• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.124

Category : Story-I of LDs





久遠として、キョーコにメールを書き、蓮として、キョーコに電話をして __________

______ ここに来た自分が誰だか分からなくなってしまいそうに、気持ちが久しぶりに混ざってしまっていた。



I will love Kyoko
And I will be loved Mrs. …
Tsuruga…


傘を重ねて被せたら誰にも見えない空間になった。逢いたくて堪らなかった。朝一緒に目覚めたというのに、もう離れられなくなっていた。思わず胸に抱き寄せたキョーコの耳に心からの言葉を言う。


ごめんね。授業中。
ただ、逢いたかった・・・


雨の音が傘に当る内側で、唇を重ねてもきっと誰からも見えないから。



______ 今日が雨でよかった。と、心から思った事が、今までにあっただろうか・・・




(久遠・・・?)

そう思ってしまったのは、英語の発音がアメリカン・イングリッシュだったから。胸に抱き寄せられて香った香りも同じ人。目を瞑ってさっきのメールを思い出した。目の前のシャツと抱き寄せられた腕の手首に見えた腕時計。朝、蓮が着ていたシャツに蓮の時計。そしてシャツのボタンの開いたところに見えたのは、昨日、私が付けたキスマーク。

頭を優しく包み動かすその仕草にも、いつもの様に受け入れる自分の身体が記憶している。
目を見て微笑まれて言われた。
ただ、逢いたかった・・・と。 私もそう思っていました。その想いを込めて、重ねられた唇に目を閉じて受けていた。



_______ 傘を忘れてきてよかった。と、心から思った事が、今までにあっただろうか・・・



蓮だけど久遠だと思う事にも、慣れてきてしまった。きっと久遠と過ごしても蓮だと思う事が、これからも、またあるかもしれないと思う。目を見つめられて微笑まれたその笑顔が、懐かしく感じたのは、どこかで見た事のある表情。蓮からの笑顔で久遠を重ねて見るのは何度目だろう。映画の最後のエンドロールの笑顔に似ていると思ってしまった。


運転手さん?
私のマネージャーが、
ちょっと待っててって言ってたよ。


10歳のクオンのように微笑んで見せた。蓮でも久遠でもどちらの人も知っている人。
私の唯一の二人との共通点。先生の息子を演じたときのように。

頭をクシャっと撫でられた。その時の蓮の表情は、なぜか先生に似ていると思った。蓮の左手の小指には指輪が嵌っているのに気が付いた。先生も同じ指に指輪をしていたかもしれないと急に思った。


じゃぁ、見られない内に
車にどうぞ。
・・・コーン君。


車は反対側に停められていた。社さんが玄関に行く時はこっちに停めていたけれど、J事務所のバンが来たのと、他にもお迎えの車が来てしまったので移動したらしい。


社さんがね、
なぜか、タクシーって言ってたの。
だから、タクシーだと思った。


ふふっ、本当?

(まったく、同じ事を朝おれも思ってた。タクシー感・・・あるって。)

社さんもウッカリ後ろに座ってしまって、タクシーっぽいと思っていた事が同じすぎて可笑しくなる。


キョーコがいつも横にいて、
社さんが後ろだから、癖でね。
お互い乗った時は何とも思わなかったんだけど、
走っている間に話す、前後での会話がさ。
タクシーっぽいって思ってたんだよ。
さ、どうぞ。


背中の学校の鞄をさりげなく取るように促され、いつもの様にドアを開けてくれる。でも今日は雨だから濡れないように、ドアを開けた手は私の手ではなく、私の傘を持って乗るまで差し続けてくれている。後ろを開けて私の傘と鞄を後ろの席に置くと、その手で座席から取ったタオルを持って運転席に蓮が座る。

頭と肩と腕と、濡れた箇所をポンポンとタオルで優しく叩くように拭いてくれる。そのタオルを取って蓮の肩と頭と、おでこ、頬に・・・

車に乗ったらもう誰からも見えない。タオルで拭いていたはずだった貴方の頬を、いつもの様に両手で包んだら・・・、いつもの様にキスがされるのは・・・知っている。



・・・・・



もしもし、蓮。
どこ行ったんだ?


理事長に呼び止められて話された話は、キョーコちゃんの卒業に付いてだった。仕事が忙しいので学校に来るのが大変な事、彼女が退学を申し出てきた事を聞いた。けれど学力に問題は無いし出席日数は芸能科は考慮されているので、テストを受けて大丈夫だったら夏休みまでで卒業でいいと、事務所の主任に伝えてください。という事だった。学校側からも社長には知り合いということもあり、理事長が社長に報告すると言っていた。
その話が終って停まっていたはずの所に行ってみると、蓮の車が無い。手袋をして電話を掛けていた。


もしもし、社さん
すみません。
ロケバスみたいのと、その他に車が2台、
お迎えに着たので、反対側に居ます。


ま、そうだな。
敦賀蓮がお迎え。
ってのも、可笑しいしな。


歩きながらそんな会話をしていた。蓮の車は校門の反対に停めてあった。なるほど、何故こちら側に車が迎えに来ないのか不思議なくらい誰も居ない。みんな習慣であっちに行くのか。
と、訳の分からない納得をしてしまう。芸能事務所の車はなぜか固まって停まっていて、挨拶でも世間話でもするのだろうか。この業界、事務所どおしの縦社会もあるしな。横のつながりも仕事に何か縁とか運とか影響もあるし。みんな横のつながりも大事にしてるらしい。


じゃ、行こっか。


キスを止めてエンジンを掛けなおして車を出した。校門の前まで来ると社さんが歩いているのが見える。薄むらさき色の傘の女の子も急いで校門から出てきた。駐車されている車の方に向かって走って行くのが見える。その子が去るまで待って、社さんの前で車を停めた。

社さんが車に乗ったのを確認して、雨なので注意してゆっくり走り出した。角を曲がってさっき居た所をみると、今の薄むらさき色の傘の子が、一台の車の窓に傘を被せるようにくっ付いて居る。

キョーコの頭を抱き寄せて、耳元で小声で言った。


雨の日っていいね。
同じ事してる人、見つけた。


ウインクして、視線を左側の前方に向けさせた。まぁ、ここに居るのは芸能科の子だし。と思って居るのは、お迎えの車が居る事。それにタレント同士だと絶対に怖くて洩らせないから、一般の人に見られるよりは安全かも。と思う。
車のタイヤで道路の水が跳ねてその子に掛からないように、ゆっくり通り過ぎようと思ってたけれど、思わぬその子のお迎えに驚いて、思わず止まって窓を開けてしまった。


あぁ、さっきはお疲れさま。
不破君も、お迎え?


にっこり微笑んで、そう言った。頭を抱き寄せていたキョーコも目を丸くして驚いて見ている。
視線は不破に向けたままだが、キョーコを抱き寄せていた腕でキョーコのシートベルトを外して、見せ付けるようにもう一度キョーコの肩をぐいっと掴んで胸に抱き寄せた。キョーコの驚いた顔は、笑顔になって俺の顔を見て微笑んでくれている。


うふっ。
じゃぁ、蓮・・・


何を言うでもないキョーコの言葉。最近の社ミニコントの成果が出てしまう。誰かを騙すのは楽しい。(だってお互い役者だしね。)(ねぇ~っ。)心の声で言ってみたら通じ合ってしまった様な感じ。役者じゃないジャンルの人たちには分からない楽しさ。

キョーコも腕時計を見て時間を気にしてる様子をまずは醸し出し、その左手をハンドルを持つ俺の左手の上に重ねて、そちら側のお二人さんに見えるようにしている。左ハンドルなので左側がよく見える。
キラキラ好きのキョーコのお気に入りのネイルとピンクダイヤの時計。自分でもこの相性は見栄えがいいと思う。それに、最近、食洗機のおかげで、キョーコの手もスベスベさらさら~。

(よし! 勝った!!!)

思わず頭の中で、ガッツポーズしてしまった。調子に乗って、タレント同士だし洩らさないだろ。と思うので、キョーコの頭をなでなでしながら、その頭に頬を寄せた。


じゃ、キョーコ行こうか。
急ぐので、ごめんね不破君。


じゃぁね。


二人でバイバイ左手ですれば、キラキラ光るキョーコの手。それと自分の左には小指に指輪。
不破がこの意味を知ってるかどうかは分からないけれど、そのうち分かるだろ。そう思っていた。

窓を閉めて見詰め合えば、ミニコント終了の合図。
でも、一つ思い出した事があった。追伸、不破へ。君には同感するものがあるからチャンスもやる。その為のヒントを残すべく、また窓を開けて、今度はキョーコを離して一人で顔を出した。


ごめんごめん、追伸。


にっこり微笑みながら不破を見て言った。その追伸には自分の横のかけがえのない人が必要。


ただ、逢いたかった、かけがえの無い人。
に・・・逢えてよかった?


ちらっと横目でキョーコを見ていった。不破にだけ分かるように。


こうして傍に居て、温もりを感じ?
愛しくて切ない不思議な気持ち。

自分の胸をグーでポンポンと軽く叩く。


僕らは?

不破に人差し指を指して、その手の親指を自分の胸に当てた。


人を全てを分かりあえないし、
信じたい、廻り遇えた奇跡は、・・・俺も同じだから。

あと、深い海にも冷たい砂の上にも、
俺も居るから。

それだけ。じゃ。


不破にニッコリ、でも不破曰くのうそ臭いスマイルを向けて、車を出した。

(ふぅ~、すっきり。嬉っれしぃ~、なんか勝った気分。)

ウキウキして、お迎えに来てヨカッタぁ~と思う。迎えに来なかったら、不破にまた拉致られてたかもしれないと思うと、キョーコを一人にするのは危ない。
これから、あのクライアント様のプロモに一人で行かせるのも、不安になる。


走り出して、社さんもキョーコも、なんだそりゃ?という顔をしている。
まぁ、それは俺と不破との関係なので、言うつもりもないし、そのうちアイツの曲を聞いたら分かるだろうと、ほって置く。

そう、俺と不破との関係・・・その、始まりは・・・これから



.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray