にしてくれていた。



(どうして?謝るの?)

謝ってなんか欲しくない。自分が君をそんな風に混乱させたんだから。そう思って、あやしていると、



俳優の体に痕をつけてしまって!
ゴメンナサイ!


(なーんだ・・・。そっちか・・・。)


(ふ~。なんとかうまく誤魔化せたかしら? 敦賀さんだと思って抱かれました。
な~んて本当の理由、言ったら、どうなるのか・・・大魔王に成るのかしら?この人も?)


ふふ。大丈夫。
実はね、お互い様。

知ってた?
女優さんのソコにも同じの付けたって?

ごめんね?



首を摩ってみたが、腫れてるわけでも無しに、ちょっとチクチクはしてるけど。


おそろい。だよ。


そう言ってちゅっとキスをした。



上に掛かってたシーツを引っ張って肩まで掛けて、もうこのまま、寝ちゃおうかな。と、そうは思っても、シーツもぐちゃぐちゃだし、キョーコのアレやら自分のソレやら、汗だくだわ、で濡れている。それに、バスローブの中のiPhone からは音楽が流れ続けている。
今はWillのBeyond が流れている。
(Beyondかぁ・・・。何かを越えられたのか俺は?これから越えるべきものへのPreludeかな?)
枕に腕組みをして、うつ伏せになって考えていたその時・・・。

(はっ!iPad !!!)
思い出してよかったー。どうするかな?無くなってたら不自然だよな・・・。蓋さえ閉めなければ大丈夫かなぁ。ん~・・・中身は見ないにしても、蓋を閉じて片付けようとはしてくれそうだしな・・・。



はっ!


はっ!と言ったのはキョーコである。



ん?どうした?

(え!?iPad 思い出した?)



あの~、ん~と・・・

(やっぱり、ちょっと言いにくいわよね・・・。)自分の中から何かドロッっとした物が出てきてた。初めて避妊しなかったのだから、それは終って初めての感覚だった。


なになに? 
なに?




焦ってキョーコを抱き寄せて、リビングに勝手に行かせない様にした。背中とお尻に手を廻した。
お尻の方にやった手が、ぬるっっとした感触で、ピンと来た。



あ~・・・んとぉ、あのね、
途中からしようかと思ったけど、余裕がなくて・・・
そのまま、終っちゃった。
(外にとも、思ったけど、思ってても無意識にいっちゃたんだよね。とは言えないな・・。)

キョーコも自分で、早くぅ~って言ったでしょ?
あ、でも、安心して。もし出来ちゃっても大丈夫だからね。俺は。
クーもジュリも歓ぶよ。

だから、謝らないよ。
ごめんね。

ちゅっとキスした。

(ん?謝ってしまった?)


んーと、今のごめんね。は、謝らないよ。に対してね。


また、キスした。
ちゅっ。だけで収まらなくなるほど愛しくなって、唇を動かした。


キスをしながら目を瞑ったままでベッドの下に手を伸ばして、(確か髪を拭いてたのが落ちてたはず。)と思い、そばにあったタオルを取って、キョーコの上半身にぱさっと掛けた。

キスをしながらも気になるのはやはり、
(ん~~~。IPad・・・。携帯も止めたいし・・・。)


(そうだ!!)

ねぇ、お風呂また入る?
一緒に。

(まぁ、見ないで欲しい後始末とかあるだろうし。お互いに、まだね・・・)

ちょっと、待ってて。
先に溜めてくるから。



そう言って、バスローブを羽織った。

(ここで、ポケットから出して音楽を止めたらだめだよな。どこに置いたっけ?久遠の方。)

いそいそと、バスルームに向かった。

先にジャグジーにお湯を溜め始め、マスターリビングに戻り、白い方を探しに行った。テーブルの上に置きっぱなしのそれは、すぐに見つかった。

う~ん、音楽も急に止めたら、変に思うかな?とりあえず久遠のほうから、Ms.Beeでも流しておくか。

曲の変わる合間に、すかさず、音楽を入れ替えた。BeeのLove Letterのアルバムをシャッフルで流して置いた。アルバムが終ったら勝手に止まるだろう。そう思って、次は一番気になっていたiPadを取って、バスルームに行った。

バスルームに戻り、まだ半分も溜まっていないジャグジーを覗き、鏡の前に行った。
今まで蓮で居たつもりだったが、そこにはやっぱりブロンドの姿の自分。久遠のiPhoneを、蓋を閉めた蓮のiPadの上に重ねて洗面台の上に置き、鏡の中の自分を見つめた。

顔が映っている鏡の部分に片手を当てて、鏡の中の久遠、そして中身は蓮でいる今の自分に言い聞かせた。さっき流れてた曲の中のセリフだった。

I know you are out there.
I can feel you now. 
I know you there for it, you afraid of us, you afraid of change.
I don’t know the future, I didn’t come here to tell you how this is going to be the end.
I came here how it goes to begin…

さっき15のクオンに戻ってしまった時は、クオンの中の誰か,“ ソイツ”に言っていると、15の時もそう思っていた。
でも今は、ソイツがもう居ないんだ。俺の中には。ソイツはBJを演った時に、セツカによって消されたはずだから・・・。

今、感じたと思うその意味は、
“自分が、久遠としての人生を生き直す為に、久遠がそこに来たと、この時が来たのかと感じる。 I know you there for it.
本当の俺は、俺の中の2人とも久遠も蓮もこの時が来た事に怯え、現状が変わるのを恐れている。
どうなるかなんて俺達には知る理由もない、何かは結末がどうなるのかを教えに来ない。何かがどう始まるのかを伝えに来た。”

何が?最後は何を求めるのか?
蓮で終る、結末なのか?久遠で終る、のか?どっちがいいのかは誰が選ぶ?
俺自身だろう? ・・・俺の魂ってこと?
じゃぁ、I know there for it は?
Itは何を差していて欲しいんだ? 蓮も、久遠も。


あぁ、さっき自分で無意識に言ったじゃないか。This is と、It isって、キョーコに。
This はキョーコの魂だ。キョーコを創るそのもの。
It は、魂の片割れで、自分の片割れは輪廻転生の前世、Going to be the end死によって分けられ、まためぐり合う為に幾時も越えて探し続けた、片割れと見分ける方法は、愛を感じるかどうか? Twin soul って言葉聞いた事あるな。そういえば。
魂だけは生き続け不老不死のもので、人の体は老いて朽ちる。それを繰り返し繰り返して、何をしたいのか?

俺を創るそのもの? Matrix、核心か・・・。


・・・ちょっと考えすぎだよな。

裏向きに置かれた白い iPhone のカバーを撫でていた。

久遠も蓮も、老いて朽ちるだけの人間なら、この中の魂?ちょっと違うな。もっとSpiritな感じで、精神というべきなのか?その精神が生きる為の、ただのパーツに過ぎない。って事?

どっちも精神が通っている、どっちを生きるのも好きで、どちらで生きろ。なんて今はまだ選べない。今の俺には。始まったばかりだしな・・・。

I came here how it goes to begin… どのように始まるか。
I came to tell you how this is going to begin… どのように始まるのか伝えたい。誰に?

片割れのItの事だったら、キョーコに、俺のこれからがどう始まるのかを伝えるべきと、言っているのか?

・・・ん~、思い込みになりそうだから、止めて置こう。


目の前のシンクには、先程のバラの花が、水に浸され生き生きと咲いている。
ふと、思った。

“バラの花びら風呂。”

ちょっと安易すぎだよな・・・。
でも、女の子はみんな好きでしょ。

うん。そうしよ。そうしよ~。


シンクの中のバラを集めて、一枚一枚花びらをジャグジーに黙々と散らしていった。
花びらを散らしながら、また考えに没頭していた。

・・・それにしても、シャッフルで、よくもあんなに、破滅への集い。だけ纏まって流れたな・・・。はっ!Clubbed to death !? 映画の曲じゃないか。そうだ、俺はあれと同じなんだろうな。地球を犯され逃げ惑う人間達の未来を変えたくて過去に行き、その過去を変えられる能力をもった人物だけを、それぞれの時代から、その未来に呼び、チームを作って人間が作った機械や物に支配された未来を変える為に人間が戦う・・・。自分で犯した罪を、自分で過去に戻って変える? 久遠で居たくなくて、蓮として生きてきて、それも又、久遠に戻る為に蓮を創ったのは自分自身・・・。それって、そのままじゃないか。
そうだ。過去の自分から、今の蓮で生きていて、今は蓮から久遠に戻ろうとしている俺への、過去の俺、久遠を変える為の俺の基ってなんだ・・・?

・・・考えすぎか。また。


それにしても、まだかな、まだかな~~~。


ジャグジーが広すぎる為、まだまだである。


先にシャワーでも浴びるか。

そう思いシャワールームのドアを開けて、ふわっと漂うRed Doorの香りにキョーコを思い出す。
Red Doorのボトルを手にとって眺めた。
赤のキャップに、透明のボトルの中には淡いピンクのボディソープが入っている。
“ 恋の色で、お誘いします。”ね。ふふっ。
告白してた? 無意識に。香りでね。
自分のお気に入り、au the blancと見比べた。Au the blanc は、純白の香りという意味である。
そうか、白だったんだな。俺は、初めから。
キョーコの言う、白は“愛”で、核心の俺がいうなら、“純真”かな?
俺の久遠の物は全部、白じゃないか。
蓮で居る時も、久遠でいたい。愛が欲しい。と、いつも無意識に思っていたのかな?

・まっ・・・それも考えすぎか。


そんな事を考えてシャワーを出ると、ジャグジーも、“女の子の憧れ、バラ風呂。”で満たされていた。




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 19.2013
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray