• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.128

Category : Story-I of LDs





最悪・・・。


全て自分から事を起こした事だった。




うふっ~っ。
尚ちゃん、
美森も、さんきゅ。なのぉ。


アイツの車が見えなくなっても、首に絡んでいるポチリには、アイツの言った意味が何も分かってなさそうだ。と思えた。
それよりも、ポチリは昨日聴いた2曲が、自分の為に書かれたと、今は思っているのだろうか?


ごめん。
軽率、過ぎた。
誰も見てないと、思ったから。

それに、お礼。
今までしてなかったし。の、つもりだけど・・・?
それだけだから。他には、何も・・・。


他には、何の感情もねぇ、キスだと。言いたかったけれど、大事なファンの一人を失いたくも無かったし、それよりも、この子を傷付ける事は、いや、人を傷つける事は、もう二度としたくなかった。キョーコに自分がしたことを、ここまで後悔する事はキョーコだからあるのかもしれないけれど・・・でも、
もし取り返しの付かない事になるようなこんな事は、人生一度で十分なほど、自分の心が痛かった。から・・・止めた、途中で言い切るのを・・・・。

ポチリが離れてくれたのは、ポチリのマネージャーが敦賀蓮が居ることに気づいた事と、ポチリのマネージャーはアイツのファンで、じっくり見たくて車を降りて来たからだった。
まさか、彼女が敦賀蓮のファンだったとは・・・。


ちょっと~、美森~。
今の、敦賀さんよね~ぇ。もおぉ
なんで、早く教えてくれなかったの。
私も、あいさつ。したかったぁぁ~~~


祥子さんや、このマネージャーの世代の女には、やっぱり堪らないオトナっぽさなのだろうか、アイツが。そんな事を思っていたら、アンチ敦賀蓮のポチリは、敦賀蓮命のマネージャーは置いといて、ポチリが耳元で俺にだけ言ってきた。



ねぇ、尚ちゃん。
あの二人、付き合ってるのよ。

私、最上キョーコのメール見ちゃった。

蓮。って一文字の差出人名。
たくさんあった。
それにね、電話してたよ。


それ、ポチリ・・・
他のヤツに言ってないよな。
言ったらお前が殺されちまうぞ。


うん。そのぐらい、
私だって、消えたくないからね。
特に、あんなビッグな人だし。


この時、尚ちゃんには何も関係ないと思っていて、言わなかった人。久遠ヒズリ。
彼女のメールの受信ボックスには、彼からのメールであろう英語のメールもあった事を言わなかった。


さ、美森、行くわよ。
時間、押してるから。


う~~~・・・


ん、なに?行くわよ。


仕事、しなきゃ、ダメよね。
はぁ~。


当たり前だろ、
さっさと行かないと、
仕事貰えなく成るぞ、お前。
がんばれよ。


ん、グラビアなのぉ。
尚ちゃんの為ならいいけどぉ・・・
・・・仕方ない。
がんばりたくないけど、
じゃ、一肌脱いできま~す。
見てね、尚ちゃん。


(まぁ、確かに、ポチリの胸の大きさとあどけない容姿のギャップじゃ、グラビア・・・多いよな。)

悪いけど、そんな風に思える俺って、男だよな。
愛情感情の伴なわない性的対象として見られる仕事をするこの年下の子と違い、キョーコにはそんな仕事して欲しく無いと思っていた。

あの、エロティックなキョーコ。
さっきも、自然とアイツの手に手を重ねて、抱き寄せられてもヘーゼンとしていた。
アイツを下から覗き込んだあの顔は、女が男を見る微笑。
前に、会議室で撫でる様にされたエロいキョーコと同じだった。

それに、きらっきらの左手。
なんだ、アレ!?
思い出せば、安易に考えるようなそこらの男のする様なもんじゃねーケドよ、その様に見せる、アイツのやり方。全く、ゼッテーあいつ、君の為に。だよな。フン。

(ってか、今の状況、ヤバイよな・・。そんなアイツのことより、俺が・・・。)

普通の男なら考えそうな、安易なもんじゃない。それは、指輪とかのアクセサリーじゃねーって事。あんなあらかさまな、俺のモン的な、普通のヤツのする事と違い、
アイツが贈ったであろう、時計。それに、ネイル。
その指に、約束をしているように見せかける。でも、違う。よく見ればナ~ンダ違った、と、思わせるようなやり方。
それに、キョーコ、キラキラしてた。全体的に。
俺といた頃のキョーコは、働いている手をしていた。今のキョーコは、白くてスベスベで女優の手だと思った。アイツがキョーコにしていることは、全部キョーコの女優としての生き方を尊重してやっていることだと思った。自分の表現とアイツの表現の仕方の奥深さが、4つ違いだけって事で丸く収まり切れは、しない。
アイツの自己表現の愛情に、負けたような気に成った。
けれど・・・

全て俺自身が起こした事だった、今の事。キョーコに逢いたくて、学校に来ている事を、スパイに探りを入れるようにした事も、そのスパイに自分が連絡をとった事も、そのスパイに自分で抱き寄せてキスした事も。

アイツは・・・分かっていた。
俺が学校に来たのは、ポチリの為じゃない、キョーコにだと。
アイツが返した言葉。全部俺の創った歌詞。・・・アイツ、気になって聞いてやがる。
さっき会った時は、何も言ってなかったくせに。

(まぁな。俺もアイツのピアノ曲、自分で弾きまくるほど覚えてるけど・・・。)

これでもし、キョーコにアイツが聴かせたりでもしてたら、キョーコはポチリの為のモノだったのかと勘違いしているだろうと、思う。
キョーコが昨日のダウンロードの曲は聴いているのか知らねーけど、もし聴いていなくても、PVの撮影の未発表曲はもう送ってある。
そっちも、もちろんキョーコを想って創った曲だけど、キョーコに自分で聴かせる様にオファー出して押し付けているんだから、聴いてる筈だよな。仕事だしよ・・・。


(アイツの言っていた言葉。・・・追伸だって付け足しやがった。)

アイツの言葉を思い出していた。アイツは、きっとフェアじゃないとか思っているのか、なんなのか分かんねぇけどよ・・・まぁ、俺の気持ちはアイツには響いていた。と思えた。


_____ 逢いたかった、かけがえのない人。に、・・・逢えて、よかった?”


(これ、キョーコを見て言ったんだよな、初めての俺の心の叫び。とも言える曲だし。)

思い出すと、恥ずかしくなってきた。自分のその心の叫びが世間に自ら暴露した気分だった。
誰でも聞ける、でもそれが仕事。仕方ない。アイツだって、好きでもない女優と、キスシーンとかベッドシーンとか脱いでしてるしな・・・。
それはそれで、かわいそうかとも思える。まぁアイツの仕事だしよ。で収める。お互い世間の評価だけが自分の仕事に影響してくるので、何も言えない。できません。なんて特にアイツは言わねーだろーし。


_____・・・俺ら?人を全てを分かりあえないし

“ 俺ら。”俺と、アイツ。主には。 ま、他にも思いつくヤツはたくさんいたけどよ。

驚き。自分でもうまく丸め込めたと思って書いたけど、やっぱり分かるんだよな。あいつ。鋭さは俳優だからか?それとも、キョーコを想う同じ気持ちが、なにか同調するものを生んでいるのだろうか、アイツの中で・・・。


_____・・・信じたい、廻り遇えた奇跡は、俺も同じだから。

廻り遇えた奇跡が同じだと・・・? はぁ?
アイツ前にも、キョーコに逢った事でもあるって言いたいのか?


_____・・・あと、深い海にも冷たい砂の上にも、俺も居るから。

_____ それだけ・・・。


(アイツ、自分で分かっているんだな、・・・)

同感・・・。アイツの曲は、アイツは壊れていると俺も分かっている。

自分がどんなに深いところに落ちて沈み続けていると __________________. . .

俺だって、アイツの曲から感じた感情が、怖くなって弾けなくなるほどだった。楽器に慣れていなかったはずの弾き方だったドラマの中で、それから何かのキッカケを掴んだように弾き始めて、自分の感情をアーティストが曲に乗せて自分を表現する事を、掴んだ。
そこから訴えられる、言葉の無い世界。別の人格を言葉で演じる俳優と違い、自分の為の言葉の要らない自己表現の世界。
自己表現を好んで同調してくれる他の人からの評価のみの、人気合戦の世界。

どんなに自分で満足できるものが出来たとしても、同調してくれる世間が皆無であったら、それはただの自己満足だけが己の中に残り、人の中からは消えてゆく。

アイツは、自分を出す事を恐れてはいない。それに同調してくれる人を探す為に、弾いている。
例え自分が何かに囚われて生きる事を曝け出して嫌悪感を抱かれようとも、ソイツラには構ってはいない。ただ、同じ様に何かを感じてくれる人だけでいいと思っている。

俺も、そうなりたくて、このプロジェクトに挑んでいる。

誰も同調してくれなくてもいいと、思えた時。それに対する恐怖は無くなるのかもしれない。

けれど、こうして同じ気持ちを分かち合える人が見つかった時の喜びは、今までには計り知れないものだった。この喜びこそが自分の生き方で生きていると実感できる何かなのかもしれない。


この偶然は、必然だったかもしれないと思う。初めて自分が綴った自分の暴露のような心理での自己表現が、こうして一番のライバルだと思っていたアイツと同調するなんて。
お互いの曲は、それぞれの心に共鳴している。
だから、アイツは、自分の置かれている状況は、俺よりも下に感じていたのかと思う。キョーコとの時間の分だけ、キョーコの中でも俺との時間の方が多い。

多分アイツは、俺落としめいれる為に、わざと追伸と言って暴露した。
俺の曲を聴いた事。

アイツが俺の曲から感じた、自分と俺の場所の違いが分かっていたと、思った。



自分と同じ、深い場所から、お前も始めろ。


アイツ、そういいたいのか・・・?


最悪・・・

この言葉は、自分の新しい人生の時が始まった今に言える。
この不破尚不敗神話、この序章、最悪のスタートだ。






Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray