• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.121

Category : Story-I of LDs
スペシャル番組と言う事で、行列のできるレストランから何軒かのお店のシェフがスタジオに来て、いつもはロケのこの番組が、スタジオ放送になるらしい。生放送みたいだ。

蓮は思った。

(え~っ!? スタジオでしかも仕事で何か食べるのか!? カメラの前で!?)

思わず、久々の冷たいキラキラフラッシュ・スマイルを社さんに的を絞る。今まで料理番組なんてオファーがあっても、もみ消してくれてたじゃないですか!と、心で言ってみても、キョーコじゃないから伝わらない。以心伝心していない。
社さんは、にったぁ~。とこちらをみて微笑んだ。

(なんか、仕返し・・・。だな。これは・・・。)

キョーコと毎日イチャイチャのラブリースゥイートタイムを車の中で繰り広げた、社ミニコントの仕返しらしい、と気づく。
バラエティが嫌なわけではないが、食事をするのが嫌だった。


敦賀さんは、
料理されますか?


ディレクターが聞いてきた。俺が料理できるものって、マウイオムライス、のみ。
でもそれは口が裂けても言わない。カッコ悪い。敦賀蓮には、似合わないイメージだと思う。
あ、でも!思い出す。自分で得意で、しかも、愛しの人が大好きでおねだりする、俺からの毎日の習慣。


ふふ、料理はしません。
たまには、しますけど・・・。
でも、コーヒーとかお茶とか、詳しいです。
バリスタ並にいろいろ選別して、毎日入れています。


あ、じゃぁ、それ
番組の中でしてもらえますか?


お安い御用です。
でも、こだわりがあるので、
材料は、言わせて貰いますけどいいですか?


いいです。いいです。
グルメっぽくて。


不破さんは?
どうですか?・・・・・


(コイツとバラエティーーー!? 盛り上げられないだろっ!?)

そう思ったのは、尚。

キョーコと一緒に居るかもしれないヤツと、しかもキョーコにOneside Loveを綴っている曲を出したばかりの、こんな気持ちで、そんなヤツと一緒に何を盛り上げろ!と言う!?

ドラマは盛り上げてやる自信はある。なにせ、自分の創った曲。でも、このバラエティには盛り上がりは約束できねーぞ!

しかもたった今、キョーコと電話してたヤツ。これからこの後、逢うんだろう・・・。

そう思ったら、急に気分が落ち込んでしまった。
ただ、逢いたいと綴った曲をコイツが聴いていなくても、俺の気持ちはきっと知っている。
俺が軽井沢でコイツに挑戦状を叩き付けている。

それに・・・。

ちらっと蓮の顔を見た。背筋を正して話を聞くその姿勢。礼儀も正しい業界人も憧れるような仕事への熱心さ。端正なミケランジェロの様な横顔に、身体つき。
どこから見ても完璧ないい男・・・。でも、コイツ。

蓮のひざの上の手に目が行ってしまう。
コイツのこの手で弾くピアノの曲、精神的に自分が壊れて行くと感じて恐れを抱くように動く手。自分が同じ曲調に弾いた昨日、脳が止めろ!と勝手に自分の手を止めた。自分が壊れると危機を感じて。
大きくて、しなやかで、指の長い綺麗な手。なのにこの手は、そんな曲調に動く事に躊躇いはなく動く。自分の手と違って。
もっと、しなければならない程の想いがあって、恐怖に打ち勝とうと、この手は動くのか・・・
そんな風に思ったら、嫌なヤツなのにも関わらず、その端正な横顔に哀れみの目で見詰めていた。

でも、キョーコは連れて行くな。

お前のその、深い落ち行く場所に・・・。
俺の自分の曲の歌詞の意味とは、全く違う。- 深い海に沈められたのに・・・
それは、例え。キョーコに恋に落ちた。落ちただけでない。そういいたいのは、沈められた。それは、恋のような好きと言う気持ちだけじゃ収まらない。きっと、それが愛と言うものなのだろう。気持ちが深く落ちる。誰にされているか、好きになった人に落とされて行くような気持ち。キョーコを想うと、そしてそのまま想えば想うほど、心が細かく震えるような感覚になる。
でも、愛について考えた事は今までなくて、愛と言う言葉にまだ戸惑いがある。自分が若すぎるのか、愛という言葉がまだ、恥ずかしい。

愛している。この言葉は多分、心で感じるこの感覚なのだろう。初めての感覚に戸惑う。

コイツは、この感覚をキョーコに、抱いているのだろうか?
自分の為に弾いたであろうピアノの曲は、キョーコの心を揺さぶるはずは無いと、確信できる。
俺の音感は間違いないと思う。


不破さん?
聞いてますか?


えっ、まぁ・・・。
ん?何を?


料理です。


ん~、そうだな・・・
料理はしないけど、味覚には自信があります。
俺の親父は、板長なので、視覚嗅覚から料理を感じて、
味覚を倍増させて食べる事は、子供の頃からの教育ですよ。


ほ~、じゃぁ、それでいこっか。
ウン、よし。
決まり。・・・・・



それぞれ、全く違う事を考えていたので、話半分に企画の事を聞いていた。
最後には、No.1 とNo.3の話題性を。と言われたので、この企画でこの職種の違う人で集められた意味が分かる。


蓮は、今の言葉を聞いて、コイツNo.3なのか。と思う。それに、自分がこれからドラマで弾く、メインの曲、Love Dreams これもn.1 とn.3だった。No.2は弾かない。
なにかの因縁を感じてしまう。久遠はこの番組には出られないから。

昨日、不破にもチャンスをやろうと思った。
自分が不破の曲に同感してしまったのもある。コイツの言葉は、比喩も含め誰が聞いても、誰にも心の弱いところに響くような歌詞を書く。それに、キョーコの事は、一番分かっていそうだと思う。自分よりも。
自分は今これから、キョーコを分かり始めたところだと素直に思える。でも不破は違う。子供の頃物心付いた時から、もうすでにキョーコと育ってきている。そのキョーコの事を理解しながら育ってきたコイツのキョーコと過ごした時間の長さは、俺なんか比べものにならない程の意味を持つ。それを、コイツは知っている。
それが、波のように後から後から押し寄せてくるように溢れてくる曲を書く心理、その心で書く曲に、自分も同じ様にキョーコを理解するように成りたいと、素直に思える。

それは、キョーコの幸せ。

それを考えた詩をコイツがつけていた事だった。この俺様な態度をいつもとるコイツが、歌になると自分ではなく、キョーコの幸せを考えるようにほのめかし、自分にはそこからは何が出来るのかと教えてくれた。その心理に、素直に自分も頷いた。


お互いに自分の曲に付いては何も言わない。
そして、お互いに相手の曲について聴いた事も、何も言わなかった。
もっと、言葉に代えられない程の何かを、お互いの心はお互いの曲の中に感じてしまっていた。


(ま、どうにかなるだろ。番組は。)

二人とも番組の事は、どーでもよかった。それよりも自分が思ったお互いの感じたものを、考えていた。


お疲れ様です。以上です。


その言葉、待ってました。早くキョーコのところに飛んで行きたかった。
さっさと行こうと思っていたが、同じ事務所の同期にあたる、このグループの一人、石橋光に呼び止められてしまった。もちろん名前は失礼にならないように覚えている。背の低い人が光。でも背の高い方の関西弁の二人はどっちか分からない。雄生と慎一。どっちがどっちかイマイチ不明。名前を他の人が呼んでくれるまで名前は言わなかった。
低い人で助かった。彼なら名前が分かる。


敦賀さん、お疲れ様でした。
あの~・・・


お疲れ、さま・・でした・・・
何か、ありますか?
光さん?


何か言いたげな光さんに、早くしてくれと言いたいが、言えない。マネージャーはマネージャー同士で話している。ちらっと社さんを見ると、社さんは気づいてくれた。さすが以心伝心。
さっきは伝わらないと思っていたけれど、そうではなさそうだった。


あぁ、蓮。
次の仕事。急いで。


あ、敦賀さん、
待ってください。


どした?光?


背の高い方のどっちかがフォローしようとしている。名前は誰か先に言ってくれと思う。
・・・俺にもどうか、名前のフォローを。とまで思う。


あっ、アレ?
だめだよ、聞いたら。
だって、キョーコちゃんだって、困る事になるだろうし。


ん~、そうだよな・・・。
契約だしな・・・。


えっ、最上さんが何か?


いえ、いいんです。
ドラマがんばってくださいね。
では、お疲れ様でした。


はい。では、お先に。


(よかった~。もう出れる。)

それにしてもキョーコ、何をこの石橋さん達に言ったのだろう?疑問もあるけれど、早く行かないと授業が終ってしまう。生徒が昼休みに入る前に、迎えに行きたかった。
窓の外は、本格的に雨が降っていた。キョーコは朝、傘をしっかり持って出たのかも知らない。

お辞儀を、まぁまぁ丁寧にして微笑んで部屋を出た。


・・・・・


不破さ~ん。
お疲れサマでした。


誰だっけ?そうも思ったが、お笑い好きなので石橋3人組は知っている。背の低いヤツ、光。
後の二人は、どっちか分からない。そのどっちか分からないやつの一人が話しかけてきた。


昨日出した曲、聞きました~。
もう、どうしていいか分からないほど
切なくて、いい曲です。


(へ~、聞いてくれてたんだ。そりゃどうも。)

そう思ったが、背の低いヤツの言いにくそうにしている、アイツとの話が気になっていた。
キョーコの事が出てきたからだった。このどっちか分からない石橋は、知っているのだろうか。

(ふ~ん。ドラマ?)

耳のいい、聞き分けられる特技は時々便利である。もちろん聞きたくないときに聞こえて困る事もある。今は便利な方だった。

(キョーコが困る、に、契約ね。なるほど・・。)

すなわち、この敦賀蓮の出るピアニストのドラマにキョーコもヤッパリ出ると言うことなのか。
でも、主演はなんとか由美子だって言ってたしな。監督と親友のミルキちゃんが。

(お、アイツ帰る。)

急いでいるらしい、眼鏡のマネも急げと言っている。
その時、横に立っていた俺が見たもの。お辞儀をするアイツのシャツの隙間からちらっと見えた。胸にキスマークがあった。それと顔を下げた時、ふわりと浮いた首のチョーカーの下にも、首下にキスマークがあるのが見えた。色的に新しい。まだ、赤いキスマークだった。

それに、ふわっとお辞儀で香った香り・・・。

アイツのトレードマークの香り。この前キョーコの腕の中や胸、首から耳にかけて自分で嗅いだ香りと同じ。次の日にはこの香りしかしていなかった事も思い出す。やっぱりキョーコに付いていた香りはアイツの香りに確信する。


せやけど、言ったらアカンゆうてるやろ。
キョーコちゃんが。


ん~、でも・・・


この二人の会話が気になっていた。俺の曲に絶賛中の人はさておき、こちらの方に耳を研ぎ澄ます。


でもさ、今、気づいたんだけど、
あれ、敦賀さんがしてた首のヤツ。
この前キョーコちゃん付けてたよな。


お、ヤッパリ。
そう思った?


うんうん、そう思った。
それに、敦賀さんの香り。


うん、これもさ、
キョーコちゃんが付けてたよな。
確か、エレベーターの前で、みんなで寄って嗅いだもんな。


(ん?エレベーターの前・・・?)

俺も嗅いだ。テキストをガン見していたから、誰か分からなかったけど、この香りを嗅いだのはエレベーターを降りた時にも嗅いでいた。


・・・今さ、敦賀さんが頭下げた時、
見えちゃった。俺。


そう話に加わったのは、俺の曲を絶賛してくれたどっちか分からない方。俺と一緒に隣にいたから、俺が見えたのだからこいつも横から見えていた。


なに?

何が?


あのキョーコちゃんもしてた
チョーカー、の下。
敦賀さん、キスマークあった。


え~!


ま、でも、抱かれたい男No.1だしな。
今年も。
抱かれたい人はたくさん居るだろ。


それにしても、キスマークって
仕事に差し支えるやろな。モデルだし。
俺らと違って。


まぁそうやな~。
だめだろな~。あんなの。
どんなコやろな。
自分のモノ、宣言をさ。敦賀さんに付けるコって。


・・・まさか、


え~、ダメダメ。
そんなぁ~~・・・



(・・・まさか、)

俺もそう思う。そのまさか。キョーコの香りに混じったアイツの香りに、キスマークを隠すのに付けていたチョーカーといい・・・それに、赤かった。まだ付けられたばかりと思っていた事。

昨夜の事かも知れないと、頭を掠めた事。・・・思いたくなかった。

昨日の夜、キョーコの部屋は真っ暗だった。それも2回見ていた。昨夜キョーコが部屋に居なかったのなら、アイツの部屋なのか。そう思いたくないけれど、現実かもしれない事は、どんどん剥がれる様に思考の核心が見えてくる。

あんな色気出しまくり腰砕け俳優に、キョーコが騙されるわけないと思いたかった。

でも、アイツはキョーコの事が好きだ。それは知っている。それに、
敦賀蓮なんて何とも思ってねーって言え。と言わせたあの時の、キョーコの顔も、忘れない。

ムキになって、言っていた。本当は、アンタの時より愚者になれる自信がある。と言っていたこと。昔は俺への気持ちだった、ショーちゃん。好き。これよりももっと大きい気持ちがあると言いたかったのなんて、男だったら誰でも解る。

それは、恋でなく、キョーコにも訪れている新しい感情だと、今気づいた。

さっき理解できないと思った感情。心が細かく震えるような感覚。
自分でも思ったこと、それが愛なのかと。
恋は、子供の頃からしてきていた。初恋、そんな言葉は、子供の時から感じる感情。
でも、初愛、なんて言葉。そんな言葉は無い。あったとしても、一般的じゃない。
俺が思うこの感情は、キョーコも感じていたのだろう敦賀蓮に。この愛の感情が解って来るというのは、大人へのステップアップで、大人に変わる瞬間だと、今なら思える。

そのキョーコが持った初愛は、アイツが貰ったのか。

もともと、アイツに向けられていた感情。バカになる自信があるほど、アイツに落ちていると。
夕べ、ダウンロードの始まったときに、ただ、逢いたい。と願う俺の気持ちはキョーコに届いていなくて、片やキョーコの愛を受けたヤツは、キョーコを独り占めしていたのかと思う。

ただ、男として想像できてしまう自分が嫌だった。

自分の届かない気持ちの時間。キョーコもアイツも同じベッドに居たとは思いたくない。
自分のモノだと敦賀蓮に付けるキスマーク。そんなのを付けているキョーコの姿。
俺がキョーコに言った言葉でもあった。
男は皆付けたがる。と、自分のモノだと言いたいんだって。

(アイツもキョーコに付けているのか?)

そう思ったら居ても立っても入れなくなって、祥子さんを置いて部屋を出た。
学校に行って確認したくなった。まっさらの白い肌で居てくれと思う。

廊下でエレベーターを待っていると、祥子さんが追ってきた。


ちょっと、尚。
どこ行くの?


学校。


あら、教習所?送ろうか?
テキスト持ってるの?


・・・。
(しまった。そうだった、完璧に忘れていた・・・免許の事。ちょー大事じゃないか。)


じゃ、家に寄りましょう。
予約もするわ。


いや、家に帰ってて。
祥子さん。
ちょっと寄りたいとこがある。


・・・尚。

学校・・・?
行きたいのね。
いいわ、すぐ行ってあげる。


・・・。


逢いたくて。それに、
かけがえのない人を・・・
愛す事を、止めないんでしょ。

君だけを愛している。と、
もう少し経ったら言いたいのよね。



アイツのマネージャーと同じ。長年居ると意思が通じ合うと思う。自分の事をどれだけメンタルも仕事もサポートしてきてくれたか。祥子さんと経験があっても、祥子さんには持った事の無い感情。その感情を他の人に抱いている事を、関係を持った人から言われる事は、まだ自分には照れくさかった。大人とは、体の関係を持っても、心がきちんと区別して分けられるものなのかと思った。




_________ 車の中で考えていた。

あの、背の低い石橋さんは、キョーコの事が好きなのだと。


学校の校門の横に居た。まだ授業中だった。
窓には、授業中の生徒が勉強しているのが見える。




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray