• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.132

Category : Story-I of LDs
.


・・・監督 ?




そうですね・・・

京子さん、敦賀君。お二人の世界でどうぞ。







セットに入って床に二人で向かい合わせに座り、足はここ。腕は俺の肩ね。と位置を見ながら京子の背中が綺麗に見える位置を探してバスローブを着たまま、京子の腰から下にシーツをかけた。


さ、じゃ、宜しくね。
任せて。


そう微笑めば微笑み返してくれる。大丈夫そう。・・・確信した。


京子の胸が見えないように、背中を向かせて、首にキスをしながらバスローブを脱がしていく。

首にいつもなら抱きついてくるキョーコだったけれど、撮影中だよ。そう言うとしっかりと女優になる。

肩に左手を置いたままだよ。そっと京子の左手を自分のバスローブの中に入れて自分の肩に置かせるように動かした。

右手は?耳元でそうささやかれたので、胸の方から手を入れて脱がせて。と言った。

ん~。と小さい唸りが聞こえる。確かにボタンは2つまで。と言われているのに、ボタンも何もない。

ん~、はダメ。とおでこにちゅっとした。

額と額を付け合って微笑んでいると、京子がするっと俺のバスローブを脱がした。

左手、肩の上ね。カメラの方に斜めに向いて。大丈夫、胸は腕で見えない角度だから。

京子の背中に回した俺の左手もしっかり映っている。耳の下から後頭部を包んで首のキスマークがきちんと映る角度にずらす。

京子を体から少し離して、俺の胸にもあるキスマークが映るように京子の背中から動かした。

足、もう少し片方の膝下伸ばして、長く見せて。と促しながら、顎を持ち上げてキスしないギリギリで見詰め合う。肩の上の左手をとって頬に付けさせて目をつぶった。

いつもならキスするけれど、撮影中。さっきルージュを京子は直されていたので、さくらんぼのキスがばれている。

俺の頬を包む左手に寄り添いながら、京子の頬にキスをして止まった。背中の左手を腰に動かしてシーツを押さえ、右手で京子のバスローブをシーツの下から抜き取った。

モコモコしてて気持ち悪かった?そのまま耳の近くなので小声で言うと、うふふ。と小さく笑って微笑んでいる。じゃぁね、蓮のも。そう言って左手を俺の胸に乗せて、その手の横に頬を付けて、目をつぶって鼓動を聞いている。

カメラから見えない角度の右手が、腰の周りのモコモコしてるバスローブを引っ張ってシーツから、ぽいっと投げた。

京子、ぽい。上手いね。さすが毎日、枕ポイの人。ヘンな褒め方しないでよ。優しい表情のままだったが、肩が揺れている。可笑しいらしい。


・ ・ ・ それじゃね、これからだよ。いい?
そう聞いた。


もっと、監督の求める感じは、白でも黒でも両方撮っていい方にしたいらしい。
今日は、スケジュールもこれだけなので、時間をかけて撮影したいとは、自分も監督も同じ。
前に撮った由美子ちゃんとの時は、さっさと終っていた。脱いでないし。

今日の朝の続きをしたいと思っていた。
朝10分だけ。とゴロゴロするためのタイマー代わりの曲も、Love Dreams キョーコが朝、優しい顔で、心が溢れている。幸せです。って言ってくれていると言った曲。

その辺で波打つシーツの一枚の端を引っ張って、京子の胸から背中に回して巻いた。

家なら裸でいいけどね。そう言ってシーツでくるんだ両腕で抱き寄せて唇を重ねた。

すぐにキスを離して、だ~め。重ねるだけ。今は。と付けたす。口の中では~い。と言っている。もう、可笑しい。思わず笑いだしそうな笑顔になった。

重ねただけの唇をそのままに、足を全部伸ばすようにそっとゆっくり足を撫でる。
シーツのたるみも太ももが見えるぐらいまで引き上げて、マッサージしたての綺麗な白い足を見せる。せっかくのCelestial Fairytail色の足のネイルも見せないとね。と思う。

膝を両方のばして、自分の足も絡めて一度止まる。背中を支えながらゆっくり前に、京子は下に横たえる前、はい、止まる。と小声で言うと、プルプル震えている。今度一緒に筋トレしようねと、お約束。

顔だけあっちに向けるように、カメラじゃない反対の頬に顔をうずめて耳にふぅ~っと息を掛けると、ひゃひゃひゃ、と言うのでシーっと言って背中を反らせる。

その頬にキスをちゅっとして、自分が上になって、顔を撫でて夕べのベッドの上と同じ様にキスをした。

ずっと止まったままのキス。動いちゃダメだよ。唇。んふっ。はいはい。そう聞こえる。

京子の手が朝と同じ様に、Tシャツは着ていないのでシーツの隙間から背中に入ってきて、ゆっくり撫でる。

キスを離して目を見つめ微笑みあってゆっくりとLove Dreams の曲を聴いて。幸せ?と聞かれて、うん。幸せ。と微笑み返せば、私も。と目を瞑る。

はい、キラー参上?と言うと、蓮もでしょ?と微笑み返される。

重くないの?朝言ったよ、重くないって。女の子はね好きな人の重みも好きなの。そう言って膝をゆっくり曲げて足を絡めてくる。自分の足を組むように、お互いの足と足を組んで組み返してとゆっくりゆっくりしながら、見詰め合って髪を撫で合い、左手シーツから出して。と、促した。

そーだったそーだった。と焦ってシーツから出すよりも先に、自分でシーツを腰の上までずらした。

背中でいいよ。ウインクして促せば、だめ。と言う。蓮の背中も私だけ。と言われてそっとシーツをふわりと上に戻されていく。
シーツが背中の中ほどまであげられて、ここまでならいい。とにっこり微笑む。

頭を片手で抱き上げて胸の中に、目を瞑ったその笑顔、写真に撮ってもらいなさい。と言うと、ん~。と言って背中に回した腕をぎゅっと背中にしがみついて来るのが分かる。

頭を胸に抱いている手の指を動かして頭をゆっくり撫でていると、その目を瞑った微笑から、温かいと小さく聞こえて絡め合っている膝下で自分の足を伸ばすように、ゆっくりと頭を撫でる速度にあわせて俺の足の上を滑っていく。

頭に頬をよせて、目を開けて笑って。と言って二人合わせてカメラ目線で撮ってもらう。膝を曲げて床についている手を伸ばし、京子を胸に抱いたまま起き上がり京子の上に跨ったまま上半身だけを離し見詰め合う。

ずっと見て居て、俺を。その言葉にはこれからもずっと見て欲しいという意味も含めて言った。そのまま顔をずっと見て止まっている。・・・噴出さないように。と注意。

ずっと目を見つめ微笑みながら、私の事も、見て居て。と返ってくる。
京子モード、共演者キラーに入ったと思ったけれど、その言葉、自分のこれから先にも君を見てるよ。その想いと一緒に心に染み渡る。

頬を包むその両手がいつものキスを欲しがっているのが分かるけれど、今は家じゃないよ。とカメラの側の頬の手を握り鎖骨の上に握ったまま置いて、反対で京子の頬も指でゆっくりそっと撫でる。

人差し指で唇を撫で、親指で京子のルージュをふき取った。

重ねるだけね。そう言った。唇が重なりそうなところで、好き。と小さく聞こえてしまい、握っている手に力を入れて返事する。

カメラに映っていない反対の手で京子の腰を抱いて横にずらして角度を見えないように最初と同じ背中を向けるように変え、いつものようにキスをした。握っていた手も離して両腕を首に巻いて、京子の両腕も背中に回されて抱き寄せられる。

もう止まらない。ん・・・蓮・・・その声が聞こえたら、止められない。

キスを繰り返しながら抱き寄せながら横たわり自分の上に京子を乗せて、朝と同じ様にキスを続ける。

ちゅっと一度唇を離して、好き。とお互い言い合った。
キスを続けてまた離して、夫婦だからいいよね、しても・・・。そんな同じ言葉をお互い声を揃えて言ってしまう。心と心が通じ合ってると思った。

それでもやっぱり撮影中。沢山の人にガン見されている。

あまり艶かしくならないように、深いキスをするだけで足と腕は絡めあわないで抱き寄せただけ。それに気づいた京子が首に回していた腕を首からはずして胸に両手を付いてキスを離した。

目を間近で見つめながらゆっくりと視線を外さないで腕を伸ばして離れ、上体を起こした。左手の薬指で、俺の唇に付いた京子のルージュをふき取りながら、聞きたい?朝の答え。とセツカのように言う。

その表情に冷たい刺すような嫉妬が見える。キスしてくれたら教えてあげる。

そう言われてその左手を取ってその薬指にキスをすると、ふっと急に天使の笑顔になる。

リンゴ、食べたよね。なにそれ?と聞き返すと、嫉妬。と言って、首に顔を埋めて耳元に吐息がかかる。

セレスティアル・フェアリーテール色。天の国からの魔法使いの魔法の色。そう言っている。
蓮のオーラの色よ。私に向けた気持ち・・・

その頭を抱き寄せて、口もとの彼女の耳にちゅっと音を立ててキスをした。京子の頭を胸において耳を付けさせて、心で伝える。

(The color of it from fairy in celestially universe 天の世界の色は、天の世界の妖精からの、
I love you so… much…たくさん愛してる・・・心の色だよ。)

微笑みながら言われている耳元に聞こえる、君の声。私も愛してる。と・・・


やっぱり聞こえている、心の声が・・・そう実感した。



その頭にちゅっとキスをして、愛してる。と心を込めて声に出した。心の中からも君の反対側の耳に届いているよね・・・





肩を掴んで腕を伸ばし、京子を・・・




.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 16.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray